sima さん プロフィール

  •  
simaさん: 瓦礫の島の穴埋め立て地
ハンドル名sima さん
ブログタイトル瓦礫の島の穴埋め立て地
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/saitamaev
サイト紹介文老眼モデラーの模型制作日記。新旧キットを改造しています。バイクとイラスト等もやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供355回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2014/09/27 07:38

sima さんのブログ記事

  • エリス中尉の制作、1
  • 石粉粘土の練習で作り始めた胸像ですが作業がオモシロくなってきました。キャラクターの名前も決まって妄想設定をしながら楽しみます。キズ取りサフを吹いたので、ここからはキャラクターフィギュアの制作開始です。ブログタイトルも仕切り直しました。ファンド石粉粘土に拘らずに、何時ものパテやマテリアルを活用して仕上げていきます。妄想設定「ガブリエラ・エリス」シャドー月基地「ムーンベース」に所属する迎撃オペレーター [続きを読む]
  • フィギュアの習作、13
  • 石粉粘土の練習で作り始めた胸像ですが作業がオモシロくなってきました。扱いが分からなくて捨てようと思った半分硬化したファンド石粉粘土を一度水に浸けて再生させてます。キャラクターの名前も決まって妄想設定をしながら楽しみます。全てのパーツが揃いました。これで、しばらく放置しようかと思いましたがモチベーションが高いうちに進めて行く事にします。さてと、表面研摩をササッとやってからサフを吹いて傷を消す作業開始 [続きを読む]
  • フィギュアの習作、12
  • 石粉粘土の練習で作り始めた胸像ですが作業がオモシロくなってきました。扱いが分からなくて捨てようと思った半分硬化したファンド石粉粘土を一度水に浸けて再生させてます。キャラクターの名前も決まって妄想設定をしながら楽しみます。腕の追加制作です。本来は、こういう作り方は手間がかかるし効率的ではありません。今回は、初めての石粉粘土と言う事で試行錯誤の連続です。どうやったら、良いのか?失敗の連続です。手は、何 [続きを読む]
  • フィギュアの習作、11
  • 石粉粘土の練習で作り始めた胸像ですが作業がオモシロくなってきました。扱いが分からなくて捨てようと思った半分硬化したファンド石粉粘土を一度水に浸けて再生させてます。キャラクターの名前も決まって妄想設定をしながら楽しみます。髪の毛を彫り直しました。頭部は、従来のエポパテ造形ですので気楽です。扱いなれている造形素材だと手早く作業はできるのですがそれでは、進歩が無い。腕を追加していきます。本来は、こういう [続きを読む]
  • フィギュアの習作、10
  • 石粉粘土の練習で作り始めた胸像ですが作業がオモシロくなってきました。扱いが分からなくて捨てようと思った半分硬化したファンド石粉粘土を一度水に浸けて再生させてます。キャラクターの名前も決まって妄想設定をしながら楽しみます。イメージを固める為に妄想ラクガキもしてみました。「ガブリエラ・エリス」シャドー月基地「ムーンベース」に所属する迎撃オペレーター。タックネームのエリスを先代から継いでいるという設定で [続きを読む]
  • フィギュアの習作、9
  • 石粉粘土の練習で作り始めた胸像ですが作業がオモシロくなってきました。扱いが分からなくて捨てようと思った半分硬化したファンド石粉粘土を一度水に浸けて再生させてます。キャラクターの名前も決まって妄想設定をしながら楽しみます。腰に巻いたベルトの後ろのモールドを作ります。オシャレなリングを組み合わせたデザイン。私の勉強不足で資料を読み込んだら、ユニフォームのデザインってシルビア・アンダーソンさんだったんで [続きを読む]
  • フィギュアの習作、8
  • フィギュアの習作です。今年のワンフェスは終了しましたので、エスパーさん創作活動は一休みです。一応、制作スケジュールはたてて見たところスケールモデルばかりだとオモシロくありません。ですので、気軽に胸像フィギュアを作ってみようと思いました。服のモールドをケガいた所から凹モールドを凸モールドに彫り直します。コレがまたメンドくさそうですが楽しいです。ハッキリ言って、人形を作るので一番楽しいのは彫りです。と [続きを読む]
  • フィギュアの習作、7
  • フィギュアの習作です。今年のワンフェスは終了しましたので、エスパーさん創作活動は一休みです。一応、制作スケジュールはたてて見たところスケールモデルばかりだとオモシロくありません。ですので、気軽に胸像フィギュアを作ってみようと思いました。服のモールドを把握する為にラクガキをしてみました。名前も付けてみました。月基地オペレーターの「ガブリエラ・エリスさん(仮)」に。当然、妄想設定キャラなのですが元ネタ [続きを読む]
  • フィギュアの習作、6
  • フィギュアの習作です。今年のワンフェスは終了しましたので、エスパーさん創作活動は一休みです。一応、制作スケジュールはたてて見たところスケールモデルばかりだとオモシロくありません。ですので、気軽に胸像フィギュアを作ってみようと思いました。腰下の太ももを少し粘土を足してフィギュアをキチンと立たせるようにします。まずは、木の板の上でドロドロの粘土から水分を抜きます。次に金属のロクロの上で接地面をなでらか [続きを読む]
  • フィギュアの習作、5
  • フィギュアの習作です。今年のワンフェスは終了しましたので、エスパーさん創作活動は一休みです。一応、制作スケジュールはたてて見たところスケールモデルばかりだとオモシロくありません。ですので、気軽に胸像フィギュアを作ってみようと思いました。腰の下を追加して作ります。もう、陶芸用の道具を出してきました。粘土の特徴がわかったのでサクサクと進めて行きます。木の板に粘土内の余分な水分を追い出します。模型に使う [続きを読む]
  • フィギュアの習作、4.
