Mr.しもの前途遼遠 さん プロフィール

  •  
Mr.しもの前途遼遠さん: Mr.しもの前途遼遠
ハンドル名Mr.しもの前途遼遠 さん
ブログタイトルMr.しもの前途遼遠
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mister_shimo
サイト紹介文プロレスファンのおじさんのオンラインゲーム日記です。
あなたもMr.しもとザ・ミックの生き様を追
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供921回 / 365日(平均17.7回/週) - 参加 2014/09/28 02:50

Mr.しもの前途遼遠 さんのブログ記事

  • ケツして忘れちゃいませんよ!
  • 長らく停滞を続けていたあの元WWEスーパースターとのストーリーですが決して忘れているわけでもなかったことにするわけでもないんです。ちょっと仕事やらプライベートやらファイプロやらガンダムバーサスやらで手をつけられない時間ができてしまいましたが本日ようやく形になりました!後はミックさんと実況を入れるだけ!・・・というところまできていますがそういえばミックさんとも1ヶ月以上会ってないですねぇ・・・。勢いに乗 [続きを読む]
  • 今週の週刊プロレス NO.1917
  • 表紙はもちろんG1クライマックス27覇者の内藤哲也。そりゃそうだって話です。新日本8・8横浜〜8・13両国今年のG1も熱かったみたいですね。私はなんだかんだで開幕戦と両国3連戦くらいしか見られませんでしたが・・・。おそらくほとんどのファンが内藤の優勝を戦前から予想していて結果、その通りに落ち着いたわけですがじゃあそれで結局つまらなかったのかというとそうでもないですよと。何なら最高のハッピーエンドでしたよと。こ [続きを読む]
  • 今週の週プロは本日発売!
  • 通常、水曜日に発売されている週刊プロレスですが今週発売号は本日発売だそうで。どうりで昨日は見かけないと思いましたよ。一般誌はほとんどが先週、合併号として発売されている中、週プロは今週もしっかりと発売。しかも先週末にはプロレス界最大級のビッグイベント、G1クライマックスの両国3連戦があったわけですから手を抜くわけにもいかず・・・。プロレス業界って大変ですよねぇ・・・。↑バナーを でランクアップ! [続きを読む]
  • 先週のワールドプロレスリング 2017.8.12
  • <8月11日 両国国技館>G1 CLIMAX 27 Aブロック公式戦棚橋弘至 VS 内藤哲也棚橋と内藤の時代を賭けた一戦。・・・という表現ももはや違うような気もします。既に時代は内藤に掌握されている、そんな今だからこそこの試合に意義がある。そんな気がします。棚橋のツイスト&シャウト3連発に胸が熱くなりましたが試合を制したのは、内藤。私は棚橋の方を応援していたんですけどね。この試合の後にはタグチジャパン強化 [続きを読む]
  • 有田と週刊プロレスと
  • くりいむしちゅーの有田哲平さんが手渡された週刊プロレスをお題にしてプロレスを語るAmazonプライムビデオ「有田と週刊プロレスと」。現在はシーズン2が配信されていますが実は私、つい最近になってようやくシーズン1を見始めたところなんですよ。・・・というのも私、自分がプライム会員なのを最近まで知りませんで・・・。・・・で見始めた感想は当然ながら面白いなと。バラエティ番組としてエピソードを大きく誇張したりせずに [続きを読む]
  • 戸沢が日本人初のWWEクルーザー級王座奪取!
