うさぎくん さん プロフィール

  •  
うさぎくんさん: うさぎくんのお薦め映画ブログ
ハンドル名うさぎくん さん
ブログタイトルうさぎくんのお薦め映画ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/auu2000/
サイト紹介文ネタバレなしでお薦め映画を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供372回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/09/30 16:41

うさぎくん さんのブログ記事

  • 『手紙は憶えている』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『手紙は憶えている』映画鑑賞。主人公は眠っている。老人ホーム。目を覚ますと主人公は職員に「妻はどこにいるか」と尋ねる。職員は「奥様は1週間前にお亡くなりになりました」と応える。朝食のテーブルにつく。隣に座った男が主人公に訊く。「奥さんが亡くなった後、自分が何を言ったか覚えているか」と。首を振る主人公に男は言う。「心配ない。君が覚えていられるように全部書き出しておいた。それを見ればわ [続きを読む]
  • 『デンジャラスな妻たち』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『デンジャラスな妻たち』映画鑑賞。主人公はセレブで豪邸で裕福な暮らしをしていたが、夫が失業し収入がなくなってしまったため自分も働くことになる。古い紙幣を廃棄処分する「連邦銀行」の清掃員として働くことになるが、毎日毎日、廃棄処分される紙幣を横目で見ているうちに、あらぬことを計画してしまう。冒頭のシークエンスでのつかみが見事で、なんだ?なんだ?と思っているうちにグイグイと物語世界に引き [続きを読む]
  • 『アウトブレイク』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『アウトブレイク』映画鑑賞。致死率100%。爆発的な感染力を持つ未知のウィルスが蔓延し始める。感染すると急速に死に至る。抗体を合成しようと感染源を探る主人公は伝染病の専門家。事態を隠蔽しようとする軍や壊滅的な方法で蔓延を食い止めようとする政府。前半は感染の恐怖とそれを知った市民のパニックや感染源を特定しようとする研究者の姿をリアルに描き、後半は一転して手に汗握るハラハラする展開となる。 [続きを読む]
  • 『ノックアラウンド・ガイズ』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『ノックアラウンド・ガイズ』映画鑑賞。主人公はマフィアの2世。父がマフィアとして有名すぎ、普通に就職しようにもどこも門前払い。気が弱く父からはお前はマフィアに向いていないと言われ、使い走りみたいな仕事しかさせてもらえない。父に男として認めてもらいたい主人公は父に直談判し、組織の金を運ぶ仕事をすることになるが、途中で思わぬことが起きてしまう。次から次と予期せぬことが起こり、危機に陥る [続きを読む]
  • 『アイ,ロボット』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『アイ,ロボット』映画鑑賞。2035年。ロボットが日常生活に溶け込んでいるシカゴ。ロボット工学の第一人者である博士が転落死する。自殺とみなされたが、ロボットを激しく憎む刑事はロボットが殺したのではないかと疑う。しかし、人を殺してはいけないというロボット3原則がプログラムされているはずであり、ロボットが殺人を犯すはずはなかった。では博士の死の真相は?巧みな脚本、スリルあふれる展開、壮大なエ [続きを読む]
  • 『ドット・ジ・アイ』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『ドット・ジ・アイ』映画鑑賞。男と女が出会う。女には婚約者がいる。しかし女には婚約者には物足りなさを感じ、婚約者に無いものを男に求めている。冒頭から何故か不穏な雰囲気が漂う。第3者のカメラ視点も何度もフラッシュバックされ、この映画がただのラブロマンスとは違う匂いがするのがわかる。脚本のうまさと、構成の妙に感心しました。こんな映画の撮り方もあるんだなと思って。ラブロマンスかと思ってみ [続きを読む]
