ナガツグ母 さん プロフィール

  •  
ナガツグ母さん: サッカー少年よ、勉強しろ!(2017年受験)
ハンドル名ナガツグ母 さん
ブログタイトルサッカー少年よ、勉強しろ!(2017年受験)
ブログURLhttp://tsuguo.hatenablog.com/
サイト紹介文サッカー一色の生活から、2017年に中学受験終了、サッカー少年に戻りました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/09/28 08:13

ナガツグ母 さんのブログ記事

  • 個別指導塾をあきらめるの巻
  • 中学一年生の夏休みは思った以上に時間がある。部活は午前中で終わるし、合宿も3日程度。余った時間を全力でスマホに費やす息子を見ていると絵に描いたようなダメ中学生だ!と感心せずにはいられない。これがいまどきの青春の謳歌の仕方なのだろうか?そこで母のいつもの思いつきで、「個別指導塾なるものに通ってみてはどうか?」と息子に提案してみた。もちろん即答でノー。そりゃそうだ、イエスと答えるような子なら私もそんな [続きを読む]
  • Life is Tech
  • 兄ナガオが中学生の時にも激推ししたLife is Tech.(ちょっと興味はあったけれど根がIT寄りではない兄には拒否された。)今年も絶賛開催予定。中学生になって最初の夏休み、ツグオには色々チャレンジしてほしいのでやんわりと提案してみたら「じゃぁ行ってみようかな!」ということになった。プログラミングなんて習うものじゃないと私は思っていたんだけど、何かのとっかかりがないと始めることもないし、習って悪いわけじゃない [続きを読む]
  • なぜあの人はあんなにエラそうだったのだろう・・
  • 先日、新しい仕事を得るために面接を受けた。給料は驚くほど安いが、何やら面白そうな職種でダメモトでトライしてみた。ダメモトとはいえ、履歴書用意したり、インタビューの練習をしたりとそれなりに準備はしたので箸にも棒にもじゃヤルセナイなぁと思っていたところ書類選考は無事通過した。で、面接現場にて。驚いたことにデスクを囲んでのディスカッションではなく、軽く圧迫面接。複数名の面接官が目の前に並び、私の後ろには [続きを読む]
  • 半年に一度くらいは美術展とか写真展とかに行きたいのだ。
  • 週末に何度か子供たちからドタキャンをくらっていた大エルミタージュ美術館展にやっと行くことができた。週末は忙しくて誰も母の相手をしてくれないのでこうなれば平日に!ということで会社帰り、閉館間際の美術館に滑り込んだ。エルミタージュ美術館は幼い頃からの私の憧れ。子供のころ見たエルミタージュ美術館所蔵の一枚の絵画に言葉にはできないような感動を覚えて以来、いつかは訪れたいと思っている。そして同時にエルミター [続きを読む]
  • ジャイアントキリング
  • 最近、ジャイアントキリングを読んでいる。中学生と高校生になった息子たちがあまりにもサッカーに一生懸命で全然勉強しないのが少々ストレスになってきたので、考えを改めることにした。ストレスの原因は価値観の相違にある。私が「学生たるものの本分は学業にあり」だと思っているのに対し、息子たちは「生きることはすなわち是フットボール」みたいな感じヨ。テスト期間中もボールを抱えていなくなるし、学校から帰ったらソファ [続きを読む]
  • 4月1週目の作り置き。新年度スタート。
  • 新年度スタート!人間の生活にはなんだかよくわからないけどこういう区切りがあるのがいい。気分一新がんばるぞ、という心持ちになる。今週は入学式があり来週からはお弁当作りもスタートするのでさらにお料理もたくさんやらなければいけない。そろそろ一升炊きの炊飯器が必要かも・・・。今週の作り置きは豚肉のトマト煮込み角煮+煮卵切干し大根と油揚げの煮物ポテトサラダチキンとそら豆のクリーム煮味噌汁の具セット(7日分) [続きを読む]
  • ゼツメツ少年 ー 重松清
  • 久しぶりに重松清さんの小説を読んだ。中学受験によくとりあげられるから、という理由ではなく、単純に昔から彼の小説が好き。毎回ボロボロ泣いてしまうけど、バックグラウンドが似ているのでサラリーマンが故郷を回想シーンなんかはものすごく共感していまう。一番印象深い作品はやっぱりきよしこかな。重松作品は結構読んだつもりだったのにゼツメツ少年 は全然知らなかった。なんとなくamazonで見つけ、読み始めたものの構成の [続きを読む]
  • 小学生でも中学生でもない春休み。ちょっと勉強するの図。
