獅子丸のモノローグ さん プロフィール

  •  
獅子丸のモノローグさん: 獅子丸のモノローグ
ハンドル名獅子丸のモノローグ さん
ブログタイトル獅子丸のモノローグ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shishimaru41
サイト紹介文☆気まぐれ不定期コラム☆
自由文男は黙ってアクアブルー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供378回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2014/09/28 18:16

獅子丸のモノローグ さんのブログ記事

  • ホーメル 沖縄の味 豚顔皮 チラガースモーク
  •  妻子の帰りが遅かったその日は、おひとりさまで居酒屋的ディナー。 メインディッシュは「沖縄の味 豚顔皮 チラガースモーク」。 本年2月18日に、コープさっぽろで税込み518円で購入した品である。 製造者は、(株)沖縄ホーメル。 あの「SPAM」で名を馳せた、「食を通じて新たなライフスタイルを提案する」フーズカンパニーである。 この製品は、「沖縄の豚肉料理の中でも珍味の豚顔皮を、ホーメル独自のタレで五昼夜じっくり [続きを読む]
  • 妻の帯広土産
  •  妻と次女が、春休みを利用して、帯広に日帰り旅行に行ってきた。 幸いなことに、私にもお土産を買ってきてくれたので、それをご紹介しよう。 まずは、「豚丼クッキー」。 販売者は(有)南製菓MS。 原材料の「香料(豚丼フレーバー)」が、お味の決め手と思われる。 ほんのり後味に残る「豚丼のたれ」のような、甘じょっぱい醤油のかほり。 だが、それはあくまで「かほり」にとどまり、強烈な主張はしない。 落としどころを [続きを読む]
  • 和歌山中華そば名店 井出商店
  •  和歌山出身の方から、ご当地ラーメンをいただいた。 「和歌山中華そば名店 井出商店」である。 この世に生を受けて、50年弱。 これまで「和歌山ラーメン」なるものは食したことが無かったので、気持ちは昂ぶり、血液は沸き、ぜい肉は躍る。 「井出商店」は、昭和28年に屋台からスタートした、歴史と伝統あるラーメン屋さんなのだ。 スープ&麺は、それぞれ3食入り。 休日で時間があったので、箱に書いてある調理法に若干手 [続きを読む]
  • JAFクーポンでケンタッキー
  •  毎月届く、JAFのお得なクーポン。 今回私の目を惹いたのは、この「ケンタッキーフライドチキン クーポン番号001」。 「カーネルパック オリジナルチキン4ピース+ナゲット5ピース」が、税込1,400円のところ、税込1,000円ポッキリと、400円のおトク! JAF年会費4,000円の、10%に相当する、この値引き。 これは、活用しないワケには、いきますまい。 なので、とある日曜日。 私はそのクーポンを財布にしのばせて、ESTA地下1 [続きを読む]
  • さらばガラケー、ようこそスマホ。
  •  土曜日。 妻の発案により、docomoショップへ。 前日までそんな気はさらさら無かったのに、急展開で、ガラケーからスマホにchangeしてしまった。 左の赤い袋が、新しいスマホ。 真ん中の緑の箱は、機種変更契約者にもれなくもらえる、お茶。 右の段ボールは、ガラポン抽選2等賞の、ホームベーカリーである。 2013年の2月から愛用していた携帯「SH-03E」。 それ以降のこのブログの写真は、ほとんどがこの端末で撮影したもの [続きを読む]
  • 日清 ラ王 PREMIUM フカヒレスープ味
  •  我が家に数あるカップめんの在庫の中から、その日は日清の「ラ王 PREMIUM フカヒレスープ味」をチョイス。 ローソンで税込313円もした品なので、まさにプレミアムなランチだったといえましょう。 フタの右端に「※フカヒレ風のかやくはゼラチン加工品です。」と明記されているところに、日清食品という企業の潔さを感じる。 原材料でキラリと光っているのは、やはり「オイスターソース」の存在。 別袋は、先入れの「かやく」 [続きを読む]
  • アサヒスーパードライ エクストラハード
  •  アサヒビールの「スーパードライ エクストラハード」で、プレミアムなウイークエンド。 「スーパードライ発売30周年特別限定醸造」という、この製品。 思えば、私が「ビール好き」になったのは、「スーパードライ」の登場があってこそである。 それまでのビールは、なんだか苦くって、しかも酸味が強くって、「成人なりたてだった私」は、好んで積極的に飲む気にはまったくなれなかったものだ。 私をビール好きにしてしまっ [続きを読む]
  • ブルーレイレコーダー新調&プー横でランチ
