天然素材で北欧風の家づくり さん プロフィール

  •  
天然素材で北欧風の家づくりさん: カルクウォールで北欧風の家づくり〜ナチュラルモダン
ハンドル名天然素材で北欧風の家づくり さん
ブログタイトルカルクウォールで北欧風の家づくり〜ナチュラルモダン
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/skd0323
サイト紹介文スイス漆喰のカルクウォールとリボス塗装のパイン無垢材で天然素材の家をつくりました
自由文北欧 天然素材 漆喰 パイン 無垢材 インナーガレージ 薪ストーブ ステンドグラス
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/09/27 21:02

天然素材で北欧風の家づくり さんのブログ記事

  • 天井も床も「節ありパイン無垢材」でコストダウン
  • 床も節有りのパイン無垢材。天井も床材と厚みは違うものの同じ節ありのパイン無垢材。建てる前に最初イメージは、ちょっとくどいかと思いましたが、これがこの家のコストを押し下げられた最大の理由。予算がいくらでもあるなら、床だけでも節なしのパイン材が希望でしたが、背に腹は代えられません。スイス漆喰を外壁・内装壁に両方使うために、床材と天井は一番安価な節ありのパイン材。しかし、リボスオイルの色を天井は「チーク [続きを読む]
  • 新築4周年 Before→After
  • 2013年3月最終日の日曜日に、引っ越してちょうど4年を迎えようとしています。新築時のワクワク感は、さすがにないものの現在の家に大きな不満も不具合もなく、無垢材の色もいい色合いに変化してきました。家具やモノも増えましたが、約60坪と比較的広い家を建てたので、狭く感じることもなく大満足の家です。新築時のリビングです。BeforeAfterつぎにキッチンカウンターから見たリビングBefore (キッチンカウンターの後ろから) [続きを読む]
  • 借景の花が満開!
  • 桃色の梅の花らしき木が満開です。南側の窓から借景として大活躍(笑)ところで、何の木なのか?室内からこの角度で見えます。こんな風に、1本だけ立っています。逆にこの木から家を見ると・・・・塗り壁とサイディングは、まだ経年で色が変わらないのですが、破風板は黒ずんで来ました。壁は汚れなくても、破風板の白は汚れが目立ちます。北側のうちの梅の花は散っています。西側と北側は破風板の汚れはあまりありません。なんで? [続きを読む]
  • 啓蟄という暦どおり蛇を見る(*'▽')
  • 朝から庭を掃除しようと見てみたら、ニョロニョロとうごめくものが・・・春の陽気に誘われて冬眠から覚めた「蛇」を田んぼに投げる仕事を、嫁さんから言いつけられました(笑)数分の格闘後、移動させたものの気になるというのでちょっと臭いですが、忌避剤を撒きました。枯れた芝生の上を這っていました。画像ではすでに蛇はいません。曇り空で比較的明るく暖かい一日でしたが、薪ストーブはつけますねぇ。ウッドブラインド越しの中 [続きを読む]
  • こんな寒いのに梅が咲く
  • 昨日まで雪が少し積もるくらい寒かったのに、梅が結構咲いています。満開とはいきませんが、もう少しで満開に近い感じがします。。。こんなに梅って早く咲くんでしたっけ?春が近いんですね。季節を感じられるシンボルツリーはいいですね。中庭はあまり陽が当たらないので、常緑を多く植えています。南側の庭は、紅葉を植えています。冬はさみしいもんです。(笑)東側はもともとこの土地にあった薪の木を植えています。多少常緑があ [続きを読む]
  • 寒波襲来!リビングにこもる(笑)
  • 昨晩は、月明かりもあり、明日は晴れだな・・・と思っていたら子供が「雪だ積もってる!」という朝の大声で起きました(笑)前の庭もうっすらと雪景色でした。でも、九州なので東日本の寒波とは比べ物になりません。呑気に、綺麗な景色が楽しめるという良い雪景色です。このような日は、薪ストーブを焚いて、快適なリビングで過ごすが良いです。リビングを薪ストーブのあるほうから撮った記憶がないので、撮ってみました。ソファの前 [続きを読む]
  • 新築4年目でも飽きない家づくり
  • 明けましておめでとうございます。年末の大掃除は窓をケルヒャーで洗い流しすることから始まります。昨年の汚れを綺麗にしていると、補修しなければならない箇所が気になりますが、今のところ大きな補修は不要のようです。内装は、拭き掃除をやりましたが、照明やウッドブラインドのほこり取りが大変です。床の拭き掃除も、昔学校で雑巾かけレースのように走って拭くのが早い!(笑)息子と競争で掃除しました。玄関のスウィングドア [続きを読む]
  • 薪ストーブのサイズ
  • 薪ストーブは、コーナーに置くより部屋の真ん中に置いたほうが、部屋が暖まりやすいと言われています。そうは言われても、なかなか真ん中にストーブを置くのは、現実的には難しいと思います。ストーブを使わない夏に真ん中に無駄なものが鎮座するのは、スペースに余裕がないと置けませんね。うちは、LDKが約28帖くらいありますが、その一番端の角にあります。上の写真ですと、左側の奥です。さすがに、撮影場所まで暖まるのは時 [続きを読む]
  • 薪ストーブ点火!
