TAZAN-NO-ISHI さん プロフィール

  •  
TAZAN-NO-ISHIさん: TAZAN-NO-ISHI
ハンドル名TAZAN-NO-ISHI さん
ブログタイトルTAZAN-NO-ISHI
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/keisen-des
サイト紹介文「他山の石」で軌道修正しながら 真の幸せにつながる言葉を メモってゆきたい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/09/27 03:16

TAZAN-NO-ISHI さんのブログ記事

  • <人生行路>
  • ★【「加齢と共に幸せの本体も見えてきた」  若い時は目前の喜びを追っかけてるうちに  自分が息してることも忘れてた。  まさか、・・・これホンネ!  本当の幸せは、他者の為に生きることの中に  有ることをも 老いぼれてから思い知った。  一生を費やしても  人間、自分のことは知り得ないかも  それでも、ぼくは鈍感な己れの恥をさらす。  老人のボヤキを拾ってくれる後輩に  何がしかの参考になるかも知 [続きを読む]
  • <シンプル>
  • ★【「生きて、愛して、笑える」これだけでも人生って素晴らしい。なんてシンプルだ。なお、手紙を出しさえすれば喜んでくれる人達がたくさん居る!!】        隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <多事多事>
  • ★【なぜか野暮用が多すぎる  人生いくらあっても足りるまい  極力 ナンセンスなものを避けなくては…  一度っきりの人生だもの  納得のいく生涯にしたい!】        隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <試誘(試練)?>
  • ★【 試誘(試練)について/スウェデンボルグ著(SK編) ▼天界の秘義2334  試誘(試練)にあっては、すべて主の臨在と慈悲について、また救いといった事柄について多少の疑惑がもたれる。なぜなら、試誘の中にいる者は内的な不安の中にいて、絶望にすら陥るからである。試誘の中に彼らの大半が留めおかれるのは、彼らが遂に次の事実を確認するためである。すなわち、あらゆるものは主の慈悲から発しており、彼らは主御一人に [続きを読む]
  • <真の幸とは>
  • ★【振り返ってみると・・・若い頃  幸せそうな人達がいっぱい居た  信徒たちもみな幸せそうだった  けど本当はそうでなかった、人は  幸せそうなだけではダメなんだ。】        隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <ありがとう>
  • ★【『 [感謝] の反対は [あたりまえ] 』  凡てが あたりまえの人って居ないだろうが  人生は「持ちつ持たれつ」だもの  欠けを補ってもらわずには生きられまい?  何はともあれ、感謝には力が伴っている。  心からの感謝を素直に言える人になりたい。】        隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <分かち合い>
  • ★【『喜びも幸せも 分かち合うと増える』  昔からの言い伝えに…  「喜びは分け合うと増え   悲しみは分け合うと減る」と。  こんな いいことはない!  互いに分け合って幸せになろう。】        隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <無限愛>
  • ★【神の摂理330:(2)/スウェデンボルグ著 神の愛は、悪人にも善人にもすべての人間に行き届いている。したがって神的愛であられる主は、世の父親が自分の子たちに抱いている思い以上に、限りない配慮をしておられる。神の愛は無限愛なのである。主は如何なる人間からも離れ去ることはない。なぜなら、全ての人間の生命は主からのものだからである。主が悪人から離れておられるかのように見えるが、離れて行くのは悪人のほう [続きを読む]
  • <情愛>
  • ★【人間の尊厳は情愛に在る  情愛無くば人でなくなる  情愛なくば社会は衰退する  情愛なくば民族は ほろぶ  情愛なくば世界は消滅する】       隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <心の世界>
  • ★【何ごとも誠意を込めさえすれば  人生って喜ばしいものなんだよ。  下手な字でも努力の跡がみえると  こころが熱くなってくる。  漫然と生きてたら そうはいくまい。】        隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <旨み>
  • ★【ひとはいざ知らず  青春時代はなぜか全てが迷いだった。   人生の旨味は後半に出てくる。  あなどるなかれ円熟期を  忘るゝ勿れ「先憂後楽」を!】        隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <人生行路>
  • ★【雑草とは、その美点が  まだ発見されてない植物とのこと。  「だれでも最初は素人だった、   今からでも遅くない」  己れの義務を快く果たさねば・・。】       ・隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <天からの報い>
