錫杖流 山歩き さん プロフィール

  •  
錫杖流 山歩きさん: 錫杖流 山歩き
ハンドル名錫杖流 山歩き さん
ブログタイトル錫杖流 山歩き
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/toraai
サイト紹介文諸国名山歩き 放浪の旅 美しき棚田
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2014/09/29 19:15

錫杖流 山歩き さんのブログ記事

  • 諸木野の牛繋ぎ桜
  • 一昨日は、大雨の予報から足早に天気回復しまたまたラッキーな桜旅に出かけました。集中して撮影出来るのは、頑張って2ヶ所が関の山一昨日は朝5時から夕暮れ7時までの間、4ヶ所において旬な撮影を楽しむ事が出来ました。合計600kmのロングドライブ。一足早いゴールデン休暇となりました。今年は最大10連休という事ですがわたしは無しです。(トホホ)ブログを綴る事に専念しましょう。今日の内容は、4/20(木)早朝に訪れました [続きを読む]
  • 佛隆寺 千年桜ライトアップ
  • 4/19日 仕事が終わってから車を走らせました。目的は、奈良県の宇陀市榛原にある千年桜『佛隆桜」のライトアップを目指しました。自宅から2時間くらいかかるかなと予想していましたがちょうど1時間程で到着。混雑してるかなと思っていたら案の定、交通整理。道がとても狭いのでシャトルバスでの送迎になりますとの案内でした。係員から、実は数日前に全国ネットの報道ステーションでこの桜が放送された為、一気にお客様が集中さ [続きを読む]
  • 又兵衛桜 また来年逢いましょう
  • 日没寸前となり、辺りはひんやりした雰囲気に包まれていきました。1枚羽織ろうかと思いましたが、車迄300mmあるので半袖半ズボンで頑張りました。西山の尾根には真っ赤な太陽がゆっくりと落ちて行きます。陽が完全に落ちきる迄又兵衛桜と向き合いました。来年はもっと上手くあなたが撮れる様に精進します。真横には、趣のある桜が後で調べたら北向地蔵桜とありました。この桜も又兵衛桜といっしょに生きて来たのですねこれにて [続きを読む]
  • 又兵衛桜 夕陽浴びて
  • 又兵衛桜をぐるっと1周して一通り撮影の後、ここで一旦、takayanさんと離れて撮影開始。takayanさんは、24-70mmと70−200mmどうやら枝垂の瀧ザクラを中心に撮影されてる様でした。私の方は、陽が傾き始めてるので500mmの望遠域で捉えてみようと桜から東へ東へと離れつつ又兵衛さんが逆光線に入る様に撮影開始しました。孤高の一本桜は美しいなあと一人感嘆しきりでした。夕暮れる寸前まで粘り又兵衛桜さんと会話しましたので明日を [続きを読む]
  • 又兵衛桜 その1
  • 談山神社を後にして帰路に向う途中、takayanさんと車内で「確かこのあたりに又兵衛桜があったんじゃないですか」との話が上がりせっかくなので寄って見ようと決まりました。車を進めるとちょうど看板が出てきました。いつもならもう葉桜でもおかしくないのですが今年は一番いい時期にあたったのかもしれないとワクワクで1本桜に逢いにやってきました。駐車場に到着した時間は15時30分過ぎ陽が傾き始めようとしていました。まずは [続きを読む]
  • 桜旅 談山神社
  • 吉野山から帰路の途中、もう一つ桜の名所に寄ってみました。前々から桜の季節もいいよと聞いていた談山神社です。ここは紅葉寺としてとっても有名なのです。御破裂山へは20分紅葉時にまたきましょう5番の駐車場に止めて6番の塔を目指します。斜光が射し始めていまして桜の撮影には陰影が出始めていました。逆光は撮りにくい条件の中の撮影会となりました。感想としましてこの神社は紅葉に来た方がいいと思います。時刻は3時を廻 [続きを読む]
  • 吉野の山桜
  • 時は、4月14日となります。志布志からさんふらわあで大阪南港に着岸。ぐっすりと眠ったので充電バッチリ・旅モード覚悟して大渋滞必至の吉野千本桜を目指します。わたしは過去2回訪問していますので、あの渋滞を容易に連想出来ます。でもtakayanさんご夫妻は始めての訪問との事。そうであれば、渋滞なんて関係ない行くしかないと覚悟しました。始めは、橿原神宮辺りから特急電車で行きましょうかと渋滞を避ける策を練っていました [続きを読む]
  • 弾丸フェリー 根占の桜並木 鹿屋を経由して志布志へ  最終章
