えみんば さん プロフィール

  •  
えみんばさん: It's time to learn - 慶應通信学習記
ハンドル名えみんば さん
ブログタイトルIt's time to learn - 慶應通信学習記
ブログURLhttp://justlearn.exblog.jp/
サイト紹介文今がまさに学びのとき。68期秋入学&法学部乙類専攻です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/09/26 14:42

えみんば さんのブログ記事

  • 夏スク5日目&最終日
  • 楽しかった私の夏スクは昨日で終了いたしました。ここでさらっと振り返ります。5日目の公共経済学は、3名の方が登壇されていろいろとお話しをしてくださいました。皆さんの高い意識に触れることができて、自分への刺激になりました。そして法制史特殊は江戸時代の刑罰について。『公事方御定書』以前はとても残酷で野蛮な刑が多かったんですねぇ。見せしめの意味が強かったそうですが…うーん。そし... [続きを読む]
  • 夏スク4日目
  • 本日の公共経済学はまた座席をシャッフルしてディスカッションしました。住む地域も仕事も異なるクラスメートと1つのテーマについて話し合うのは非常に面白いです。経済学と言えど、私が出会った方々は皆さん、政治に対する意識が高いと思いました。このような出会いは自分にとっても良い刺激になります。そして先程、レポートを提出しました。「字数制限はないけど、普通5〜10ページぐらいにはなるでしょ?... [続きを読む]
  • 夏スク3日目
  • 公共経済学は今日も席をシャッフルして先生から与えられた課題について話し合いました。この講義は毎日新しい視点を与えてくれます。まだ折り返しですが、履修して良かったと思いました。法制史特殊は律令制下における裁判制度を学びました。意外ときちんとしているじゃないか、昔の日本も...(汗)というのが素直な感想です。そして授業が終わってからメディアに行って、公共経済学のレポのための本を... [続きを読む]
  • 夏スク2日目
  • 夏スク2日目です。まず午前中の公共経済学。今日は座席をシャッフルしました。新しい学友と出会うために、という先生の計らいです。先生が授業の中でおっしゃった福澤諭吉の言葉「人歓交流」の実践ですね。午後は法制史特殊。何十年か振りに「六波羅探題」という言葉を聞きました(笑)中・高校生のときは鎌倉幕府における朝廷の在り方なんてこと、考えたこともなかったです。あの頃は年号と出来事を... [続きを読む]
  • 夏スク1日目
  • 夏スク1日目が始まりました!午前中は公共経済学です。経済って聞くだけで恐々という感じですが、政治とも密接に関係する内容でしたし、何よりも授業の進め方を先生が工夫されていて、集中して学ぶことができました。ディスカッションの時間もあって周りのかたとお話したり、代表で発表されたかたの意見も拝聴しました。実はこのディスカッションで扱ったテーマが私が「コミュニケーション論」のレポで取... [続きを読む]
  • 夏スク2期が始まります!
  • いよいよ今日から夏スク2期が始まります。3度目の日吉の夏です。そして、今年こそはメディアに行きます!(笑)受講科目は午前中が公共経済学、午後が法制史特殊です。いずれも受講された先輩方がおススメしてくれた科目ですのでとても楽しみです。ご一緒の皆さま、よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 卒論指導調査票提出しました
  • 夏スク1期も折り返しとなりました。受講生の皆さま、最終日までがんばってくださいねーさて、私のほうはと言いますと…本日、2回目の卒論指導調査票を提出いたしました。前回もそうだけど、やはり「申請」をポチっとするときは緊張します。宿題も一緒に送りました。誰が読むのか既にわかっていて書くというのは、いつものレポと違って、ちょっぴり不思議な感じです。いろいろ指摘されると思いますが、し... [続きを読む]
  • 文献を読むたび心が乱れる:卒業論文
  • 台風の影響が心配されていましたが、夏スクは予定通りで良かったですね。さて...卒論指導の先生からの宿題は完成!…したはずでしたが、週末に読んでいた参考文献に新たに別の解釈がされていることを発見してしまいました。もちろん、世界中に多くの研究者がいるわけですから、いろいろな考え方があるのは当たり前のことで、それらを先行研究したうえで、自分はどう考えるべきか、というのが一番重要なこ... [続きを読む]
