権助の冒険 さん プロフィール

  •  
権助の冒険さん: 権助の冒険
ハンドル名権助の冒険 さん
ブログタイトル権助の冒険
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/fwhn6127
サイト紹介文OCNからGooにやんごとなき事情により引っ越し。 これを機にブログタイトルを「独り言」→「冒険]に変更
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/09/26 15:09

権助の冒険 さんのブログ記事

  • 二つの朝ドラ「ごちそうさん」と「べっぴんさん」
  • 年のせいかNHKの朝ドラを見る様になって久しい。たぶん「ちりとてちん」あたりからだと思う、ドラマとしては最近の大河よりはよほどに面白いと思う。さて本日「ごちそうさん」の再放送が終了した。NHK-BSでは7:15AMから「ごちそうさん」7:30AMから「べっぴんさん」と続けて放映されいやでも比較視聴えざるを得ない。結論を言えば「ごちそうさん」>>「べっぴんさん」。「ごちそうさん」これは2013年のものを再放送、2度見て2度 [続きを読む]
  • 好きな黒澤明の作品「天国と地獄」
  • だいたいの黒沢映画は好きだけど、「天国と地獄」が一番好き。ピンクの煙、横浜繁華街の追跡シーン、最後の山崎努の格子越しの激白 、どれもが斬新だった。この映画は40年程前にリバイバル上映で初めて鑑賞、観た直後は感激のあまり口がきけなかった覚えがある。「七人の侍」も良かったが、その昔リーダシップ研修のネタになったんで却下。「隠し砦の三悪人」や「椿三十郎」も捨てがたいが最近の下手くそなリメークでイメージ 急降 [続きを読む]
  • 三崎のマグロ
  • 早朝に京浜急行に乗る機会がたまにある、すると目につくのが「みさきまぐろ切符」なるお得な日帰りキャンペーンの広告。横浜〜三崎口までの電車代、三崎口から三崎港までのバス代、マグロがらみの昼食代、オプション形式の観光、これらがまとめて¥3000で随分と安い!でOMG氏に話をしたら↓の車でのドライブがてらのマグロ昼食に決定、本日決行、誠に結構な旅でした。お昼はともかく想定内、景色は想定外に良かった、それ [続きを読む]
  • 古典落語「真景累ヶ淵」
  • 三遊亭圓生師匠(六代目)の「真景累ヶ淵」(しんけい・かさねがふち)を漸く聞き終わった。なにしろ大河ドラマで全8時間にも及ぶ。 1.宗悦殺し   01:06 2.深見震五郎  00:56 3.豊志賀の死  01:07 4.お久殺し   01:03 5.お累の婚礼  01:07 6.勘蔵の死   01:13 7.お累の自害  01:00 8.聖天山    01:01各エピソードは単独でも面白いが通して聞くと、先祖の因果が子孫に仇を為すという誠に見事 [続きを読む]
  • 楽しみだったTV番組たち
  • 先週は早朝の仕事が入ってこんな風景と何回かおめもじ、そしてこの風景も見納めになる見込み。さて、NHK-BSの「刑事フォイル」が3/12(日)を以ってまたまた終了した。初老の冴えない風体の警視正”クリストファー・フォイル”が第二次大戦の異常状況下 の田舎町での難解な殺人事件を解き起こして行くという見事なサスペンスドラマ。もちろんスニーカを履いた刑事やジーパンを着た刑事は出てこない!調べると第8シーズンまであっ [続きを読む]
  • 映画「ファニーガール」
  • この映画は以前も記事にして二度目、再放映をまた録画して見たらやはり面白い。前回の映画「麗しのサブリナ」とともに女優を美しく魅力的に撮るという点において見事。「ファニーガール」はバーブラ・ストライサンドの歌と踊りが満載で見事なミュージカル映画、こんなのは実時間では全然興味が無かったけれども年を重ねて趣味が変わった。また’さすらいの賭博師’を演じるオマ―・シャリフの駄目ぶりも見事、駄目さ加減の演技では [続きを読む]
  • 映画「麗しのサブリナ」
  • これほど綺麗に女優を撮る映画は初めて見た、まさに背中がゾクゾクする様なオードリ―・ヘップバーンであったし、絡むハンフリー・ボガードの渋いこと、渋いこと。ハンフリー・ボガードと言うと私的には何といってもクィーグ艦長(「ケイン号の叛乱」)なんで、スゴイ違和感を感じたがそれが何だか面白くもあった。(本作とは直接関係ないけど「ケイン号の叛乱」は絶対お勧めの映画)監督と役者、それぞれが実力者だと少女漫画の様 [続きを読む]
  • 朝まずめの風景
