パズル先生 さん プロフィール

  •  
パズル先生さん: パズルde知能教育
ハンドル名パズル先生 さん
ブログタイトルパズルde知能教育
ブログURLhttp://ameblo.jp/puzzle-youjikyoiku/
サイト紹介文知能教育は考える力を育てる教育です。家庭でできる知能教育を紹介します。
自由文知能を高めるためには何が必要なのでしょうか。楽しく遊ぶことが一番です。遊びの中から考える力が育っていくのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/09/29 14:27

パズル先生 さんのブログ記事

  • きのこの山とたけのこの里 オセロゲーム
  • きのこの山VSたけのこの里 オセロ ゲーム32,138円Amazon これを見たら、思わずほし〜いと思ってしまいました。でも、色で区別しにくいので難しいかなぁなどと考えていたところ、なんと大会があると聞きました。 将棋・囲碁・オセロ界のトッププレイヤーが対決するイベント「あなたはどっち!?きのこの山 vs たけのこの里 全面対決!」http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/16/news114.html ワクワク [続きを読む]
  • ダイヤモンドゲーム
  • 最近、2年生と盛り上がったゲームです。 知能研究所の知研プログラムにダイヤモンドゲームの変化形の遊びがあるのですが、ご家庭で遊ぶのにはダイヤモンドゲームが最適です ルール 15個の駒を向かい側にすべて移動できたら勝ち15個の駒の一つを王様とし、王様だけは特別扱いをするルールもありますが、まずは15個の駒を移動させることにポイントを置いて遊びましょう  駒の動かし方は線に沿ってひとつ [続きを読む]
  • 点と点を結ぶ〜止めることが大事
  • 1から10,20と覚えたら、数字の順番に点を結んでいくことをしてみましょう。  さて、これはなあにかんたんかんたんくるまだよそうね、では足りないところを書いていきましょう。1から順番に数字のとなりにある点と点を結んでいきましょう。 点と点と結ぶことは 点と点の間の距離感をつかむ  目標に向かって線を書き、しっかり止める  次の目標への切り替え ただ単に線を書くというのではなく、し [続きを読む]
  • 創造力を育てよう
  • ブロック、積木、折り紙などシンプルなものは想像を大きく膨らませて子どもの世界を豊かにしてくれます。見よう見まねで作っていたものが少しずつ自分の考えを示すようになってきます。これこそが自由な発想、自分だけの世界を作り上げていることになります。答えがあるものではなく、とにかく自由にさせてあげたいものです。私の教室、デイジーキッズに通う小学生は今、この遊びに夢中です。 GEOMAG [続きを読む]
  • カタカナ〜ツとシ
  • 一年生で習うカタカナ。意外とあっさり通っていきますよね。ひらがなは大部分の児童が知っていることを前提としていますし、カタカナに至ってはさらっとした印象を受けます。すみません。実際、見ているわけではないので単なる感想ですが教室の生徒さんを見ていてもよく覚えていない子が多いんです なかでも『ツ』と『シ』覚えられないよって。そんなとき、「ツ」は横に並べるのよ。「シ」は縦に並べるのよ。と私は教えていたので [続きを読む]
  • にこにこぷん すごろくパズル
  • 3歳ぐらいからの遊びはすごろくがオススメです  ルールの理解    スタートからゴールまで早くたどり着いた人が勝ち。    サイコロの目の数だけ進む。    今いる場所を「1」と数えずに 進んで「1、2、3・・・」と数える。 サイコロははじめから1〜6までのサイコロを使いましょう。すぐに憶えてしまいますはよく間違えるところです。じっくり教えてあげましょう。  勝ち負けがあること。    [続きを読む]
  • 海の魚をおぼえよう〜さかなつり
