獅子丸のモノローグ さん プロフィール

  •  
獅子丸のモノローグさん: 獅子丸のモノローグ
ハンドル名獅子丸のモノローグ さん
ブログタイトル獅子丸のモノローグ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shishimaru41
サイト紹介文☆気まぐれ不定期コラム☆
自由文男は黙ってアクアブルー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供382回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2014/09/28 18:16

獅子丸のモノローグ さんのブログ記事

  • ファンタ 芳醇マスカット
  •  JR札幌駅構内の自販機で発見したのが、この「ファンタ 芳醇マスカット」である。 私はコドモの時は、「ファンタ大好き少年」であった。 小学生時代は「ゴールデングレープ」、 中・高生時代は「レモン」がお気に入りのフレーバーだった。 その後、ビールの味を覚えてからは、ファンタとは疎遠になっていたのだが、今回四半世紀ぶりくらいに購入してみた。 お味の決め手は、やはり「果糖ぶどう糖液糖」の存在でありましょう [続きを読む]
  • 湖池屋プライドポテト 松茸香る極みだし塩
  •  コンビニで購入の「湖池屋プライドポテト 松茸香る極みだし塩」が、その日のおつまみ。 「日高産昆布と焼津産鰹節。重なり合う二つの旨味を包み込む松茸の香りに、素材の味わいを引き出す三種の塩(焼塩、藻塩、平釜炊きの塩)を絶妙にブレンド。日本人の味覚にこたえる、和を極めた新定番ポテトチップス。」というのが、そのプロフィールである。 だがしかし。原材料名に「松茸」の文字は、見当たらない・・・(^^; おそら [続きを読む]
  • 第65回緑丘祭→「PASTA CLUB」でランチ
  •  6月25日日曜日も、妻とふたりで小樽を満喫した。 10時15分過ぎに、小樽駅に到着。 まず立ち寄ったのが、駅構内にある「四季彩館」である。 そこで「ラーメンロール みそ味」なる、奇妙キテレツな一品を発見! 小腹が減っていたので、とりあえず購入。 ちなみに製造者は(株)札幌パリという、ベーカリーショップであった。 「チャーシュー」と「なると」が落っこちそうになるので、食す際にはやや工夫を要する。 だが、お味 [続きを読む]
  • 第65回緑丘祭→「若鶏時代なると」で、早めのディナー
  •    6月24日土曜日。 妻とふたりで、「第65回緑丘祭」に行ってきた。 あいにくの雨模様だったが、11時39分に会場に到着。  こちらが、当日の大まかな催し物である。   悪天候だったが、場内は、それなりの盛況ぶり! やはり、若人が多いだけに、なかなか活気がある。   ご覧のとおり、バラエティに富んだ出店の数々! もう、何から喰えばいいのか、迷い道くねくね状態である。  まずは、「たこやき」から。 「通 [続きを読む]
  • サッポロラガービール2017
  •  コープさっぽろに妻と買い物に行ったところ、なんだかなつかしい意匠の「サッポロラガービール」があったので、家計よりの支出で購入してもらった。     サッポロラガーは、1908年登場の、日本最古のビールブランドなのだそうだ。 現代の「キリンラガー(生)」とは違って、キッチリと熱処理しているのが、インポータントなポイント。 そのお味は、苦いながらも、後味に甘みの残る、なんともクラシックなビアテイストでは [続きを読む]
  • 中札内若どり チキンステーキ
  •  その日も、私が夕食当番。 妻よりのオーダーは、「『中札内若どり チキンステーキ』を焼くこと」であった。 それは「(株)中札内若どり」の製品。 お味の決め手は、やはり「味噌」の存在でありましょう。 ありがたいことに、あらかじめ、それは「冷蔵庫で自然解凍」されていた。 まあ、それをフライパンで焼くだけなのだから、簡単である。 火力は、弱めの中火。 調理開始から7分後。 裏返えすと、若どりは、このような状 [続きを読む]
  • 根室産くり蟹
  •  ホクレンショップで購入したのが、この「根室産くり蟹」である。 4杯で税込626円ということは、1杯156.5円。 カップヌードルに毛が生えたようなお値段で、1杯のカニが喰えるなんて、まさしく奇跡としか言いようが無い。 さて、ワクワクしながら、実食。 身入りはやや薄い感じで、それをしっかり食すには、繊細さと根気を要する。 「カニを食べると無口になるゾ」という、クレヨンしんちゃんの名作を、ついつい思い出してし [続きを読む]