  • ここ二日程は裏稼業で朝星夜星の生活、で普段はお目に掛かれない早朝の街の風景。かつては早朝の風景は釣りの朝と決まっていたが、当節はちと事情が異なる。でこの季節は朝5:30~6:00だとこんな感じ。やはりスマホで撮った写真はピントが甘い。 [続きを読む]
  • 木枯らし紋次郎
  • 過去も現在もこれほど面白い時代劇シリーズは無かった。今じゃ絶対にできないドラマだと思う、上条恒彦さんの”ど~こ~で~、だ〜れ〜が〜、、”って聞こえてくるとそれだけでもワクワクする。このTVドラマがきっかけとなって笹沢佐保の股旅小説はほとんど読んだ、どれも皮肉な内容でともかく面白かった。そしてこれなんかは今でも再放映してくれたら絶対に飛びつくんだけれども。木枯らし紋次郎 OP(オープニング) [続きを読む]
  • 桃の節句と'サクラの会'
  • 本日は”桃の節句”、だからOMG氏と’サクラの会’。いつもの関内の中華屋「唐家村」、そしてたらふく食って¥3,142-勿論二人で、そして明日は休日我が世の春。今日は山梨時代の夕食会がなんとも懐かしいと花が咲く、春が来た。アルプス食堂、ランプ亭、高速の下の中華屋の定食を3人で別々の物をあつらえて小皿に取り分けて楽しむ、とかとかとか。過去りし日々の何と懐かしく切ないことか、嗚呼花の応援団。 [続きを読む]
  • 北海道からの便り
  • 北海道の知人より冬景色便りが届く。家の裏の夕まずめの風景とのこと、空気がキーンと冷えていて音が聞こえそうな風景。(これで風が吹いてたらと想像すると、、)こちらは「下川町のアイスキャンドルミュージアム」だそうです、これも美しい。(2月18日と19日の開催されたイベントの様です)(行ってみたかったけれども今年は何やかやでかなわなかった、来年こそはとか思う。全然関係ないけれどもブラフォーの「風は激しく( [続きを読む]
  • 映画「家族の肖像」
  • 岩波ホールと言う名画座に初めて行った、そして見たのは「家族の肖像」。この映画、舞台はほとんど動かずに屋敷の内部のみ、そこで達者な役者たちの演技合戦、芸術の極みの様な映画。そんな訳で最初の部分で少し気を失ってしまった、不覚にも。でも大好きだった「バート・ランカスター」に再会できて大満足、ヴィスコンティの映画は今後も追いかけようかと思う、そんな気にさせてくれた映画だった。〔お話〕 ローマ市内で静かに [続きを読む]
  • 蕗の薹(ふきのとう)、と
  • 昨晩から遠路はるばるの’お席亭’を招いて一晩を明し、朝になり庭の蕗の薹に眼が行く。よく見たら結構な数の蕗の薹が頭を出している、ほぉっておけばすぐに駄目になるので早速収穫し’ふき味噌’を作ってみた。料理は山梨で単身赴任していた頃は良くやったが、ここ5年は全然やる気がしなかった。久々ながらいい加減なレシピでも結構な物ができた、春はすぐそこ。 そして午後は元締めと連れ立って横浜パシフィコの「ノスタ [続きを読む]
  • 映画「ハイ・ライズ」と「イレブン・ミニッツ」
  • 二本とも外れ。「ハイ・ライズ」J.G.バラード原作とあったので多少は期待したが途中で居眠りをしてしまった。故に評価する資格は無いが、つまらなかった。〔お話〕 ロンドン郊外に高くそびえる高級タワー・マンション。スーパーマーケットはもちろん、ジムやスパをはじめあらゆる設備が完備され、何不自由ない生活が約束されたまさに理想郷。ここに越してきた医師のラングは、隣人たちによって毎晩のように開かれる派手なパーティ [続きを読む]
  • 事務所のラック
  • 先日具合が悪くて家にいたら、事務所の親方からのメール、内容は「72*14の板2枚と61×140の板一枚を入手してくれ、費用は出す」とのこと。まぁこのメールを見て何とも気楽なこと、これだから素人は困る。と言うのもこの板で’コの字型’の箱を作っても強度が足りずに使い物にならない。で、しょうがなく図面を起こして義弟に頼んで作ってもらったという具合、自作しようという気概はあるが腕が付いてこないので、PC技能と工作技 [続きを読む]
  • プリンタのインク詰り対策
  • プリンタのインクが詰まったので日曜の暇つぶしにジタバタして見た。プリンタはEP803A、ヘッドクリーニングセットで試してみて、一応復活。結局は注射器とシリコンチューブと洗浄液(消毒用アルコール)で、ヘッドに接続して洗浄液をピストンで引いたり押したりするとヘッドのインクが溶けて詰りが解消するといった次第。6色ワンセット400円位のインクを使っているので、自己責任でこんなメンテナンスもやらないといけない。もしこ [続きを読む]
  • 囲む会
