虎キチ社長の優雅じゃない1日 さん プロフィール

  •  
虎キチ社長の優雅じゃない1日さん: 虎キチ社長の優雅じゃない1日
ハンドル名虎キチ社長の優雅じゃない1日 さん
ブログタイトル虎キチ社長の優雅じゃない1日
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ashi772453
サイト紹介文西調布在住 小さな不動産屋の社長の独りごと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2014/09/26 10:46

虎キチ社長の優雅じゃない1日 さんのブログ記事

  • 勝ちに不思議な勝ちあり
  • 前節、対中日3連戦第3Rから続く連敗は3主力先発の3投手(メッセ投手⇒岩貞投手⇒藤浪投手)で勝てなかったのが大問題そんな中で迎える対ヤクルト3連戦第3Rの先発はドラ2ルーキー小野投手期待するのが酷な状況「大型連敗」も覚悟しないといけないのか???虎党はみんな弱気になっていました。結果は「4回83球8安打5三振4失点」で降板2回バレンティン選手に2ラン、3回坂口選手にソロと2被弾得意の「直球を狙われた [続きを読む]
  • 連勝疲れモード
  • 敵地神宮で対ヤクルト3連戦第2R。連敗ストッパーとして藤浪投手に期待しました打線は2回「無死二塁」のチャンスから6番鳥谷選手がセンターへタイムリーヒットを放ち先制藤浪投手を援護しました初回は三者凡退に抑えて、完璧な立ち上がり「完封か完投」を期待しましたが、2回に死球を与えた辺りから「投球リズム」が狂い始めました初回に見せていた表情と違いすぎる対ヤクルトと言えば、4月4日の京セラでの一戦で自身が与え [続きを読む]
  • 難しくもあり楽しくもある
  • 今週の6連戦は、下位球団(中日・ヤクルト)との対戦が続きます中日3連戦は3タテ出来ず残念でしたが、カード勝ち越しそして移動日なしで、敵地神宮での対ヤクルト3連戦が始まりました先発の岩貞投手ですが今季は初めから、昨年のような打者に向かっていく「気迫の投球」が見られず、不調が続いています先発ローテーションの柱の1人なので、復調に期待しましたしかし初回からコントロールがままならず先頭からの四球などで「2死 [続きを読む]
  • 納得できる負け方
  • 本拠地甲子園での対中日3連戦最下位の中日相手に第1・2Rを勝利して、迎えた第3Rは、必ずものにして貯金を貯めてほしい先発のメッセンジャー投手は今季無傷の5勝試合前は「3タテ確実」だと思っていました初回「2死一、二塁」のチャンスから5番中谷選手がタイムリーツーベースを放ち先制苦手なジョ−ダン投手ですが、好調な打線が何とかしてくれると思っていましたしかし、その後はつながらず大苦戦メッセンジャー投手は5 [続きを読む]
  • 今は本当に強い
  • 本拠地甲子園での対中日3連戦第2R。試合は我が虎の能見投手と中日バルデス投手の投げ合いで進み「緊迫した投手戦」となりました好調な虎打線も4回までノーヒットと大苦戦中盤から後半にかけて重苦しい雰囲気昨年までの貧打線なら完封されている状況でしたしかし5回に「育成から這い上がってきた苦労人」5番原口選手がやってくれましたチーム初安打となる左越えソロで先制※まさに値千金打でした「1対1」の8回「2死二塁」 [続きを読む]
  • 横綱野球
  • 今週は聖地甲子園で対中日3連戦に始まり、休みなしで神宮に移動し金曜日から対ヤクルト3連戦合計6連戦「下位球団2チーム首位の虎」となります取りこぼしが許されない一週間ですまずは対中日3連戦第1R。先発は今季の先発投手陣の中で、メッセンジャー投手に並ぶ安定感の秋山投手でした1回表、先頭の京田選手にヒットを許すも2番から4番まで危なげなく抑えて、持ち味の「テンポの良い投球」を初回から披露するとその裏「2 [続きを読む]
  • 相手が嫌がる野球
  • 浜スタでの対横浜3連戦は、観戦予定だった第2Rが雨天中止となり 2連戦となりました。4月11日に続いて今季2度目の中止今年は「完全な雨男」なんでしょうか???今まで天候には自信があったのに日曜日デーゲームの先発はスライドで藤浪投手でした。対横浜戦は「自身8連勝中」と相性の良いチーム打線も相変わらず好調なので、横浜相手の「横綱野球」を期待しました初回、四球と安打に味方の失策(大和選手)が絡んだ「無死 [続きを読む]
  • 絶好調の虎