  • 「なごやか亭」でランチ
  •  日曜日。 昼食について一家4人で協議の結果、妻の承認を得たので、回転寿司ランチとすることに。 向かったのは「鮨処なごやか亭」。 11時04分に到着し、首尾よく待たずにカウンター席に座ることができた。 魅惑のネタの数々! 「カニの腹肉」あたりも、じつに気になる一品だ。 最近は「回転寿司」といいつつも、ペーパーでオーダーする方が主流になりつつある。 「ご注文第一弾」は、ごらんのとおり。 まずは、みんな大 [続きを読む]
  • 超簡単!豚ニラ
  •  その日は、「豚モモとニラを使っておかずを作ってほしい」との妻のオーダーを受け、「超簡単!豚ニラ」を作ることに。 ニンニクは2mm厚に、ニラは5cm長に、切りましょう。 豚モモも、5cm長くらいに、切りましょう。 片栗粉大さじ1・オイスターソース大さじ2・しょうゆ大さじ2・みりん大さじ1を混ぜ合わせ、たれを作っておきましょう。 フライパンにサラダ油適量とスライスニンニクを入れ、弱火の中火でじくじくと炒めましょ [続きを読む]
  • アサヒスーパードライ 瞬冷辛口
  •  私をビール好きにしてしまった張本人は、「アサヒスーパードライの開発陣」だったのだろう。 1987年に登場した「スーパードライ」は、本当にキリッとキレがあり、画期的だった。 「酸味と苦みが強い」というそれまでのビールのイメージをくつがえし、まさに清涼飲料水のごとく、成人したてだった私の喉と胃壁と腸内を、スッキリ鮮やかに潤してくれた。 21世紀になってからは、コスト削減の観点から「アクアブルー」に切り替え [続きを読む]
  • サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 肉味噌ラー油仕立て タテビッグ
  •  買いだめしたカップめんを整理すべく、その日は昼食に「サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 肉味噌ラー油仕立て タテビッグ」をチョイス。 本年1月1日に、ローソンで税込218円で購入した品である。 お味の決め手は、フタの上に張り付けられた、別添の「仕上げの小袋」と思料される。 原材料で着目すべきは、やはり「カンゾウ」の存在。 フタを開けると、大量のダイスミンチ(日清製品でいえば、いわゆる「謎肉」)が、麺 [続きを読む]
  • 「今日までそして明日からも、吉田拓郎」
  •  通勤時に、愛車レガシィ2.0i(5MT)の「LEGACYアップグレードサウンドシステム」で聴いているのが、Amazonで購入した「今日までそして明日からも、吉田拓郎」である。 拓郎の作品を、上記のそうそうたるメンバーが、カヴァー! ちなみに、陽水の「リンゴ」は、2015年発売の「UNITED COVER 2」に収録のモノと同テイクと思われる。 今をときめく「ポルノグラフィティ」が「永遠の嘘をついてくれ」を唄っているのも、また一興だ( [続きを読む]
  • 超簡単!鮭のチャーハン
  •  その日の夕食当番は私だった。 妻よりのオーダーは、「冷蔵庫にある鮭切身を活用してほしい」とのこと。 そして私がヤフーでググって辿り着いたレシピが、「超簡単!鮭のチャーハン」である。 まずは、鮭を焼きましょう。 鮭の粗熱が取れたら、皮と骨を取り、ほぐしましょう。 皮は、コラーゲン補給のため、その場で食べてしまいましょう。 卵は、大きく混ぜましょう。 長ネギは、5mm厚に切りましょう。       そ [続きを読む]
  • ペヤング やきそば背脂MAX
  •  先日、ステディと東京観光旅行に出かけた尾車氏より、いただいたお土産。 そのうちのひとつが、この「ペヤング やきそば背脂MAX」である。 「ペヤング」の製品を食するのは、道産子の私は、これが初めてかもしれない。 原材料を見ると、そこには「ラード」「しょうゆ」「ポークエキス」「チキンエキス」「ガラスープ」「ガーリックペースト」等、私好みの食材が、満載! 湯切りが必要な、一般的調理方法の、カップやきそば。 [続きを読む]
  • カール カレーあじ&チーズあじ
