Mr.しもの前途遼遠 さん プロフィール

  •  
Mr.しもの前途遼遠さん: Mr.しもの前途遼遠
ハンドル名Mr.しもの前途遼遠 さん
ブログタイトルMr.しもの前途遼遠
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mister_shimo
サイト紹介文プロレスファンのおじさんのオンラインゲーム日記です。
あなたもMr.しもとザ・ミックの生き様を追
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供889回 / 365日(平均17.0回/週) - 参加 2014/09/28 02:50

Mr.しもの前途遼遠 さんのブログ記事

  • 明日はノア後楽園大会
  • 明日、3月25日はノアの後楽園大会が開催されます。私ももちろん、観戦に・・・行けないんです!仕事は休みなのですが夕方から会議がありまして残念ながら観戦はできないんですよねぇ。さて、3月中では唯一の後楽園での開催となる明日のノアの大会、その見どころについて触れてみたいと思います。第1試合ヨネ 小峠vs小川 ライオンヨネも小峠も第1試合で戦っている場合じゃないでしょうに。対する小川と藤原ライオンのタッグですが [続きを読む]
  • ネット不通の原因はルーターにあり!
  • 昨日、記事に書きました原因不明のネット不通ですがルーターが故障していたことが判明しました。モデムからPCに直接回線を繋いでみると何事もなかったかのようにネットが繋がりました。えっ、なぜ今どき有線LANにこだわっているのか・・・ですか?私、そういうのに疎いんですよ、ええ。それはさておき明日は待ちに待った休日。夕方からは会議に参加しなければなりませんがそれまでは思いっきり羽を伸ばしたいと思います。動画もも [続きを読む]
  • またしてもネットトラブルに・・・
  • 本日、仕事に出かける前にいつものようにネットで天気を確認しようとしたところなぜかネットが繋がらず。時間もなかったのでそのまま仕事に向かいましたがおそらく帰宅してもネットが繋がらないだろうと思い現在、ネット喫茶でこの記事を書いています。少し前にもモデムがイカれたばかりですし本当に最近ツイてないなぁと感じます。ただでさえ仕事の異動でストレスが多いというのに・・・。ルーシュとの試合に関しては試合パート部 [続きを読む]
  • 今週の週刊プロレス NO.1896
  • 表紙は満員のたまアリでDDTのエースHARASHIMA超えを果たした竹下幸之介。これから竹下がどんな未来を見せてくれるのか楽しみです。DDT3・20さいたまSAさいたまスーパーアリーナでプロレスの興行。これがどれほどスゴイことか、今更説明する必要もないでしょう。DDT、スゴイなぁ・・・。メインイベントで行われたKO-D王座戦に勝利したのは竹下幸之介。この歴史的ビッグマッチを締めたのがわずか21歳の若者という現実には驚愕するし [続きを読む]
  • ファイプロの復活を記念して・・・
  • ファイプロワールドの発表を記念して久しぶりにあのレスラーを表舞台に引っ張り出してみようかなぁなんて考えています。ファイプロG実況動画の主役を務めた彼ですね。何をやるのかと言いますと「WWE2Kシリーズ」を使ってユウジ・ヤマシタの試合動画を作ろうかと。既に同じ試みは何度か行っていますがヤマシタが戦ったのはダレル・ラルストン戦とケニー・オメガ戦のみ。Mr.しもやザ・ミックをはじめとするほこプロメンバーとは意外 [続きを読む]
  • Mr.しもの中の人が語る、上杉謙信(4&皇編)
  • 神速聖将 上杉謙信声:朴璐美越後・上杉軍の総大将。常に冷静で穏やかな雰囲気に反し、「軍神」として恐れられる戦いの天才。しかし天下獲りには興味を示さず、日ノ本を治めるべきは足利義輝であるという立場を取り、好敵手である武田信玄との対決を先延ばしにしている。アクション上杉謙信は、固有技や固有奥義からさらに別の技へ続けてヒットさせることで、一定の時間だけ「神域」という状態を発動させることができる。「神域」 [続きを読む]
  • ドラマ「カルテット」の最終回に度肝を抜かれた話
  • TBSドラマ「カルテット」最終回のココがスゴかった!1.ドーナツホールの 残された3人が 真紀と再会し、 再び暮らし始めるという ベタな展開を 視聴者に予想させる冒頭。 しかし、真紀との再会は 最終回の全体の尺の 1/3を過ぎたあたりで 割とあっさり描かれる。2.ドーナツホールの4人に 宛てられた手紙は ファンレターや 励ましの手紙ではなく ドーナツホールを 批判する内容で その手紙が すずめのナレーションで [続きを読む]