  • 弾丸フェリー 大隅半島8時間1本勝負と題して綴って参りました慌ただしい旅も今回が最終章。気ぜわしい旅にお付き合いいただきましてありがとうございます。本当は、鹿屋あたりで一泊してもう一日大隅観光したかったのですがあくまで弾丸にコンセプトを置いています。こうした枠組みの中で、いかに行動出来るか旅術が試されるのもいいのかもしれませんね何らかのトラブルがあれば、フェリーに乗れなくなってどうするのなんて事もあ [続きを読む]
  • 弾丸フェリー 大隅半島 雄川の滝
  • 今回の大隅路の旅においてこの滝の存在がわたしの中では一番大きな目的でありました。その名は「雄川の滝」まずは、その展望台に立って全容を俯瞰しました。位置の確認をしますと大隅半島でも西に位置していまして、滝から少し車を走らせば錦江湾。根占港です。始めこの滝を知った時は、なんで100名瀑に入ってないんだと思えるくらいのインパクトを感じました。南大隅町の根占地区を流れる雄川上流にある落差46m、幅60mの滝で [続きを読む]
  • 弾丸フェリー 大隅半島 東海岸を南下
  • 大隅半島 国道448号線それはそれはのんびりとした風景でした。気温はぐんぐん上昇しクーラーON!takayanさんはコンビニで暑さにたまらず冬モードから夏モードに着替えてました。事前の調べでよき漁場だと聞いていた内之浦港はこじんまりとした港町でした。そしてこの内之浦は衛星ロケットの発射台があることでも有名ですねそれに関連したいかにもお金がかかってますと一目瞭然の宇宙観測施設を車窓から見ました。なんだか撮影する [続きを読む]
  • 弾丸フェリー 大隅半島 志布志港上陸〜ルービン畑
  • 船上で日の出を迎える心地よさ4/13 朝6時頃朝風呂に入り、甲板で爽やかな風に当りました。位置的には宮崎県日南市辺りでしょうか月の暦は十六夜昨夜はさぞ明るい月夜だったのでしょう洋上での撮影を楽しむという思考は生まれないなぜなら、寝心地が良くて熟睡していたからです。今日は穏やかな日本晴れのようです。モーニングバイキング店内放送で、「只今 都井岬が見えてきました」とありましたので外へ出てみまし [続きを読む]
  • 弾丸フェリー 鹿児島県大隅半島 滞在時間8時間1本勝負
  • 先月旅した薩摩路(鹿児島市内〜いちき串木野〜天草〜枕崎〜開聞岳〜指宿〜垂水〜桜島一周)約1ヶ月間、ブログにて旅を綴っているとある公告がわたしのブログに入って来る様になりました。おそらく様々に鹿児島の調べものしていたからだと思います。その公告はこれです。↓鹿児島往復1万円。いてもたってもおられず鹿児島の右半分 大隅路に旅してみたくなりました。これならばtakayanさんご夫妻もお誘い出来るかなと電話すると即 [続きを読む]
  • 又兵衛桜(本郷の瀧桜)
  • 夕暮れを迎える「又兵衛桜」別名「本郷の瀧桜」とtakayanさんに教えてもらいました。大阪夏の陣で活躍した戦国武将後藤又兵衛が当地へ落ち延び、僧侶となって一生を終えたという伝説が残り、この垂れ桜が残る地も、後藤家の屋敷跡にあることから地元では「又兵衛桜」と呼ばれて親しまれているそうです。NHK大河ドラマにこの桜の映像が使用されたことから一気に有名になりました。私がこの桜を知ったのは20年程前。朝日グラフ [続きを読む]
  • 吉野山桜
  • こんにちわ旬な情報は1番が宜しかろうと吉野の山桜を3枚takayanさんご夫妻との旅を終え仕事という現実に戻りました。今回の旅は、フェリーで鹿児島志布志港に渡り大隅半島を半日観光してその日の夕方またフェリーに乗って翌朝帰阪。その日は桜詣。吉野山談山神社又兵衛桜と3ヶ所を巡りました。全行程時間約53時間の内(takayanさん宅基点)フェリー乗船時間32時間なんと60%がフェリーの中でした。おかげさまで寝不足という事は [続きを読む]
  • 里山の美しさ
  • 四賀村にてふと目に入った山肌に信州の素朴さを感じました。こんな風景がとても好きなんですよ今朝は、鹿児島で朝を迎えています。ではしばらくの間、ブログはお休みです。 [続きを読む]
  • 春まだ浅き信州へ
  • 4/9。夜行日帰りで山の恩師の一周忌に行ってきました。いつもの季節感なら松本も満開の桜が咲いてるのですが今年は全国的に開花が遅く信州は梅の花満開でした。まずは、塩尻市のみどり湖にある水芭蕉園にいったのさ雨降り有難い事に東屋があってそこから望遠で狙ったりしてます。こんにちわ法要後、せっかくなので豊科のアウトレットで山用のズボンを購入。四賀村へいったのさいつも利用する駐車場前のおばあちゃんと会話去年 [続きを読む]