  • 浜スタでの対横浜3連戦が始まりましたまずは第1R、確実に勝利をして貯金を稼ぎたいところです我が虎の「大エース」メッセンジャー投手が先発しましたが「7回109球9安打9奪三振1失点」と試合を作りましたまさに「我慢、我慢の投球」打線は序盤3回まで緩急を使い、丁寧に投げる井納投手に苦戦しましたが、4回「2死一塁」から6番鳥谷選手がセンターへヒットを放ち、一塁走者の中谷選手が一気にホームまで駆け抜けて先制 [続きを読む]
  • 東京Dでの戦い方
  • 敵地東京Dでの対讀賣2連戦第2R。第1Rは「3連続完封中」の大エース菅野投手を好調な虎打線が攻略して撃破しましたチームの状態が最高潮で迎えた第2R。連勝と行きたいところでしたアニキ監督は第1Rの勝利インタービューの中で「好投し勝利投手となった秋山投手を見て岩貞投手はどう思うか?」とコメント。同世代投手の「切磋琢磨」に期待しましたところが岩貞投手は立ち上がりから不安定4回まで阿部選手の6号2ランなど [続きを読む]
  • 毎日楽しくて仕方ない
  • メッセンジャー投手が自身2度目の「月間MVP」に選ばれましたおめでとうございます当然の受賞ですよね「秋の栄光」へ今後も活躍を期待しますそして昨夜から敵地東京Dでの対讀賣2連戦が始まりました讀賣の先発は「3連続完封」をしている菅野投手。「神がかり的な攻撃」を続ける虎打線が、どうやって攻略するのか大注目の一戦でしたすると初回「1死三塁」のチャンスから3番糸井選手が右前適時打で先制※技ありの糸井選手の先 [続きを読む]
  • カープ相手の3タテ
  • 聖地での対広島3連戦第3R。第2Rは敗色濃厚の9点差を大逆転しての勝利3連戦カード勝ち越しも、既に決めたので「最悪負け」でも仕方ないと楽な気持ちで見届けましたでも、先発の能見投手に今だ勝ち星がないそこが一番の気がかりなんです初回、意地を見せたいカープ打線が「1死満塁」とチャンスを作り、能見投手の立ち上がりを攻めました。いきなりの大ピンチしかしベテランの能見投手は慌てず騒がず天敵の新井選手と新外国人 [続きを読む]
  • 神懸る攻撃
  • 本拠地甲子園での対広島3連戦第2R。我が虎の先発はドラ6ルーキーの福永投手。新戦力に期待しましたしかし、カープ相手には荷が重かったのでしょうか???結果は4回6失点でKO「ホロ苦デビュー」となりました試合は、後を継いだ松田投手も打たれ続けて5回を終了した時点で「1対9」と一方的な展開第1Rは「0対4」からの逆転勝利でしたが、いいかげん今回はないだろう。。。テレビ中継も途中で消してしまいましたふっと [続きを読む]
  • お株を奪う大逆転
  • 本拠地甲子園での対広島3連戦第1Rはこどもの日で4万6千人越えの大観衆※スコアボードのメンバー表は全てひらがなでした首位広島を迎えての試合ですから「相手にとって不足なし」って感じでしょうか。。。しかし、初回の守備で右足首を負傷し、そのまま上本選手が退場打撃が好調でしたので、ここでの離脱は痛すぎます※大事に至らないことを願いますここまで、安定感抜群のメッセンジャー投手も今一つの内容序盤4回表まで、エ [続きを読む]
  • 四球は持ち味
  • 神宮での対ヤクルト3連戦第3R。ヤクルトの先発が、左腕の石川投手でしたから1番レフト中谷選手2番セカンド上本選手5番ファースト原口選手6番ショート北條選手8番キャッチャー梅野選手右の打者を5人加えた打線となりました効果は3回から表れて、4番福留選手(左右関係なし)の中前打で先制し、4回には梅原選手が2年ぶりに放つ1号ソロで加点5回には、1番中谷選手と4番福留選手の一発を含む打者10人の猛攻で、一挙に [続きを読む]
  • 出来の悪い子ほど可愛い
  • 神宮での対ヤクルト3連戦第2R。ヤクルトの先発は大の苦手の山中投手。下手投げで緩急を駆使する投球術にハマり、毎回「凡打の山」で打線が苦しんでいるのですそこで、スターティングメンバーに左打者7人集めてみました1番ファースト荒木選手3番センター糸井選手4番ライト福留選手5番レフト高山選手6番サード鳥谷選手7番ショート糸原選手8番キャッチャー岡崎選手思い切った作戦ですねしかし、5回まで効果が表れず観てい [続きを読む]
  • 悲運な先発投手
  • 昨夜から神宮に場所を移して、対ヤクルト3連戦が始まりました大事な初戦の先発は、今季から安定感が増した秋山投手毎試合、頑張って投げているのに打線に援護をしてもらえず『悲運な先発投手』と言えますよねしかし、初回に1番高山選手の先頭弾で先制秋山投手は気合が入ったことでしょう持ち味の「テンポの良い投球」で、凡打の山を築き相手を抑えたいところでしたが、2回にレフト高山選手が並の外野手なら取れるフライを落球( [続きを読む]
  • 4つの勝ち越し