  • 寒くなってきました。ついに薪ストーブを清掃して点けてみることにしました。このストーブは、ヨツール F400 です。http://www.jotul.co.jp/products/f400.htmlついでに、部屋も衣替えしました。ラグをムートンに替えました。敷いていた籐あじろラグは2階ロフトのセカンドリビングへ移動。ロフトの階段を降りたところに薪ストーブがあり、2階のロフトからも薪ストーブを見ることができます。冬はかなりあたたかく、ロフトと [続きを読む]
  • ゲーブルペディメントという妻飾りを選ぶ。
  • 北欧風の住宅の有名なハウスメーカーにスウェーデンハウスさんがあります。北欧風の住宅外観デザイン上のアイデンティティとなっているのが、三角の妻飾り(ゲーブルペディメント)です。うちの家は、スウェーデンハウスだと間違われるくらい、この妻飾りデザインは知名度があるようです。しかし、スウェーデンハウスのように価格が高い住宅は、予算が足りないのでスウェーデンハウスではありません。笑スウェーデンハウスのような [続きを読む]
  • スイス漆喰(カルクウォール)の3年後経年変化
  • 新築3年目のカルクウォールの経年変化です。カルクウォールは、経年変化が少なく自浄効果があると聞いていましたが、汚れの質に依るようです。煙突の黒ずみは年々酷くなります。BeforeAfter見る影もありません。真っ黒になっていっています。煙突の壁には向かないようです。自分で塗るにはちょっと高所なだけに危険ゆえに、なかなかセルフリメイクは難しそう。また、窓枠の雨だれシミも多少生じます。BeforeAfterここの窓は屋根 [続きを読む]
  • キッチンからの眺め
  • キッチンの前は、カウンターを大工さんに造作してもらっています。カウンターの後ろは、2m高の樹脂製ハイサッシの掃き出し窓です。ウッドデッキに出られるようになっています。ウッドデッキは物干し場所になっています。カウンター奥が洗面所および脱衣所になっていて洗濯機があるので、そちらかも出られます。庭のモミジ以外は借景ですが、緑豊かな景色を楽しみながら、料理することができます。もちろん、秋には紅葉の景色とな [続きを読む]
  • <ページ改装> 完成披露「玄関・和室・寝室・インナーガレージ」
  • 「ページ改装」画像を新しくしました。以下、2013.4.1アップ時より画像を高解像度にしました。ついに完成しました。引き渡しは2013年3月24日です。メーカー品番は当時のもので、記載ミスの際はご容赦ください。外観は北欧風、内装はシンプルなカントリー調でまとめているつもりです。◆玄関ドア(外観)メーカー/品名:三協立山アルミ ラフォース ナチュレN51 オールドファション パイン 両開き オプション◆ポストメーカー/ [続きを読む]
  • ヒマワリ満開でキャスティングウッドの色が冴える!