  • 柴田がNJC初制覇 オカダに挑戦表明
  • ソースは、スポーツナビ。新日本プロレス“春の最強決定トーナメント”「戦国炎舞 -KIZNA- Presents NEW JAPAN CUP 2017」決勝戦が20日、新潟・アオーレ長岡で行われ、超満員札止めとなる4019人の観客を集めた。メーンで行われたトーナメント決勝戦では、柴田勝頼がバッドラック・ファレを下し、NJC初制覇。優勝者に与えられる特権で、IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカへの挑戦を表明した。試合は序盤からファレの暴 [続きを読む]
  • 竹下がHARASHIMAを下しKO-D王座奪取
  • ソースは、スポーツナビ。20日のDDTプロレスリング「Judgement2017〜DDT旗揚げ20周年記念大会〜」埼玉・さいたまスーパーアリーナメインアリーナ大会は、超満員となる1万702人を動員。トータル6時間超えの大熱戦となった。メインイベントのKO−D無差別級選手権試合では、21歳の竹下幸之介がエース、HARASHIMAを破り、王座返り咲きを果たして号泣。4.29後楽園ホール大会では、同世代 [続きを読む]
  • NJC決勝は柴田vs.ファレに決定
  • ソースは、スポーツナビ。新日本プロレスの“春の最強決定トーナメント”「戦国炎舞 -KIZNA- Presents NEW JAPAN CUP 2017」終盤戦となる19日の静岡アクトシティ浜松大会では、準決勝2試合を開催。翌20日の新潟アオーレ長岡での決勝戦の組み合わせは、柴田勝頼vsバッドラック・ファレに決定した。メインイベントでは、柴田勝頼が石井智宏を30分近い死闘の末に退け、「男の根性を見せる」とリング上で優勝宣言した。両者は昨 [続きを読む]
  • 今週のワールドプロレスリング 2017.3.18
  • <3月6日 大田区総合体育館>■IWGPジュニアヘビー級選手権王者 高橋ヒロム VS 挑戦者 田口隆祐煽りVの面白さとは裏腹に試合の方は熱かった!田口、やるじゃないですか。ヒロムが帰ってきてから新日本のJr.ヘビー級が一気に加速した印象があります。KUSHIDAには申し訳ないですがまだまだ王者のヒロムを見ていたいですね。■IWGPタッグ選手権王者 矢野通&石井智宏 VS 挑戦者 天山広吉&小島聡テンコジがやってくれま [続きを読む]
  • 第二十三話「ウォーゲーム開幕!」
  • GWMはウォーゲームを開催。優勝賞金100万ドル。更にGWM世界ヘビー級チャンピオン、ザ・サードへの挑戦権を手にすることができる。新日本プロレスをはじめ、世界の名だたるレスラーが参戦を表明。ナオトは賞金よりザ・サードへの挑戦権を欲した。彼に勝ちベルトを奪取すれば、イエローデビルを引っ張り出せるからだ。タクマも参戦、内なる闘志を秘めて。そんな黄色と黒の虎の前に空前絶後のスペシャルリングが現れた!これはな [続きを読む]
  • 豆腐プロレス、ついにバトル開始!
  • AKPグループが出演するプロレスを題材としたテレビドラマ「豆腐プロレス」。先日放送された第9話にてついに主人公サイドのプロレスパートも解禁となりました。プロレス技があんまり出てないとか6人タッグのうち4人(でしたっけ?)がデビュー戦なのに20分超えの試合だとかそんな細かいことはこの際、キニシナイ!来週はいよいよ主人公の試合ですし期待していいんですよね!?・・・ところでサックスの人がずっと出ていなかったのはシナ [続きを読む]
  • さぁ、ファイプロワールドに備えて空想しよう!
  • ファイプロが復活するということで期待に胸を膨らませる往年のファンの方も多いのではないでしょうか?もちろん、私もその1人です。我々の世代になりますとオリジナルレスラーを作って楽しむよりも好きな実在のレスラーをファイプロWで再現して楽しみたいという方が多数だと思います。歳を重ねるほどに夢とか理想とか少なくなってきちゃいますからね。ええ、悲しいほどにね・・・。・・・ですが・・・私はあえてどうせだったらオリ [続きを読む]
  • Mr.しもの中の人が語る、最上義光(4&皇編)
  • 勿怪跳躍 最上義光声:白鳥哲出羽・最上軍を率いる武将。素敵紳士を自称し、何かと自慢をしたがる自意識過剰な人物。長いものに巻かれる事で乱世を生き残ろうと考えているが、足利義輝と織田信長のどちらにつくべきか、未だに答えを出せずにいる。アクション最上義光は意表をついて敵の動きを止めたり、攻撃したりする技を持っているのが特徴だ。特定のタイミングでボタンを離すと性能アップする技もある。これらを活かして戦おう [続きを読む]
  • Mr.しも、次の対戦相手はルーシュ!
