おじんの独り言 さん プロフィール

  •  
おじんの独り言さん: おじんの独り言
ハンドル名おじんの独り言 さん
ブログタイトルおじんの独り言
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/knokdm
サイト紹介文写真付きで気まぐれに日記や趣味、感じたことなどを書いてみたい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/09/26 18:34

おじんの独り言 さんのブログ記事

  • ゲンゴロウ、他
  • 曇り、午後からは雨になりました。家から1キロほど離れた山手の田んぼでゲンゴロウを見つけました。水たまりの中を逃げ回るので写せません。今回は持ち帰ってとりあえず茶碗の中に入れて写しましたが暴れまわって綺麗に写せません。それに茶碗だと上からだけしか写せないので入れ物を工夫する必要がありますね。最近はゲンゴロウもめったに見ませんから調べたら絶滅危惧種に指定されているとか。ペットショップで2000円で売られて [続きを読む]
  • トビイロトラガ、アカウラカギバ
  • 今日は薄曇り、仕事が入っていたのでアパート内を虫探索。蛾を幾つか見つけたが名前の判明したもの2体 トビイロトラガ 見た感じ派手ではありませんが、飛ぶと翅裏と後翅は鮮やかなオレンジ色アカウラカギバ なかなかカッコイイ姿です。翅裏と足は赤いそうですが高いところにピッタリ付いていて確認できませんでした。 [続きを読む]
  • チャバネセセリ蛹化
  • 16日に見付けてきたチャバネセセリの幼虫、昨日から餌を食べなくなりじっとしていると思っていましたが今朝8時ごろ見た時は前蛹状態になっていました。ちょっとした仕事に出かけ4時に帰宅してみたところ既に蛹になっていました。蛹化直後らしく瑞々しい薄緑色頭の部分だけが変わっているだけで他の蝶の蛹とはかなり印象が違っています。台風一過後の早朝の月 金星が非常に近くに見えました。 [続きを読む]
  • ツマグロスケバ、黒いシロコブゾウムシ
  • 台風一過、今日は爽やかな秋晴れとなりました、しかし日差しの下では夏に逆戻り。小一時間ほど野外に出て出会った虫たち。ツマグロスケバ、黒いシロコブゾウムシ。黒いシロコブゾウムシ、最初は別種かと思いましたが、元来体色は黒く灰色や黄褐色、灰白色の鱗片で全身がおおわれているのだとか。この個体は何らかの理由で鱗粉がはげ落ちたのでしょう。山ブドウも黒く熟し始めています。試食しましたが結構いけます。ツマグロスケバ [続きを読む]
  • マルボシヒラタハナバエ
  • 今日は朝から台風18号の影響で激しい雨が降ったり止んだり。一時期非常に激しく降り風も強かったですが、午後2時現在風もなく小雨が静かに降っているだけです。天気図によれば中心が一番近づいているはずですが拍子抜けです。18号は中心から北東に弧を描くような方角に強い風雨の地帯があるようでそれを抜けるとたいしたことは無いようです。中心からかなり離れたところに大雨が降っているようですね。これをもう抜けてしまいまし [続きを読む]
  • チャバネセセリの幼虫
  • 今日は朝から大雨が続き親戚宅の部落は緊急避難勧告が出る始末。ニュースで知って安否確認の電話をしたときには、時既に遅し、周りは水浸しで非難もできない状態で、橋が渡れないために救援にも駆け付けられない。幸いにも昼頃には小康状態となり雨は止みました。しかし台風18号は接近しており再び風雨が心配されます。皆様方も十分にご注意ください。昨日チガヤの葉に居た青虫調べたとこのチャバネセセリの幼虫であることが判明し [続きを読む]
  • ばったの脱皮
  • 昨日の観察の中からバッタやイナゴの脱皮姿は時々見かけますが早い段階から最後まで見届けたことがありませんでしたので、今回記録に残すことを目的として採り上げてみました。藪の中に座ってじっと観察すること45分、小さなやぶ蚊に刺されてぼこぼこになりそのかゆいことかゆいこと。薄い靴下だと靴下越しに刺されます。じっとして観察するなら防備が必要ですね。このバッタはツチイナゴと思われます。成虫で越冬する唯一の種だそ [続きを読む]
  • カヤキリの産卵
  • 今日は久しぶりに2時間ほど野外に出てみました。台風18号の影響なのか曇りでしのぎやすく野原を歩くのには助かりました。大川の河川敷に行って見ました。多くのバッタ類が見られましたが昆虫病原性糸状菌に寄生され、草の穂先で死んでいるバッタも多く見られました。ススキの親分みたいな草で産卵しているカヤキリを見つけました。凄く肥え太っていて大人の人差し指ぐらいあります。普通のクビキリギスの4−5倍はあろうかと思える [続きを読む]
  • オスグロトモエ? or ハグルマトモエ?
