団塊世代 さん プロフィール

  •  
団塊世代さん: 年金暮し団塊世代のブログ
ハンドル名団塊世代 さん
ブログタイトル年金暮し団塊世代のブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/dankai-sedai
サイト紹介文団塊世代の厚生・企業年金の現実と暮らし向きをブログで。 趣味の野鳥写真にも奮闘中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2014/09/26 09:11

団塊世代 さんのブログ記事

  • オシドリ @東京
  • 去る1月末〜2月上旬の東京滞在中、何度か鳥撮りに行き、新宿御苑で オシドリ (鴛鴦) を観察撮影したと書きました(→ こちら)。ここ数年、冬の新宿御苑のオシドリはバードウォッチャーさん達には有名?らしいですが、遠くて大きく撮れないので鳥撮り屋さん達には不人気のようで、彼等にはむしろルリビタキ が人気のようです。ということで、今日は新宿御苑の 遠くて小さいオシドリのオス達とメス達を見て下さい。(笑)オ [続きを読む]
  • 介護保険料 更生・特別徴収中止 通知書 (2017年2&4月)
  • 昨日、市役所から届いた私め宛の今年(平成29年)度の介護保険料の年度前半(仮徴収)分の特別徴収額の決定通知書を見て、おっ家内の分はどうなったのかな? と疑問が出ましたので調べてみた結果を報告します。おっ家内の死亡届を市役所の介護保険係にも1月中旬に出しましたので、おっ家内の「 介護保険料の更生通知書 兼 特別徴収中止通知書 」が、私め宛に2月上旬に届いておりましたのを、すっかり忘れておりました。(↑の [続きを読む]
  • 介護保険料の仮徴収額決定書 (2017年4月)
  • 私めの今年(平成29年)度の介護保険料の年度前半(仮徴収)分の特別徴収(年金からの天引き)額の決定通知書 が、市役所から 例年通り4月中旬に届きました。今年度は3年毎の見直し年度ではなく継続年度 なので、原則的には 昨年度の介護保険料と同額です。 よって、今年度の介護保険料は 昨年度と同じ 年額109,136 円 でした。(↑の大きい画像はありません)この通知を見て、亡くなったおっ家内の分はどうなった [続きを読む]
  • ノスリ @東京
  • 去る1月末〜2月上旬の東京滞在中、何度か鳥撮りに行き、明治神宮 で ノスリ (鵟) を見たと書きました(→ こちら)。ノスリは全長が55センチ前後の中型のタカ の仲間で、空を飛んでいる時、灰白色の腹に、左右の脇腹をつなぐ腹部が黒く見える(淡)褐色の斑(黒い腹巻?)があるのが特徴です(→ こちら)。  また喉部が黒いのも特徴です。それらの特徴が判る、枝に止まったノスリの姿が(↓)です。ノスリの背中は褐 [続きを読む]
  • 企業年金の所得税増額? (その2)  (2017年4月)
  • 先日 私めの4月振込みの企業年金で、「 年金支払額は同額なのに、所得税額が42円増額になっている 」理由を企業年金基金に問合せ中であることを「 その1 」として書きました。(→ こちら)その後、基金から書面で届いた回答内容を、私めの理解で簡単に?まとめてみました。私めがもらっている企業年金 は「終身年金」と「有期年金」の2種類あり、私めの現時点の支給額は、終身年金が年額642,400円(2ヶ月毎の支給 [続きを読む]
  • 未支給年金 支給決定通知書 (2017年4月)
  • 先日 「 未支給年金・保険給付 支給決定通知書 」なる葉書が日本年金機構から届きました。先ず この聞き慣れない&見慣れない通知書が来た背景を説明しておきます。年金受給者たるおっ家内の死亡届を1月中旬に日本年金機構の年金事務所に出した際、死亡届の処理は直ぐに行われるので、直近の2月15日に支給予定(の12月分と1月分の計2ヶ月分)の年金は支給されず、その代わりに未支給年金として3ヶ月後位に支給されるこ [続きを読む]
  • ゴイサギの若鳥 @東京
  • 去る1月末〜2月上旬の東京滞在中、何度か鳥撮りに行き、近くの緑地公園で ゴイサギ (五位鷺) の若鳥 を見たと書きました(→ こちら)。  今日は、そのゴイサギの若鳥を見て下さい。その前に、過去にも(→ こちら)で見てもらっていますが…、先ずはゴイサギ成鳥 の姿を確認して下さい。(↓)ゴイサギは夜行性なので、昼間は寝てばかりいます。 頭と背中が青紺色なのが成鳥の特徴です。一方、ゴイサギの若鳥 (3歳く [続きを読む]
  • 企業年金の所得税増額?(その1)  (2017年4月)
