虎キチ社長の優雅じゃない1日 さん プロフィール

  •  
虎キチ社長の優雅じゃない1日さん: 虎キチ社長の優雅じゃない1日
ハンドル名虎キチ社長の優雅じゃない1日 さん
ブログタイトル虎キチ社長の優雅じゃない1日
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ashi772453
サイト紹介文西調布在住 小さな不動産屋の社長の独りごと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2014/09/26 10:46

虎キチ社長の優雅じゃない1日 さんのブログ記事

  • 痛恨のサヨナラ負け
  • 昨夜から場所を神宮に移して対ヤクルト3連戦が始まりました我が虎の先発はドラ2ルーキー小野投手。今季はここまで12試合先発するも「勝ち運」に恵まれることなく0勝7敗今度こそ勝てるのでは・・・。そう思い続けてシーズンも終盤になってきました今季の対戦成績「12勝6敗」と圧倒し、比較的に組みやすいヤクルト相手の先発「プロ初勝利」を手にするには「絶好のチャンス」です。正直言ってラストチャンス的な感じです現状 [続きを読む]
  • 鬼門ナゴヤで4年ぶり
  • 我が虎にとって鬼門とされるナゴヤDでの3連戦第1・2Rは好調の打線が機能して、投手陣をカバー「投打が噛み合った」理想的な試合運びで連勝そして迎えた第3Rは、今季はここまで波に乗り切れてない能見投手が先発悪い波(自身3連敗中)を断ち切る投球に期待しましたすると好調の打線が初回から援護1番俊介選手がいきなりフェンス直撃の三塁打2番上本選手もレフトへ適時二塁打と速攻で先制3回には「無死一、三塁」と絶好の場 [続きを読む]
  • 連日の虎祭り
  • 敵地ナゴヤDでの対中日3連戦第2R。我が虎にとってナゴヤDでの試合は、苦戦することが多くて、昔から「鬼門の球場」とされていました今季もチーム状態が最悪な6月の連戦で、力なく3連敗を喫しましたしかし今回の3連戦の第1R。ケガから復帰した秋山投手の好投に応える形で打線も試合序盤から大爆発終ってみれば「13安打10得点」で快勝しかし、そんな試合の翌日は、力なくコロッと負ける「野球あるある」って言うよりも [続きを読む]
  • 大味な試合
  • 首位広島との激闘の翌日、場所をナゴヤDに移して対中日3連戦が始まりました我が虎の先発は5日のヤクルト戦で右太ももの張りを訴え、登録抹消となった秋山投手。ほぼ最短の11日で復帰を迎えた一戦すると打線が、初回に5番中谷選手と7番大山選手の適時打で3点を先制「快気祝い」のプレゼントとなりました秋山投手も期待通りに初回から好投負傷前以上の安定感で、危なげなく安心して観ていられる内容今のドラゴンズ打線では、 [続きを読む]
  • 全選手コーチでもぎ取った勝利
  • 京セラDでの対広島3連戦第3R第1Rはドラ2ルーキー小野投手が序盤から捕まり中継ぎ投手陣も打ち込まれて大敗第2Rは約2か月半ぶりに1軍マウンドに復帰した藤浪投手の乱調が原因で、星を落とし「まさかの連敗」そして、第3Rも落して「3タテ」を喰らったら今季の「セリーグの灯」が消えてしまうところそんな危機的状況の中での先発は、岩田投手「苦労人ベテラン投手」に託すこととなりましたしかし、初回から驚異の上位打 [続きを読む]
  • 別次元のもの
  • 本拠地の京セラDに首位広島を迎えての3連戦危機的状況のチームを救うべく、82日ぶりに急遽1軍の先発マウンドに帰ってきた藤浪投手に期待しましたしかし、初回のマウンドに立つ藤浪投手の追い詰められた表情を見た瞬間、期待はあまりできないと思ってしまいましたいきなり初回に「1死満塁」の大ピンチを背負い1失点で凌ぐも球数は既に30球越え先発の責任回数5回の到達は無理だろう・・・。苦しい投球は続きますすると2回 [続きを読む]
  • 数分で勝負あり
  • 昨夜から本拠地京セラDでの対広島3連戦が始まりました今季を左右する3連戦の第1R。我が虎の先発はドラ2ルーキー小野投手。対する広島はエース野村投手。チーム状況は大黒柱のメッセンジャー投手が離脱して苦しいチーム事情の中で負けられない戦いが続く我が虎と首位独走状態(2位の虎に8.5ゲーム差)の広島投手陣も「先発・中継ぎ・抑え」と盤石体制リーグ一番の打率(.275)誇る強力打線試合前からある程度予想はしてい [続きを読む]
  • 甘かった
