らら さん プロフィール

  •  
ららさん: 楽しむ料理 | 料理を作るのも食べるのも楽しい
ハンドル名らら さん
ブログタイトル楽しむ料理 | 料理を作るのも食べるのも楽しい
ブログURLhttp://cooking.lalamiamor.net/
サイト紹介文健康やおいしさのため高円寺ららぁが選んだ食材をご紹介。いただきものから、贈答品まで幅広くご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/09/26 11:30

らら さんのブログ記事

  • スプラウト栽培が、専用の種でないとダメな理由
  • 我が家では、節約のためにカイワレ大根やブロッコリースプラウトは 自宅のキッチンで育てています。 私がスプラウト栽培を始めるきっかけとなったテレビ番組で 「スプラウト用の種を使ってください。」と言っていたので、そのとおりにして 失敗なく育てることができているのですが どうして「スプラウト用の種」でないとダメなのか、その理由は良く知りませんでした。×こういう種ではなく     ○スプラウト用と書いてる種 [続きを読む]
  • 海ぶどうの塩漬けは本物の海ぶどうとは別物
  • 沖縄出身の友達と沖縄料理店に行った時、つきだしとして出てきたのが「海ぶどう」。食べた瞬間に虜になってしまいました。口の中でプチプチはじける塩味と海草のあじ。 実はワタクシ沖縄料理は大好物なのですが 何せ外食はお金がかかるので度々沖縄料理店で豪遊というわけにもいかず… と思っていたところ、近所のスーパーで沖縄食材特設コーナー設置されていて、海ブドウの塩漬けなるものが販売されていました。一応、海ぶど [続きを読む]
  • 野菜ジュースだけで、野菜は足りるの?
  • 最近は「これ1本で1日分(350g)の野菜がとれる!」、みたいなジュースが流行ってますよね。もともと、野菜を食べる習慣をもたない人なら、飲まないよりは飲んだほうがいいと思います。ですが、怖いのは、「これ1本飲んだから、もう今日は野菜食べなくていいや。」 なんて思っちゃう人が出てきてしまうのではないかということ。実際に私の夫も、私と知り合う前は「今日は野菜ジュースを飲んだから、野菜は食べなくても大丈夫。」 [続きを読む]
  • 失敗しないスプラウトの育て方*スプラウト栽培
  •  私はテレビで予習してからスプラウト栽培を始めたせいか、 運良く一度の失敗もなく栽培を続けることができています。 ですが、もしかしたら栽培に失敗して 原因が分からず困っている方もいらっしゃるかもしれません。 そういった方のために、この記事では 私なりのスプラウトの種の選び方を書いてみようと思います。↑我が家はニトリのグラタン皿でスプラウトを育てています。■スプラウト用の種を買う。たとえば、ブロッコ [続きを読む]
  • 矢場とん*名古屋駅名鉄店にて
  • 以前、渋谷で変なスペイン人学生と一瞬で仲良くなって、おしゃべりをした話を書きましたが、袖振り合うも多少の縁(そでふりあうもたしょうのえん)ということで、愛知滞在中に旅先で仲良くなった20代の男の子と「矢場とん」でご飯を食べちゃいました。とても、素直な好青年で、結局、私の女友達を紹介することにしたのですが、それはまた別の話として、矢場とん!メニューにもしっかり載っているこのぶたさんのキャラクター。 [続きを読む]
  • 【浦和】落ち着いた雰囲気のおしゃれな珈琲店*カフェ・ド・カファ
  • 浦和のタリーズ珈琲の前あたりにあるカフェ・ド・カフェ。一回の道路に置いてある看板は、あまり目立たないものですが、ヒゲのマスターの絵が入っているところが可愛らしいですね。もう一つの看板は、「珈琲屋です。」と主張している看板で、軽食はトースト程度しか置いていないので、お食事を希望していらっしゃるかたへの配慮だと思います。珈琲店ですので、お食事は置いていらっしゃらないので間違って、ご飯を食べに入らないよ [続きを読む]
  • FranFranの食器がよろしいです
  • 最近、お料理のお皿もきちんとしたものを使いたいと、実際の店舗や、インターネットショップなどを見てまわっているのですが、これ素敵だわって思ったお皿は一枚3000円以上だったりして、やっぱり良いお皿はきちんと作られているからお値段も良いのねーと、買えずにいました。そして、ある時、FranFranにぶらっと、お友達と行ってみると、1000円代で素敵なお皿やお茶碗が並んでいて、私が探していたのはこれくらいシッ [続きを読む]
  • 栄養たっぷり、具だくさん*ららさんちのカレーレシピ
  • 我が家の定番カレーは、具材を細かく切ったキーマカレー風のカレーです。市販のカレールーも使いますが、お野菜を沢山入れて栄養価は高く、カロリーは低くおさえています。ベースは玉ねぎで、赤パプリカとSBカレー粉でスパイシーに仕上げています。細かいようですが、カットトマトは「カゴメのカットトマト」、野菜ジュースは「充実野菜のオリジナル」じゃないと、おいしく仕上がらないんですよね。カゴメ以外の安いトマト缶な [続きを読む]