  • 『トゥヤーの結婚』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『トゥヤーの結婚』映画鑑賞。内モンゴル自治区。トゥヤーの夫は事故で下半身不随である。子供と自分の生活を養うため懸命に働くトゥヤーだが、トゥヤー自身も怪我をしてしまう。夫は離婚を薦め、トゥヤーに新たな人と結婚するよう言うが、トゥヤーは夫の介護も含めて再婚してくれる人を求める。と、ここまで書いたが話はさらに紆余曲折を経て、ストーリーは展開していく。我々の住む日本とは違う(あるいは同じ) [続きを読む]
  • 『パラダイス・ナウ』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『パラダイス・ナウ』映画鑑賞。「明日、自爆テロを決行する。お前と友人が選ばれた」「明日ですか?」「そうだ。今晩は家族と過ごせ」。自爆テロを48時間後に行うことになった二人の若者の姿を追う。音楽も派手なシーンも何も無し。淡々と話は進む。胸が痛くなる作品。 [続きを読む]
  • 『ザ・フライ』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『ザ・フライ』映画鑑賞。物体を分子・遺伝子レベルで解体し別の場所へ転送する、いわゆるテレポーテーションが可能となる装置を開発する主人公。最終実験として自分を被験者にして実験を行うが、装置にハエが入っていることに気づかず、ハエと遺伝子レベルで融合してしまう。SFホラーとしても十分に楽しめるが、難病医療・人工妊娠中絶・遺伝子疾患・自己同一性・病気が本人にや家族に与えるインパクトという観点 [続きを読む]
  • 『救命士』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『救命士』映画鑑賞。主人公は救急救命士。連日、自殺未遂、麻薬中毒者、心拍停止などの患者の元へ向かう。しかし、命を救うことは多くは無い毎日で、過去のトラウマもあり、主人公は次第に抑うつ状態になっていく。対人援助職が陥りがちな、バーンアウトのプロセスがリアルに見事に描かれている。そして主人公は最終盤で重大なことを決行することになるのだが、それは果たして。対人援助に関わる仕事をして [続きを読む]
  • 『バルカン超特急』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『バルカン超特急』映画鑑賞。雪に閉ざされたバルカン半島のとある駅。列車の運行が一日遅れてしまう。仕方なく近くのホテルに泊まる客人達。翌日の列車の中で主人公と知り合ったある女性が行方不明になってしまう。目撃者は何人もいるはずなのに、誰も姿を見ていないという。巧妙なストーリー、人物造型と人間関係の描き方のうまさ、最終盤までなかなか真相がわからず、女性が消えた謎を最後まで引っ張る。 [続きを読む]
  • 『チーム★アメリカ/ワールドポリス』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『チーム★アメリカ/ワールドポリス』映画鑑賞。サンダーバードのような人形劇。しかし、人形劇と侮るなかれ。膨大な手間暇をかけたであろう、異常なくらいの高クオリティだ。世界のテロを未然に防ぐために極秘裏に結成されたチームアメリカ。世界中でテロを撲滅せんとするがそのたびに世界を破壊してまわっている。アメリカを痛烈に皮肉ったパロディ。やり過ぎなんじゃないか、大丈夫なのかこれっていうく [続きを読む]
  • 『ブラッド』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『ブラッド』映画鑑賞。吸血鬼「ビショップ」に襲われ、一度は死んだが蘇生した主人公。吸血鬼にはなったが人間の心は持っていてビショップへの復讐を誓う。一方、ビショップに娘(主人公とは別)を殺された刑事も娘の仇をとるためビショップの行方を追っている。二人が協同して吸血鬼集団を全滅させようと行動を共にすることになる。吸血鬼殺しという共通の目的を通して父娘の擬似関係を描く、異色の吸血鬼 [続きを読む]
