権助の冒険 さん プロフィール

  •  
権助の冒険さん: 権助の冒険
ハンドル名権助の冒険 さん
ブログタイトル権助の冒険
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/fwhn6127
サイト紹介文OCNからGooにやんごとなき事情により引っ越し。 これを機にブログタイトルを「独り言」→「冒険]に変更
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/09/26 15:09

権助の冒険 さんのブログ記事

  • 清里に行く
  • 久々に清里=四方山山荘に2泊3日の予定で行く。最高の天気でゆったり過行く時間、何とも良い休日を過ごさせて頂いた。今回は夜間の星空の撮影に挑戦、結果は準備と知識不足で失敗、でも夜空が澄み切ったこの地での撮影はなかなか面白そうである。(↓の画像は露出をPCで処理したもの)(1枚目はスライドショー再生、5枚目は動画再生へそれぞれリンク)夜のご馳走は「小エビパスタ」「エビの塩焼き」「手羽の塩焼き」「ジャ [続きを読む]
  • 神田明神祭礼
  • 本日は祭礼の見物と仕事を兼ねて事務所に出向く。結局は登校途中に撮った付近の祭礼風景と昼食の時に半被の兄さん姉さんを見た程度、おかげで仕事は捗った。神田明神まで出向けばそれなりの賑わいと風景を楽しめたとは思うが、まぁ充分。この画像を する  とムービが見れます。→ ところで関係無いけどまた負けた。PS:仕事の話、20万件×3000件のマッチング処理を高速で実行するアルゴリズムを考えついたの [続きを読む]
  • 今日の出来事(サクラの会やら、、、、)
  • 本日は’サクラの会’で紆余曲折の末、唐家村(とうかむら↓)で存分に飲み食い。費用は¥4,020也(二人で)、もちろん割引券は無し、そこそこの中華の馳走を堪能して。最近思うこと、齢を重ねて悟る事、それは昨日の献立は覚えて無いけれども、昔の記憶はもの凄い、この事。本日の仕事の成果は、20万件と3千件のマッチング処理を以下に速く実現するかと言う課題に結論を出すことが出来た事。(SQLをいじくってDB検索するか、DBをキ [続きを読む]
  • 「少年画報」やら「少年」やら「ぼくら」
  • その昔(今をさること半世紀以上前の昭和30年代ということは1960年代初め)、標題の様なこども向け月刊誌があって、付録に紙工作の玩具(ほとんどが動力はゴムで組み立てはアルミの割りピン)があって、それを目当てに買うたもんです。結論:付録目的で買いますか? → 付録目的で買いました。例えば「少年画法」ならば画像左中段に’豪華とくべつふろく’と記載されているのが分かるかと思います。これは結構な楽しみで、 [続きを読む]
  • 映画「ノーエスケープ」
  • 久々に封切映画「ノー・エスケープ」をIMAXデジタルと言う最新映像設備の映画館で鑑賞。原題は「砂漠(多分?)」、ともかく砂漠と言っても瓦礫にまみれた岩山やらサボテンの中をひたすら逃げる、追う側は犬一匹と車で執拗に追いかける白人(こんな人たちがトランプの熱狂的支持者なんだろうと妙に納得)で見ていて息切れやら喉が渇く様な90分間だった。内容をと問われれば、無理して封切で観なくても名画座の二本立てでも良かった [続きを読む]
  • 今年も終わった中日ドラゴンズ
  • 久々にTV中継で読売(G) vs 中日(D)の試合を見た。エースを立てて6:1のぼろ負け、内容も全国放送するものじゃないし、こんな状態でも高い料金払って観戦するファンが居る。この連休中●●●●●●(6連敗)、惜しい試合は全然無い、でもファンは相変わらずに応援する、不思議なことだ。そしてこんな状態が続くと昨年に続いて今年も監督交代になるかもしれない、何とも見っともないことだ。なら「こんなファンを辞めたら?」と思う [続きを読む]
  • 映画「ネバーランド」
  • 映画「ネバーランド」、先日TV放映の録ダメで鑑賞、面白かった。まぁ早い話が「ピータパン」創作秘話みたいなもんだけれども、ジョニー・デップとケート・ウィンスレットと子役(ピータ)が見事。ジョニーなんかは海賊俳優だと思ったてたけれども、見事な役者ぶりで大変に失礼しました。時々見せる劇場芝居の舞台裏なんかも面白かったし、ストーリも感動的、いままで知らなかったのが不思議なくらいな名画。<ストーリ> 1903 [続きを読む]
  • ドラゴンズ 9勝13敗(〜4/29)
