錫杖流 山歩き さん プロフィール

  •  
錫杖流 山歩きさん: 錫杖流 山歩き
ハンドル名錫杖流 山歩き さん
ブログタイトル錫杖流 山歩き
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/toraai
サイト紹介文諸国名山歩き 放浪の旅 美しき棚田
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2014/09/29 19:15

錫杖流 山歩き さんのブログ記事

  • 北アルプスの女王「薬師岳」その7 山頂パノラマ
  • 日本100名山薬師岳は標高2,926 m。劔・立山と代表する飛騨山脈立山連峰にあっては別格峰。とくに富山市街が眺める薬師岳は横幅が大きいので存在感があります。山頂には二等三角点が設定されていて点名は「薬師ヶ岳」。山頂の祠には金ぴかの薬師如来像が安置されていました。開山祭は、6月中旬。有峰ダムに沈んだ有峰村の民がいまでも開山登山されています。登っている際は、常に槍ケ岳が存在感No.1でしたが、山頂に立った [続きを読む]
  • 北アルプスの女王「薬師岳」その6 サミット
  • 薬師岳、最後の坂を登り終えると水平道がサミットまで導いてくれているのが判る。一時は下山も考えたが、山頂を目指してほんと良かった。只今の時刻は朝7時を過ぎた頃でしょうか国内屈指の名山山頂で朝を迎える事が出来るのはとっても贅沢です。山頂までの数分間、何度も振り返り右に左と撮影した写真をどうぞ見てやってください。天気回復を告げる猛烈な風が富山県側が吹き上げてきていました。2アルプス山海で一際、目立つ男前 [続きを読む]
  • 北アルプスの女王「薬師岳」その5 天気回復の醍醐味
  • 薬師平から一気に標高200mの急坂を登る辺りからアルプスに架かる雲が一気に取れてきました。信さんの呪文が効いたようです。薬師岳に登る目的の一つに槍ケ岳を見たいという想いがありました。この角度で見る事はあまりないですから新鮮そのものです。我ながらガスが取れて行く度にテンションが上がっていきました。「おー 槍だあ」と大きな声を出すと先行のお二人がこちらを振り向いてくれました。富士山と同じく、やはり槍ケ岳を [続きを読む]
  • 北アルプスの女王「薬師岳」 その4 雨上がりの薬師岳へいざ
  • 夜中10時頃、目が覚め窓から外を見ると薬師岳方面は厚い雲富山市街からは明るいネオンの光が瞬いていました。太郎小屋には古いゼンマイ式の掛け時計があって1時間毎にボーン ボーンと懐かしい音を鳴らすのだった。日付が変わる頃だろうか トタンに当る雨音が強くなって来た。雨音は一向に鳴りやまず3時頃まで聞こえていた。かみさんかは外を見ながら「もうあかんな今日は」と一言「こんな日もあるわさ」と二言目不安が先に来て [続きを読む]
  • 北アルプスの女王「薬師岳」その2 山の天気
  • 薬師岳の稜線には、いち早く天気下降サインこの雲が出て来たら山の天気は一気に下り坂小屋へ急ぎます。2次にレンズ雲が出現345乾燥した空気と湿気を伴った空気が闘って出来る龍の鱗雲624mm7ここからは12mmで8残雪出現910雪田地帯11121314劔に雲がかかりました。これは完全に諦めモード突入。15右上には五光岩16森林限界突入1718残り1km1920標高2330m 太郎小屋到着ものすごい雪の重さに耐えて立ってるのが判りますね小屋には [続きを読む]
  • 北アルプスの女王 薬師岳 その1 入山
  • 標高1365m 薬師岳への登山口「折立」に立つ11時出発山を愛し自分の経験と体力にあった行程をとりましょう。とある。今日の行程は、標高2330mに建つ「太郎小屋」までです。地図上の標準タイムは4時間標高差約1,000m1時間に標高250m。カメラ機材はNikonD800Eレンズ1:ニッコール28-300mm f3.5-5.6Gシグマ12-24mm f4 DGシグマ150-600mm f5.6-6.3DG OS HSMシグマ50mm f2.8マクロシグマ105mmf2.8マクロ三脚軽量アイゼン一式 [続きを読む]
  • レンゲツツジ咲く「乗鞍高原」 その2
  • 乗鞍高原は、乗鞍岳の東面に位置し朝陽が夜明と共にあたり刻々と高原を明るくしていきます。明るくなるに伴い、鳥達のさえずりがどんどん増えてくるのが特徴です。一の瀬園地から標高を約100mほど上げた牛留池にやってきました。先月、訪問した際の風景と見比べていただくと湿原に生息するミツガシワの群落がずいぶん成長したことや乗鞍岳の山肌が雪解けが進んでいる事が判ります。2324mm419mm512mm678910来月になると湿原 [続きを読む]
  • レンゲツツジ咲く「乗鞍高原」