  • 『シービスケット』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『シービスケット』映画鑑賞。大恐慌に喘ぐ1930年代のアメリカ。血統はいいが、体は小さく、気性も荒く、競走馬としては誰からも見放されていたシービスケット。その馬の驚くべき活躍をめぐる騎手、調教師、馬主の姿を描く実話の映画化。特筆すべきはレースシーン。溜息が出るほど美しく猛々しく疾駆する馬をよくぞここまで胸躍るシーンとして撮れたものだ。テンポが良く、馬と主演級の3人の人物像も深く掘り [続きを読む]
  • 『パプリカ』映画鑑賞
  • 『パプリカ』映画鑑賞。筒井康隆原作のアニメ化。他人の夢に入り込むことができ、視覚化できる装置IDミニ。それを使って夢の中では「パプリカ」という名の美少女になり人の悩みを解決する手助けをする主人公。主人公は精神医療研究所でセラピー機器の研究をしている。ある日IDミニが盗まれ、何者かの夢が研究員の頭の中に侵入し研究員を狂わせてしまうということが頻発する。これは自分の夢かあるいは他人の夢の中なのか。夢の中 [続きを読む]
  • 『ヘルボーイ』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『ヘルボーイ』映画鑑賞。ナチスドイツによって魔界から召喚された魔物たち。そのうちの一人であるヘルボーイは善人の博士によって育てられ良い魔物として、アメリカの超常現象捜査局に務め、同じように召喚された悪の魔物を退治する役目を負っている。ダークなアメリカンヒーローを描く。アメコミが原作なので好き嫌いがあるかも。異形の怪物が出てくるアクション映画の意外な良作である。 [続きを読む]
  • 『時をかける少女(2006)』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『時をかける少女(2006)』映画鑑賞。2006年公開アニメ版。これまで何度も映画化されてきたが、今回のは全くオリジナルのストーリー。過去に戻る能力を得た少女。大したことに使うわけではなく、好きなお菓子を何回も食べたり、テストの追試をまぬがれたりとか、そんなことに使っている。そんなある日、自分が過去に戻ることで男友達.2人との関係や周りの人たちに少しずつ影響を与え、未来を変えていること [続きを読む]
  • 『タイフーン』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『タイフーン』映画鑑賞。洋上で核ミサイル衛星誘導装置を強奪した海賊は、それを某国で核廃棄物と交換する。男は脱北者だが韓国から入国拒否され、親は北朝鮮で殺され姉は売春婦をさせられるという悲惨な過去があり、うらみから朝鮮半島全土をある方法を利用して壊滅させようとする壮大な計画を実行しようとする。。それを阻止しようとする韓国海軍のエリート将校。果たして結末は。大味であらもたくさんあ [続きを読む]
  • 『殺人の追憶』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『殺人の追憶』映画鑑賞。韓国の田園地帯で女性が猟奇的な方法で殺害される事件が連続する。全員同じ方法で殺害され、性的暴行の跡がある。地元警察のダメ刑事2人とソウルからきた敏腕刑事が事件捜査にあたる。中盤までダラダラ、グダグダした感じだがだんだん目が離せなくなり、終盤の迫力は凄まじいものがある。ラストの余韻もすごく効果的で、胸がざわざわする。この映画は実際に起こった事件を題材にし [続きを読む]
  • 『スタンドアップ』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『スタンドアップ』映画鑑賞。主人公はDV夫と別れ子供二人とともに家を出る。家族を養うために当時(今でもか)女性労働者は珍しかった鉱山で働くことになるが、男だらけの職場でセクハラ等の嫌がらせを受け続け、アメリカ初のセクハラ集団提訴を起こすことにする。実話に基づいた映画である。単なるセクハラとか女性の働く権利とかの映画で終わっていないのは、主人公の過去、難病にかかった友人、父との葛 [続きを読む]
  • 『ロング・エンゲージメント』映画鑑賞
  • にほんブログ村 『ロング・エンゲージメント』映画鑑賞。第一次世界大戦のフランス軍。故意に負傷し軍役を免れようとした罪で5人が死刑宣告され、塹壕を歩いている。5人はドイツ軍とフランス軍の中間地帯に放り出され、その後5人は死んだものとされ、死亡通知がそのうちの1人の恋人のもとに届く。しかし女は愛する男の死を信じず、5人の運命を調べ始める。果たして5人はどうなったの。恋人はどうなったのか。巧みなス [続きを読む]