  • コーヒー焙煎*欠点豆*発酵豆
  • 発酵豆といってもにおいを放つほどひどく腐った豆ではありません。この、生の珈琲豆「生豆(きまめ)」に混ざっている若干オレンジ色の豆が発酵豆といって、発酵してしまっている豆です。他の健康な豆と比べてちょっとオレンジというか茶色っぽいのがお分かりでしょうか?この発酵豆は、焙煎した(焦がした)あとには全く他の健康な豆と見分けがつかなくなってしまう、やっかいな豆です。焙煎後のハンドピック(手選り選別) [続きを読む]
  • 真っ黒に焦げた反省コーヒー
  • どのくらい前の写真だろ?5〜6年前かな?それでなくても狭い家に、珈琲焙煎スペースを作ってしまうという…変な人なワタクシです。この写真を撮った時期は、自分好みの深煎りの珈琲を焙煎したくて、試行錯誤していた時期でした。豆の水分の含有量や、湿度、気温などによって、焙煎の仕上がりが違ってしまうので、なかなか思ったような焙煎具合に仕上がらなくて苦戦していました。深煎りを作ろうとすると、どうもふっくらと豆 [続きを読む]
  • 珈琲焙煎*欠点豆*死豆
  • じゃんじゃじゃ〜ん 死豆(しにまめ)がいくつか混ざった写真です。なにも言わなくても分かる人は、結構ツウのかたかも・・・ ヒントは、正常な豆より白くて、三粒混ぜておきました。死豆とは、正常に実を結ばなかった豆で、 たとえば、小豆なんかを水につけると、すかすかで実を結んでない豆は浮いてきませんか? あれと同じようなものです。 幸い、この死豆は焙煎したあとも、他の正常な豆のように茶色くならず、 薄茶色で焙 [続きを読む]
  • 珈琲焙煎*欠点豆*虫喰い豆
  • 珈琲を焙煎(焦がす)する前の、生の豆(生豆:きまめ)には 色々な種類の味をおとす豆が混ざっていると書きましたが、そのなかでも一番分かりやすいのが、この虫食い豆です。 素人が撮った写真なので見づらいとはおもいますが、 虫にかじられている様子がお分かりでしょうか? 虫食いの個所は茶色いので、焙煎前に取り除いておかないと 焙煎後に茶色くなってしまった豆の状態では選別できません。 もちろん、虫にかじられた部分 [続きを読む]
  • 体に悪い珈琲豆とは?
  • 珈琲を焙煎(焦がす)する前の、生の豆(生豆:きまめ)を仕入れると 色々な種類の味を落とす豆、体に悪い豆が混ざっています。これを欠点豆と呼びます。さらに、発展途上国でコーヒーの輸出にあまりお金のかけられない国の豆や ネームバリューが先行して、品質管理をしなくても高値で売れてしまう豆などは、この欠点豆以外にも石ころや木片などが入っていたりします。これを手作業で1粒ずつ取り除いていく作業をハンドピックと [続きを読む]
  • 【広島】世界第二位のおいしいチョコレート*イマージュ
  • ※10年以上前に書かれたものと思われるので、商品のラインナップは変わっていると思います。素材とアイディアに優れたケーキとチョコレートのお店なので、今でも美味しい商品を提供してくださっていると思います。フランスで開かれた世界のお菓子コンクール「クープ・ドゥ・モンドコンクール」で、第2位の栄冠に輝いたことのあるパティシエさんのお店です。チョコレートを得意とするパティシエさんらしいのですが、生ケーキ、焼 [続きを読む]
  • 料理が下手な人の4つの理由
  • 昔は、子供でもお母さんのお手伝いをしてお台所に立ったものですが最近は、お母さんが食事を全て段取りするご家庭が多いようですね。そのためか、お料理が苦手な方も増えたよう。料理が苦手な人には4つの特徴があります。どうしてお料理がうまくならないのか、悩んでいらっしゃる方へ私から、少しばかりのアドバイスです。1・量をはからない 目分量でお料理をするというのは、お料理に慣れた方が取る方法なんですね。もとも [続きを読む]
  • *大豆の水煮は手作りしています。
  • 先日、同居人がミネストローネ(私のレシピは豆入りなのです。)を作ってくれたのですが、スーパーで買ってきたレトルトパックの大豆の水煮を何の処理もせずにそのまま入れて煮込んだため とってもえぐいお味のミネストローネが出来上がってしまいました。市販の水煮商品は、なんだかあやしげな水に漬けられていますよね。 ワタクシ、高級なお店から、そうでないお店まで、飲食業に勤める機会が多かったのですが、 安価な商品 [続きを読む]
  • 【三重】伊勢のもちもちベーグル*ベーグルファンズ
  • なんとなくベーグルって味気ないというか、さっぱりしたイメージがあってあまり選んで買うことはありませんでした。ですが、ご縁があって三重のベーグル屋さんのベーグルをお取り寄せで買ってみることになりました。三重の「ベーグルファンズ」さんのベーグルです。左から「プレーン」「パンプキン」「抹茶あん」フレイバーです。冷凍の状態で送られてくるので、レンジでふわっとする程度まで温めてからお召し上がりください。 [続きを読む]