  • 6/15 は乗鞍高原で朝を迎えました。先月も訪問しましたが、6月は乗鞍高原を象徴する風景の一つレンゲツツジの花が見たくなりました。朝7時頃迄、高原での撮影を行ってから今回の目的地であるアルプスの名峰の登山口に向いました。数回、高原での記録をアップします。本編であるアルプス紀行まで編集が間に合わないというのが本音です。まずは、12mmでの1枚です。23今回は、まいめ池スタートでなく、どじょう池から撮影開始。4 [続きを読む]
  • 6月のアルプスへ
  • 旅の始まりは、乗鞍高原「三本滝」駐車場からです。標高約1800mから星空の撮影を楽しみました。翌日は、山小屋泊まりなので時間に余裕がありました。朝一番は、大好きな乗鞍高原6月の様子を追って見ようと思います。乗鞍シリーズは今夜、第一弾をアップする予定です。NikonD800Eレンズ シグマ12-24mm f4 12mm域 iso4000  30秒開放 [続きを読む]
  • 鈴鹿山脈の槍ケ岳 「鎌ヶ岳」
  • アルプス紀行は明日からになります。6/11 標題にあります鎌ヶ岳に登ってきました。この日は、家のすぐ近くでトラブルがありまして警察・消防等さんによる厳戒体制がなされた為、家に帰宅出来ない状態でした。それでは、時間が勿体ないということで鎌ヶ岳に登ろうと今年4度目。鈴鹿スカイラインは武平峠へ向いました。登山口を夕刻5時15分スタート。2レンズは、シグマ150-600mm と12-24mm にニッコール28-300mmの3点セットです [続きを読む]
  • シグマ12-24mm f4 DG HSM
  • アルプス紀行はもう少し先になります。先日新調しました超広角レンズ シグマ12-24mm f4 DGの試写登山をいつもの山で行ってきました。6/9の夕刻でした。この日は、朝からたくさんの雨が降りました。雲の様子を見ていると夕方になればなんとか晴れ間が出るだろうと予想できました。1,100gと広角レンズとしてはかなり重量感があります。耐ショック用専用ケースに入れるとザックの中でも結構なスペースが必要となり、小さく軽いレン [続きを読む]
  • 信楽高原鐵道 世界の車窓から
  • 以下信楽高原鐵道株式会社さんのHPより信楽高原鐵道は、JR信楽線を引き継ぎ、昭和62年7月、第三セクター鉄道として開業しました。貴生川(甲賀市水口町)から、信楽間を結ぶ延長14.7キロメートルの鉄道です。信楽町には、豊かな歴史と信楽焼の里として、また標高285メートルの緑あふれる高原の町として、優れた観光資源がございます。なかでも信楽焼は、今から1,275年前の742年、聖武天皇により離宮として造営された紫香楽宮の宮瓦 [続きを読む]
  • 三筋の滝と雨の信楽高原
  • みずの森植物園を後に信楽高原に向います。滋賀県県道12号線。はじめて走る道路です。かなりアップダウンがあります。途中、新名神高速道路の橋桁の下を通過、なんか見覚えのある十字路を通過。そうかここはtakayanさん宅近くなんだと位置関係を理解します。信楽高原に向けて走ると道のすぐ下に奇麗な滝がみえてきました。土砂降りですが、傘さして滝の撮影を楽しみました。1枚目はトキナー16mm域 iso50 f22 2.5秒開放228mm [続きを読む]
  • みずの森植物園 遊庭の花達
  • 昨日に引き続きみずの森植物園をお届けします。しかし土砂降りなのでまともに外での撮影は出来ませんでした。館の入口には、大きな庇があるのでそこからの望遠撮影となりました。1枚目の写真は、雨が弱まってから傘さして噴水の近くに寄り50mmで撮ったものです。takayanさんのマネです。こういうシチュエーションでシャッタースピードを換える遊びをしてみるとカメラの要素が判り易いですね。2150-600mm 34600mm567891011121350m [続きを読む]
  • 水生植物公園みずの森 アトリウム編
  • takayanさんのお膝元滋賀県草津市の植物園に初訪問してきました。これは、6/7(水)の記録です。この日は、一日強い雨が降っていました。お昼迄仕事をして、雨の為山登りに気持ちは向かず「そうだ、こんな時こそ植物園」だと閃いたのでした。入場料300円を払って入館。いきなり「むわッ」と湿度100%温室サウナのお出迎えレンズは、50mm 28-300mm 16-28mm 180mm  150-600mmの5本温室内の水槽を半時計回りに5本のレンズを換 [続きを読む]
  • 圧縮効果アート  SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM 
