格安CDエクスプローラー さん プロフィール

  •  
格安CDエクスプローラーさん: 格安CDエクスプローラー
ハンドル名格安CDエクスプローラー さん
ブログタイトル格安CDエクスプローラー
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/cdexplorer18
サイト紹介文<100円からのCD批評>〜中古CDを漁り歩いて幾年月/好きなジャズ、ラテン音楽の批評
自由文ウッドストック世代の音楽体験が強烈に残っているオヤジ。
青春期にサンタナ大ファンとなってから、ラテンを愛好し、同時にジャズ喫茶でのコルトレーン洗礼も受け、ラテンとジャズが愛好のフィールド。
この格安CD探しという行動は、ケチケチ性質と音楽愛好の趣味と実益を兼ねた行動。これは、既に30年以上培ってきた習い性です。
「金も出さずに、口は出す」がコンセプトでした。言いたい放題ご容赦あれ!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/09/29 21:16

格安CDエクスプローラー さんのブログ記事

  • 超絶テクの先に感じさせるサムシングとは何か?
  • Brecker Brothers [Heavy Metal Bebop]   (Novus /1979) 再発:1990 日本盤  108円   星3つ半〜凄くイカシタブレッカー兄弟の初期名盤だと思える1枚。70年代ならではの、テクバトルというか、テリー・ディボジオのF.ザッパ門下生たる所以が聴ける馬鹿テクドラムとして、ドライブ感に満ちたガタガチャドラミングを提示しながら、ギターのB.フィナティと一緒くたになってハードメタル感をに塗りたくっ [続きを読む]
  • 時間と共に風化するアシッドジャズの姿を回顧する
  • lThe Quiet Boys [Can’t Hide the Vibe]   (Acid Jazz/1992) EU盤  108円   星3つ〜ジャケイメージとタイトルから何やらバイブラフォーンをメインに使ったアシッドジャズかと期待して購入してみたが、それほど活躍していない。Vibeとは、バイブレーションのことなりと知ったのが、後の祭りであって親父の感性の無さか? Quiet Boysとは、どんな構成メンバーかは知らねど、例によって打ち込みのベースリ [続きを読む]
  • ジャケ買いCDに感じる「聖と俗」
  • Jane Barkin [A La Legere]   (Philips/1998) フランス盤  100円   星3つ〜まあ、何とも素ん晴らしい、色っぽくも眩惑的なCDジャケであり、これでもう買い!変則的な紙ジャケで緑と自然のイメージ、木の葉の脈をクローズアップした写真で、そのイメージからフランス語が全く理解不能な自分でもエコロジーなメッセージを感じ取れる。ジェーン・バーキンは、60年代からそのセクシュアリティとコケティッシュ [続きを読む]
  • エッジの効いたサウンドで実力をみせるアーティストの今風
  • Hiromi Uehara [Hiromi’ s Sonicbloom /Time Control]   (TELARC/2007) アメリカ盤  250円   星4つ〜若手アーティストがデビューして売り出す手法の一として、テクニックの凄さとその手腕を表現する為の曲作りが如何に評価されるかという部分にかなり力点が置かれる事が多い。特にジャズ系ミュージシャンの超技巧テクは、それでかなりアーティスト像が決まってしまうように思う。我が国から飛び出し、 [続きを読む]
  • MPB界での超ベテラン勢が見せる楽しく安定した世界
  • Joao Gilberto [Joao]   (Philips/1991) 日本盤  250円   星4つ半〜ジョアン・ジルベルトが約10年ぶりにリリースした1991年のアルバム。70年代から80年代は、彼にとって不遇の時期だった訳だが、その反動として本作の発表以降日本などでは、もう伝説のMPB巨人扱いとして神格化に近い騒がれ方をしてしまった。しかし、彼の本質は一向に変わらない、いわばマンネリを通り越した至芸のボサノバであり、殆 [続きを読む]
  • ジャズ&フュージョンの交錯する音世界の立役者
  • Miles Davis [Aura]   (Columbia/1989) アメリカ盤  140円   星3つ〜1984年にマイルスが欧州公演に際、どうやらデンマークで現地の企画に沿って録音した経緯があるらしい。そして、ワーナー移籍後のリリース、CBS最後のアルバムになっていった経緯は、おそらく思ったより出来栄えが良くなかった為、リリースが遅れたのでは?といった疑念も生まれそうなアルバムである。我々が知っている参加ミュージシャ [続きを読む]