  • 今日は2歳の教材をご紹介します。 大きいビニールシートを海に見立てます。図鑑などで海の生き物をコピーします  台紙に貼り付け、丈夫にしてからクリップをつけます。 釣竿は柄が長いほうが難易度は上がります。同じく磁石をつけるひもも長いほうがむずかしいです。       台紙に型をとります。釣り上げたら同じ形のところにおきましょう。 必ず、立って釣りひもを垂らすようにしま [続きを読む]
  • 啐啄同時とは
  • 先日、教室に通う5歳の男の子のお母様が「子育てしてて、これって正解なのかな」って思うんです。と話されました。 そうですよね。日々、子どもと向き合って一生懸命子育てをしているつもりでもふっと気づいたとき、そんなこと考えたりします。 でも、子育てに正解・不正解などありません。100人いれば100通りの子育てがあります。誰かと比べる必要はありません。誰かが上手に字を書けたからって焦ることはありま [続きを読む]
  • 手指を使って遊びましょう
  • 年末年始は慌ただしく過ぎていきました。いよいよ2017年。「早稲田教育研究所」改『英才アカデミー デイジーキッズ』の始動です。どうぞよろしくお願いします さて、年始恒例のお猿さんの登場 今年もめぐみるくちゃんは元気でしたよ今年から鈴木一族の集まりが長男家の我が家になりました。総勢24名、靴は玄関からはみ出ましたが、人はなんとか入りきりました。 前回の集まりの時に甥っ子の長女(年長さん)と [続きを読む]
  • 絵本で子育て
  • クリスマスも終わり、いよいよ年の瀬。鈴木家では毎年恒例のみかん狩りへ。 娘家族は体調不良で参加できず。みかん食べて元気になってね〜〜 さて、孫も3ヶ月を過ぎていろいろな表情をみせるようになりました 「そろそろ幼児教育やってよ。」いえいえ、まずはお母さんが始めましょうね  思いやりのある優しい子に育ってほしい。自分で考えて行動できるたくましい子になって欲しい。 いろんな思いがあって。。 [続きを読む]
  • まずは「りんご取り」から囲碁をはじめてみよう
  • 忘年会の時期です。先日、私の所属する囲碁教室でも忘年囲碁大会が開かれました。 午前に2局、午後に2局。一日に4局も打つなんて、正直ぐったりします。でも、普段の教室以外の方とも対局しますし、一局打つだけでも碁盤を向き合って会話をしたような気分になり、楽しいです 何年やってもなかなか上達しませんし、負けるとくじけますが、私の教室の生徒さんにも「あきらめないでやってみよう」と言っているのですから細く [続きを読む]
  • 文字カードを作って遊ぼう
  • 文字カードはいろいろな遊び方があります。まずは46枚のカードを準備してひらがなを書いてみましょう。いっぱい練習するのは大変なので3回練習したらカードに書きます。むずかしい時は薄く下書きをしてあげましょう。自分で書いたカードというものは愛着がわくものです。上手になったらまた、書き直してもいいですね  今日の遊びは神経衰弱です 今回は文字は30枚。実は2文字の言葉が15組あります。(濁音もいれ [続きを読む]
  • 数遊び・ジャマイカ〜計算ゲーム
  • むか〜し、まだ切符で電車に乗っていた頃、よく遊びました 切符の端に印刷されている4つの数字。足したり、引いたり、かけたり、わったりして10にする遊びです。 もちろん、『1111』ではできません。ですから、『10』 が作れると今日は・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・・*:(´∀`人)ラッキー★なんて思ったりして  まずは 〜 までの数字カードを準備しましょう。例のマジックボックスに入れてガサゴソガ [続きを読む]
  • 三角形4枚で遊ぼう
  • 丸、正方形、二等辺三角形は基本図形です。なかでも二等辺三角形は遊びのバリエーションが豊富 今日も楽しく遊びましょう  二等辺三角形2枚でなにができる 四角大きい三角 じゃあ、4枚では 長四角平行四辺形(たいてい、ひし形とか、ダイヤといいます)大きい三角大きい四角いろんな形ができるね さて。。。 大きい四角で始めるよ 1枚動かすと。。。こんな形に変身何番を動かしたのかな 2番では動かしてみましょ [続きを読む]
  • おりがみの図形 開いたらどうなる?