  • いつ登って来たか忘れてしまいましたが、多分6/5の夕暮れ時です。ネタづくりに新調した望遠レンズを担いでトレーニングしてきました。1枚目はいつもの影アングルを50mmで撮影しています。単焦点の50mmもなかなかの解像度です。影錫杖の山頂の左側の植林帯を600mmで切り取って行きますので御注目下さい。SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMにチェンジ23456789600mmの世界は新たな視点をプレゼントしてく [続きを読む]
  • 美しき大三角形 鎌ヶ岳
  • 御在所岳から鎌ヶ岳撮影ポイントまでの間は、シロヤシオツツジ群生の森を歩きます。時間にして15分少々なのですが、これが実に気持ちのいい登山道なのです。2錫杖ヶ岳には見られない植生なのでとっても新鮮でした。3到着西に薄い雲があって光量が足りない。456花があるとこんなにも明るい感じになる。78また来ましょう。次は、御在所山頂で星空撮影にします。 [続きを読む]
  • 御在所岳からの展望を
  • 6/3 会社を昼で上がりいつもの山(錫杖ヶ岳)に登りました。山頂からの展望を楽しんでいると鈴鹿山脈の雄「御在所岳」が呼んでるような気がして思い立って登ってきました。武平峠(標高810m)には夕方5時到着レンズはNikon28-300mm・トキナー16-28mmの2本目的は、鎌ヶ岳の夕暮れを撮影することでした。いつもの1本指岩には早く到着し、夕暮れに時には早いので御在所岳山頂迄足を伸ばしました。1枚目の写真は山頂近くの「望湖台 [続きを読む]
  • 初夏に咲く花達 錫杖ヶ岳
  • 小紫陽花2いつもの山にて初夏に向かって咲く花達を追ってみました。3一度覚えたんですが、名前忘れました。かなり大きな花になります。4シライトソウ5エゴの木の花登山道はこの花が落ちると白い絨毯になりますね6風待ちベンチ728mm8たまにはズームでいつもの木と語り合います。91011サラサドーダン12緑のトンネルを抜け13最後の急坂141516以上6月前半、錫杖の森に咲く初夏の花でした。10年前までは、笹百合、 [続きを読む]
  • 時には空を見上げてみよう
  • 笹百合の花を撮影した後、車を走らせているといい雲が流れていました。そうとなれば電柱のない撮影ポイントへワープ。2圃場整備された田も麦に転作される農家が増えて来ていますね3稲の子供達の生育ぶりを観察するのいいものですね4いつまでも残って欲しい私の好きな撮影ポイントです。5最後に公園に寄って空を見上げます。67リフレッシュして会社に戻りました。昨日。新レンズが届きました。シグマART 12-24mm f4DGまたさらに [続きを読む]
  • 笹百合の花咲く頃に
  • 6/2、昼休みに笹百合の花を見てきました。一昔前は、山に入らなくとも里山のあちらこちらでよく見かけたものです。わたしの通う錫杖ヶ岳も峠の笹原に群生があってこの季節になると風に乗ってササユリの甘い香りが楽しめたものです。ここは、地元の愛好家グループで作る里山保存会さんが管理をされています。レンズを換えて撮るのも面倒なのでシグマ150-600mm1本携えて笹百合園に入場。協力金200円管理人の一人は中学校の恩師挨拶 [続きを読む]
  • 季節は進む
  • 季節は進み、このモチモチの木も葉が生い茂り錫杖の森に同化してきています。2山頂の友3彼の冬の姿44月の頃56月6この日はいい雲が流れしばし雲と話す。7おーい雲さんよどこへ流れていくんだい89わたしの日課は3日に1度のペースで続いてます。いつでもアルプスに行けるように鍛えてあるんですがなかなか取れないモドカシさよストレス解消のためレンズ購入意思を固めました。皆様 よき一日を! [続きを読む]
  • 星空の鈴鹿山脈
  • 休みが取れないので何かストレス解消はないものかと夜の鈴鹿山脈を歩いてきました。連休なんていつ以来とってないでしょう。多分4月にtakayanさんご夫妻と鹿児島弾丸ツアーに行って以来取れてないです。(泣)昨年の今頃は、何を思い立ったのか槍ケ岳に登ってます。小屋のHPを覗いてみると真っ白 白銀の世界です。という訳で先日、出勤前に登った鈴鹿山脈 鎌ヶ岳があまりにいい形だったので妄想を夜景・星空に膨らまし行っ [続きを読む]
  • ザ・快晴 5/27
  •  会社で私の机は窓際にあります。5/27 この日は朝からいい雲が流れてました。窓際の席から外を眺めていると居ても立ってもおられなくなりお昼休みカメラを持って近くのお城に上がりました。こんな日は、山に登ろうと仕事を切り上げていつもの山へGO!2山では爽やかな緑の風が吹いていました。34夕刻5時30分456今日も一日ありがとうございました。と見上げて下山しました。毎晩卓球とテニス観戦です。 [続きを読む]