Daily Bread 日々の御言葉 さん プロフィール

  •  
Daily Bread 日々の御言葉さん: Daily Bread 日々の御言葉
ハンドル名Daily Bread 日々の御言葉 さん
ブログタイトルDaily Bread 日々の御言葉
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/magibox01
サイト紹介文聖書の御言葉をあなたに 「聖書各駅停車」 創世記からはじめて黙示録までをゆっくり
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供341回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2014/09/27 07:38

Daily Bread 日々の御言葉 さんのブログ記事

  • 今日の御言葉 20170324 ローマ書5:6〜11 「現された愛」
  • 3月24日(金)現在のテーマ「恵みの豊かさ」今日のテーマ「現された愛」■聖書 ローマ5:6〜11 (8)■聖句 「しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました」。(8)■解説神との和解の成立条件として、聖霊によって注がれる神の愛について語ったパウロは、その実態、源泉を示します。それは言うまでもなくキリストの十字架です。注目 [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170323 ローマ書5:1〜5 「神との和解」
  • 今日からテーマは「恵みの豊かさ」です。7月4日(月)現在のテーマ「恵みの豊かさ」今日のテーマ「神との和解」■聖書 ローマ5:1〜5 (1)■聖句 「このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、‥‥」。■解説5章からパウロは義とされた者に与えられる恵みの豊かさについて語り始めます。その第一は、神との間の平和です。それは、心の不安が取り除 [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170322 ローマ書4:17〜25 「アブラハムの信仰」
  • 3月22日(水)現在のテーマ「神の義」今日のテーマ「アブラハムの信仰」■聖書 ローマ4:17〜25 (25)■聖句 「イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです」。(25)■解説続いてパウロは、アブラハムの信仰を受け継ぐ人々に、それではアブラハムの信仰とはどのようなものであったかを語り始めます。アブラハムの信仰は「死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在 [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170321 ローマ書4:13〜16 「律法と信仰」
  • 3月21日(火)現在のテーマ「神の義」今日のテーマ「律法と信仰」■聖書 ローマ4:13〜16 (13)■聖句 「神はアブラハムやその子孫に世界を受け継がせることを約束されたが、その約束は、律法に基づいてではなく、信仰による義に基づいてなされたのです」。(13)■解説前段で、パウロは「割礼」を通して語りましたが、今度は「律法」を通して信仰による義について語ります。すなわち「割礼」がアブラハムの義認の後で行われたように [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170320 ローマ書4:1〜12 「アブラハムの場合」
  • 3月20日(月)現在のテーマ「神の義」今日のテーマ「アブラハムの場合」■聖書 ローマ4:1〜12 (2-3)■聖句 「もし、彼が行いによって義とされたのであれば、誇ってもよいが、神の前ではそれはできません。聖書には何と書いてありますか。『アブラハムは神を信じた。それが、彼の義と認められた』とあります」。(2-3)■解説「信仰による義」を見出したパウロは、それが父祖アブラハムからのものであることを立証します。それは「恵 [続きを読む]
  • 今日の御言葉(日曜版)20170318 詩編17:6〜15 「正しい者の訴え②」
  • 3月19日(日)現在のテーマ「詩編第一巻」今日のテーマ「正しい者の訴え②」■聖書 詩編17:6〜15 (10)■聖句 「彼らは自分の肥え太った心のとりことなり/口々に傲慢なことを言います」。(10)■解説詩編17の後半の聖句として選んだのは10節です。他にも味わい深い御言葉がいくつもあるのですが、今回は10節を選びました。詩人は獲物を求める獅子のような敵に囲まれています。その敵の姿、内面を訴える言葉が今日の聖句です。前半 [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170318 ローマ書3:27〜31 「信仰による義」
  • 3月18日(土)現在のテーマ「神の義」今日のテーマ「信仰による義」■聖書 ローマ3:27〜31 (27)■聖句 「では、人の誇りはどこにあるのか。それは取り除かれました。どんな法則によってか。行いの法則によるのか。そうではない。信仰の法則によってです」。(27)■解説十字架の贖いによって初めて義とされるという事実を受け入れたとき、そこから二つの結論が導き出されます。第一は、私たち人間には誇ることのできるものは何もな [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170317 ローマ書3:25〜26 「神の義」
