(仮称)開智望通信 さん プロフィール

  •  
(仮称)開智望通信さん: (仮称)開智望通信
ハンドル名(仮称)開智望通信 さん
ブログタイトル(仮称)開智望通信
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kaichinozomi1
サイト紹介文H27.4月開校予定開智望小学校ブログです。
http://kaichinozomi.p2.weblife.me/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/09/29 04:14

(仮称)開智望通信 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ●2学期の合言葉は「start with Why」
  • こんにちは、開智望小学校広報担当の野口です。いつも開智望ブログをご覧いただきありがとうございます。このブログでは、毎回開智望小学校の教育について紹介しております。・2学期がはじまりました!2名の転入生を迎え、新たな学校生活のスタートです。始業式では青木理事長・校長より、夏休みの振り返りと2学期へ向けてのお話がありました。そして、秋についてのお話。「スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋」「では、なんで読 [続きを読む]
  • 【コーディネーター便り】夏の思い出
  • 台風の中の登山  三十年以上前の話です。二十九歳だった頃です。その頃、私は、太っていませんでしたし、多少、冒険も求めていました。 当時は、奈良県の橿原市に住んでいたんですが、盆になったので帰省しました。そのとき、台風がやってきて日本を縦断しようとしていました。 私は、台風が九州あたりに上陸した八月十五日、八ヶ岳に上ろうと考えていました。馬鹿ですね。十四日に、川上村で教師をしていた弟の教員住宅で一泊 [続きを読む]
  • 【コラム】国際感覚と移動距離は比例する
  • 先日、とある教育セミナーに参加してまいりました。そこで議論されていたのは、「グローバル人材をどう育てるか」という内容でした。私は個人的にグローバル人材という言葉に抵抗感を抱いています。なぜなら、どうしてもグローバル人材というと、グローバル企業に勤めて世界中を駆けまわるエリートの像を思い浮かべてしまうからです。(私だけかもしれませんが。)グローバル人材という言葉よりも、私はこれからを生きる子どもたち [続きを読む]
  • 【学校だより】Concepts Based Learningを探究する
  • Concepts basedだからこそ深まる認識、広がる知識、新たな知的好奇心と疑問 探究の続きです。ランドマークを「Connection」(関係・作用)から見て、人々との関係を認識し、「Function」(役割・働き)から見て、ランドマークの持つ人々の願いをつなぐ役割を理解した二年生の子どもたちは、守谷(というよりも茨城県県南)の昔の人々の暮らしの探究を行い、新たに守谷の米作りの歴史や農民の生活と願いを理解しました。 そして、 [続きを読む]
  • ●探究の授業に向けて夏休みにどんな準備をすればいいですか?
  • こんにちは、開智望小学校広報担当の野口です。いつも開智望ブログをご覧いただきありがとうございます。このブログでは、毎回開智望小学校の教育について紹介しております。・秋のエクスカの下見 秋のエクスカや2学期の探究のフィールドワークに向けて下見に行ってまいりました!場所はアサヒビールの守谷工場です。工場内は写真撮影NGでしたので、ここではこんな写真のみ。ビールの注ぎ方にもコツがあるのですね。驚きました! [続きを読む]
  • ●1年生のサマースクールの様子
  •  7月22日(水)23日(木)の一泊二日で、那須高原にサマースクールに行ってきました。 那須平成の森でお弁当を食べた後、活動班ごとに分かれ探究活動を行いました。今回のサマースクールの目標は、「ちからをあわせて、しぜんの『ヒミツ』をはっけんしよう!」です。これまで、進めてきたUnit2の探究活動の集大成として、森の中にあるサインから、自然の様々な秘密を探っていく活動を行いました。うっそうと茂る森の中で、 [続きを読む]
  • ●開智望小学校 国語科の様子
  • こんにちは、開智望小学校の五木田です。いつも開智望ブログをご覧いただきありがとうございます。このブログでは、毎回開智望小学校の教育について紹介しております。今回は国語の実践についてお伝えしようと思います。国語の授業では以下のことを大切にしています。思考や議論、発表を高いレベルで行うためのツールとしての国語力を高めること。文章や詩、言葉の持つ美しさや芸術性に対する理解を深めること。その上で他の分野や [続きを読む]
  • ●心の準備はいいですか?夏の探究ハンドブックと未来を生きるためのハンドブック
  • こんにちは、開智望小学校広報担当の野口です。いつも開智望ブログをご覧いただきありがとうございます。このブログでは、毎回開智望小学校の教育について紹介しております。・探究は続くよ、どこまでもさて、1学期も残すところあと4日。今週は急激に暑くなり、子どもたちは汗だくで過ごしていますね。ところで、探究ユニットは約2ヶ月間の旅を終えて、まとめに入りました。この作文からわかるように、子どもはすでに知っている [続きを読む]
  • ●学校だより 11 はじめての「旅」
  • 「ウポコ・ポコフィイ・ホッペ・プク・ワイワイ」7月7日(火)の芸術鑑賞は、ニュージーランドからマオリ族の先生とアーチストが来校して、文化交流を行いました。7月7日(火)、ニュージーランドのウェリントンから、小学校の先生のニック先生と、画家のジェームズ先生が開智望小学校にやってきました。二人は、ニュージーランドの先住民のマオリ族出身です。マオリ族は、ハワイやタヒチと共通す部分の多いポリネシアの文化を伝承 [続きを読む]
  • ●学校だより 10 概念とスキルを用いた探究の実際
  • 今回は、前回予告いたしました、「概念」や「スキル」を用いた学びが実際はどう行われているかについて、実例を用いて説明いたします。つぎの画像は、二年生の探究で用いたものです。飯縄山1917mの雪形 二年生の第一回の探究の教科の枠を超えたテーマは、「Where we are in place and time」(私たちと、過去や未来、世界との関係の探究)でした。このテーマを二年生に合わせて具体化したものが、セントラル・アイデアの「ランドマ [続きを読む]
  • ●開智望小学校 学校だより 9 Concepts based learningとは何か。
  • 今回は、前回に引き続き、国際バカロレアの初等教育プログラムにおける「教科融合型の探究」について説明いたします。今回は特に、「教科の枠を超えた探究」の、教科の枠を超えるための方法、すなわち、Concepts based thinkingといわれる批判的な思考力についてお話したいと考えます。ところで、北村の話は難しいとのご批判もあります。すなおに認めます。申し訳ありません。もっぱら当方の能力の問題に淵源するところです。皆様 [続きを読む]
  • 過去の記事 …