  • 小学生とも中学生ともつかない宙ぶらりんな春休み。小学校は卒業したけれど中学には入学していないボクははたして何学生?3月31日までは小学生で4月1日からは中学生なのかな。だってSuicaの子供料金は3月31日までしか適用されないしね。で、そんな宙ぶらりんな春休み、ツグオは毎日友達と元気に遊びまわっている。朝7時に起きて、ちょっと勉強して、午後一杯友達と遊び、夜9時就寝。何に追われることもない生活なのでめっちゃのび [続きを読む]
  • 親子間の揉め事の大半はスマホが原因
  • 中学入学にあたって当然のように購入したスマホ。母は格安スマホでいいんじゃ?と常々思っているけれど子供たちはそんな提案は到底受け入れられないらしい。というわけで兄に続きツグオもiPhoneゲット。以前からSIMの入っていないiPhoneを家の中で使っていたので特別目新しいわけではないけれど、新しいiPhoneにはLINEを入れたためツグオのスマホ生活もとうとう始まったという感じがする。とにかくメッセージの通知音が鳴りやまな [続きを読む]
  • 3月最終週の作り置き。だんだん料理が好きになってきた。
  • 卒業イベントはひと段落したけれど、次は春休みイベント?で子供達は忙しい。昼ごはんが必要かどうかもよくわからないので、とりあえず作り置きしておいて各自食べるなら食べろ〜的な感じにしておくことに。今週の作り置きは鶏肉の赤ワイン煮込みブロッコリーの出汁生姜づけ手羽先のハニーマスタードグリル(あとは焼くだけ)きんんぴらこんにゃく牡蠣のオイル漬けグリルチキンのマリネ青梗菜と切り干し大根の炒め物ローストビーフ [続きを読む]
  • 台湾弾丸人情トラベル
  • 目白押しの卒業イベントの隙間を縫って、台湾への弾丸トラベルを敢行してきた。初めての台湾で右も左もわからないけれど、そこはアジア人の強みというか、同じアジア文化を持っているというか、なんとなく馴染める不思議。台湾は暖かくて温かくでいい街だった。弾丸トラベル二日目、人気の観光地に行ってみたくて鉄道の窓口でルートを教えてもらい、列車に乗り込んだ。乗り降りする人を眺めたり、車窓からの風景に「エキゾチックさ [続きを読む]
  • 母、最後のホワイトデー
  • 3月14日ホワイトデー。子供の代理で母がホワイトデーのお返しを用意するのも今年で最後かな。中学に入ったら自分でお返しなりなんなりするようになるので母の出番はないと思っている。事実、中学生の兄の動向など知る由もなく、バレンタインデーにチョコレートをもらっているのか、お返しをしているのか、していないのかも全くわからない。嬉しいような、嬉しいような。男子二人母の私は女子の嗜好や流行りなど全くわからないので [続きを読む]
  • 3月2週めのお料理デイ。
  • まだまだ忙しい日が続く3月。卒業式や卒団式、謝恩会に旅行に合宿になんだかめまぐるしい。今週も飲み会続いて外食多しの予感・・・。せめて仕事後に疲れて中食にならないようにと今週も少し作りおきしてみた!もやしの酢醤油漬け豚の角煮手羽元のハニーマスタード漬け(あとはオーブンで焼くだけ)豚もも肉のタレ漬け(フライパンで焼くと焼豚)ハニーマスタード漬けは最近気に入っているレシピで、マスタードとはちみつと醤油と [続きを読む]
  • 『独学勉強法』を読んだ
  • 一生のうちに一体何冊の本が読めるだろう、と考えてみる。私の場合月に3冊読んだとして、8歳から70歳までの62年間で2,232冊。若い頃は月に3冊ということはないだろうから3,000〜4,000冊というところだろうか。国会図書館の所蔵数が4千万点を超えることを考えると、自分が出会った本というのはとても運命的な気がしてくる。運命的な恋というのはどうにも胡散臭いが、その他のコトについては私は結構運命論者だ。先日図書館で旅行の [続きを読む]
  • 中学受験で失ったもの・・・1.5の視力。
  • 中学受験を通して得たものは多い。学力だったり精神力だったり、親子の親密感だったり感謝の念だったり。大変な一年間ではあったけれど、振り返ってみればかけがえのない時間だったと今は感じる。しかし、その実り多い時間の中で唯一失ったものがある。それは1.5あった視力・・?_??勉強量が増えるとどうしても遠くを見るよりノートやテキストなど手元を見る時間が増える。それにともなって「近くが見えやすい目」つまり近視に [続きを読む]
  • 日曜日はお料理デイ
  • 3月はパーティーが多くて、家族みんながそろわなかったり、家族みんなで外食だったり、私が帰ってこれなかったりと不規則。1人のためだけに食事を作るのも効率が悪いので今日は日持ちする料理をいくつかつくってみた。鶏ムネ肉のハム、煮卵、レンコンと油揚げの煮物、ほうれん草のナムル、大根と豚バラ肉の煮物、茹でブロッコリー。これに焼き魚なんかをプラスすればいいかな、と。レシピで最近参考にさせていただいているのは『 [続きを読む]