  • 3月17日(金)現在のテーマ「神の義」今日のテーマ「神の義」■聖書 ローマ3:25〜26 (26b)■聖句 「今この時に義を示されたのは、御自分が正しい方であることを明らかにし、イエスを信じる者を義となさるためです」。(26b)■解説今日の聖句は神の義があらわされつつ、人間が義とされる救いが完成したことを宣言しています。それがイエス・キリストの十字架です。神は本質的に不義であることはできません。人間はどのように努力して [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170316 ローマ書3:21〜24「贖いによる義」
  • 今日からテーマは「神の義」です。3月16日(木)現在のテーマ「神の義」今日のテーマ「購いによる義」■聖書 ローマ3:21〜24 (24)■聖句 「ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです」。(24)■解説人間の罪の状態を鋭く指摘したパウロは、罪の現実という絶望から神による救いの希望へと展開していきます。さて、今日の拝読箇所には「義」という言葉が連続的に使用されています。「義」 [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170315 ローマ書3:10〜20「ここまでの結論②律法によっては」
  • 3月15日(水)現在のテーマ「人間の罪」今日のテーマ「ここまでの結論②律法によっては」■聖書 ローマ3:10〜20 (20)■聖句 「なぜなら、律法を実行することによっては、だれ一人神の前で義とされないからです。律法によっては、罪の自覚しか生じないのです」。(20)■解説ここまでの結論の①は「皆、罪の下にある」というものでした。結論の②は「律法によってはだれ一人義とされない」です。今日の拝読箇所となっている10節から1 [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20160314 ローマ書3:1〜9「ここまでの結論①罪の下にある」
  • 3月14日(火)現在のテーマ「人間の罪」今日のテーマ「ここまでの結論①罪の下にある」■聖書 ローマ3:1〜9 (9)■聖句 「では、どうなのか。わたしたちには優れた点があるのでしょうか。全くありません。既に指摘したように、ユダヤ人もギリシア人も皆、罪の下にあるのです」。(9)■解説3章に入り、パウロは独善的で排他的なユダヤ人の優れた点とは何かと自問するところから始めます。それは「神の言葉をゆだねられた」(2)という [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170313 ローマ書2:17〜29 「誇りとは」
  • 3月13日(月)現在のテーマ「人間の罪」今日のテーマ「誇りとは」■聖書 ローマ2:17〜29 (25,29)■聖句 「‥‥‥。律法を破れば、それは割礼を受けていないのと同じです。‥‥‥文字ではなく"霊"によって心に施された割礼こそ割礼なのです。その誉れは人からではなく、神から来るのです」。(25b,29bc)■解説律法と割礼はユダヤ人の誇りです。ユダヤ人にとって、律法を知らず、割礼のない者は地獄に行くと考えられていました。パウ [続きを読む]
  • 今日の御言葉(日曜版)20170312 詩編17:1〜5 「正しい者の訴え①」
  • 3月12日(日)現在のテーマ「詩編第一巻」今日のテーマ「正しい者の訴え①」■聖書 詩編17:1〜5 (2b)■聖句 「あなた御自身の目をもって公平に御覧ください」。(2b)■解説詩編17を2回に分けて解説します。テーマは「正しい者の訴え」です。前半部とした1節から5節はプロローグ的な部分ですが、深い内容を持っています。詩人は、神の公正な裁きを求めて「訴えを聞き、耳を傾け、耳を向けてください」と祈り始めます(1)。彼はただ [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170311 ローマ書2:1〜16 「正しい裁きを下される神」
  • 3.11から6年、この痛みを忘れることがありませんように。3月11日(土)現在のテーマ「人間の罪」今日のテーマ「正しい裁きを下される神」■聖書 ローマ2:1〜16 (2,11,16b)■聖句 「神は‥‥正しくお裁きになると、わたしたちは知っています。‥‥。神は人を分け隔てなさいません。‥‥。‥‥そのこと(偽善的な生き方)は、‥‥人々の隠れた事柄をキリスト・イエスを通して裁かれる日に、明らかになるでしょう」。(2,11,16b)■解 [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170307 ローマ書1:24〜32 「まかせられた」
  • 3月10日(金)現在のテーマ「人間の罪」今日のテーマ「まかせられた」■聖書 ローマ1:24〜32 (24,26,28)■聖句 「心の欲望によって不潔なことをするにまかせられ、‥‥恥ずべき欲情にまかせられ‥‥。無価値な思いに渡され‥‥」。■解説罪の指摘はさらに続きます。今日の拝読箇所の中で印象的な言葉はギリシャ語の〈パレゲートン〉で、続けて3回使用されています。意味は「引き渡す」、「見捨てる」、「見放す」で、新共同約では [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170309 ローマ書1:18〜23 「神の怒り」
  • 今日からテーマは「人間の罪」です。3月9日(木)現在のテーマ「人間の罪」今日のテーマ「神の怒り」■聖書 ローマ1:18〜23 (18)■聖句 「不義によって真理の働きを妨げる人間のあらゆる不信心と不義に対して、神は天から怒りを現されます」。(18)■解説1:18からローマ書の本論に入りますが、パウロは前節の「神の義の啓示」(17)と対比させるように「神の怒りの啓示」から語り始めます。前者は「救い」であり、後者は「さばき」で [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170308 ローマ書1:8〜17 「主題の提示②神の義の啓示」