  • ●●●●△●〇●△●〇●〇●●●〇〇△●〇〇●〇●〇 9勝13敗3分昨年は無かったもものとして心の整理をつけ、今年もやはり無かったことにしようかと、、、でも何とかまともな最下位チームらしく仲間もいそうな雰囲気なので当分様子を見ることにした。かつて輝いていた選手たちは皆下降線にあり、新しい選手もあまり見当たらない、ファンとしてはかなり厳しい状態だと思う。でもこんな中でも勝った夜は嬉しいし、ましてや翌日が [続きを読む]
  • 映画「ヒトラー最後の12日間」
  • もうこれで3回目、一回目は映画館の封切で、二回目はレンタルDVDで、三回目は先日のNHK‐BS放送で。ともかく全編緊張感のある画面で、歴史を裏側から見つめたドキュメンタリーの様な映画。ヒトラーを演じたブルーノ・ガンツ、ゲッペルスを演じた役者、そしてゲッペルス夫人の役者、この三人は特別に印象が強い。ドイツ映画もなかなかのもんで、この種の邦画で唯一対抗できるのは「日本の一番ながい日」(岡本喜八版)位の物だろう [続きを読む]
  • 排水管のつまり
  • なんでも自分で治すつもりでいろいろと試したがとうとう駄目だった排水管のつまり。 ・約3年程前に業者を呼んで高圧洗浄して何とか使える様になっていた。 ・3週間ほど前にまた詰り初めて、自分でピーピースルーなる薬剤を使って一応改善。 ・ 2週間ほど前に完全に詰まって排水できず、業者を呼んで対応してもらう。 ・この日曜にまた'詰り'が再発、根治を決意して業者から完全交換の見積もりをとり本日工事。パイプを解体 [続きを読む]
  • サクラの会(番外編)
  • 本日は仕事を早上がりしてOMG氏と神田で’サクラの会’(番外編)を開催。本日は¥3,240也の割引券を手元に置いて豪華絢爛たる料理のオンパレード、しかもお酒はキープしてあるのを利用。tたらふく食って飲んで支払いは¥1,816也/二人、で何を勘違いしたか¥1,500徴収してしまった。(¥500は返さなければ割前道に対する重大な違反。)ともかく最後の鯵の刺身なんかはびっくりするサイズでビックリする新鮮さ、口の中に含 [続きを読む]
  • 浅草寺に行く
  • 昨日は携帯電話の携帯を忘れて、丸腰で西部の荒野で決闘する様な気分の一日だった。仕事は受注寸前、前の納入品がいつトラブルで呼び出されるか分からん状態、夕方には身内と待ち合わせる予定有り、とかとか。そんな中で浅草のとある現場の現地調査に出向く、で帰途浅草寺をぶらついて初夏の風景下を散策。ともかく和服姿の女性が多く、日本語以外の言語が飛び交うにぎやかな観光スポット。人力車もたいそうな繁盛で、二人で30分 [続きを読む]
  • 映画「青天の霹靂」〜面白かった邦画〜
  • 久々に面白い邦画に出会った、いつも腐している邦画でも時々こんなのに出会うと嬉しくなる。<ストーリ> 金もなく、恋人もいない売れないマジシャンの晴夫。母親には生まれてすぐに捨てられ、父親ともいまや絶縁状態で、自らの惨めな人生を恨む日々。そんなある日、行方も分からなかった父の訃報が飛び込んでくる。父は荒川の河川敷でホームレスになっていたらしい。やりきれない気持ちに苛まれた晴夫だったが、そんな彼を突然の [続きを読む]
  • デサルフェーション回路の改造
  • 一昨年の10月頃手がけた「デサルフェーション回路」、バッテリの電圧をいちいちテスターで計るのが面倒くさいので、電圧計を付けた。 (2015年11月22日の記事 2015年11月2日の記事)電圧計は秋葉原でもとめた物(¥300)で自身の駆動電力を測定端子から得るすぐれ物で消費電流は約18mA、つまり無負荷(開放電圧)では無く軽負荷での電圧を測れるので本アプリケーションには最適。このおかげでトグルスイッチ操作で容易に端子 [続きを読む]
  • 組合の花見@隅田川
  • 本日は組合の花見、総長様と理事長様に御引き回し頂いて隅田川での花見に行く。見事な夜景と八分のサクラそしてそこそこの賑わい、我々も階段に腰かけて’乞食の酒盛り’それはそれは素晴らしいひと時でした。おまけの一枚 ↓ [続きを読む]
  • 映画「めぐりあう時間たち」
  • うーむと唸る様な映画だった。これが二度目のTV鑑賞、一度目も確かNHKーBSだったかと思うが、今度もNHK-BS の放送:録溜めの虫干しで見た。<ストーリ> 1923年、ロンドン郊外のリッチモンド。作家ヴァージニア・ウルフは病気療養のためこの地に移り住み、『ダロウェイ夫人』を執筆していた。午後にはティー・パーティが控えている…。1951年、ロサンジェルス。『ダロウェイ夫人』を愛読する妊娠中の主婦ローラ・ブラウンは、夫 [続きを読む]
  • 桜@三ツ池公園-3分咲き
