backroad man 2 さん プロフィール

  •  
backroad man 2さん: backroad man 2
ハンドル名backroad man 2 さん
ブログタイトルbackroad man 2
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/backroadman2014neo
サイト紹介文庄内の細道トコトコ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/09/26 09:04

backroad man 2 さんのブログ記事

  • オオチャバネセセリに癒される
  • 8月16日撮影これも少し前の記録。この時は月光川に鳥が居ないので、カワセミとチョウトンボに期待して溜池の方に移動した。日差しも強くなく、田んぼを吹き抜ける風が心地良い。風には幅広く大きなイメージを持っていたが、稲穂が揺れる様子は幅の狭い所を走り抜けるような感じ。まるで透明な生き物が田んぼの上を飛び回ってる様な感じがして、時間を忘れて見入ってしまった。溜池の方もカワセミは現れず、トンボ類もオニヤン [続きを読む]
  • オオシオカラトンボ(♀)
  • 8月15日撮影何日も経ってるので記憶があやふやだが・・・。曇り空のスワンパークでミサゴ待ちしたものの、早々と気持ちが折れて土門記念館に散歩に行ったのだった。既に花は終わったと思っていた合歓の花が再び少し咲いていた。池の周りを散歩すると萩の花(ミヤギノハギ?)にミチバチが来ていた。飯森山に入ると暗くヒンヤリとした森の中に黄緑のハートが浮かび上がっていた。足下ではカタツムリが葉っぱをムシャムシャ食べ [続きを読む]
  • 5秒でミサゴ!
  • 昨日撮影朝方は小雨が降り降水確率も高めなのでミサゴ待ちは諦めていたが、昼頃から晴れ間が広がって来たので昼食後に港へ行ってみた。ポイントに到着し腰掛けてカメラを取り出してふと前を見たら数百mさきにミサゴ登場。遠目にも獲物を掴んでるのがよく分かった。当初はまた遠くを通り過ぎるパターンかと思っていたら・・・進路をこちらに向けた!X7のサーボAFの捕捉力があてにならないので、ワンショットAF・1枚撮りで”人力 [続きを読む]
  • 上池のマガモ一家
  • 8月14日撮影先日の上池のつづき。この時は本命のチョウトンボは全く現れず、ミサゴとカワセミは遠くゴマ粒で、土手際に来るのを期待したカイツブリも全く来ないという期待外れ。。諦めて帰ろうとしていたら、一羽のマガモのメスが近づいて止まってくれた。撮り終わって帰ろうとしたら、今度は別のマガモ一家が一列になって泳いで来た。ヒナが大きいのでほとんど同じに見えるが、先頭の親鳥が顔や翼が少しだけ白っぽい。蓮の花 [続きを読む]
  • ゴマダラカミキリのアップ
  • 昨日撮影(等倍切出し)ポツリポツリ降ってはいたが回復傾向にあると予想して月光川から溜池へのコース。しかし月光川に着いてもあまり鳥が居ない。。ガマの穂が出そろいソーセージみたいで美味しそう。渇水期なので前回に比べて水量が激減していた。川が浅くなって魚がビチビチしていたのでカワセミかサギでも来ないかと待ってみたがダメ。姿丸見えでボーっと突っ立ってたら当然か・・・。さらに土手を歩いていたら用水路を渡る [続きを読む]
  • お盆の空と雲
  • 8月13日撮影ミサゴ待ちの前に父親を忍び、幼い頃初めて二人で釣りした辺りをゆっくり撮歩。今は警備艇やタグボートがよく停泊している。真っ青な空には大人し目の入道雲と刷毛で描いたような雲がミックス。ミサゴポイントで待つ間も結果的に空を眺める事になる。コンデジではトーンが少し硬めになるのでちょっと撮りにくい面はあるが画的には良いかも。重そうな雲がゆっくり移動していた。雲の底辺が電柱より少し上・・・のよう [続きを読む]
  • ミサゴの流し目?
  • 8月13日撮影ボンクラはお盆もミサゴ待ち。夏らしい天気になり気持ちも雲もワクワク?お盆休みで静かな港の対岸から”キュー!キュー!”と鳥の首を絞めた様な声・・・どこかのドリフト野郎でした・・・。ミサゴは割とすぐに現れてくれた。夏空をバックに悠然と獲物を探す。ほどなくダイブしてくれたがいかんせん遠い。再びのダイブはさらに遠い。。獲物はゲットならずもスーッとこちらに近づいて来た!30〜40mぐらいの距離で旋回 [続きを読む]
  • 上池の蓮
  • 今朝撮影頭が痛いのでとりあえずこれだけ。。1時間ほど横になったらだいぶ良くなり、日記は夕食過ぎてから再度打ち始め。朝、霧雨が降る上池に行ってみた。台風後にお盆で蓮が疎らなのは想定内だが、思っていた以上に良い花は無かった。。見出しカットと同じ花のアングル変えると違う写真になる。残った花も水際から遠いので大きく撮れない。蕾から開いて間もないぐらいの方が飾りなどの蓮に近い姿かも。じきに雨は止み、雲が切 [続きを読む]
  • 稲の開花
  • 8月10日撮影豊里のつづき。水田一面分の蓮田を一回りしながら少しでも良い形の蓮の花を探した。天気が良ければ鳥海山が見えるアングル・・・ここは鳥海山をバックに蓮の花が撮れる場所ではあるが高圧線がデーンとあるのが難点・・・。周囲の田んぼでは丁度稲の花が咲き始めていた。例によってイナゴは一斉に逃げてしまうが、また一匹だけ近づいてもジッとして居た。ここにもビッキが沢山居てその中にハエには目もくれずジッと [続きを読む]
  • 高みのミサゴ?