  • 35度を超える毎日。ひまわりは満開を迎えました。キャスティングウッドのビターブラウン、カルクウォールの真っ白、ひまわりの黄色のコントラストが綺麗です。意外と瓦の色も重要です。素焼きの陶器瓦は重いので地震に向かないと言われますが、構造さえしっかりすれば、耐候性、耐久性、断熱性からも優れていると思います。構造用合板を張った枠組壁工法耐力壁の真壁+筋交いであれば、瓦でも安心でしょう。 [続きを読む]
  • ひまわり畑の家
  • 梅雨は明けていませんが、久々の青空です。昨年まで電照菊のとなりの畑が、今年はひまわり畑に変身!家が綺麗に見えます。完全な借景ですが(笑)背の低いひまわりなので、見学にもぴったり。なぜか、家から見ると花は後ろ向きです。ひまわりは東しか向かないのでしょうか?南向きと思ってました(笑)まぁ、家を撮るには最高のひまわりです!もみじの葉も青空だと綺麗ですね。2階の部屋からみると、背中むき2階は南向きの窓がなく、 [続きを読む]
  • 石鉢を雨樋受けにしてみました。
  • 中庭のバルコニー下は、雨が降っても濡れないため、乾燥しがちになります。雨水は、雨樋を通じて地下のパイプで雨水桝へ流れていくので、地上へはまったく雨水が出ません。雨水を生かすべく、雨樋を途中でカットして、某オクで購入した石鉢に一度雨水をため、こぼれた水を中庭に流すことにしました。うまいこと雨樋の下に石鉢を置くことができました。さらにもう一か所。雨樋を隠すために花壇用の縁石を転用しましたが、ちょっとイ [続きを読む]
  • 樹脂サッシかアルミサッシかの悩み
  • 家を建てるときに意外と早く決めなくてはならないのが、窓です。窓は、コストや断熱性に関わる部分なので、かなりシビアに決めなければなりません。予算との絡みで悩んだのが、樹脂サッシでした。ただでさえ、窓の多い家、予算に直結します(笑)最近のハウスメーカーは樹脂サッシが標準の所も増えて、結露防止の効果を訴求していますが、建てた工務店さんいわく、九州の気候だったらほとんど関係ないということでした。しかし、マン [続きを読む]
  • シンボルツリーの梅の実譲ります!
  • 玄関先のシンボルツリー。梅の実が沢山なっています。ちょっと早いのですが、すでに落ち始めているのもあり、道路にコロコロ転がって踏まれて道路が汚くなるまでに、収穫することにしました。昨年アブラムシが来て消毒を頻繁にしましたが、まだ、アブラムシは来ていません。かなりの豊作です。ちょっと早めの収穫なので、小振りはありますが、梅酒づくりをされる方などご必要な方、お譲りします。(笑)ただし、引き取に来て頂く方限 [続きを読む]
  • 阿蘇石を中庭に置いてみました
  • 熊本地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。以前中庭のガーデニングプランをして頂いた造園屋さん、奥さんが熊本阿蘇のご出身なのを思い出して、尋ねてみました。ご無事だったようで何よりです。中庭に阿蘇石を検討していることを伝え、間接的な支援の気持ちも含め、軽トラック半分程度の石を購入することにしました。阿蘇石は、黒い火山の石です。ガーデニングで使うと、かなり良いんです。コーナー部分と下草部分に置くと [続きを読む]
  • DIYで中庭リフォームに挑戦。
  • 昨年より中庭のリフォームを検討していました。造園屋さんから見積もり貰ってびっくり!30万オーバー!そんな予算もなく手を付けられずにいましたが、ここ最近よい季節になり、やはり新緑が綺麗な庭にしたい!と思い重い腰を上げることにしました。作業が終わった夜の中庭!以前のブロックで小道を造り、庭っぽくしました。以前の中庭は ↓日当たりが悪く芝生が育たない部分は、掘り起こし日陰に強い下草を植えました。近くの [続きを読む]
  • LDKに20個の窓
  • 昨日の来客や、先月家を見学に来られたお客様から、言われるのが「窓がたくさんありますねぇ」という事。確かに、大小こんなに窓が多い家は、住宅展示場や家の見学にいっても少ないような気がします。これは工務店さんの嗜好によるものだと思います。我が家のリビングダイニングキッチン空間には、20個の窓があります。特に目立つのがボーウィンドウの5つの窓とリビングの吹き抜けにある小窓6個!中央3つは上下窓ですが、両側2つ [続きを読む]
  • 織物クロスと塗り壁
  • 外装は、スイス漆喰塗り壁の「カルクウォール」と、サイディングはニチハの木目調のキャスティングウッドです。内装は、玄関、廊下、リビングダイニング、脱衣室を外装と同じカルクウォール。それ以外の、和室、寝室、子供部屋、トイレはクロスにしています。和室は和紙調のサンゲツSGシリーズからモノトーンで仕上げています。寝室はウォークインクローゼットとベッドルームの仕切り壁を設けて、テレビを掛けています。その壁紙を [続きを読む]