  • ロス・インゴベルナブレスのメンバーとのシングルマッチを画策していたMr.しも、その対戦相手がメキシコCMLLで活動する本家ロス・インゴベルナブレスのルーシュに正式決定した。ハポンがダメなら、本家。Mr.しもの粘り強い交渉に根負けしたルーシュはMr.しもとのシングルマッチをしぶしぶながら了承。Mr.しもは結果としてメキシコルチャリブレの超大物を釣り上げる形となった。ルーシュといえば本家ロス・インゴベルナブレスの結成 [続きを読む]
  • 今週の週刊プロレス NO.1895
  • 表紙は、ナックルパートでオカダを吹き飛ばすタイガーマスクW。視界を広げるための新マスクですが私はどうにもダメですね。マスクマンたるもの、見た目も大事だと思うんですけどねぇ。NOAH3・12横浜巻頭はノアの横浜文体大会。観戦記を書いていますのでよろしければどうぞそちらもご覧ください。中嶋と潮崎のGHCヘビー級王座戦は中嶋に軍配。でも、あれだけの強さを見せてくれた潮崎でしたら王者としての歩みも見てみたかったです [続きを読む]
  • いつものアレ
  • スケジュールが落ち着くまでちょっとだけゆっくり更新させていただきます。2、3日くらいかと思うのですがご迷惑をお掛けします。↑バナーを でランクアップ!  ご協力よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 誘いがあるのは光栄なこと!
  • せっかくプロレスゲーム動画の製作の方も再開しノッてきたのも束の間、春は出会いと別れのシーズンということでこれから1週間ばかり予定表がぎっしり埋め尽くされている状態です。色々な方から声をかけてもらえるのは本当にありがたいことでして私自身、体が動くうちはできる限り参加させてもらおうと思っています。・・・とこれを書いている本日も会社の飲み会でした。そんなわけでいつものことですがまたしばらくの間、ストーリ [続きを読む]
  • Mr.しも、今度もダメージパング!
  • プロレスリング・ノアの3.12横浜文化体育館大会で第0試合を戦ったほっこりプロレスのMr.しも。クワイエット・ストーム相手に健闘を見せたもののストームの伝家の宝刀、50cm砲に散った。試合開始直後、ストームに対して力比べを挑むMr.しも。だが、これはMr.しもの罠だった。両手を拡げて無防備になったストームに卑劣な目潰し攻撃を決めMr.しもが序盤からペースを握った。しかしながらそのままの展開で試合が進むはずもない。スト [続きを読む]
  • 丸藤&谷口 腹話術でGHCタッグ挑戦表明
  • ソースは、東スポWeb。ノアは13日、4月14日の後楽園ホール大会でGHCタッグ王者の杉浦貴(46)、拳王(32)組に丸藤正道(37)、マイバッハ谷口(40)組が挑戦することを発表した。 12日の横浜大会でモハメド・ヨネ(41)、マサ北宮(28)組との王者決定戦を制し、第38代王者となった杉浦組はこの日、都内で行われた一夜明け会見に出席。初防衛戦の相手について「なんでアイツらが認められるのか理解できね [続きを読む]
  • ニュージャパンカップの話(3.13福井まで)
  • 新日本プロレス春の最強決定トーナメント、ニュージャパンカップは現時点で1回戦と2回戦の一部が終了。棚橋、エルガン、ケニーら優勝候補が揃って1回戦敗退という一発勝負のトーナメント戦らしい展開になっています。1回戦最大の注目カード、柴田vsみのるは柴田がPKで勝利。私の周囲にも柴田ファンが多いのでこの結果に満足していることと思いますが次の対戦相手は新日本がやたらと推しているジュース・ロビンソン。油断なりません [続きを読む]
  • 第201話 悪魔の仮面!の巻
  • ザ・マンの奥義千兵殲滅落としが完璧な形で炸裂!悪魔将軍も超人硬度を0にして脱出を試みたり逆に超人硬度10で耐えようとしましたがザ・マンが柔軟に対応し奥義を破ることは叶いませんでした。悪魔将軍のマスクの一部が剥がれゴールドマンの素顔が現れ始めます。超人硬度10をもってしてもこの衝撃、破壊力。さすがは超人閻魔、ザ・マンというべきか・・・。レフェリーがダウンカウントを数えます。ザ・マンは勝利を確信したかのよ [続きを読む]
  • プロレス総選挙でアントニオ猪木がトップ当選
  • ソースは、スポーツ報知。「史上初!現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」が13日未明、テレビ朝日系で放送され、現参院議員のアントニオ猪木(74)が1位に輝いた。猪木氏は開票会場の東京代々木第二体育館に登場し「元気ですかー? バカヤロー!」とあいさつした。「ガチで投票!」と銘打たれた通り、団体、時代にとらわれないオールタイムのベスト20が選ばれ、2位はジャイアント馬場(故人) [続きを読む]
  • 2017.3.12ノア横浜文体大会観戦記
  • Mr.しもが横浜にキタァーッ!今回は中華街を楽しむということで13:00に横浜入りしました。中華街で中華料理を堪能。ウマーッ♪その後は中華まんや飲茶を食べ歩き。ウマウマーッ♪横浜文体に到着。・・・あれ?なんだか予想以上に賑わってますね。15分前に会場入りしてこの客入り。正直言って、悪くない。私、正直言ってもっとガラガラだと思っていたんですけどね。武藤効果か?それともTNA効果か?あるいは・・・!?第0試合 シング [続きを読む]