  • 夏スク前に
  • いよいよ来週から夏スクが始まります。私は2期のみ参加ですが、1週間近く家を空けるとなるとその前にやることがたくさんあるので、来週はかなり慌ただしくなりそうです。卒論指導調査票の作成はひとまず完成しました。でも読み直すたびに「これでいいのか」と悩みます。うーん。10日頃に提出する予定なので、ぎりぎりまで参考文献を読んで、10月の指導までにどこまで出来るかもう少し考えてみます。... [続きを読む]
  • 宿題の目途が...:卒業論文
  • 卒論指導の先生から与えられていた宿題の目途が立ちました。とりあえず、通常のレポと同じ形式でまとめてみました。文字数の制限はないので、思うがままに書いてみたら約7000字ほどに...あとはもう少し英語の本を読み直して、必要があればさらに付け加えていきたいと思います。しかし…卒論のテーマ選びというのは本当に重要ですねー。コツコツと地道な研究が1年半以上も続くわけですからこの「忍耐」... [続きを読む]
  • 今年は受講せず:週末スク
  • 毎年受けていた週末スクですが、今年は見送りました。「10月に科目試験を受ける必要がない、かつ卒論に関連する受講科目がある」という条件が満たされていれば、体調のコントロールが大変でも受講しようと決めていたのですが、4月の試験で大事な4単位科目を落として(泣)群の事情で10月受験の必要性が出てきてしまいました。さらには試験後に控える卒論指導の準備にも時間をかけたいため、やはり今回... [続きを読む]
  • 暑いけど卒論
  • 毎日暑いですね〜「この暑さはいつまで続きますか?」と尋ねるアナウンサーに対して「秋まで続きます」と明るく答える気象予報士のおねーさん。あは...もう力なく笑うしかないですよね。しかし暑くても卒論に関しては粛々と進めていかなければなりません。先生からの宿題の本は結構難しいです。翻訳された本については「監訳者のまえがき」に書かれたアドバイスに従い、「関心のあるところから読んでいく... [続きを読む]
  • 次にやるべきこと:卒論準備
  • うーむ...やっちまったなー、かの国は。今はまだ詳細がよくわからないけど、これがもし本当にICBMだったらトランプさんが黙っていないだろなぁ。科目試験が終わったので、米韓の動きをじっくりウォッチしたいところですが、来月の2回目の卒論指導調査票提出に向けて準備を進めなければなりません。まずは先生からの宿題の本読みです。3冊ともアメリカ人によって書かれていますが、今は翻訳されてい... [続きを読む]
  • 科目試験を振り返って
  • 科目試験を受けられた皆さま、暑い中大変お疲れさまでした!今回は地元受験ということもあり、4科目に挑戦しました。まずは1日目から振り返ってみます。A群:ヨーロッパ中世政治思想出題箇所はヨーロッパの中世政治において、とても重要な出来事の1つ。出題の意味が上手くつかめなかったので、とにかく自分が覚えていることを書きました。後からテキストを見たら大事なキーワードを書き忘れていましたが... [続きを読む]
  • 努力する天才
  • 久しぶりの更新です。昨夜、藤井四段の29連勝が達成されました。イチロー選手が以前、最多安打の記録を更新したときにも思いましたが、やはり天才がとてつもない努力を積み重ねるとものすごい結果がもたらされるのですねぇ。敵と向かい合い、相手の息遣いを感じながら戦うというのはバーチャルなゲームでは得られない緊迫感ですし、将棋に興味を示す子供たちがこれからどんどん増えてくるといいですね。... [続きを読む]
  • 進まない試験勉強
  • 科目試験まで2週間です。1週間過ぎるのが早いなー!特に試験前は尚更感じます。試験勉強の方はぼちぼち進めていますが、苦手ジャンルということもあり、気持ちが乗りません。別に必修科目というわけではないので嫌ならやめればいいのですが、卒論のためにも理解を深めることは大切なのではないかと思い、あえて挑戦してみることに決めた科目たちであります。うーむ...つらい...でもとりあえず1... [続きを読む]
  • なぜか今頃読書したくなる