  • 3月8日(水)現在のテーマ「あいさつ」今日のテーマ「主題の提示②神の義の啓示」■聖書 ローマ1:8〜17 (17)■聖句 「福音には、神の義が啓示されていますが、それは、初めから終わりまで信仰を通して実現されるのです。『正しい者は信仰によって生きる』と書いてあるとおりです」。(17)■解説この手紙の主題の要約としてパウロが語る第二のものは「神の義の啓示=福音」です。「義」には、3つの意味があります。第一は神の本質と [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170307 ローマ書1:8〜17 「主題の提示①福音は力」
  • 3月7日(火)現在のテーマ「あいさつ」今日のテーマ「主題の提示①福音は神の力」■聖書 ローマ1:8〜17 (16)■聖句 「わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです」。■解説8節以下にローマ訪問の理由を記した後、パウロはこの手紙の主題を要約して提示しています。第一のテーマは「福音は神の力」です。福音は観念や思想ではありません。信じる者に働 [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170306 ローマ書1:1〜7 「この福音」
  • 今日から「ローマの信徒への手紙」(再掲)となります。最初のテーマは「あいさつ」です。3月6日(月)現在のテーマ「あいさつ」今日のテーマ「この福音」■聖書 ローマ1:1〜7 (2-4)■聖句 「この福音は、神が既に聖書の中で預言者を通して約束されたもので、御子に関するものです。御子は、肉によればダビデの子孫から生まれ、聖なる霊によれば、死者の中からの復活によって力ある神の子と定められたのです。この方が、わたした [続きを読む]
  • 今日の御言葉(日曜版) 20170305 詩編16:7〜11 「神を見出した人の幸い②」
  • 3月5日(日)現在のテーマ「詩編第一巻」今日のテーマ「神を見出した人の幸い②」■聖書 詩編16:7〜11 (9)■聖句 「わたしの心は喜び、魂は踊ります。からだは安心して憩います」。(9)■解説詩編16の後半を解説します。前半では神を見出した喜びの気持ちが素直に、そして力強く表現されていました。後半では、見出した神の恵みが具体的に記されています。「思いを励まし」て下さる(7)、夜には反省のときを与えて下さる(7)、生活 [続きを読む]
  • 今日の御言葉(臨時版)20170304 詩編16:1〜6 「神を見出した人の幸い①」
  • 3月4日(土)現在のテーマ「詩編第一巻」今日のテーマ「神を見出した人の幸い①」■聖書 詩編16:1〜6 (2)■聖句 主に申します。「あなたはわたしの主。あなたのほかにわたしの幸いはありません」。(2)■解説詩編16を2回に分けて解説します。今日の聖句とした2節を読んで、わたしはパウロが「主キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさに、今では他の一切を損失とみています」(フィリピ3:8)と語った言葉を思い出します。 [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170303 ダニエル書12:5〜13 「復活の希望」
  • 3月3日(金)現在のテーマ「預言的部分」今日のテーマ「復活の希望」■聖書 ダニエル12:5〜13 (13)■聖句 「終わりまでお前の道を行き、憩いに入りなさい。時の終わりにあたり、お前に定められている運命に従って、お前は立ち上がるであろう」。(13)■解説ダニエル書の最後です。ダニエルは、また新しい光景を見せられます。川の両側に立つ二人の人の内の一人が「これらの驚くべきことはいつまで続くのでしょうか」(6)と尋ねると [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170302 ダニエル書12:1〜4 「死と復活について」
  • 3月2日(木)現在のテーマ「預言的部分」今日のテーマ「死と復活について」■聖書 ダニエル12:1〜4 (2)■聖句 「多くの者が地の塵の中の眠りから目覚める。ある者は永遠の生命に入り/ある者は永久に続く恥と憎悪の的となる」。(2)■解説今日の拝読箇所には、終末における苦難の時、その後の復活と裁き、永遠の命と永遠の滅びとに分けられるといったテーマが大天使長ミカエルによって告げられています。「あの書」(1)とは詩編69: [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170301 ダニエル書11:2〜45 「預言の近時遠望」
  • 3月1日(水)現在のテーマ「預言的部分」今日のテーマ「預言の近時遠望」■聖書 ダニエル11:2〜45 (32b-33,35b)■聖句 「自分の神を知る民は確固として行動する。民の目覚めた人々は多くの者を導くが、ある期間、剣にかかり、火刑に処され、捕らわれ、略奪されて倒される。‥‥‥倒されるのは、終わりの時に備えて練り清められ、純白にされるためである。まだ時は来ていない」。(32b-33,35b)■解説天使は未来の出来事として、や [続きを読む]
  • 今日の御言葉 20170228 ダニエル書10:1〜11:1 「天の使いの幻」
  • 2月28日(火)現在のテーマ「預言的部分」今日のテーマ「天の使いの幻」■聖書 ダニエル10:1〜11:1 (11bc)■聖句 「愛されている者ダニエルよ、わたしがお前に語ろうとする言葉をよく理解せよ、そして、立ち上がれ」。(11bc)■解説10章から12章まで、ダニエルは天の使いによる幻を見せられます。今日の拝読箇所はその序章です。そこには地上での戦いと天上での戦いがあり、それが関連している様が描かれています。また、「一人 [続きを読む]