獅子丸のモノローグ さん プロフィール

  •  
獅子丸のモノローグさん: 獅子丸のモノローグ
ハンドル名獅子丸のモノローグ さん
ブログタイトル獅子丸のモノローグ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shishimaru41
サイト紹介文☆気まぐれ不定期コラム☆
自由文男は黙ってアクアブルー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供382回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2014/09/28 18:16

獅子丸のモノローグ さんのブログ記事

  • あゆ(一夜干し)
  •  ホクレンショップにて「あゆ(一夜干し)」を発見。 鮎は、やはり「生を塩焼きでいただく」のが一番美味いとは思うが、一夜干しで売られているのは、初めて見た。 なので、好奇心から、それを購入。 我が家のかしこいIHクッキングヒーター「パナソニックKZ-T363S」の「切身/干物モード」にて、機械おまかせで、焼き上げる。 このIHヒーター。火力を強くしたり弱くしたり、かなり細かい制御で、このお魚を焼きあげてくれるの [続きを読む]
  • 日清カップヌードルBIG エナジー味噌ジンジャー
  •  ほぼ週に1度の、かっぷめんランチ。 食品庫に多々在庫するかっぷめんのうちから今回チョイスしたのは、「日清カップヌードルBIG エナジー味噌ジンジャー」である。 メーカーによると、そのプロフィールは、「濃厚な味わいのスープにエナジードリンクでおなじみのアミノ酸やビタミンを加えた、カップヌードル初の "エナジー系" 商品です。」とのこと。 別袋は、フタの上に載せられていた「ゴールデンジンジャーフレーバーオイ [続きを読む]
  • たこわさびめかぶ
  •  おつまみとして、近所のスーパーで購入の「たこわさびめかぶ」を食した。 それは、いか塩辛と生鮮珍味の総合メーカーである「(株)竹田食品」の製品である。 つるんとみずみずしいたこに、めかぶの粘りがハイブリッドし、わさびが爽快な辛さを添える。 コラーゲンペプチド50mgを補給し、私の骨と関節と筋肉のケアに、資すること請け合いな、この「たこわさびめかぶ」。 もう終わりそうな北海道の夏を彩る、すばらしいおつまみ [続きを読む]
  • きたむら田舎フェスティバル2017
  •  8月19日土曜日。妻・次女・私の計3名で、我が家の恒例行事である「きたむら田舎フェスティバル」に行ってきた。 おおよそ16時に、会場に到着。 いつもながらの、楽しさてんこもりの、このお祭り。 まずは、腹ごしらえである。 限定800食の「北村ラーメン」。 これを、喰い逃すワケには、いきますまい。 16時05分。 このご当地ラーメンと、感動のご対面。 その黄色いちぢれ麺は、茹で加減や噛みごたえも適正で、典型的な [続きを読む]
  • 長女とサブウェイへ
  •  家にいた長女を連れ、久々に、サブウェイに潜入。 ランチのネタを、ここで物色することに。   長女のチョイスは、「直火焼きタンドリーチキン」。 辛いモノを好む私は、「アボカド&タンドリーチキン-ホットペッパー入り-」を選択した。 自宅に持ち帰り、いざ実食。 サブウェイのサンドイッチは、具材てんこ盛りなのが嬉しいが、モスバーガー同様、スマートに喰いこなすのにはコツを要する。 なので、自宅で唇の周りを汚 [続きを読む]
  • ニュータッチ 仙台牛タン風味塩焼そば
  •  その日のランチは、ニュータッチの「仙台牛タン風味塩焼そば」。 本年5月に「100円ショップCan☆Do」で、購入した品である。 原材料でキーポイントとなるのは、ソースの「ビーフエキス&ニンニクペースト」でありましょう。 待ち時間は4分と、やや長め。 その作り方自体は、よくある「カップ焼そば」に、ほぼ準ずるものだ。 別袋は、先入れの「かやく」と、後入れの「液体ソース」に、仕上げの「スパイス」の、計3袋。 「 [続きを読む]
  • エゾバルバンバンでプチ同窓会
  •  紋別より、学生時代からの仲間である♪Shii♪さんが来札したので、プチ同窓会を開催した。 20時30分スタートで、会場はススキノそばの「エゾバルバンバン」である。 久々の女性参加の会合に、ココロは騒ぎ、血沸き肉躍る。 感情が昂ぶった私は、ややフライング気味に、19時45分にサツエキに到着。 小腹が減っていたので、「ありんこ」でおにぎりを1個だけ喰うことに。  チョイスしたのは、「山わさび風味牛そぼろ」(レギ [続きを読む]
  • 第3回とうべつ花火大会