  • 私の住む地域も昨日梅雨入りしました。ジメジメやだなー。そして試験勉強もやだなー。自分のペースで自分の好きなテーマを自由に学べる卒論の楽しさを知ってしまうと試験はちょっと気が重くなります。そしてそのような時に限って読みたい本や気になる本がたくさんあって悩ましいところ。遠藤乾『欧州複合危機−苦悶するEU、揺れる世界』(中央公論新社・2016年)↑「ヨーロッパ政治史」は遠藤先生の本... [続きを読む]
  • うっすらと…:法哲学&政治哲学
  • Eスク科目を除いて7月の試験で受験する科目はすべて過去問題が大学から配布されています。しかし、法哲学と政治哲学についてはテキストを読んでもなかなか理解が進まないし、過去問を見ても上手く捉えられません。レポはなんとか合格できても、試験に挑むのは難しいかなと半ばあきらめかけつつ、先輩おススメの本と図書館で偶然見つけた本をとにかく読み始めました。それから約1週間。うっすらとではありま... [続きを読む]
  • 難解テキスト?:法哲学
  • 「君たちは年がら年中わしらを批判する。どんどん批判しろ。それが君たちの仕事だ」田中角栄この言葉は文筆家の平川克美さんが毎日新聞の特集記事(5/26・東京夕刊)の中で「田中角栄元首相が記者に対して述べていた」として紹介されていました。角栄さんの政治手法については確かにいろいろ問題があったけれど、「批判はしっかり受け止めるよ」という度量の大きさというか、潔さがありました。彼の言葉が染... [続きを読む]
  • Eスク2回目レポ作成:近代日本と福澤諭吉
  • Eスク2回目のレポが完成しました。もう1度読み直してから提出します。スク自体は興味深くて楽しく学ぶことができました。諭吉先生は本当にアツい人だったんですね〜あえてあの時代に先生が生きていたこと。それは日本の近代社会において特別な意味を持っていたのですね。しかし試験となると、覚えることがたくさんあって大変そうです(汗)試験までどのくらい再視聴できるかなぁ。他の科目も頑張らな... [続きを読む]
  • レポ返却:ヨーロッパ中世政治思想
  • 暑いですねぇ〜こんなに暑いと今年の夏スクのときも暑いのかなぁ、なんて既にユーウツな気分になっちゃいます。さて、そのような中、本日「ヨーロッパ中世政治思想」のレポが返ってきました。結果は...合格!内容が物足りなかったのでは…と、ちょっと心配していましたが、とりあえず合格出来て良かったです。これで7月の試験のためのテキスト科目レポはすべて返却されました。あとは試験頑張るのみです。... [続きを読む]
  • 成績通知とEスク
  • 昨日、科目試験の成績通知が郵送されてきました。既に結果を知らされている身としては「今さら」感と「傷口に塩」感ひしひしです。2科目しか受けなかったので、SとDが縦にちょこんと並んでいるのはなかなかシュール。S取ったらご褒美!とかあるとテンション上がるんですけど…(えっ)もれなくプラス1単位プレゼントとか…(ええっ)しかし、いくら封筒を覗いても単位のハッピークーポン券は同封されていませ... [続きを読む]
  • 試験結果出るっ!
  • 今回の科目試験の結果は1勝1敗でした。天国と地獄って感じ?まずは天国から...日本外交史ⅡはSでした。いつもは評価のランクについては公表しないのですが今回の結果が余りに極端でしたので、「初記念?」としてお知らせします。でもって地獄は日本外交史ⅠのD。まあ、歴史を捏造したので仕方ないです(^^;)この科目はF群なので、7月はEスクがありましてリベンジ出来ません。しかし、正直... [続きを読む]
  • 卒論指導に行ってきました!
  • 本日、初回の卒論指導のため三田まで行って参りました〜なにしろ初めてなので勝手がわからず、ドキドキしていましたが、私が1番目ということもあり、時間の1〜2分前に研究室のドアをノック。「はーい、どうぞー」という優しい声が聞こえてドアを開けると正面の椅子に先生が座っておられました。「わ!本物だ!」(←えみんば心の声)先生に直にお会いするのは今日が初めて。時々出演されるTVの画面を通し... [続きを読む]
  • いよいよ今週です:卒論指導
  • いよいよ今週は初回の卒論指導があります。うぇ〜い、キンチョーするなぁ〜もちろん先生にお会いできるのはすごく嬉しいですし、楽しみです。でも論文の内容についてきちんと説明できるか心配...なにしろ時間が限られていますからねぇ。そして相変わらず論文構成については紆余曲折です。もちろん「仮」ですが、各章に思うがままに目次タイトルをつけたらどうみても論文というよりはB級ノンフィクション... [続きを読む]