ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the さん プロフィール

  •  
ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro theさん: ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the
ハンドル名ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the さん
ブログタイトルネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mimoron
サイト紹介文京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和
自由文クマ似のネコのミモロ。テディーベアに間違えられるのが、悩み。毎日、元気よく体当たりリポートしています。もし、こんな子がいたら…。出会う人を笑顔にするブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/09/26 08:27

ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the さんのブログ記事

  • 手織りで作る「真田紐」。堀川高辻通にある「京真田紐師 江南」で学ぶ魅力
  • お友達に案内されて訪れた「真田紐師 江南」。ここは、15代目の和田伊三男さんと奥様が、戦国時代から伝わる真田紐の技術を受け継ぎ、今もさまざまな品を作っています。真田紐の歴史や用途などを、和田さんに教えていただいたミモロ。部屋に置かれた機(はた)で、真田紐を作っている様子に興味津々。「よかったら、ミモロちゃんもやってみますか?」と和田さん。「え〜ホント〜やりたい!」となんにでも挑戦したいミモロは、さっ [続きを読む]
  • もう満開。淀水路沿いに咲く河津桜。春日局ゆかりの淀城址へ
  • 「ミモロちゃん、桜満開よ〜見に来ない?」と京都の南、「京都競馬場」のある淀に住むお友達が連絡をくれました。「え?もう桜・・・?まだ琵琶湖疎水や鴨川なんかの桜咲いてないよ〜」とミモロ。実は、その桜は、早咲きで知られる「河津桜」です。 京阪「淀駅」から、「淀城址公園」方向に進み、淀川に通じる「淀水路」沿いに、地元の人により「河津桜」が植えられ、年を経るごとに、その数も増え、今や地元の桜の名所になってい [続きを読む]
  • 「城南宮」の見ごろを迎えたしだれ梅。春爛漫の美しさは感激もの。
  • 「ここ梅すごくキレイなんだよ〜」と、大阪のお友達の京都案内をしているミモロが、訪れたのは、京都駅の南側にある「城南宮」です。 ここは、延暦13年(794)、平安遷都の折、都の守護と国の安寧を願って創建された神社です。都の南に位置し、そこを守護する方除の神社としての役割も担っています。さらに平安時代には、白河上皇が、鳥羽殿という離宮を作り、院政を行った舞台でもあります。そこには、平安時代を物語る雅な庭が [続きを読む]
  • 「京都鉄道博物館」迫力あるSL。蒸気機関車に乗って、旅気分。
  • 「京都鉄道博物館」見学の締めくくりは、蒸気機関車の扇形車庫。 ここは、博物館ができる前から梅小路車庫として見学できたところ。ミモロも以前に訪れたことがあります。現存する日本最古のコンクリート造りの扇形車庫で、蒸気機関車22両がずらりと並び、その迫力は圧巻です。ここには、今も動くように整備された車両も3両あります。「いろんな蒸気機関車がすぐそばで見られるって、ホント感激しちゃう〜」と、今の電気で走る列 [続きを読む]
  • 明治初年創業の昆布専門店「ぎぼし」。ミモロのお気に入りの「吹きよせ」
  • 四条通から柳馬場通を少し北に上がった場所にある、昆布専門店「ぎぼし」。明治初年に創業というお店です。 「いろんな昆布があるんだ〜」と店のガラス窓の向こうにお品書きが…。とろろ昆布、おぼろ昆布、塩昆布、酢昆布をはじめ、ごはんやお酒のおともになる炊き上げた昆布などいろいろと。「ミモロ、昆布大好き…体にもいいんだよね〜」と、お店の中へ進みます。 漢字で書かれた店名の看板には、店の歴史が浮かびます。ここの [続きを読む]
  • 雛飾りをお手伝いした「京空間mayuko」へ。3月13日まで公開中
  • 四条堀川そばにある町家の「京空間mayuko」で、3月3日まで雛飾りが公開されています。ミモロは、今年、そのお雛様を雛段に飾るお手伝いをしました。「わ〜みんな飾られてる〜」完成した雛段を見に、着物姿で出かけました。「あら〜ミモロちゃん、かわいい〜素敵なお着物で来てくれたんだ〜」と、一緒に雛飾りをしたお友達の気谷さん。「はい、お雛様といっしょにお菓子食べようと思ってもってきました〜」とおやつ持参で訪問です。 [続きを読む]