  • ソースは、デイリースポーツ。米国の世界最大手プロレス団体WWEの2大ブランドの1つ「RAW」の米・ボストン大会が15日(現地時間14日)に行われ、日本のドラゴンゲートで活躍した戸沢陽(32)がWWEクルーザー級王座を奪取した。日本人の同王座奪取は初。同王者ネヴィルに挑んだ戸沢。21日(現地時間20日)のPPV大会「サマースラム」でも組まれているカードだが、戸沢が所属する「タイタス・ワールドワイド」 [続きを読む]
  • NOAHトーーク! 2017年2月号
  • 2月発売のパンフの表紙はGHCタッグ王者の北宮と拳王。ヘビー転向宣言後、いきなりヘビーで実績を残した拳王。しかし、この後まさかあんな事件が待っていようとは・・・!?1.「NOAH the Reborn」 新体制に彩りを加えた 他団体・フリーの選手たち12月初旬をもってノアと鈴木軍の抗争が終了。Hi69、HAYATAら現在のノアJr.を支える他団体、フリーの選手が少しずつノアのリングに上がりはじめていました。これに関しては不安よりも期待 [続きを読む]
  • ノアのエース丸藤がUWFルールに挑戦
  • ソースは、スポーツ報知。悪性リンパ腫で闘病中の元プロレスラーの垣原賢人(45)のリング復帰を祝う「カッキーライド」が14日、東京・後楽園ホールで開催され、全試合がフォールなしの格闘系プロレスであるUWF特別ルールで行われた。藤原喜明(68)、船木誠勝(48)、鈴木みのる(49)らUWFのOBが出場する中、メインイベントで、プロレスリング・ノアのエース、丸藤正道(37)がUWFルールに挑戦。相手はU [続きを読む]
  • NOAHトーーク! 2017年1月号
  • 当ブログの新コーナー、「NOAHトーーク!」は私、Mr.しもの中の人が特に贔屓にしている団体、プロレスリング・ノアについて月に1回のペースであれこれ語るコーナーです。1ヶ月間で起きた新しいムーブメントや印象に残った選手、試合、興行などを私の独断と偏見を交えて振り返りながら自己満足に浸り、あわよくば新規ファンの開拓を狙うという図々しいコーナーです、ええ。アイディア自体は以前からありまして昨年の12月、ノアがリ [続きを読む]
  • 第215話 新宿の救世主!!の巻
  • 表紙はオメガ・ケンタウルス六鎗客。採用された皆さん、おめでとう!キン肉マンがまだ日本にいたのは予想通りとてもくだらない理由でした。・・・だが、それがいい。キン肉マンの滞在に希望の光を感じ取る委員長。割とベタな展開。・・・だが、それがいい。スペインへと駆け出すキン肉マンとミート君。・・・ってかなり遠いですけど・・・!?次回更新は、2週間後!↑バナーを でランクアップ! ご協力よろしくお願いします [続きを読む]
  • 内藤が4年ぶり2度目のG1制覇!
  • ソースは、新日本公式。8月13日(日)、『G1 CLIMAX 27』最終戦が両国国技館で行なわれ、優勝決定戦を中心に激闘が繰り広げられた。7.17札幌大会を皮切りに全19大会で争われた“真夏の最強戦士決定戦”も、ついに最終決戦。メイン(第9試合)の優勝決定戦に歩を進めたのはAブロック代表の内藤哲也と、Bブロック代表のケニー・オメガ。昨年、外国人初の『G1』制覇を成し遂げたケニーは、二連覇を果たすべく気合い十分。昨年の『G1』で [続きを読む]
  • G1 Bブロック突破はケニー!
  • ソースは、新日本公式。8月12日(土)、『G1 CLIMAX 27』第18戦が両国国技館で行なわれ、Bブロック最終公式戦を中心に激闘が繰り広げられた。メイン(第10試合)はBブロック公式戦として、オカダ・カズチカ(6勝1敗1分)とケニー・オメガ(6勝2敗)が、優勝決定戦進出を賭けて今年3度目となるシングル対決。ここまでは1.4東京ドームでオカダが勝利、6.11大阪城では60分時間切れ引き分けという結果だけに、ケニーは悲願の勝利をつかむ [続きを読む]
  • GHC Jr.王座、次期挑戦者は原田!
  • ソースは、ノア公式。ノア8.12横浜大会で次期GHC Jr.王座の挑戦者を決めるシングル戦が行われました。大原とのシングルを制し次期挑戦者の座を掴み取ったのは原田。次のGHc Jr.王座戦は王者・石森と挑戦者・原田というノアJr.頂上決戦に決定しました。これは・・・楽しみです!XXを結成して以来、勢いを感じさせる石森。ガッチリ防衛してもらって再びジュニアで一時代を築いてもらいたい気持ちもありますし原田がベルトを巻いてラ [続きを読む]
  • 元青義軍のファレが最後のG1、永田に一礼!?
  • ソースは、新日本公式。8月11日(金)、『G1 CLIMAX 27』第17戦が両国国技館で行なわれ、Aブロック最終公式戦を中心に激闘が繰り広げられた。第6試合では永田裕志(1勝7敗)とバッドラック・ファレ(5勝3敗)が激突。「今年が最後の『G1』」と宣言している永田は、その集大成を見せるべく、ゴングと同時にファレの巨体に猛攻。魂をこめた蹴撃、サブミッション、バックドロップで怪物攻略を試みる。だが、かつての師匠の攻撃を受け切 [続きを読む]
  • G1 Aブロック突破は内藤!