  • 子供は基礎英語を、親はペラペラ英会話を。
  • Audibleお試し中の私が最近出会った一本、英会話ペラペラビジネス100 − ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 。ビジネスシーンでの英語の短い言い回しが沢山入っているコンテンツで毎日通勤途中に聞いている。Audibleのコンテンツ一覧で見つけてなんとなくダウンロードして聞きはじめたんだけど、これが存外にイイ。そうだね、そういう言い回しするよね、とか知っていることも多いけれど日頃使わないから忘 [続きを読む]
  • 基礎英語買いました
  • 中学新生活に向けてもうひつ買ったもの。それはNHKラジオの基礎英語1のテキスト。しばらく前からこの基礎英語を推奨している私立中学校が増えているような気がする。ご存知の方も多いと思うけど、このラジオ講座、英語力をつけるにはとてもよい超ロングセラー教材なんだよね。私も夫も30年くらい前?に続・基礎英語(ゾクキソ )を真面目に取り組んだ経験あり。何しろ育った場所が田舎だったのでちゃんとした英語が聞けるのはラジ [続きを読む]
  • 中学男子のお弁当箱考
  • ここ数日、ツグオの中学入学に向けてこまごまとしたものをそろえ始めている。新しいコト・モノというのはそれだけで何かわくわくするもので、新しい鞄ひとつ眺めてもああスタートの春なんだなぁなんてそこはかとなく感じているヨ。基本的に自分のモノは自分で選んでいるのだけど、お弁当箱だけは母がチョイスした。男子がお弁当箱にこだわりがあろうはずもないし、作る手である私が選んだ方がいいに決まっている。お弁当箱の選定ポ [続きを読む]
  • 読解力に近道はないけど王道は多分ある
  • 国語の読解力ってどうやったらつくのだろう?と最近なんとはなしに考えている。中学受験のための読解はちゃんと塾のメソッドにそって勉強すれば算数と同じように解くことができるようになる。国語がちんぷんかんぷんな子でもある程度なら。でも国語の読解がなんの苦労もなく理解できる子がいる。受験ではやっぱり算数が大事と思われるけれど、国語の読解の練習に時間を割かなくてよければその分算数に注力できるわけで、その意味で [続きを読む]
  • 毒になる親
  • 末子も中学に入ることだし、我々も子離れしなくてはね、という話を最近友人たちとよくしている。公立中学に進学した友人たちはそれでも高校受験までは親が見守る必要があるので(ある程度口出しもする)まだ親子の関係は濃い気もするが、高校入試のない中高一貫校に入学してしまうと子供にはひたすら自立への道を歩んでいくことになる。ような気がする。そう希望する。本来親としては「子供に親離れしてほしい」と思うものだが、最 [続きを読む]
  • プレ中1の勉強
  • 中学受験の猛烈な勉強を終えたサッカー少年は自主練・チーム練に明け暮れるようなった。あっという間に一年前の状態に舞い戻ってしまい、あんな大変だった受験期が今となっては現実とはとても思えない・・。まるで悪い夢を見ていたような気すらする。受験期が夢かうつつかは別にして、もうすぐ中学生になるということだけは厳然たる事実として目の前に立ちはだかっている。中学入るまではのんびりしていてください、なんていうけれ [続きを読む]
  • サピックスの先生にご挨拶をして、やっと卒業。
  • 子供と二人、サピックスの先生へ最後のご挨拶に行ってきた。受験終了後、先生とはお電話でお話しをしていたのでもういいかな、とも思っていたのだけど、夫の「最後のあいさつはきちんとしてきなさい。顔を見せてくれると先生はとても嬉しいと思うよ。」という言葉に背中を押された。突然訪問するとご迷惑もあるので事前に電話で予定をお聞きしてご挨拶にうかがった。めっちゃ書き込みのある過去問と菓子折りを持って校舎に赴くと先 [続きを読む]
  • 雑多な興味
  • 最近のツグオはSwiftの本をずっと読んでいる。なんじゃこの既視感・・そう、3年前、兄も中学受験が終わってからしばらくはswiftのプログラミング入門書を読んでいた。男子たるもの、パソコンやプログラムに興味を持つのは成長の一過程としてあるべき姿なのだろう。同じDNAを持ち同じ生活環境で暮らす二人の成長過程が似てしまうのは当然といえば当然ではある。だからね、母は次の一言まで想像がつくよ、アプリ開発のためのMacが必 [続きを読む]