  • 昨日撮影早くも8月も中旬となり午後の日の傾きが早く感じながら港へ行ってみた。晴れか曇りか判定に迷いそうな空の下で待っていたら30〜40分ほどでミサゴが現れた。水平方向の距離は結構近かったものの、高さがかなりあり殆ど羽ばたかずにトビのように旋回するパターン。傍らにボラ釣青年がいて釣りあげたものを下処理していた。トビやウミネコはそれが気になっていたが、ミサゴは気にしてない。結局ミサゴはダイブすることなく [続きを読む]
  • 豊里の蓮にイナゴ
  • 昨日撮影雨の心配もなく、そう暑くも無かったので郊外にあるハスの田んぼへ行ってみた。花の良いのが無い。。傍らでお盆用の葉を刈り取りしていた人に挨拶したら「花は二、三日前は良かった」・・・。そりゃそうだ、台風直後に来て良い花が有る分けないだろ!と自分の馬鹿さ加減に呆れた。まだこれから咲きそうな蕾も沢山ついていたので、見たい方は数日後に行かれたらよいかと・・・。花を諦めて引き返そうとしたら、ハスの葉っ [続きを読む]
  • 台風一過の風と雲
  • 昨日撮影台風は夜が明ける前に庄内沖で温帯低気圧に変わった。雨台風の様相だったが、この辺りでは大きな被害はなかったようなのでひとまず安堵。暗いうちに強風が吹いたのか、少し背の高い植木鉢が一つ倒れていた。午後にはすっかり雨も止み、空気が入れ替わったのかグッと涼しくなり、今朝の室温は26℃。いつの間にかまた新たに空蝉が増えていた。台風通過後に関東以西では猛暑となっているようだが、外に出るとノースリーブ [続きを読む]
  • 去年のミサゴ
  • 2016年8月7日撮影風が強く撮歩しないでデータ見直ししたら、去年の同じころはミサゴが結構接近していた。これらは港の方で撮ったもの。はっきり覚えていないが胸元の斑の違いを見ると複数現れた様だ。獲物にロックオンしてダイブの体勢に入る寸前かも。これで20mぐらいだろうか、今年はこういうチャンスが中々巡って来ない。下に居るボンクラには目もくれずに獲物探し。去年現れた時間を参考に張り込みの時間を変えてみるか。 [続きを読む]
  • ボッチのハクチョウ
  • 8月6日撮影地元の川撮歩のつづき。川の上流に向かって進んでいくと7号線をくぐった辺りにボッチのハクチョウが居た。上流で草刈したのが流れて来ていて、それを流しそうめんの様にキャッチして食べていた。春先に見たのとは翼の感じが違うし首がキレイなので別の個体のようだ。翼のたたみ方が少し変。見た感じ食欲は旺盛なよう。以前遊佐の藤井公園で見た花(ワルナスビ?)が咲いていた。さらに上流へ進むとハクチョウの羽根 [続きを読む]
  • 涼しげな秋桜
  • 昨日撮影目が覚めると室温が30℃を差していたので、窓を開け扇風機で朝の冷気を入れた。昨日はゆっくり目に起き出して久しぶりに地元の川の土手を1時間ほど撮歩。ただ通るだけなら毎日のように来るのだが、カメラを持ってゆっくり川上に向かって歩いたのは春先以来かも。ミソハギの色も鮮やかになりお盆が近いのを知らせている。桜並木の側にあるアメリカフヨウが木漏れ日で良い表情。花弁がガラス細工のような錯覚に陥る光の [続きを読む]
  • 酒田花火ショー2017
  • 昨日撮影当初花火撮りしないつもりだったが、あまりの好天に惹かれて出かけた。先に夕陽を撮っておこうと思い、1時間前に日和山へ行くと既に展望台は家族連れで賑わっていた。地元の猫たちも今や遅しと待っている(?)。展望台では三脚立て辛い雰囲気なので、港の方に下りて55-250mm一本で切り取ってみた。天気に恵まれたものの機構ブレ(?)のようなモノが・・・。花火の光跡をシンプルにするため、秒数短く撮って後で合成して [続きを読む]
  • 蜻蛉と真鯉
  • 昨日撮影もしこれが全くの自然界の中で遭遇した光景ならレアかも知れないが、人工池で飼われた鯉では・・・。昨日の”着いたらミサゴ”に気を良くして今日もスワンパークに行くと、花火の準備で立て看板などを設置していたので30分ほどで切り上げた。土門記念館に行くと池にではショウジョウトンボが良く目についた。こちらの地味なのはショウジョウトンボのメスかも知れない。「コンクリートと蓮」なぜこんなところに蓮が?  [続きを読む]