  •  6月10日土曜日午前11時。 イトーヨーカドー屯田店のお菓子売場を覗いたところ、「中部地方以東販売中止報道」以来、品薄となっていた「カール」が、どっさりと売られているのを発見! なので、「カレーあじ」&「チーズあじ」(各税込127円)を、そそくさと、お買い上げ。 古くからのこのブログの読者の方なら、私が「カールカレーあじフリーク」であることを、ご存じかもしれない。 まさか「カール」それ自体が買えなくなる [続きを読む]
  • カフェ オリーブ〜YOSAKOIソーラン〜島田屋
  •  どうしん生活情報誌「札歩路(さっぽろ)」の情報によると、〈心と体に優しい手作りの野菜料理〉のお店「カフェ オリーブ」が、札幌市北区拓北にあるのだという。 なので、妻との協議により、土曜のランチはそこでいただくことに。 12時15分に、そこに到着。 我々夫妻は、ともに「ビストロコース」(1,150円)をチョイス。 パスタは「フレッシュトマトとズッキーニのアラビアータ」(プラス100円)で、ピッツァは「牛カレー [続きを読む]
  • CO・OP 瀬戸内海産 食べる煮干
  •  小腹が減ったので、食品庫を漁ってみたところ、「CO・OP 瀬戸内海産 食べる煮干」なる品を発見してしまった。 おそらくは妻が、私のカルシウム補給をおもんぱかって、購入してくれたのであろう。 「さっと揚げておつまみに」という食し方もあるようだが、ものぐさな私は「そのままおつまみとして」いただくことに。 私が小学生だった昭和50年代。私は、台所にあったダシ用の煮干しを、時々黙ってつまんでいたものだ。 その内 [続きを読む]
  • 夜霧の覆面座談会:第5回「トヨタ・プレミオ」
  • ―こんばんは、今宮シュンです。今夜は、昨年6年ぶりにビッグマイナーチェンジを果たした、トヨタの5ナンバーセダン「プレミオ」について、お三方に熱く語っていただきましょう。よろしくお願いします。一同:よろしくお願いします。バルバッツァ:しっかしまあ、この「私はクラウンになりたかった」みたいなフロントグリルの意匠は、いかがなものでしょう!私は、なんだか悲しくて、涙がちょちょぎれますね・・・グルイヤール:同 [続きを読む]
  • アバルト124スパイダー
  •  ノースヒルでのランチのあと。 我々取材班は、尾車氏の進言により、アバルト札幌東へ。  そこに鎮座ましましていたのが、124スパイダーである。 フロントフェンダーに輝く、サソリのエンブレム! 奥二重まぶた的な、目ヂカラのある、その瞳! 真っ赤に燃える、ブレンボ製4ポッドフロントブレーキキャリパー! この角度からみるとよくわかるが、このクルマ、マツダ・ロードスターとの共有部品が多い。 実際、このアバルト [続きを読む]
  • 「ノースヒル」の「望来豚醤油ラーメン」
  •  スバルでXVを試乗した後。 尾車氏&ニータ氏と、「ノースヒル」で、遅めのランチを共にした。 13時27分に、そこに到着。 13時28分に、待つことなく着席。 私が注文したのは、「期間限定」の「望来豚(もうらいとん)醤油ラーメン」(税込700円)である。 実はこのメニュー、一昨年の11月にも食したことがあったのだが・・・ 13時41分。 それは適正な待ち時間で、運ばれてきた。 いいあんばいのちぢれ麺は、茹で加減やつる [続きを読む]
  • 新型SUBARU XV 1.6i-L EyeSight 試乗記
  •  マイレガシィの6ヶ月点検の待ち時間の間。 新型XVに試乗させていただくことができた。 グレードは「1.6i-L EyeSight 」(税込車両本体価格224万6400円)だった。 ボディカラーは「サンシャインオレンジ」。 このクルマは、派手目の塗装色の方が、ブラックの「サイドクラッディング」が映えて、カッコいい。  履くシューズは、225/60R17のヨコハマ・ブルーアース。 試乗車には、メーカーオプションの「本革巻ステアリング [続きを読む]
  • 5度目の車検後の6ヶ月点検
  •  昨年11月に5度目の車検を終えた、私のレガシィ2.0i(5MT)。 その際に加入した「お得で安心点検パック」の定期スケジュールに従い、6ヶ月点検を受診した。 6月2日朝11時に、事前予約の上、いつものディーラーさんに入庫。 点検に要した時間は、おおよそ1時間であった。 点検の結果。 エンジンオイルについては、かなり汚れがあるとのことなので、今回交換。 オイルフィルターについては、次回半年後の「点検パックの定期スケ [続きを読む]