  • フィギュアの習作です。今年のワンフェスは終了しましたので、エスパーさん創作活動は一休みです。一応、制作スケジュールはたてて見たところスケールモデルばかりだとオモシロくありません。ですので、気軽に胸像フィギュアを作ってみようと思いました。パテ状態のファンドを盛って削って盛って削ります。まだ、石粉粘土の扱いが上手くいきません。とにかく、手を動かします。完成イメージ的には胸像で行きます。サイズは1/5です [続きを読む]
  • フィギュアの習作、3.
  • フィギュアの習作です。今年のワンフェスは終了しましたので、エスパーさん創作活動は一休みです。一応、制作スケジュールはたてて見たところスケールモデルばかりだとオモシロくありません。ですので、気軽に胸像フィギュアを作ってみようと思いました。顔と髪頭部のバランスは、こんな感じです。さてと、普通は何のキャラを作るのか、どれくらいのサイズで作るのか、どんなポーズで作るのか、全く考えていない所から作業開始です [続きを読む]
  • ラクガキの描き順、2
  • 私的に毎日少しずつラクガキをしています。その手順を拾ってみました。色を乗せて行きます。私は、iPadのアプリでアイビスペイントで色を乗せてます。持ち運びができて、仕事の休憩中も作業ができるから重宝しています。タッチペンは使わずに指先でやってます。絵描きアプリで拡大して細かくタッチペンで描く方法は苦手で、あくまでも、水彩絵具を使う感じでサッサと色乗せをしてて行きます。キャラの色が終ったら背景に色をの [続きを読む]
  • ラクガキの描き順、1
  • 今月のラクガキです。毎日の仕事が終った時間に習作で描いたものです。私にとって、ラクガキとは「楽描き」。疲れを癒す趣味の一環です。なにやら、アイパッド画像ファイルを整理したら下書きからの画像が出てきたので私のラクガキ描き方の紹介がブログ記事でできそうなので記録記事を作って見ました。まずは、下絵を描きます。使う道具は芯ホルダーにBの芯を入れます。芯ホルダーは鉛筆の芯とシャーペンの合いのこみたいな筆記用 [続きを読む]
  • 9月の「なんちゃって表紙絵」2
  • 今月のエスパーさん、なんちゃって表紙絵2「無限世界のマーヤ」の巻この次元の果てにあると言う、争いの無い世界を求め旅する少年。連続する平行宇宙の中で求める世界を探して移動し絶望の日々を永遠に生きる事に意味があるのか。果てしない旅に疑問符を抱く。少年こそ、ランダムに次元を間引く神の…。ブログランキングに一票を〜下のロゴを「プチっと! よろしく〜」(^−^p [続きを読む]
  • 神塚ときお・菅野博之・夢野れい グループ展「S-40」
  • 神塚ときお・菅野博之・夢野れい グループ展「S-40」に行ってきました。漫画家の神塚 ときおさん、菅野博之さん、夢野れいさん三人の作家合同グループ展です。生の漫画原稿を、パネルに隙間なしに貼りつけて展示というスゴイ原画展です。本物のペン入れした原稿をゼロ距離で見られるという情報量は凄まじいインパクトなのに、それが3人分です。目眩がするほど楽しいです。日程は10日日曜まで。開催時間は本日午前10時〜午後5時。 [続きを読む]
  • NF‐104の制作、10
  • NFマルヨンの制作です。アメリカ空軍 スペーストレーナー NF-104Aの制作です。使用するキットは以下のとうり。ハセガワ1/48 F-104Sモデルアートアメリカ空軍 スペーストレーナー NF-104A 1/48 改造キット垂直尾翼にロケットモーターを接着しました。ひとまず、ここまで加工が終わればオッケーです。ブログランキングに一票を〜下のロゴを「プチっと! よろしく〜」(^−^p [続きを読む]
  • NF-104の制作、9
  • NFマルヨンの制作です。アメリカ空軍 スペーストレーナー NF-104Aの制作です。使用するキットは以下のとうり。ハセガワ1/48 F-104Sモデルアートアメリカ空軍 スペーストレーナー NF-104A 1/48 改造キットまったくもって、油断できないのがガレージトランスキット。慎重に回避して行きます。だいたいが、ショックコーンを延長するのに機体とのクリアランスの厚みを貼り付けパーツで取って無いのは見た目で予想してました。危ない [続きを読む]