  • 私めがもらっている企業年金 は偶数月の1日(祝休日の時は翌営業日)に振込まれ、前月末に送金通知が予め送られて来ます。3月末に来た送金通知 に「 税引後の送金額が前回と変わっております。 これは、従業員拠出に基づく控除額が限度額に達したためです 」という訳の分からぬ注記がありました。(↓)(↑の大きい画像はありません)具体的には、2月は、年金支払額=204,501円、所得税額=15,617円、差引支払額 [続きを読む]
  • H29 固定資産税通知書 (2017年4月)
  • 今年(平成29年)度の固定資産税の通知書 が、例年通り4月に入って直ぐに市役所から届きました。今年度の固定資産税額は、昨年度(→ こちら)と同額の112,800円 です。(↑の大きい画像はありません)今年度は、昨年度同様に、土地と家屋の評価額を見直さず、原則として昨年度と同じ評価額にそのまま据え置く年度ですから、固定資産税額も昨年度と同額です。まぁ 住むだけで年間11万2,800円も支払わされる訳で [続きを読む]
  • アカハラ @東京
  • アカハラ (赤腹) は、日本では繁殖のため本州中部以北に飛来し(夏鳥)、冬季になると本州中部以西で越冬する(冬鳥)ツグミの仲間です。アカハラの全長は24センチ位で、胸部から腹部側面にかけてオレンジ色の羽毛で覆われており、和名の由来になっています。アカハラの上嘴は黒く、下嘴は黄色みを帯びたオレンジ色です。 後肢は黄色みを帯びたオレンジ色です。(↓)から、アカハラの頭部は暗褐色の羽毛で覆われ、顔や喉は黒 [続きを読む]
  • 無料エンジンオイル交換 (2017年4月)
  • 私めのマツダ・デミオの5年目(第2回目)の車検を昨年2016年10月下旬に「車検の速太郎」で受けたと書きました(→ こちら)。3月11日から27日までの2週間の東京滞在中に、「車検の速太郎」から「 エンジンオイル交換無料 」なる葉書が来ていました。(↓)(↑の大きい画像はありません)前回の車検時にエンジンオイル交換を勧められたのですが、断ったので、これはどういうこと?と思いました。  ですが、直ぐ電 [続きを読む]
  • オナガ @東京
  • 私めが東京の息子宅に滞在中、鳥撮りに出かけた時の最初の目標鳥が、今日のオナガ (尾長) でした。何故なら、オナガは私めの住む西日本には住んでおらず 、東日本(神奈川県以北、石川県以東)でしか観察できない野鳥だからです。 しかも、肉眼遠目には、頭が黒で、背中から尾羽までが水色という印象的な姿をしているのです。(↓)オナガは全長35〜40センチですが、名前の通り尾羽が長く、全長の半分以上もあります。 ( [続きを読む]
  • シリケンイモリ @沖縄
  • 最近続けて来た「沖縄の野鳥シリーズ」は前回で終了したのですが、今日は野鳥ではなく、お尻(尾)の形が剣に似ていることから名付けられた シリケンイモリ  (尻剣いもり) を見て下さい。シリケンイモリは奄美諸島と沖縄諸島にだけ生息していて、平地から山地まで、池や水たまり、沢の源流などに多くが集まっています。 沖縄南部のどの観光地の池にも必ずと言ってもいい位に、この尻剣イモリを普通に?見かけましたです。(↑ [続きを読む]
  • 国税還付金振込通知書 (2017年3月)
  • 私めの平成28年度分の確定申告 の結果は 51,664円の還付 だったと書きました(→ こちら)。東京から帰宅した翌日(3月28日)、2週間の不在中に預かってくれていた郵便物がどっさり 郵便局から届きました。その中に、51,664円の還付金を私めの預金口座に振込む手続きを3月24日(金)に開始しますよという 税務署からの「 国税還付金振込通知書 」葉書がありました。(↓)(↑の大きい画像はありません) [続きを読む]
  • バンの若鳥 (と繁殖期の成鳥) @沖縄
  • 昨年12月の沖縄旅行の際に出会った「沖縄の野鳥シリーズ」 第11弾 (で最終回 )は、沖縄の固有種ではないのですが、私めが初めて見たバン (鷭)の若鳥  (と、繁殖期の成鳥) の姿です。バンは、上嘴(うわくちばし)が額まで伸びたような「額板」が特徴的な鳥で、私めの住む中国地方では留鳥 なので繁殖しているのですから、当然 幼鳥や若鳥が見えるはずなのですが、私めは今迄バンの幼鳥や若鳥を見たことがありませんで [続きを読む]
  • 郵便物の不在届 (2017年3月)
  • 長期間 家を不在にする場合、新聞を留守止めにしますが(→ こちら)、郵便物も郵便局で預かってくれる のを皆様は御存知でしょうか?お近くの郵便局に「不在届」(↓)を出せば、郵便物を最長30日間預かってくれます。(↑の大きい画像はありません)「不在届」を出すと、(↑)にあるように、「不在届受付確認票」(↓)が配達されます。(↑の大きい画像はありません)新聞と郵便物で十分かと言えば、最近はチラシ類やフリ [続きを読む]
  • バリケン @沖縄