  • 天気晴朗なれどやや早し、と言うのが本日の花見の感想。でものどかな三ツ池公園を散策して三分咲きのサクラも堪能し、〆の'サクラ'も見事なりけり。スライドショーはここを 。昨年は4月1日に三渓園での花見、横浜は三渓園やら三ツ池公園やら三ツ沢公園やら三のつく公園が多い。古来一番良いのは'八'と言われていて、腹八分に医者いらず、江戸は八百八町、大阪は八百八橋、狸の金は八畳敷き、とか。 そして次に良 [続きを読む]
  • サクラ@桜新町
  • 本日、すこしばかりのPCのお世話で桜新町に出向く。この季節がぴったりの町、そしてそこそこ見事になりつつあるサクラ。明日は仕事を早めに切り上げてOMG氏と花見へくりだそうかなどと計画中、すべては明日の天気次第。  (↓は好きな一人の市馬師匠のこの季節の古典)「長屋の花見」 柳亭市馬 [続きを読む]
  • 珍しい物を食す
  • 昨年の六月も珍し物を食したということで記事(2016/6/10)にしてるが、本日のもそらぁ珍しいマグロのテール(尾っぽの輪切りの煮つけ)。ともかくこれが薄味で柚子胡椒を薬味で食すとこらぁ絶品。でお店は行きつけの魚盛、いつもと同じ。(宣伝する気は無いが!)なお本日は¥3000也の割引券を頂いたので、次回の「サクラの会」はここに招待しようかと。これは蒸し牡蠣のポン酢おろしの残骸、これで一寸した小物入れを作ったら [続きを読む]
  • 二つの朝ドラ「ごちそうさん」と「べっぴんさん」
  • 年のせいかNHKの朝ドラを見る様になって久しい。たぶん「ちりとてちん」あたりからだと思う、ドラマとしては最近の大河よりはよほどに面白いと思う。さて本日「ごちそうさん」の再放送が終了した。NHK-BSでは7:15AMから「ごちそうさん」7:30AMから「べっぴんさん」と続けて放映されいやでも比較視聴せざるを得ない。結論を言えば「ごちそうさん」>>「べっぴんさん」。「ごちそうさん」これは2013年のものを再放送、2度見て2度 [続きを読む]
  • 好きな黒澤明の作品「天国と地獄」
  • だいたいの黒沢映画は好きだけど、「天国と地獄」が一番好き。ピンクの煙、横浜繁華街の追跡シーン、最後の山崎努の格子越しの激白 、どれもが斬新だった。この映画は40年程前にリバイバル上映で初めて鑑賞、観た直後は感激のあまり口がきけなかった覚えがある。「七人の侍」も良かったが、その昔リーダシップ研修のネタになったんで却下。「隠し砦の三悪人」や「椿三十郎」も捨てがたいが最近の下手くそなリメークでイメージ 急降 [続きを読む]
  • 三崎のマグロ
  • 早朝に京浜急行に乗る機会がたまにある、すると目につくのが「みさきまぐろ切符」なるお得な日帰りキャンペーンの広告。横浜〜三崎口までの電車代、三崎口から三崎港までのバス代、マグロがらみの昼食代、オプション形式の観光、これらがまとめて¥3000で随分と安い!でOMG氏に話をしたら↓の車でのドライブがてらのマグロ昼食に決定、本日決行、誠に結構な旅でした。お昼はともかく想定内、景色は想定外に良かった、それ [続きを読む]
  • 古典落語「真景累ヶ淵」
  • 三遊亭圓生師匠(六代目)の「真景累ヶ淵」(しんけい・かさねがふち)を漸く聞き終わった。なにしろ大河ドラマで全8時間にも及ぶ。 1.宗悦殺し   01:06 2.深見震五郎  00:56 3.豊志賀の死  01:07 4.お久殺し   01:03 5.お累の婚礼  01:07 6.勘蔵の死   01:13 7.お累の自害  01:00 8.聖天山    01:01各エピソードは単独でも面白いが通して聞くと、先祖の因果が子孫に仇を為すという誠に見事 [続きを読む]
  • 楽しみだったTV番組たち
  • 先週は早朝の仕事が入ってこんな風景と何回かおめもじ、そしてこの風景も見納めになる見込み。さて、NHK-BSの「刑事フォイル」が3/12(日)を以ってまたまた終了した。初老の冴えない風体の警視正”クリストファー・フォイル”が第二次大戦の異常状況下 の田舎町での難解な殺人事件を解き起こして行くという見事なサスペンスドラマ。もちろんスニーカを履いた刑事やジーパンを着た刑事は出てこない!調べると第8シーズンまであっ [続きを読む]
  • 映画「ファニーガール」
  • この映画は以前も記事にして二度目、再放映をまた録画して見たらやはり面白い。前回の映画「麗しのサブリナ」とともに女優を美しく魅力的に撮るという点において見事。「ファニーガール」はバーブラ・ストライサンドの歌と踊りが満載で見事なミュージカル映画、こんなのは実時間では全然興味が無かったけれども年を重ねて趣味が変わった。また’さすらいの賭博師’を演じるオマ―・シャリフの駄目ぶりも見事、駄目さ加減の演技では [続きを読む]