  • NF−104の制作、8
  • アメリカ空軍 スペーストレーナー NF-104Aの制作です。使用するキットは以下のとうり。ハセガワ1/48 F-104Sモデルアートアメリカ空軍 スペーストレーナー NF-104A 1/48 改造キットプラ板とジャンクを利用してG型のラダーを作ります。G型とS型の違いは垂直尾翼に繋がるジェット排気ノズルの形状です。NF型とS型は排気ノズルの形状は同じですのでロケットモーターは少しの加工で付きます。しかし、NF型のラダー形状はG型に [続きを読む]
  • NF−104の制作、7
  • アメリカ空軍 スペーストレーナー NF-104Aの制作です。使用するキットは以下のとうり。ハセガワ1/48 F-104Sモデルアートアメリカ空軍 スペーストレーナー NF-104A 1/48 改造キット問題のロケットモーターの接続です。まずは、トランスパーツを切りました。このまま、取りつけるのは簡単ですが逆に細かい調整が効きませんよね。背骨を切る指示があったのですが、ここまで、切る必要は無かったと後で気が付きました。精度を出す為で [続きを読む]
  • NF-104の制作、6
  • アメリカ空軍 スペーストレーナー NF-104Aの制作です。使用するキットは以下のとうり。ハセガワ1/48 F-104Sモデルアートアメリカ空軍 スペーストレーナー NF-104A 1/48 改造キット主翼の延長です。私の使用したハセガワのキットは、F-104Sです。できれば、F-104Gを使用した方が簡単に仕上がると思います。これは、トランスキットを作った方の配慮だと思いますが入手し易いハセガワのG型が推奨されています。実機はG型を改造した [続きを読む]
  • 9月の「なんちゃって表紙絵」
  • 9月のエスパーさん表紙絵です。ボチボチと描いています。「宇宙潜行艇ゼロ」の巻。ファントム号は超空間救難信号を受ける。それは、SOS符号のモールス信号だった。次元回廊の海域に到着し遭難艇を救助するが、乗員の姿は無くメモ書きが残されていた。「鮫が襲ってきた、黒い鮫が」と…。ブログランキングに一票を〜下のロゴを「プチっと! よろしく〜」(^−^p [続きを読む]
  • フィギュアの習作、2
  • フィギュアの習作です。今年のワンフェスは終了しましたので、エスパーさん創作活動は一休みです。一応、制作スケジュールはたてて見たところスケールモデルばかりだとオモシロくありません。ですので、気軽に胸像フィギュアを作ってみようと思いました。だいたいの形を石粉粘土ファンドで作ってみます。実は、私は石粉粘土を使うのは初めてです。以前、これでフィギュアを作ろうと思って買った物が3年も前から2袋もあります。さ [続きを読む]
  • フィギュアの習作。
  • フィギュアの習作です。今年のワンフェスは終了しましたので、とりあえず、エスパーさん創作活動は一休みです。(毎日のラクガキは続けます)一応、模型の制作スケジュールはたてて見たところスケールモデルばかりだとオモシロくありません。ですので、フィギュアの顔を作ってみます。まずは、適当な大きさにパテを盛っていきます。そこから、ナイフで削り出して行きますだいたいの顔を作ります。この時点では、基本的な顔の形にし [続きを読む]
  • NF‐104の制作5
  • アメリカ空軍 スペーストレーナー NF-104Aの制作です。使用するキットは以下のとうり。ハセガワ1/48 F-104Sモデルアートアメリカ空軍 スペーストレーナー NF-104A 1/48 改造キット脚廻りの制作です。最近のハセガワのヨンパチキットは脚廻りはポリキャップでハメコミです。つまり、完成したらバラバラにして箱にしまえます。これは、大物モデラーにとっては嬉しいギミックですね。でも、ポリキャップのハメ込みはコツがいりますし [続きを読む]