  • アパートの通路に飛んで来ていた蛾。翅に巴の文様が付いていますので比較的簡単に名前が絞れましたが候補が2つ挙がって、悔しいけど幾ら見比べても判断がつききません。オスグロトモエ と ハグルマトモエ それでいろいろ見分ける方法を調べた結果一番簡単と思えるものが  前翅の巴の文様の近くにある2本の線が並行になっているのがオスグロトモエ  緩やかに開いていくのがハグルマトモエということです。結論としてこれはハ [続きを読む]
  • クロヒバリモドキ?
  • アパートの玄関前の通路に止まっていた1cmほどのコオロギの仲間のような虫。いろいろ調べましたがクロヒバリモドキが一番近いように思えます。しかしネット図鑑で出てくる画像はどれも翅が体を越して長く伸びているものは見つかりませんでした。違っているかもしれません。ここは6階ですので飛翔力は十分にあるのでしょう。産卵管が見えますので♀ですが、この種は発声器官が無いので鳴かないのだそうです。そっくりなものにキアシ [続きを読む]
  • アオマツムシ、ナガヒョウタンゴミムシ
  • 今朝は3時半に目が覚めてベランダに出ましたら、晴れていてオリオン座が見えました。海の上はいつも雲があって晴れているのは珍しいです。アパートの天井近くに止まっていたアオマツムシ♀、全身緑色で体側に黄色い線があります。どうやら夜電灯の光に誘われて飛んでくるらしいです。中国から入ってきて増えた帰化昆虫と言われています。ナガヒョウタンゴミムシ、これは駐車場に居たもの、速いスピードで動き回り止まってくれませ [続きを読む]
  • 帰って来た子燕
  • 夕べ午後10時ごろ帰宅したらなんと玄関口の通路の手すりの上に子燕がぐっすりと眠り込んでいました。人の気配に目覚めることもありません。「なんだこの子燕は何処から来たんだ」と思いましたが、考えてみればおそらくここから巣立った子燕の中の一羽でしょう。巣立ちの頃、何とか少し飛べるようになってから1週間位は親鳥と共に近くを飛び回り、行ったり来たりしていたのですから、自分の古巣は覚えていることと思います。何かの [続きを読む]
  • 蛾4体、今朝の東空
  • 昨日の写真から名前の判明した蛾4体。今日の朝焼けはおまけ昨日アパートを一巡り見付けた蛾を写しました。エレベーター前の通路に居た大きな蛾、これはスズメガの仲間とすぐに判りました。後は時間を掛けて名前をゆっくり探します。蛾は名前探しが大変なので敬遠したいですが炎天下を歩くよりは楽で、ずるしています。クチバスズメウスベニトガリメイガ 小型の蛾ニセマイコガ科 オオマイコガ? 初めて見ました。両手のように広げ [続きを読む]
  • ツマグロスケバの幼虫、その他
  • 今日も好天気=無茶暑いです。関東地方は雨ばかりとか、情熱がぶつかり合うのも良いですがこういうのは程ほどが良いですね。昨日の写真から、キノコを写していたらヒョコヒョコと現れた体長4?位の見知らぬ小さな虫。いろいろ調べましたがなかなか分からず、やっとそれらしきものを見つけました。ツマグロスケバの幼虫だそうです。ツマグロオオヨコバイの幼虫は比較のために載せています。オオシオカラトンボの♀はなぜかこれまで [続きを読む]
  • キノコ
  • 今日は朝から雨が降ったりやんだり。出る気が起きないため昨日の写真から。昨日は午後3時ごろから2時間ほど出てみましたが大した成果なし。キノコを見つけましたので写しておきましたが、図鑑を見比べてもどれも似たように見え難しいですね。専門家が見ればわかるでしょうけれど、私みたいなど素人にはお手上げです。近くに生えていましたので大きくなるとこんな格好になるのかもしれません。直径2cm程の丸い球、少し硬くかなり [続きを読む]
  • 今朝の太陽と月
  • おはようございます、毎日暑いですね。言っても仕方のないことですが本当に暑く野外に出かける気が無くなります。目が覚めてベランダに出ると丁度太陽が昇るところでした。風景はめったに撮らないのですが気が変わって写してみました。丁度細い月と明けの明星と思えるものも出ていました。ジェット機も飛んできましたがレンズ交換に手間取っているとどんどん行ってしまって慌てますね。ISO感度も800のままにしていましたので画像も [続きを読む]