  • 癒しの森に
  • いつもの木に一礼して山頂を目指します。ここは標高550mあと100m少々で山頂です。ここまで来るとまだまだ春は先だなと感じます。されどあと2週間もすれば新緑シャワーになるんですよまたその時の様子も後日掲載しますよいきなり山頂絶景ブルー友達も太陽の光をいっぱい浴びて充電中こっちの友も同じく充電中彼も元気そうですこの森が新緑に覆われてくると思うと大地のパワーのスゴさに身震いしますね新 [続きを読む]
  • 森のダイヤモンド
  • 4月に入り、久しぶりにカメラ片手にいつもの山に入りました。機材はNikonD800E にシグマ105mmマクロ・トキナー16-28mmの2本登りは全て105mmです。季節はまだ春浅く、標高の低い所ではようやく花が咲き、芽吹きが始まっていました。この時期限定 森の中で輝くダイヤモンドを撮ってきましたので見てください。1枚目はウツギの新緑ですね2ミヤマカタバミ アマピン3456789植物が喜んでるのが伝わってきますね今日はここま [続きを読む]
  • 森のダイヤモンド 2
  • 昨日に引き続き早春の季節森の中で芽生える植物の命を追ってみます。今日は標高300mから500mあたりのものです。これは常緑樹ですねこの季節は、何を見ても緑って素晴らしいなあと思えて来ます。明日は山頂編へ参りましょうこうしている間には植物達はニョキニョキと森の中で生まれて来ています。 [続きを読む]
  • 薩摩路最終章 フェリーで桜島周回。
  • takayanさんご夫妻と巡りました早春の薩摩路も今日で最終章となります。旅に出たのは、ちょうど1ヶ月前の出来事です。その間、ユキワリイチゲの撮影会やtakayanさんのダウンなど様々な事柄がありましたね。私と言えば、この間いつもの如く休みは無い状態。されどこのブログを綴る事で私の精神状態はバランスを保つ事が出来ました。気がつけば桜満開次の旅に山にと移行する季節となりました。名残惜しいですが、今日は一気に最後 [続きを読む]
  • 魚見岳からの展望と知覧武家屋敷
  • 休暇村指宿を8時ちょうどに出発。当初のよくばり計画では、山川港からフェリーで根占港(大隅半島)に渡り、佐多岬を目指そうかと思っていました。しかし、フェリーの出航は朝8時無理はせずに鹿児島市に向って観光しながら北上しました。写真は、休暇村の近くにある魚見岳展望台より桜の名所のようですが、時期が早く観光客は皆無でした。もう今は満開でしょうね遠く開聞岳が見えます。中央やや右です。眼下には知林ヶ島が見られ [続きを読む]
  • 休暇村指宿で過ごした15時間。
  • 今宵の宿「指宿 休暇村」には夕方5時頃チェックインしました。思い返すと、この日は朝3時半に起きて串木野市羽島の「かたりべ」さんを4時に出発しています。その前日も鹿児島市のゲストハウスを早朝に出発しています。その上、開聞岳登山とハードなスケジュール。私でも早く横になりたいのだからtakayanさんご夫妻の疲労度は計り知れないものと思います。改めて破天荒な強行スケジュールを組んでしまった事すみませんでした。冒頭 [続きを読む]
  • 薩摩富士山頂 ・ 日本最南端の駅「西大山駅」
  • 海の家「かたりべ」さんに急遽作っていただいた奥様の18番「卵焼き」とおにぎり甘くて美味しかったです。そして開聞岳山頂からの景色です。28mmでまず1枚眼下に池田湖が見えてます。観察すると菜の花の黄色もよく判りますね右下に見えるゴルフ場ゲンゴロウさん所縁の地でしょうかせっかく担いで来たので15mm フィッシュアイに交換山頂にある大きな石の上に立って撮影しています。右端が長崎鼻です。この高度感が開聞岳の特徴です [続きを読む]
  • 薩摩富士 展望編
  • 薩摩富士(開聞岳)の良さは、その展望にありと言っても過言ではありません。前回登った際にその事を強く思ったので今回の山登りでは、展望の撮影をとても楽しみにしていました。長崎鼻です。長崎鼻(東)方面は、開聞岳が風をブロックするので海凪となります。反対側の枕崎方面はご覧の様に強い波が立ちます。この自然に作られたカーブがたまらなく美しいですね遠くに佐田岬8合目から上は視界が開け右に左にとカメラワークが忙し [続きを読む]