  • 本日は1年振りに「囲む会」に参加、カラオケに半日程漬かり切った。(↓の画像を するとスライドショーの再生)みんな元気に歳を越し、歳を取り、何だかんだと話をして楽しんだ。カラオケも楽しいもんだとしみじみ思う、そして女性の入ったこういう趣向はとりわけ楽しい。当方も何となく2,3曲は人前でもそこそこ聞ける代物になったと思う、そして話題は順序まで以前と同じ話。でもこれが何でまた楽しい。過去の開催 [続きを読む]
  • 映画「ヘイル・シーザー!」&「トランボ」
  • 本日は名画座で「ヘイル・シーザー!」「トランボ」の二本立てを鑑賞、実に満足な二本だった。「ヘイル・シーザー!」ともかく面白い映画で、エンドロールを見たらジョエル・コーエンの映画、それで納得。1950年代後半のハリウッドの映画製作の内幕を、ほんの少しのクスグリを交えて、結構笑わせてくれた。とりわけ劇中劇のローマ軍の兵士を演ずるジョージ・クルーニの臭い芝居がまた面白い。どうやらまな板に乗っていたのは大作 [続きを読む]
  • 映画「アイヒマンを追え」
  • 本日観たが思ったほど面白い映画では無かった、「アイヒマンショー」の方がお勧めかも。かつて「ナチ物」と呼ばれるジャンルが娯楽小説でも映画でも多数あってそれなりに楽しめたものだった。例えば「オデッサファイル」、「マラソンマン」、「将軍たちの夜」、「ブラジルから来た少年」とか。でそのような過去の面白いが如何にもフィクションというお話から少々離れた真面目な作りをしたためつまらない。もう少しハリウッド的な [続きを読む]
  • イヤホンの始末
  • 最近は電車の中でスマホの音楽やら何やらを聞く機会が増えて、イヤホンの携帯および利用機会が増えている。以前からイヤホンの始末(巻き取りリールやら専用の巻き取りラバー等)いろいろと試して来たが、今回紹介するこの方法が一番簡単確実かつ便利と自負している。・使用するもの・・・ダイソーで買ったケーブルクランプ(内径10mmがベスト)100円で20個ぐらい入っている。↑がキチンと始末した形、これだと鞄の内ポケット [続きを読む]
  • 氷点下25℃の風景
  • 本日、仕事の関係で北海道の真ん中あたりから便りを頂いた。氷点下25℃の快晴の世界、みれば見事な風景なれどこの場にいたらと思うと、でも怖い物見たさで体感したい。実は過去体感した最低温度は氷点下13℃、場所は長野県の須坂、夜の十時過ぎに仕事が終わってホテル(実は小汚い旅館で、朝起きたら枕元に雪が積もっていたという伝説のある所) までトボトボ歩いて足の指先の感覚がなくなった覚えがある。夜の星空はさぞかし [続きを読む]
  • 落語「山のあなた」 by 枝雀
  • 最近通勤帰りで落語を聞くことが多い、で、最近は柳家権太楼とか桂枝雀が贔屓。さて標題の「山のあなた」というのは古典っぽく味付けした新作落語で、アインシュタインと笑いの見事な融合。(これの落ちはまさしく相対性理論)桂枝雀 Shijaku Katsura 山のあなた 落語 Rakugo この桂枝雀と言う人は1999年に60才前に自殺、人気もあって話も旨くて面白くて、「なんで~?」と今でも惜しんでいる。この「山のあなた」という噺は”[幸せ [続きを読む]
  • サクラの会‐新年会
  • 今日はOMG氏と今年最初の「サクラの会」、じゃによって新年会。ここの所、和食の魚の類が多かったので、本日準故郷の唐家村(トウカムラ)。本日の一品はこれ↓。(そら豆四川風炒め:¥480- /そら豆だけにソラァ旨いでっせ!)ともかく一人2000円強で多いに満足でした。 [続きを読む]
  • 今日の一品
  • 本日は事務所の総長閣下と外食、行きつけの「神田魚盛」。ここでいろいろと食した中で〆の”焼きおにぎり”、これが絶品だったので記事と相成りました。一口齧ったらそらぁ〜上品なウニの風味が口に広がり、トッピングされたイクラ君が「こちらもよろしく!」などと恨めしそうにウインクをする。思わずスマホにて撮影。連れの総長閣下は週2のペースで通っていて、いわゆる顔。それ故か、お勘定の時には店長を呼びつけて期限の切 [続きを読む]
  • 十勝行き(お仕事)
  • 本日は北海道の十勝まで日帰り出張。とかち帯広空港着13:00、16:00帯広発の搭乗、ともかく忙しくて、昼食は迎えの車の中で適当に済ました様な次第。現地滞在が90分位しかないので、ゆっくりと撮影などする暇が無くて移動車中からの殺風景な風景しか。寒さは1℃と言うことで「今日は暖かい」そうな、確かに我慢が出来る寒さではあった。幸い、今回も現地の人の理解が速くて一応の責任は果たせた(と思う)。ブログに張り付 [続きを読む]