  • 浜スタでの対横浜3連戦第3R。敵地での「同一カード3連勝」を狙って、緊急先発の松田投手に期待しました先週10日の讀賣戦で「今季復帰絶望」の大ケガを負ったメッセンジャー投手の代役として先発転向相性の良い横浜相手なら何とかなると思っていました。先発投手として開花してくれば、救世主になるそう思っていましたが『甘かった』です打線は2回「無死一、三塁」から7番大和選手の犠飛で先制しましたが、慣れない先発マウ [続きを読む]
  • 怪我の功名と不幸中の幸い
  • 浜スタでの対横浜3連戦は「2位と3位」直接対決今後を占う上で大事な3連戦でもありますまず第1Rは「メッセショック」効果なのか???ベテランの岩田投手が好投し、打線も爆発して大勝第2Rも勝利してカード勝ち越しを決めたいところ先発は今季初の中5日登板の能見投手でした大ベテランで38歳の能見投手。今季の先発投手陣がアクシデントや不調で離脱する中、唯一ローテを死守しているんですしかし、ここまで自身3連敗中 [続きを読む]
  • 百戦錬磨のベテラン選手
  • 前節の対讀賣3連戦第3R。先発したメッセンジャー投手が7回裏、阿部選手の強烈な打球を右足に受けて緊急降板軽傷を願っていましたが「最悪な結果」が待っていました診断は「右足腓骨骨折」で全治不明※今季中の復帰は絶望とのことこんな大事な時期に「虎の大エース」が離脱とは・・・。あまりのショックで言葉が思いつきませんそんな重苦しい雰囲気で、迎えた敵地浜スタでの対横浜3連戦第1R我が虎の先発は、後半戦になってよ [続きを読む]
  • メッセショック
  • 敵地東京Dでの対讀賣3連戦第3R。第2Rの勝利によって、がぜん楽しみになった第3R。先発のメッセンジャー投手の「力強い投球」に期待しました讀賣先発の内海投手の「ノラリクラリ投法」に今季も苦戦する我が虎の打線しかし、2回に8番梅野選手の左前打などで2点を先制試合の主導権を握りました勝利を確実にするには追加点が、どうしても必要しかし、2回から3イニング連続で先頭打者が出塁して6回まで8安打放つも「ここ [続きを読む]
  • 僅差での競り合い
  • 敵地東京Dでの対讀賣3連戦第2R。我が虎の先発は青柳投手今季は「好不調の波」が激しく、しばらく2軍で調整中でしたが、40日ぶりの1軍マウンドとなりましたアンダースローに弱い讀賣には、相性が良く「讀賣キラー」ぶりに期待しましたすると、強力讀賣打線を前に5回2死までノーヒット打線も3番福留選手の活躍などで2点をリード得意な「僅差で競り合う展開」となりましたしかし、試合の終盤に鉄壁のリリーフ投手陣が打ち [続きを読む]
  • 優勝マジック33
  • 首位広島への抵抗(マジック阻止)のために負けられない試合が続いています昨夜から場所を東京Dに移して、対讀賣3連戦が始まりました我が虎の先発は、あまり讀賣に相性が良くない岩貞投手。今季は、連戦初戦(火曜日)の先発を主に秋山投手がつとめて、流れを良くしてその後の連戦という感じでしたが、先週(試合中)に右足の太ももを痛めてしまいました回復が見込めずにそのまま登録を抹消ですから、岩貞投手にかかる期待は大きかった [続きを読む]
  • 代打逆転3ラン
  • 本拠地京セラDでの対ヤクルト3連戦第3R我が虎の先発能見投手は自身3連敗中対するヤクルトは7連敗中の石川投手。今季は思い通りの投球が出来ず、苦しい投球が続く両ベテラン左腕対決となりました。2回表2死から珍しい福留選手の落球とスタメンサードの大山選手の失策でヤクルトに先取点連敗中の能見投手はマウンドで不機嫌しかし、3回裏「2死一、二塁」の場面で、3番福留選手がライトへタイムリー2塁打を放ち「2対1」 [続きを読む]
  • 鉄壁な救援隊
  • 夏ロードの本拠地京セラDでの対ヤクルト3連戦第2R我が虎の先発は今季ようやくブレイクして安定感が抜群の秋山投手対するヤクルトは小川投手。初回と2回の投球はいつも通りでテンポが良く安心して秋山投手を見てられましたしかし・・・。3回2死を取ったところで「足に異変」を感じ、緊急降板今季はここまで先発ローテーションを守って好投を続けていただけにショックでしたでも今まで1年間働いたことが無く疲れも溜まる時期 [続きを読む]
  • 今季チーム初完封
  • 本拠地は甲子園は高校野球開催のため今の季節は「本拠地が京セラD」になりますしかし、夜になっても蒸し暑く灼熱地獄の甲子園より空調が効いて快適な京セラが歓迎されるようです真夏を境に成績が失速する原因だった「死のロード」は最近は成績が良いですから「死語」になりつつあります昨夜から始まった本拠地京セラDでの対ヤクルト3連戦第1Rの先発はメッセンジャー投手でした。対するヤクルトの先発はブキャナン投手。試合は [続きを読む]
  • 広島のような常勝チーム