  • 鉄板AORの名手の新旧アルバム
  • Donald Fagen [Morph The Cat]   (Reprise/2006) アメリカ盤  140円   星4つ〜ドナルド・フェイゲンが大ヒット作『ナイトフライ』に似たジャズ系の都会的路線に回帰したとも思える、内省的で政治や社会への彼自身のまなざしも感じさせる快作。前作『カマキリアド』はSF的な作り物の世界という感じがどこかあって、そのプラスチックさが妙に気になったアルバムだったが、今回はそうしたテイストは少なくな [続きを読む]
  • ドライビングミュージックのお供になるアルバム
  • Various Artist [Feeling Groovy10 / Raimbow ]   (Wea/1995) 日本盤  108円   星3つ〜70年代フュージョンのトップヒットアルバムに集録されていた楽曲の中で、有名アーティストによるコンピレーションの『Feeling Groovy』なるシリーズ第10作目。これは、タイトルの比較的メロディアスで、親しみやすい曲想の作品に焦点を当てた<レインボー>なるイメージで、優しく美しいBGMフュージョンで、今風の [続きを読む]
  • 主張の濃いブラック女性ミュージシャンの肖像あれこれ
  • Lauryn Hill [Unpluged 2.0]   (Colmbia Sony/1996)  2枚組 アメリカ盤  108円   星3つ〜『ミスエディケーション』の大ヒットで、いちやくブラックミュージック界で旋風?を巻き起こしたローリン・ヒルが、アコースティックなサウンド(ギターとベースくらいの伴奏)で構成した2枚組。ブラックミュージック好きなマニアには、かなり評判が良いらしく、CD『ミスエディケーション』を持っている1人として [続きを読む]
  • 昔から変わらないベタなブラックネス感性
  • Barry White [I Love To Sing The Song]   (Success/1991) ノルウェイ盤  108円   星3つ〜若山弦造かフランク永井か(古いね〜!?)はたまた、このバリー・ホワイトか低音の魅力ボイスで囁くように迫るスタイルがトレードマークな歌い手の代表格。クインシー・ジョーンズの的を得た起用によって、日本でも人気を得た人だが、黒人の音楽マーケットでは女性からの人気絶大であり、自分の楽団/ラブ・アン [続きを読む]
  • インチキ海賊盤レーベルの成功例VS失敗例
  • Doors [Go Insane]   (Oil Well /1994) アメリカ盤  108円   星3つ〜ブートレッグとしては貴重で、かつ割とまともなシリーズを出しているこの『Oil Well』なるCD企画会社は、他のロックアーティストのライブ録音盤リリースで、時折ホームセンターや駅構内の格安CDワゴンセールにて見かける。このアルバムは、そのクレジットを額面通り信用すると1967年12月22日にロサンゼルスのとあるライブ会場で収録 [続きを読む]
  • ラテン今昔物語〜トレンドと変わらぬ音の流れ
  • NG La Banda [Cuban Rock Spirit]   (Nurakamis/1995) 日本盤  100円   星3つ〜村上龍がキューバ音楽にの盛り込んでいた90年代に、彼のプロデュースで日本にて録音された、如何にも村上龍の『俺様のラテン&キューバ音楽』という気負いが感じられ、少しプラスティックな雰囲気もある作品。昨年末にBSで久保田トシノブがアメリカと国交を回復したトレンド的なキューバに乗り込んで、ラテン世界の文化と流 [続きを読む]
  • 正体不明の3文バッタCD商品での意外な出会い
  • Art Blakey [Art Blakey/Sound of Jazz Vol.1]   (Luxuy Media/2000) EU盤  100円   星3つ〜何やら正体不明の中身で、レーベル廻り、デザイン、クレジット一切なしの“お見事さ”というバッタモノインチキ路線CDの王道で、気まぐれの購入だったが、意外と面白いJAZZコンテンツとなっている。パーソネルも録音時期や場所も不明なのだが、ライブ録音で、オリジンは何か既存のアルバムの流れとも違いそうで [続きを読む]
  • JazzのBGM考〜バッタものコンピレーションあれこれ
  • *中古CD屋を巡っていると、しょっちゅうJAZZコンピレーションのバッタCDに出会う。ほとんどのシリーズ企画がバブリーな1990年代初頭のもので、おしゃれなカフェバーでジャズをBGMとして流すことが日常化していた時代という話だが、今日では居酒屋から下手するとうどん屋チェーン、はたまた衣料品店でも売り場の効果音楽として定着している。 バブリーな時代に粗製濫造(?)された柳の下にどじょうジャズシリーズは、真っ当 [続きを読む]