  • 聖地甲子園での対中日3連戦第3R。GW2日目で天気も良く、4万6351人今季最多の大観衆まさしく「晴れの舞台」ですでも普通の人だったら、慣れていないとビビりますよねそんな中でも、ベテランの能見投手なら大丈夫だと思っていました。しかし、初回はヒットと2つの四球で「1死満塁」の大ピンチもっと緊張したのは鳥谷選手に代わって、初のサードでスタメンのキャンベル選手何てことないサードゴロ(併殺コース)をファンブ [続きを読む]
  • 守乱での敗戦
  • 聖地甲子園での対中日3連戦第2R。とにかく先発した青柳投手の制球が、悪すぎでした5回0/3で98球5四球では守っている方も、堪りませんよね降板した6回は投前バントの捕球後、一塁へ悪送球自らのミスも重なり、ピンチを広げたところで降板となりましたでも、スコアーは3対3と同点何とか試合を壊さず、留まっているところが今季の強さなのでしょうか???でも初回、ショート北條選手の悪送球8回、セカンド上本選手が打球をポ [続きを読む]
  • 理想的な試合
  • 昨夜から対中日3連戦が始まりました前回は敵地ナゴドでの3連戦でしたがまさかの負け越し借りを返すべく「3連勝か勝ち越し」をしないと今季は中日が苦手球団となってしまいますそんな大事な初戦でしたが、メッセンジャー投手が持ち味の「力強い投球」を披露「7回133球6安打6奪三振」とキッチリ試合を作ってくれました打線は序盤3回まで、中日先発の大野投手に1安打のみと大苦戦しかし4回、5番キャンベル選手の右翼線二 [続きを読む]
  • 何かを持っている男
  • 本拠地甲子園での対横浜3連戦は26日の試合が雨天中止になってしまったので、2連戦となりました。第2Rは天候の心配もなく予定通り開催試合は初回、3番糸井選手の2点打などで3点を先制2回に「2死二、三塁」から、2番上本選手のタイムリーで加点し、7回には「2死三塁」から、5番キャンベル選手のタイムリーヒットで加点して、試合を有利にしました打線が繋がり理想的な試合展開。「テレビ観戦」をしていたら、一人で大 [続きを読む]
  • 今季初の完封負け
  • 昨夜から本拠地の甲子園球場に戻り、対横浜3連戦が始まりました試合は初回2死三塁のピンチから、4番筒香選手の強烈な打球が、一塁手の中谷選手を強襲先取点を与えてしまいました大事な立ち上がりに、あっさりと失点する秋山投手が心配でしたが、凄い投球を見せました何と2回から7回まで強力ベイ打線を無安打に抑える力投愛読スポーツ紙には「武器であるシュートをほとんど使わず、直球で真っ向勝負した」と投球内容を解説。初 [続きを読む]
  • 1年ぶり東京D勝ち越し
  • 東京Dでの対讀賣3連戦3R。初回、1番に抜擢された中谷選手の二塁打で、好機を作り「2死三塁」から、4番福留選手の右前打で先制3回には「1死満塁」から、再び福留選手の犠飛で加点試合を有利に進めました投げては、インフルエンザ欠場中の藤浪投手の代役として登板した横山投手が「5回86球6安打5奪三振1失点」と、好投してくれました代役といっては失礼に当たる働きと言えるでしょう※ヒーローの横山投手に拍手を愛読 [続きを読む]
  • 曲芸的な技
  • 東京Dでの対讀賣3連戦第2R。讀賣先発の田口投手に5連敗中と大の苦手まさに「虎キラー」的存在なんです初回「2死二塁」の場面で4番福留選手が、しぶとく一、二塁間を破るヒットで先制幸先よく1点を取りましたが、その後が続かない結局は、打ちあぐねてしまい「7回112球4安打」と封じ込まれてしまいました我が虎の打線の主力は左打者(1番高山選手3番糸井選手・4番福留選手・6番鳥谷選手)です決して左投手を苦にして [続きを読む]
  • 4番が打ってエースが力投
  • 昨日から場所を東京Dに移しての対讀賣3連戦が始まりました東京Dでは打ち合いの試合展開になることが多くて、先取点を取ることが重要なんですすると、初回に「1死一、二塁」のチャンスを作って最近、不調気味の4番福留選手がライトスタンドへ先制3ランホームランを放ちましたいきなり3点はメッセンジャー投手にとって、最高のプレゼントでしょう「大胆かつ慎重」な投球の組み立てが出来るんですから・・・。いつも以上に力強 [続きを読む]
  • まさかの負け越し
  • ナゴドでの今季初の対中日3連戦第3R。先発した青柳投手は、前回の広島戦での大乱調から、中4日の背水登板でしたが、持ち味の緩急を生かした投球で中日打線を翻弄6回まで「2安打無得点」と好投しましたしかし打線がチャンスを作れど、不調の大野投手を打ちあぐねましたようやく5回「2死一、三塁」から5番原口選手の中前打で先制するも、追加点が奪えない状態が続きました明らかに球威が落ち始めた7回裏、平田選手にソロ弾 [続きを読む]