  • ★【天からの報い(富)は必ず有る と。  然しそれは、その人の言動が  真理にかなっているときである と。  「真理にかなう」とはなんぞや?  悪と知ったら即刻 悪を避ける習慣 と。】       ・隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <使うと増える?>
  • ★【「筋力は 使えば   使うほど出てくる不思議   頭脳も愛も同様だ   使わなければ   錆びて朽ち果てるだけ」】         ・隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <満足感>
  • ★【「満足感はどこから来るのか。   だれであれ 黙ってよく働くとき、   より豊かな満足感をもつ人になる。」 われわれは何をするにも 結果の良し悪しを気にする。 最善の結果こそ満足感である。 人生の終わりも満足感をもって 幕を下ろしたいものだ。    /隣人語録より 】---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <雑草根性>
  • ★【「人生、素通りしたくない!   一度っきりだもの。」 どこかで聴いた言葉である。 幾度となく きいて居ながら なぜか 本気になれなかった自分が 悔しい。恥ずかしい。 しかし、いつの間にか 人生終盤を迎え 友垣を失ってきた今はちがう。 今度こそ、心ある諸兄姉と共に 手応えのある人生を掴ませて戴こう。 手ごたえを感じ始めたからには。    /隣人語録より】------------------------------------------- [続きを読む]
  • <自己強制と自由>
  • ★【▼天界の秘義1947  人間は再生しつつあるとき、主から与えられている自由から自分を強制することにより、天界的なものを受ける。その後それは主により徐々に完成され、ますます自由となり、更に善の情愛となり真理の情愛となって歓喜を得る。そこに天使たちと似た幸福が存在する。 自発的に自己を強制することの中には自由がある。したがって試誘(試煉)にあっては、試誘を受けてないときよりも自由がある。私たちが試誘 [続きを読む]
  • <再発見>
  • ★【「過去を変えることは出来ないが   それを改めれば きょうから使える。」たしかに、過去そのものは変えられないが考え方 くふう次第でどんな悔いをも改めさえすれば上手く活かせそうだ。ワクワクしてきた。やってみなきゃ…やるっきゃない!】   隣人語録より----------------------------------------------------------------      〜 HAPPY NEW YEAR 〜         2017    皆様のご多幸を祈念いたし [続きを読む]
  • <恩恵・2>
  • ★【「逆境こそは天からの贈り物。   必ずや思いもしなかった恵みを   味わい知ることになろう。」このお言葉を、私は心から信じている。「思いもしなかった恵み…」わたしの場合どんな仕事も楽しく働ける安らぎを授かったからである。】    隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <生き方>
  • ★【「他人の長所短所が見えるのは   それらが自分にも有るからだ。」そうだろうか?短所が個性とも言われている。しかしかわいい短所があったにせよ短所は無い方がいい!それにしても なぜか短所は身につきやすく長所は中々身についてくれない。… そのわけは 以外にも生来の遺伝悪にあるらしい。ありがたいことに長所を身につけるコツを教わった。それは遺伝悪に負けないこと、つまり自分の短所を知ったら即座に改めることだ [続きを読む]
  • <愛>
  • ★【「愛は旺盛な意欲を伴っている。   真の愛は天からくる。」  日頃の己れのスランプは  愛の欠如だったのだ。  どうか、愛をば・・・  愛に生きる手だてを  教えてください。】     隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <目的>
  • ★【「どのプロセスもすべて楽しい   目的を達成することだもの。」  ほんとだ、  目的って大切!  私には苦労なんてない…と  断言出来る者になりたいもんだ。  私ガンバる ガンバってみせる。】         隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]
  • <ゴール目指して>
  • ★【「犬は吠える、   されどキャラバンは進む」アラブの諺  この諺の意味するものは  あらぬ小言は避けられない、だからとて  大目標を見失うことなく  たった一度の人生をしっかり生きよう!  とのことだそうである。  仙厓和尚の俳画に、  風になびいている柳の画があり  その画賛に「堪忍」と題して  次の句が書かれている。  「気に食わぬ 風もあろうに 柳哉」  同様にわれわれも、言いたい人には  [続きを読む]
  • <まごころ>
  • ★【「人にも社会にも役立つ産物は、   真心から生まれる。」 真心とは何ぞや。 誠意? 思いやり? 誠実さ? 真面目?‥‥ 「あんた、仕事でも何でも  真心込めてやってる?」と訊かれたとき なぜか、真心なるものが直感でわかった。 真心こめてやってないので恥ずかしい! 今後はきっと心を入れ替えることを誓う。】         隣人語録より---------------------------------------------------------------- [続きを読む]