  • Osprey Blues(ミサゴ・ブルース)
  • 8月2・3日撮影昨日は出羽大橋に着くと、いきなり上空にミサゴが舞っていた!トビと同じように高くゆっくり旋回していたので大きくは撮れなかったが今季最短での登場。バッグを降ろしカメラを出してる内にドンドン川下の方に移動してしまった。波打ち際には可愛い白い花が咲いていたが名前が分からない。テントウムシもアリマキを食べるだけじゃないようだ。再びコンデジでトンボ超接近を試みたがもう一つ物足りない。港へ移動し [続きを読む]
  • 夏の八森自然公園
  • 8月1日撮影快晴の空の下、久しぶりに八幡の八森自然公園に行ってみた。鬱蒼とした森の中でキツリフネが出迎えてくれた。これは・・・以前調べた気がするが名前が出てこない・・・。↓ググったら「ハナイカダ」だった。展望台に着くとヤマユリが咲いていたが、大半は終盤のようだった。所々支柱も付けらりたりして少し華奢な感じに見える。一番見たかったクルマユリは全くお目に掛かれず、時期的に悪かったのかそれとも少雨の影響 [続きを読む]
  • イマイチな夕景。。
  • 昨日撮影日中は八幡に出掛けたものの思ったようなものが撮れずに、脚は疲れ財布だけが軽くなって帰宅。。やや気落ちしながらも良い夕景の予感がして日和山に向かった。途中鳥海山も良い感じで期待が膨らむ。しかし、思ったよりも雲が多くてイマイチな夕景となった。夕陽がちょこっとだけ顔見せしてくれたものの、水平線の雲に隠れた。残照も無く飛島の輪郭だけはハッキリしていたような・・・。OMAKE今日、庄内も梅雨明けしたよう [続きを読む]
  • 暑さ厳しき候にて
  • 皆さまくれぐれもご自愛くださいますように自宅の周りで鳴いてるのは殆どが庭木や裏の柿の木から出てきたアブラゼミ。ヒマラヤユキノシタやイチョウの葉っぱには蝉の抜け殻が幾つも付いていた。幹や枝の方が揺れないしシッカリ掴めそうなものだが、何故か葉っぱに付いてるのをよく見かける。そういえば何年か前、一枚の桜の葉に何匹もくっ付いてたの思い出した。 [続きを読む]
  • スワンパークのハグロトンボ
  • 昨日撮影昨日もう真夏モードだなどと書いたもんだから裏目に出て朝からザーザー雨降り。。月山にはベッタリガスがへばりついていた。こうして見ると夏空ではないな。。カワセミを見かけたが遠くを飛び去るだけでシャッター押すに至らず。目の前の藪を数羽の小鳥が見え隠れしていたので、一瞬顔が出たのを撮れた。文字通りヤブサメか何かだろうか。若葉がキレイ・・・こういうのでシャッター切れるうちは大丈夫かも?黒いヒラヒラが [続きを読む]
  • アメリカフヨウと鳥海山
  • 今朝撮影今朝もミサゴはかろうじてかすった程度。これで早々と可能性が半減してしまったのでトンボなどを撮ってからサクッと帰路についた。地元の新井田川の土手のアメリカフヨウを撮りながらの帰り道。前見た時点では雨の後でクタッとしていたが、今朝は元気に咲き誇っていた。こちらは3日ぐらい前の夕方近くに撮ったもの。逆光で透かした方が立体感が出て良い。梅雨がどうなったのか知らないが、自分の中ではすでに真夏モード。 [続きを読む]
  • 上池のチョウトンボ
  • 昨日撮影小雨交じりではあったが、久しぶりに上池に蓮とトンボの様子見に行ってみた。蓮はまだ疎らにしか咲いておらず、逆にチョウトンボは思ったより沢山いた。近くに止まってくれないのでコンデジで撮ってみたがイマイチ。。それでも殆ど見なかった去年に比べたら豊作かも。中々良い感じで翅を見せてくれなかったが、ようやく後ろ向きになった所に陽が当たった。何か事故でもあったのか、土手の奥の方に規制線が張られていた。。 [続きを読む]
  • 月光川のトンボたち
  • 7月26日撮影月光川撮歩のつづき鳥は芳しくなかったが、もう一つの狙いのトンボは沢山見る事が出来た。ミヤマカワトンボのメスに上手く近づけたので大きく撮れた。ノートリミング調子に乗って最短撮影距離より前だったようで眼がボケていた。。オスが明るい場所に出てくれたのでほぼ完璧な図鑑ショットに。ミヤマカワトンボは地味だけど美しいトンボだ。月光川から近くの溜池へ移動中にヤギさんと遭遇。バックのは石像。水面 [続きを読む]