  • 昨年12月の沖縄旅行の際に出会った「沖縄の野鳥シリーズ」 第10弾は、初めての沖縄観光では誰もが必ず行く「首里城」を見学後、北側を通って守礼門 の方に戻る途中の「円鑑池」という池の傍で出会った野鳥?の バリケン (蕃鴨) です。バリケンは、南米産のノバリケン (野バリケン) という野生のカモの一種を家禽(かきん)(家畜)化したもので、日本には食用で持ち込まれたものの定着せず、飛行能力が残っているので逃 [続きを読む]
  • 東京から広島へ   (2017年3月)
  • この2週間、孫娘に癒やされっぱなしの東京滞在でした。   孫娘は幼稚園受験の教室に通っており、随分と賢く?なって来ています。  また、体操教室にも通っているおかげなのか、運動面でも日に日に上達しています。  可愛くなった孫娘に爺は嬉しいばかりです。他方、セコムに入ったおかげで、東京滞在中の2週間に、広島の我が家の泥棒侵入の心配をしたことがありませんでした。  この心理的な安心感だけでも、セコムに入った [続きを読む]
  • リュウキュウ ヒヨドリ @沖縄
  • 昨年12月の沖縄旅行の際に出会った「沖縄の野鳥シリーズ」 第9弾は、リュウキュウ ヒヨドリ (琉球鵯) で、日本列島特産種の 日本本土でごく普通に観察できるヒヨドリ(→ こちら)の亜種で、沖縄諸島と宮古諸島に住んでいる 渡りをしない留鳥 です。琉球ヒヨドリは、日本本土のヒヨドリと比べて全体に色が黒っぽく、赤褐色味が強いだけでなく、頬の茶色い部分(耳羽)が喉までつながっているのが特徴です。(↓)の写真 [続きを読む]
  • ヤンバル ヤマナメクジ @沖縄
  • 最近続けている「沖縄の野鳥シリーズ」の息抜きに、今日は、野鳥ではなく、沖縄本島北部の「やんばるの森」に住んでいるナメクジの一種であるヤンバル ヤマナメクジ (やんばる山蛞蝓) です。 (この名前は仮の名前 で、未だ正式な名前は付いていないそうです)「やんばるの森」で探鳥していた時に、ガイドさんが教えてくれて撮ったヤンバルヤマナメクジが(↓)で、体の表面が粘膜で覆われており、手に付いた粘液は洗っても洗 [続きを読む]
  • 庭木の剪定 (2017年3月)
  • 昨年12月に沖縄旅行をしたりした為に 手入れが出来ていなかった庭木を、2月25日のおっ家内の四十九日法要の前に剪定して、すっきりした庭で参列者の方々をお迎えしたいと思いました。ので、安いと評判のシルバー人材センター に庭木剪定を依頼すべく、先ずは費用の見積りを電話で依頼しました。ちなみに、各市町村毎にシルバー人材センターが設立されている為、依頼者の住所を管轄する市町村のシルバー人材センターに依頼し [続きを読む]
  • アオアシシギ と コアオアシシギ @沖縄
  • 昨年12月の沖縄旅行の際に出会った「沖縄の野鳥シリーズ」 第8弾 は、日本本土では春と秋の渡りの時に渡来する旅鳥 ですが、少数が越冬する沖縄で撮った アオアシシギ (青足鴫) と コアオアシシギ (小青足鴫) という 2種類の似た者同士のシギです。共に名前は「青足」ですが、脚の色は見た目には灰色に近い緑色(灰緑色)です。(古来 日本では緑色を青と表現していました。 例えば、背中が緑色のキツツキを「アオゲ [続きを読む]
  • リュウキュウ サンショウクイ @沖縄
  • 昨年12月の沖縄旅行の際に出会った「沖縄の野鳥シリーズ」 第7弾 は、日本 (九州南部から南西諸島) 固有亜種 のリュウキュウ サンショウクイ (琉球山椒食) です。基本亜種のサンショウクイは繁殖のため本州以南に飛来する夏鳥 ですが、この琉球サンショウクイは奄美諸島、沖縄諸島、八重山諸島に留鳥 として生息しており、沖縄県の準絶滅危惧種 に指定されています。昔見て頂いている基本亜種のサンショウクイ(→ こち [続きを読む]
  • 火災保険料の一部返還 (2017年3月)
  • 去る2月下旬から 我が家に セコムのホームセキュリティーを導入した と書きました(→ こちら)。その際、セコムの営業担当者から、我が家の火災保険はどちらの保険会社ですか? もし セコム損害保険会社なら、保険料の割引き返還がありますよ、と言われました。調べてみると、我が家の火災保険が 何と! セコム損害保険会社 であることが判明しました。(笑)当時、「保険の窓口」的な保険代理店を通して契約したので、そ [続きを読む]
  • セイタカシギ @沖縄
  • 昨年12月の沖縄旅行の際に出会った「沖縄の野鳥シリーズ」 第6弾 は、セイタカシギ (背高鷸) で、名前の通り、ピンク色の極めて長い脚を持ち、よって背がすごく高いシギです。セイタカシギの体長は約37センチですが、脚の長さは付け根から指先まで約25センチもあります。セイタカシギは、昔は本土ではとても珍しい水鳥 でしたが、最近は私めの住む広島県でもボツボツ観察例が出てきている旅鳥 で、沖縄では当り前に?見 [続きを読む]