  • 敵地マツダでの対広島3連戦第3R第2Rは敗戦濃厚な展開でしたが、終盤8回で逆転して逃げ切った試合首位広島と接戦が続いているので第3Rも期待感でいっぱいでしたすると初回2死から広島先発の九里投手を攻めたてなんと 「5連打で4得点」 我が虎先発の岩田投手にいきなりのプレゼントとなりました4回にも1点を追加して「5対2」と3点リードで試合は終盤勝負となりました岩田投手はテンポの良い投球で広島打線を翻弄6 [続きを読む]
  • 4番の働き
  • 敵地マツダでの対広島3連戦第3R。我が虎の先発は10度目の登板も「プロ初勝利」が遠い小野投手。対する広島は今季エースに成長した大瀬良投手。「チームの力」の差を見たらカープが有利に思えます初回、1番田中選手に投じた初球を中前にはじき返されると2番菊池選手にも初球を強振されて右翼席に着弾わずか2球で2点を献上毎試合同じような展開VTRを観ているような気持ちになりますしかし、これ以上は負けられない小野投 [続きを読む]
  • 予想外の幕切れ
  • 昨夜から敵地マツダで始まった首位攻防3連戦しかし、差が10ゲームもあって「天王山」らしい雰囲気は感じられません加えてこの3連戦は、先発を裏3人(岩貞投手・小野投手・岩田投手)で回す予定なので、苦戦は間違いなし・・・。しかも、広島戦「未勝利トリオ」で挑もうとしています虎党も「優勝を諦めたのか」と多数コメントしかし私はチーム育成の過程の中で、来季以降を見据えて苦手意識をなくすためにあえて試練を監督は、与 [続きを読む]
  • 連敗ストッパー
  • ナゴヤDでの対中日3連戦第3R。「鬼門の球場」だったはずが、第1・2Rを連勝前回の3連戦では、チーム状態が絶不調だったために3タテされてしまいました第3Rも勝利して「3タテ返し!!」に期待しました我が虎の先発は能見投手。対する中日は左腕の八木投手。しかし・・・。嫌な予感もしていたんです今季の能見投手は「好不調の波」が激しくて投げてみないと、わからないんです案の定、悪い予感は的中今季ワーストの6失点 [続きを読む]
  • 現状のチーム事情
  • 鬼門とされるナゴヤDでの対中日3連戦第2R第1Rは投打が噛み合って「文句なしの勝利」第2Rも勝利して、カード勝ち越しを狙いたいところ我が虎の先発はメッセンジャー投手。対する中日は小笠原投手。その小笠原投手は、私の母校(東海相模)の甲子園優勝投手とても複雑でしたが「虎の勝利」を願いました試合は両先発投手が、好投を続けて「1点を争う投手戦」となりました先制したのは、チームの状況(7月の勝ち越しも決まって [続きを読む]
  • 嬉しい勝利
  • 聖地甲子園を高校球児に明け渡すため、8月下旬までの長期遠征が始まりました。まずは「鬼門」ナゴヤDでの対中日3連戦第1R。我が虎の先発は、今季ここまで一番安定した投球を続けている秋山投手対する中日は苦手左腕のバルデス投手。打線は、福留選手・西岡選手・糸井選手(負傷欠場中)といったFA移籍選手の名前がスタメンから消えて、生え抜き選手(ロジャース選手は外国人助っ人)中心で構成されました正直言って苦戦かも。。 [続きを読む]
  • 逆転3ランホームラン
  • 長期ロードへ旅立つ最後の聖地3連戦「2位・3位直接対決」3連戦でもありますしかし、第1・2Rは横浜が連勝我が虎が3位に転落して、迎えた第3R。3タテを喰らい坂道を転げ落ちていくのか???それとも踏みとどまるのか???大注目の一戦でしたしかし、仕事関係の研修会でTV中継を観る時間が無く、情報と言ったら「一球速報」のみ。合間でこっそりとチェックしていました我が虎の先発は長い間2軍生活が続いていた岩田投 [続きを読む]
  • 最近の心境
  • 本拠地甲子園での『2位・3位直接対決』3連戦2R我が虎の先発は勝ち星が遠く、ここまで5連敗の小野投手。対する横浜はウィーランド投手。今の我が虎は先制されると、苦しい試合運びになりますが2回早々に小野投手が捕まり3点献上勝ち運に見放されている投手を象徴するような苦しい展開となりました結果は「5回112球6安打4失点」という内容。相手チームの先発が左右に関係なく「速球派」だと押し負ける打線ですから、と [続きを読む]
  • 今日は完敗!!
  • 聖地甲子園に横浜を迎えての3連戦第1R。2位と3位の直接対決で、結果次第では順位が変わる大事な3連戦なんです我が虎の先発は昨年10勝と二けた勝利をした岩貞投手ですが今季は、ここまで今一つ対する横浜は左腕で苦手の今永投手。試合は、両投手の投げ合いで「1点を争う投手戦」となりました。両チームで得点は、7回表に3番筒香選手のソロホームランのみという結果岩貞投手も「球のキレとコントロール」が申し分なく「8 [続きを読む]