  •  2009年の1月に購入した、ソニーのブルーレイレコーダー。 実は、数ヶ月前から「ハードディスク→ブルーレイディスク」へのダビングが出来ない状態となっていた。 まあ、その辺は、「永久保存版」ではないだろうと思われる録画番組を、ちまちま消去して、だましだまし使っていた。 だがしかし。今年に入ってから。 録画済のブルーレイディスクはおろか、市販のDVDソフトまで受け付けなくなり、要は「ディスク媒体の視聴が不能 [続きを読む]
  • ルノー・ルーテシアR.S.同乗記&キャプチャー試乗記
  •  「プジョー308 GT BlueHDi」の実力に感銘した後。 尾車氏の進言により、次に向かったのは、ルノーのお店。 氏のリサーチによると、そこにはルーテシアR.S.の試乗車があるので、是非試してみたいとのこと。 私もその意見に激しく同意し、そこへとレガシィ2.0i(5MT)を走らせたのである。 そして、確かに、そのクルマはそこにあった。 「ルージュ フラム M」の塗装が、目に鮮やかだ。 履くシューズのサイズは、205/45R17とい [続きを読む]
  • プジョー308 GT BlueHDi試乗記
  •  マツダ・ロードスターRFに感銘した後。 尾車氏の進言により向かったのは、プジョーのお店。 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「308 GT BlueHDi」(6AT:税込車両本体価格354万円)を、この目とこの手足とこのお尻で確認させていただくことに。 春の陽光を受け、マグネティック・ブルーのそのクルマは、忠犬のように佇んでいた。 2.0リッター4気筒DOHCターボディーゼルエンジンは、180ps/400Nmを発揮。 JC08モード燃費は [続きを読む]
  • マツダ・ロードスターRF試乗記
  •  尾車氏のリサーチによると、マツダ・ロードスターRFの試乗車が、札幌にあるという。 しかもそれは、嬉しいことに、6MTとのこと! なので、土曜日。 我々取材班2名は、いそいそと、マツダのディーラーさんに向かった。 試乗させていただいたのは、マシーングレーメタリックという特別塗装色を纏う「RS」(6MT:税込車両本体価格3,736,800円+特別塗装料54,000円=3,790,800円)である。 乗り出し価格は、おそらく、400万円を [続きを読む]
  • 「お食事処 夕張らーめん」の「辛みそらーめん(2辛)」
  •  我が家に舞い込んだ、1枚のチラシ。 「お食事処 藍の郷」がリニューアルオープンし、「お食事処 夕張ラーメン」に生まれ変わるというではありませんか! しかも(金)(土)(日)の3日間は、ラーメン全品500円とのこと。 これは、行かないワケにはいきますまい。 ちなみに、チラシの裏には、通常時のメニューが列記されていた。 以前あった「居酒屋おつまみ系メニュー」は姿を消し、「定食系メニュー」の充実を図ったよう [続きを読む]
  • 暇人画伯のディズニー土産
  •  卒業旅行で東京ディズニーランドに出掛けていた次女(暇人画伯)から、お土産が宅急便で届いた。  私へは、ミニカー「ミッキーのロードスター(ファンタジア)」! 対象年齢は3歳以上なので、もちろん私もそこに合致している。 モダンクラシックでアメリカンな、このミニカー。 お宝コレクションがまた増えてしまい、私は感涙である(^^) そして、一家のおやつ&おつまみとして、ミッキー仕様の「かきのたねあんど ピ [続きを読む]
  • 「ロンリー・ストリート・キャフェ」
  •  この曲は、私のお気に入りである。 拓郎自身も、お気に入りの曲のようで、私が過去に行ったライヴでも数回コレを披露してくれたものだ。 この弾き語りは、実にカッコいい。 私も自宅でたま〜に、コレを弾いている。 この作品は、「詩も曲も拓郎自身の作ではない」数少ないナンバーのうちの、一つだ。 作詞は安井かずみ・作曲は加藤和彦。 ご夫婦の、作品である。 しかしながら、安井かずみ氏も加藤和彦氏も、残念ながらも [続きを読む]
  • ローソンセレクト 厚切りビーフジャーキー
  •  ローソンにて、「ローソンセレクト 厚切りビーフジャーキー」を購入。 税込409円の、高級おつまみである。 製造者は、食肉加工品のリーディングカンパニーである、(株)ヤガイ。 6mmほどの厚さのその身は、固めで、歯応え充分。 表面は、ブラックペパー効果で、しっかりとスパイシィ。 咀嚼すればするほど、お肉の旨みが、じゅわじゅわじゅわと溢れ出て、私の口中をシアワセ感で満たす。 牛さんに、心から感謝である。うっ [続きを読む]
  • 日清カップヌードル パスタスタイル 和風タラコ