  •      我が家に舞い込んだチラシによると、今年も当別町の阿蘇公園にて、「とうべつ花火大会」が催されるというではありませんか! 基本的に花火好きの我々夫妻が、そこに向かったのは、コモンセンスである。 コンサドーレ観戦から帰宅した私は、妻とJRに乗り込み、当別町へと向かった。 JR石狩当別駅から、歩くこと十数分。 18時08分に、我々夫妻は会場に到着した。  種々の屋台に、ココロはまるで少年のように、弾む。 [続きを読む]
  • 痛いドローのあと、汁なし担担麺。
  •  8月13日(日)。 ジンさんのお誘いにより、dadyson氏・ムッシュ氏・私の計4名は、札幌ドームに集結した。 北海道コンサドーレ札幌が、J1残留を賭けて、ヴァンフォーレ甲府と闘うのを、応援するためである。 11時37分。「コンサドーレゴール裏ゾーン」に陣取り、生ビールを飲りながら、キックオフを待つ。  おつまみ系も、このようにしっかりと調達!  そして13時。いよいよ、キックオフである。 コンサの先制は、速かっ [続きを読む]
  • 左ストップランプ、断線。
  •  1泊2日で借りていたステップワゴンをニッポンレンタカーに返却する際。 妻が愛車のレガシィ2.0i(5MT)で、随行した。 そして、公道を走るマイレガシィの姿を、ステップワゴンに同乗していた長女に、撮影してもらった。 愛車が走るのを客観視できるというのは、なかなかオツなものである。 ・・・手前味噌だが、やはりBPレガシィ、カッコいいな(^^) そして、その際。私は重大な発見をしてしまった。 なんと愛車の左スト [続きを読む]
  • 千歳で過ごした「山の日」
  •  3連休初日の、山の日。 お墓参りから帰ってきて、レンタカーを返却した我々一家は、協議の結果、千歳方面にドライブに行くこととした。 13時27分。 「サーモンパーク千歳」に立ち寄り、トイレタイム&ウインドウショッピング。  そして「新千歳空港ターミナルビル」に到着したのは、14時16分だった。 まずは構内の「市電通り食堂街」で、遅めのランチとすることに。    そして14時27分。 おのおのが本音の議論を戦わ [続きを読む]
  • ステップワゴンでお墓参り
  •  今年のお墓参りは、我々一家4人に加えて、母と叔母を連れて計6名で行くことに。 ウチのレガシィ2.0i(5MT)には乗りきれないので、ミニヴァンをレンタカーで借りた。 ホンダの「5代目ステップワゴン」である。 お借りしたグレードは、「G・Honda SENSING」(税込メーカー希望小売価格2,847,600円)。 フロントマスクは「3代目日産セレナ」に似ていないこともないが、グラッシーなサイドビューは、なかなか印象的だ。 まずは運 [続きを読む]
  • カルビー サッポロポテト バーベQあじ トリプル
  •  食品庫に佇んでいた「サッポロポテト バーベQあじ トリプル」が、その日のおつまみ。 レシート紛失のため、実売価格等は不明だが、今年の春にコンビニで購入したものと思われる。 ウカウカしていたところ、賞味期限が切れてしまったので、とり急ぎ喰うことに。 「チキンのおいしさは3倍で濃厚なお味」ということで、いかにも私好みな、この一品。 原材料で、意外な存在なのは「かぼちゃパウダー」である。 サクッとした食感 [続きを読む]
  • ブロッコリーとひき肉のピリ辛味噌炒め
  •  その日の妻よりのオーダーは「ブロッコリーとひき肉を用いて夕食を作ること」であった。 例によって、タブレット端末でレシピを検索したところ、「ブロッコリーと豚ひき肉のピリ辛味噌炒め」なる、私のニーズにほぼハマるレシピを発見したので、それを参考にクッキング開始。 まずは「醤油」「料理酒」「みりん風調味料」「豆板醤」「味噌」「砂糖」を用いて、「味噌だれ」を作りましょう。 また、仕上げ用の「水溶き片栗粉」 [続きを読む]
  • ODAIBA+66
  •    東京に恋の逃避行に出た尾車氏ペアより、お土産をいただいた。 「ODAIBA+66」という、お酒である。 製造元は、「玉川酒造」という、新潟県魚沼市の酒蔵。 原材料名が「清酒」というのは、なかなかミステリアスかもしれない。 これは、「お台場限定の極度辛口のお酒」とのこと。 涼しげでカラッと乾いた、札幌の夏の夜に、果てしなく似合いそうな予感がする(^^) さて。ロックでいただいてみた。 ひと口目は、ふわ [続きを読む]
  • くじら千切りベーコン
  •  ホクレンショップで購入した「くじら千切りベーコン」で、ちょっとリッチなおつまみタイム。 くじらも、いつまで喰えるのか先行き不透明な食材である。 だから、喰える時に喰っておかねば、後悔という名の悲しみ本線日本海に旅立つことになってしまうのだ。 「赤色102号」の毒々しいレッドが、むしろ郷愁&食欲をそそる。 あの「ゾンビ茶漬け」の「青色1号」と比較すれば、ナチュラルで自然な色に思えてしまう。 もっちりと [続きを読む]
  • マジックガーリックソルトでチキンソテー