  • ソースは、新日本公式。8月11日(金)、『G1 CLIMAX 27』第17戦が両国国技館で行なわれ、Aブロック最終公式戦を中心に激闘が繰り広げられた。メイン(第10試合)はAブロック公式戦として、棚橋弘至(6勝2敗)と内藤哲也(6勝2敗)が相対した。1.4ドームでは内藤、6.11大阪では棚橋が勝利を収め、対戦戦績1勝1敗で迎えた今年3度目の対決。内藤はAブロック代表の座を勝ち取るべく、棚橋の負傷箇所である右腕をシビアに攻め込む。しかし [続きを読む]
  • 新日本の両国3連戦、ハジマル。
  • 新日本プロレスのG1クライマックスもいよいよ本日から始まる両国3連戦で決着。大本命が揃った今年のG1クライマックス、そのエンディングはどんなものになるのでしょうか?楽しみです。・・・って全然見れてないので何も語る資格ないんですけどね。両国3連戦だけでもチェックしないと・・・。↑バナーを でランクアップ! ご協力よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 今週の週刊プロレス NO.1916
  • 表紙は、G1で無敗を守っていたオカダに土をつけたEVIL。・・・すげえ顔してんなぁ、オイッ!新日本8・1鹿児島〜8・6浜松G1公式戦も両ブロックともそれぞれ1試合を残すのみ。優勝決定戦に駒を進める可能性を残す4選手はいずれも今年のG1の大本命ともいえる選手。波乱だったり無印選手の躍進を期待していた私のようなファンにとっては少し物足りない結果と言えなくもないのですが例年のようにたくさんの選手が決定戦進出の可能性を残 [続きを読む]
  • ファイプロでは二足の草鞋します
  • 全世界のファイプラーの皆様、今日も元気にファイプロしてますか?ご存知の通り私、Mr.しもの中の人は「Mr.しも」というオリジナルレスラーを使ってプロレスゲームを遊んでいますが・・・。知る人ぞ知る「丸藤マニア」でもあります。・・・ってさんざん公言してるんですけどね。・・・で私って基本的にはプロレスゲームでは「Mr.しも」しか使わないんですよ。「だって実際の プロレスラーって 自分以外のレスラーに なれないじ [続きを読む]
  • G1Bブロック代表はオカダかケニー
  • ソースは、新日本公式。8月8日(火)、『G1 CLIMAX 27』第16戦が横浜文化体育館で行なわれ、Bブロック公式戦を中心に激闘が繰り広げられた。メイン(第10試合)はBブロック公式戦、オカダ・カズチカ(5勝1敗)と鈴木みのる(4勝3敗)が激突。今年2月のIWGPヘビー級王座戦でオカダに敗退を喫している鈴木は、巧妙なダーティファイトや執拗な関節技でオカダへのリベンジを狙う。鈴木の猛攻に苦戦を強いられたオカダだが、王者の威信を [続きを読む]
  • 「プロレスごっこ」のススメ
  • ファイプラーの皆さん、ファイプロしてますか!?今日のテーマは私が提唱する「プロレススタイル」「手動」での遊び方のお話です。その前に私からちょとつもうしんなキッズたちにたいせつなお知らせ。「プロレス」スタイルで遊んでいるプレイヤーはたいていの人が試合評価100%を目指してプレイしています。まず、これが大事。「おれが世界で一番 ファイプロ強いんじゃあ! 誰でもいいから かかってこいやぁ!」・・・的な気持ちで [続きを読む]
  • Mr.しもの中の人の近況報告
  • 趣味で作成しているYouTube動画ですがなんだかんだで1ヶ月近く動きがない状態になってしまいました。一時は700を超えたYouTubeのチャンネル登録も絶賛、だだ下がり中。エールをいただいている皆様、ホントに申し訳ありません!現在、ビリー・ガンとの試合とノートンvsミックを鋭意製作中です。・・・いえ、正直なところ試合展開の原案もまだ出来上がっておらずもうちょっとだけ時間がかかるかなと。最近はWWE2K以外のゲームを使用 [続きを読む]
  • 第214話 発令!"惨殺"命令!!の巻
  • 今週のキン肉マンは休みだろうとなぜか勝手に決めつけてました。しっかり連載してたんですね。危ないアブナイ・・・。さて、公式の説明曰く超人オリンピック各国代表クラスの実力派の面々・・・とオメガ・ケンタウルス六鎗客(ろくそうかく)は1対1でリングで戦うことになりました。なんだかみんな妙にカッコイイんですが・・・中でもカナディアンマンは別格の格好よさ!委員長の言葉がフリじゃなければいいんですが・・・そんな矢先 [続きを読む]