  • アシナガバチに刺される、寄生蛾
  • 今から1週間ほど前、お客の依頼でイヌマキの生垣の剪定をしていたところ一匹のアシナガバチが目の前50?位の所をブンブンと飛び回りまとわりついて離れません。見慣れた蜂なので気にも留めずにいましたが一向に離れないのでうるさくなり持っていた手帚ではたいたところ、1mも離れていないところに巣があったらしくワッと10数匹の蜂が飛び出し逃げる間もなくあっという間にブチュブチュと刺されました。右手の手のひら、左手の親指 [続きを読む]
  • オオハラビロトンボ♀
  • 今日も暑いですがにわか雨が降ってくれるおかげで少しはしのぎやすいです。雨も程よい加減に降ってくれると助かるのですか、カンカン照りが続くと死にそうになります。本当に炎天下での仕事はきついです。昨日の写真から、オオハラビロトンボの♀と思えるものが居ました。河川敷の木の茂っているやや薄暗いところを縄張りにしています。同定には自信がありませんがいろいろ見比べてほぼこれだろうという結論になりました。普通のハ [続きを読む]
  • 椎の実
  • 今日も暑かった。8月なので今しばらくは辛抱しなければなりませんね。虫撮りに行きましたが椎の実がもう大きくなっていました。まもなく鞘が割れて実が顔を覗かせることでしょう。植物たちはしっかりと準備しています。確実に秋は近づいていますね。この実を炒って食べると香ばしく、またほんのりと甘くて美味しいです。椎の実 [続きを読む]
  • ケラ(螻蛄) 俗称オケラ
  • 午前中は曇っていましたが午後からは快晴になり一気に暑くなりました。流石のノロノロ台風も完全に抜けたようです。草取りをしていたらケラが出てきました。私たちはオケラと呼んでいましたがこれは俗称で正式にはケラだそうです。ありふれた虫ですが最近は見かけませんでしたので、ちょっと顔だけ写させてもらいました。ケラについては詳しいことは知りませんので、調べてみると面白いことが色々ありました。ケラはバッタ(直翅) [続きを読む]
  • ヒゲナガサシガメ
  • 今日は朝から台風5号の影響で雨、天気図を見ると直ぐ傍まで来ていますが今のところそれほど激しい雨風ではありません。強い台風ということでしたがゆっくりゆっくり進んできた為かかなり衰えているように感じます。台風銀座と言われてきた土地で生活し長年台風を経験した身にとっては大したことはなさそうで胸を撫で下ろしています。外にも出られませんので今日はこれまで名前の判らなかった虫の名前探しです。一つだけ見つけまし [続きを読む]
  • イネネクイハムシ
  • 今日も時折雨が降る天気、時に激しく降り風も少しあります。台風5号の影響ですね。ヒシの花が咲いていたので写していたら葉の上に1?程の見知らぬ虫が居ました。他に目的(タテハモドキの幼虫探し)があったので気にも留めずに1枚だけ写し後で調べましたがこれがなかなか分からない。さんざん探し回ってやっとたどり着きました。ネクイハムシの仲間です。文献にこうありました「ネクイハムシは、甲虫目ハムシ科ネクイハムシ亜科に属 [続きを読む]
  • ナガコガネグモ
  • 今日も薄曇りで暑い。このところ気温は連日35度付近を指し湿度が高いのかすごく暑く感じます。雨がずっと降らないため畑は干上がってポクポク。田の用水路も浅いところは干上がり水生動物たちにかなりの影響が出ている模様。他所は雨が多く水害すら報告されているのにうまくはいかないものです。台風5号が日本をうかがっていますが一雨降らせてくれるなら歓迎したいところ。7/30日の写真からナガコガネグモ 「天高く馬肥える秋」 [続きを読む]
  • コウホネ(河骨)、フキバッタ、タテハモドキ夏型
  • 7/30日の写真から久しぶりに少し離れた農業用ため池に行って見ました。ここは色々な動植物があり野外観察には良い場所だったのですが今回行って見て驚きました。湖面一面に蓮が生い茂り水面が見られません。此処にはオニバスやコウホネなどがあり貴重な存在だったのです。先回もオニバスは蓮に追われてやせた小さな葉が2−3枚顔を覗かせていただけでしたが、今回オニバスは全く見られず絶滅したようです。コウホネが岸辺に2−3本生 [続きを読む]