  •  我が家の厨房に立ったところ、「マジックガーリックソルト」なる魅惑的な調味料があるのを発見! 「マジックソルト」の存在は知っていたが、「マジックガーリックソルト」は、知らなかった。 基本的にニンニク好きの私は、これを用いて、なにか作らなければならない。 袋の裏の「使用例」に、「肉料理(チキンソテー)」が記載されていたので、その日のディナーはそれにすることに。 あんばいいいことに、冷蔵庫には解凍され [続きを読む]
  • ゾンビ茶漬けスパゲティ
  •  サンデイ・アフタヌーン。 暑かったので、「ゾンビ茶漬け」を用いたスパゲディで、カラダを内側から冷却することに。 真っ青なゾンビトッピングと、真っ赤なパスタの織り成す不気味な色彩感に、なんだか背中がゾクゾクするような気配を感じながらの、真夏のランチ。 そのイヤな紅さのスパゲティのお味は、鮭のしょっぱさが功を奏した、普通にウマい「さけ茶漬け味」である。 ブルースカイブルーの、ゾンビトッピングに、ほと [続きを読む]
  • HOシュラン2017
  •  ホクレンショップの書籍コーナーにて、「HOシュラン2017」なる魅惑的な雑誌を見つけてしまったので、思わず購入。  ちなみに、「ミシュランガイド北海道2017特別版」は立ち読みしたことはあるが、掲載されているお店に、私の日常とは乖離した「敷居の高さ」を感じたため、それは購入していない。  さて、この「HOシュラン2017」には、私が過去に訪れたことのあるお店が、いくつか掲載されていた。 【06 もう、我慢できない [続きを読む]
  • 「らーめん優月」の「エス・カレーらーめん」
  •  今月初の外食ラーメンは、マイ・フェイバリット・ラーメン屋である「らーめん優月」でいただくことに。 12時19分にそこに入店。  12時20分にカウンター席に着席。 やはり夏に喰いたいのは、辛い系である。 なので今回は「エス・カレーらーめん」(税込850円)をチョイス。 財布に忍ばせていた80円引きのクーポンを活用したため、実質お支払額は770円である(^^) そして12時24分。 生け花のようないでたちのそれは、迅 [続きを読む]
  • インドネシア産うなぎ蒲焼
  •  我が家は夫婦と娘ふたりの4人家族だが、うなぎを食するのは、私だけである。 女性陣は、うなぎの「ちょっと泥臭い感じ」が、苦手なのだという。 だがしかし。うなぎに飢えていた私のために、妻が「うなぎ蒲焼」を買ってきてくれた。 (養殖 解凍)でかつ(原料原産地:インドネシア)だが、それは大きな問題ではない。 添付されていた「たれ」と「山椒」を、全部ぶっかけて、いざ実食。 その身はやや固めで、ふわっとした柔 [続きを読む]
  • アサヒ ドライプレミアム 4種セット
  •  近所のスーパーにて、ギフト用の「アサヒ ドライプレミアム 4種セット」を、税込2,916円で購入。 誰かにあげるためではなく、自分で飲むためである。 いわば「お中元マイセルフ」と、いったところか。 内訳は、「ドライプレミアム 豊穣」「ワールドホップセレクション 清涼な薫り」「ワールドホップセレクション 芳醇な香り」「ワールドホップセレクション 華麗な薫り」の、4種混合全12缶なのだ。 まずは、「ドライプレミア [続きを読む]
  • 鮭の大葉ムニエル
  •  夕食当番だった、その日。 「鮭の大葉ムニエル」を、4人分作ってみた。 なんでも、鮭は「美肌食材」なのだそうで・・・ ちなみに参考レシピによると、この料理は「吹き出物」や「免疫力UP」のお悩みに有効で、美容成分として「ビタミンB群」「ビタミンD」「オメガ3系脂肪酸」「アスタキサンチン」が含まれているという。 枯れつつある私の、滋養と強壮に、資すること請け合いでありましょう。 まずは、大葉を10枚、千切りに [続きを読む]
  • ゾンビ茶漬け
  •  6月18日に「シャンブル屯田店」で購入した「ゾンビ茶漬け」が、その日のブレックファスト。 そのイメージ写真は、さながら「血の海に横たわるゾンビ」。 4食分入りで税込600円という価格は、永谷園のさけ茶漬けが6食入り税込257円であることを鑑みると、ややお高めか。 作り方自体は、通常売っているお茶漬けと、変わるところは無い。 販売者は、「ヒューマンスケールビジネス(株)」という、東京都調布市の、ニッポン地域商 [続きを読む]
  • 第27回 あいの里あいあい祭
  •  7月29日土曜日。夫妻で「あいの里あいあいまつり」に行ってきた。 これは、いわゆる「地域商店街のお祭り」でありながらも、かなりの規模の大イヴェントなのだ。 17時半過ぎにそこに到着したのだが、すでに会場は家族連れで大賑わい! 種々の屋台が出ているが、どこもかしこも、すでに長蛇の列!  17時36分。 呑兵衛の我々夫妻は、まずは手堅く、「生ビール」(400円)をGET。 17時43分。 おつまみとして、「やきとり9本 [続きを読む]