  • 今日はおりがみで遊びましょう おりがみを2つに折って形をかいてみました。さて、線の通りに切ってみましょう。開いてみると。。。どんな形になっていたかな? 三角になったね。 これは線対称の考え方です。2つ折りにしていろいろな線をかいてみましょう。はさみを使うのは楽しいのでどんどん遊んでください。子どもが自由に書いたりお母さんが花や星になるように書いてみてください。自由にたくさん遊んでおく [続きを読む]
  • マジックボックスの活用
  • 仕事、育児、介護に追われた2ヶ月間。やっと一段落 気が付くと、冬がもうそこまできています  日常を取り戻してみるといろいろなところが気になり始めます。教室でフル活用しているマジックボックスがかなりくたびれてきました。皆様のブログを拝見していると100円ショップのもので手作りしていますよね。さっそく、ぐるぐる店内をめぐり。。。いいものありました 完成品がこちら ポイントは手を入れるとこ [続きを読む]
  • おすすめ ワードバスケット
  • しりとり遊びは得意というなら、この遊びをおすすめします。 メビウスゲームズ ワードバスケット1,500円Amazon このゲームは始めの音を考えるだけでなく、最後の音も考えなくてはいけません。かなり、難しいのですが少しずつコツを掴んできて言葉も出てくるようになります。教室でも授業後半になるとスピード感が増して迫力あるゲームになります。語彙力はもちろん、ひらめきも重要な要素です。たくさんの言葉を知ってい [続きを読む]
  • 重さくらべ〜10までの分解
  • 秋の深まりとともに小学校受験も佳境を迎えます。親も子どもも必死で走り続けてきたことでしょう。ここまできたら、その小学校との『ご縁』を祈るのみです。教室の生徒さんのお父様が子どもに「好きにやりなさい」とおっしゃったそうです。とてもいい言葉ですね。どっしり構えてくれるお父様がいらっしゃると頼もしいです。 重さの問題はどれが一番重い軽い順番に教えてね。などです。 「○は2つとも下にあるから重いの [続きを読む]
  • どうぶつしぜんかるた〜属性をおぼえよう
  • 私の教室にはたくさんのかるたがあります。ブログを書くにあたり、改めて見てみるといいものがありました。こちら。どうぶつしぜんかるた。これももう販売されていないようで残念です。フレーベル館さんに再販をお願いしたいくらいです。 とにかくイラストが写真のように繊細で動物の姿をよく知ることができます。さらにすべてが愛らしく描かれていて気持ちが和みます。大好きな動物がたくさん増えそうですね  こ [続きを読む]
  • RSウィルスをご存知ですか?
  • 孫が生まれ、私はおばあちゃん 私が仕事で家にいることも少ないので娘は里帰りせず、授業の合間に手伝いに行く形でした。可愛い笑顔に癒され、日々楽しく過ごしていたのですが、鼻がつまってるみたい。咳が苦しそう。そんなことをいいはじめました。私がいる時間は咳はあまりなく、機嫌も悪そうでない。生後6ヶ月くらいまでは免疫があって、病気にならないと思っていたのです。それでも気になるからと小児科へ行きました。鼻水を [続きを読む]
  • どうぶつブロックパズル〜集中力・創造力をそだてる
  • かわいいでしょうひとつひとつのどうぶつが愛らしくて、こんなふうに重ねるとインテリアにもなっちゃうほど 残念ながらネットで探しても見つかりませんでした。しかしながら、おそらく、似通ったものがあるかもしれませんし、遊び方は他の物でも活用できるのではと思い、ご紹介させていただきます。 動物の特徴は 12種類のかわいいどうぶつです。ひとつひとつ属性についてお話をしてあげます。ぞうさんはお鼻がながいね。らくだ [続きを読む]
  • どうぶつえあわせで遊んでみよう
  • 今日はこちらの遊び どうぶつが30匹。それぞれ、頭、お腹、しっぽ(おしり)の3つに分かれています。いろいろな遊び方がありますが、いくつかご紹介しましょう。 誰のしっぽ  どんな動物かな それぞれの部分を3ヶ所に分けて置きます。はじめに頭のカードをひいてその動物のお腹としっぽをさがしましょう。お部屋を広く使って遠くまで探しにいくのが楽しいですよ 顔はすぐに理解しますがその動物の体、全体像をしっかりと [続きを読む]
  • 具体物●と抽象物『数字』の合成
  • 数を学ぶときははじめは具体物を使い、ひとつ、ふたつ、みっつ、、、(もちろん、1,2,3、、、でもいいです)と数えていきます。これは1対1の対応。合わせた数を考えるとき、具体物同士であれば●の数をすべて数えればいいわけです。このように量を目で捉えていくことで数を理解していきます。そこから次のステップは抽象物である数字を入れていくことです。いきなり数字同士の合成ではなく、具体物●と抽象物 数字の合成を [続きを読む]
  • 10の分解を楽しく〜プラステン
  • プラステンは10を作っていくオセロゲームです。回を重ねるごとに楽しさを味わえます。今現在は販売されていないようでとても残念ですが。。。みなさんの遊びの参考になれば幸いです。まずは10作りで遊んでみましょう。10はいくつといくつに分けられる 2つ、3つ、4つに分解してみましょう。難しい場合はおはじきを10個用意して分けてみるといいですよ。いろいろな分け方があるとわかったら早速ゲームをしてみましょう  [続きを読む]
  • 興味が広がるこどものための本
  • この夏、近くへお引越しした生徒さんのおうちでは本やおもちゃの断捨離が行われました。私の教室でお預かりする最終学年の3年生です。たくさんの本やおもちゃを寄贈していただきました。まずはこちら。100円ショップの本です。(現在では売られていないそうですが。)小学校受験する場合、お話をたくさん知っている必要があります。受験を経験したお母様ですのであらすじを知るにはいいですよ。とのことでした。やや、短くまと [続きを読む]