  •  その日は、日清の「カップヌードル パスタスタイル 和風タラコ」で、カップパスタランチ。 昨年9月27日に、コープさっぽろにて税込160円で購入した品だ。 調理に際し、「お湯を捨てるひと手間」があるのは、よくある「カップ焼そば」と、同様である。 別袋は、共に後入れの「液体ソース」&「粉末ソース」。 液体ソースを麺全体になじませた後に、粉末ソースをまぶすのが、正しい手順なのだ。 もっちりとした麺の食感は、同 [続きを読む]
  • 長女のカリフォルニア土産
  •  カリフォルニア旅行に出ていた長女が、なかなか気の利いたお土産を手に、帰国した。 まずは、みんなが嬉しい、「米国産ポテトチップス」。 そして、お尻が嬉しい、「トランプ氏絵柄のトイレットペーパー」。 続いて、私が嬉しい、「ミッキー柄のフェイスタオル」! さらには、チャロ君が嬉しい、「ミッキーのかみかみおもちゃ」! 当初はそれを、優しくいとおしむように、かみかみしていた彼なのだが・・・ 噛んでいるうち [続きを読む]
  • カルビー じゃがりこ 梅と韓国のり風味
  •  冷蔵庫を覗いたところ、封の開いた「じゃがりこ 梅と韓国のり風味」が佇んでいた。 家人の誰かが、私に黙って購入し、黙って食していたのでありましょう。 見つけてしまったからには、私も、黙っていただくことに。 イメージキャラクターのキリンさんも、「ウメ―ジングな味に、ノリノリ」と、秀逸なダジャレで喜んでおられる。 「梅+韓国のり」の組み合わせは、私が思うに、ありそうでなかった。 酸味としょっぱみと磯の [続きを読む]
  • 「らーめん空」の「3種の肉盛りみそ」
  •  先日。妻と久々に「札幌らーめん共和国」に立ち寄った。 そこで私の目に留まったのが、この「肉祭り!」のポスター。 「香ばしく炙り、分厚く切ったやわらか豚バラ」 「トロっとなるまで煮込んだ角煮」 「食感の違う豚のもも肉」・・・ ううむ、コレは、喰わないワケにはいきますまい! それを提供していたのは「らーめん空」というお店であった。 11時04分に、そこに入店。 「3種の肉盛りみそ」は、1,150円。 若干ハイ [続きを読む]
  • 北海道クリームシチューあられ
  •  ニータ氏より、「北海道クリームシチューあられ」なる、粋なお菓子をいただいた。  「北海道産じゃがいも」と「国産もち米」を原材料に使用した、この製品。 販売者は「白い恋人」でおなじみの「石屋製菓(株)」。 そして製造者は、私が愛してこよない米菓カンパニーの「岩塚製菓(株)」である。 おしゃれな意匠の個包装×6袋の、この製品。 喰いすぎ防止の意味合いからも、じつに好ましい。 サクッと軽い、その食感。 ク [続きを読む]
  • 年賀状お年玉くじの、2等賞品到着!
  •  今年、私が人生で初当選した、「年賀状お年玉くじ2等賞」。 昨日。その賞品が、我が家に届いた。 封を開けると、そこには4つのフタらしきものが・・・ 「平成29年用 お年玉付年賀はがき・年賀切手 賞品カタログ」の中から、我が家が最終的にチョイスしたモノ。 それは、「福島正八 ドレッシング詰合せ」であった。 それは、和風×2本+フレンチ×2本=4本の組み合わせ。 このプレミアムなドレッシングで、我が家の食卓は華 [続きを読む]
  • 「我が良き友よ」
  •  また、昭和の星が、ひとつ消えてしまった。 この曲がヒットした当時、私は小学校低学年だった。 だが、この曲の歌詞とメロディーとムッシュ氏の歌声は、あの頃から、鮮烈に私の中に刻まれている。 数少ない、拓郎の、先輩。 あとは、小室さんくらいになってしまうのだろうか。 まるで兄弟のような、つま恋2006での、ふたりのステージ。 ムッシュ氏と拓郎が、心から楽しんでいるのが、伝わってくる。 もう、10年以上、昔に [続きを読む]
  • −13℃→+6℃
  •  2月6日。 マイレガシィに積もった雪が、なにか水墨画アートの様だったので、思わずパチリ。 2月27日の朝は、非常に冷え込んだ。 運転席から見たフロントスクリーンは、ご覧のような状況・・・(^^: 車載の外気温計によると、この日の気温は、なんと−13℃! 積もった雪を払いのけても、氷のつぶつぶが、前方視界を遮る状態であった。 ・・・そうかと思えば。 3月の声を聞いたとたんに、こちら札幌は一気に春が来た。  [続きを読む]
  • 「チロリン村」の「中辛!ビーフとキャベツのペッパーソース」
  •  次女の卒業式の帰り道。 我々夫妻は、「チロリン村」でランチとすることに。 12時16分に、そこに到着。  12時18分に、すんなり着席。 メニューは、いろいろとあるのだが、とりあえず「ベーシックなメニュウ」の内から、選択することに。 まず私の目を惹いたのは、「焼きそば風」(700円)。 さらにメニュー中段に目をやると、「中辛!ビーフとキャベツのペッパーソース」(800円)なる魅惑の一品があるではありませんか! [続きを読む]