クハ481-103の駅巡り旅のページ さん プロフィール

  •  
クハ481-103の駅巡り旅のページさん: クハ481-103の駅巡り旅のページ
ハンドル名クハ481-103の駅巡り旅のページ さん
ブログタイトルクハ481-103の駅巡り旅のページ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/futaba-joban
サイト紹介文鉄道の旅を楽しみながらJR線全駅踏破を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2014/09/29 22:07

クハ481-103の駅巡り旅のページ さんのブログ記事

  • キムワイプ色はいよいよN33編成のみに
  •  「由利高原鉄道全駅下車の旅」もいよいよ最終回ですが、新潟の115系に大きな動きが見られたのでお伝えします。 新潟のキムワイプ色115系の最後の生え抜きであったN15編成。水曜日の夕方あたりからクモヤ143-51に取りつかれ、金曜日の昼頃には「クモハ115-1061」が抜かれて2両になってました。そして、昨日の朝見た所、その2両が通称「解体線」に据え付けられてました。 早速ですが、N9編成廃車後に新たに廃車になった編成を [続きを読む]
  • 由利高原鉄道全駅下車の旅(その6)
  • 16時19分に鮎川駅に到着。旧鮎川小学校に向けて周辺散策。駅舎向かいには「駅前食堂」が。肉汁が食べられるそうですが、食事の時間帯としては中途半端過ぎるのでスルー。2分ほど進むと㈱テーケーマシンに到着。格安自販機で缶ジュースを調達出来たので駅に戻ります。出発の前に駅裏を。田んぼの向こうには国道108号が通じており、ファミリーマートも。16時57分発の17D(YR2002)で矢島方面へ。17時ちょうどに黒沢駅に到着。片面ホ [続きを読む]
  • 由利高原鉄道全駅下車の旅(その5)
  • 14時15分に前郷駅に到着。曲沢駅まで駅間徒歩。養老閣を出て数分、由利体育館の横を通過。由利体育館の向かいには神明宮。由利高原鉄道全駅下車達成を誓ってきました。神明宮の隣には善隣館。言わばコミュニティーセンターです。で、その隣には由利図書館が。由利図書館近くの踏切を渡ると、一転して田んぼ道に。グーグルマップを信じて進みます。あぜ道を進んで行くといつしか曲沢駅に到着?!しかし、出入口はありません。要するに [続きを読む]
  • 由利高原鉄道全駅下車の旅(その4)
  • 由利高原鉄道11Dは、13時29分に川辺駅に到着。片面ホーム1面のみの構内です。それでは駅舎撮影。端正な形をした木造駅舎です。左手下には自転車置き場が。では駅舎の中へ。2層建てになっており、待合スペースが上下に其々設えられています。トイレがあったので1度目の歯磨き。29分の滞在時間で周辺をぶらぶら。収穫直前の田んぼ、以上です。13時58分発の14Dで羽後本荘方面へ。11Dと同じくYR2002でやってきました。14時15分に前 [続きを読む]
  • 由利高原鉄道全駅下車の旅(その3)
  • 12時17分に西滝沢駅に到着。まずは、100円メニューを目指して西滝沢水辺プラザへ。国道108号を子吉方面に進んで5分ほどで子吉川を渡ります。西滝沢水辺プラザは、その長瀬橋を渡ってすぐの所にありました。しかし、食堂はお盆休みだった!!道理で車が少ないなと思ったら。では、気を取り直して国道108号を矢島方面へ。西滝沢の駅前には農業倉庫が。吉沢橋が近づくと、青々とした栗の実が。その近くには菅江真澄歌詠み所がありま [続きを読む]
  • 由利高原鉄道全駅下車の旅(その2)
  • 日本の地震史上、異例中の異例とも言える2度の震度7を記録した熊本地震からちょうど1年になり、同地で慰霊式が行われました。今日の時点でも、まだ47,725人の被災者が仮設住宅などに避難しています。この地震で被災した豊肥本線の肥後大津〜阿蘇間および南阿蘇鉄道の立野〜中松間は未だに運転再開の目処は立っておりません。「あそぼーい!」も未だに本来の仕業に入れておりません。何度も言っていますが、今私がこうして駅巡り [続きを読む]
  • 由利高原鉄道全駅下車の旅(その1)
  •  四国一円でディスティネーションキャンペーンが展開されている2017年春、秋田県では「さく、さく、あきた」のキャッチフレーズの下で大型観光キャンペーンが実施されています。今月号のトランヴェールでは、秋田県内の渓流釣りが矢口高雄のコミックと共に紹介されています。6月24、25日には奥羽本線と羽越本線でそれぞれ旧客が走ります。 さて、今回紹介するのは、その秋田県の南部を走る由利高原鉄道です。由利高原鉄道は、19 [続きを読む]
  • 内野駅に110mの自由通路が
  • 2014年9月27日に橋上駅舎となった越後線内野駅ですが、去る3月26日に北口で長さ110mの自由通路が完成し、完成式典が行われました。一昨日、訪問するチャンスを得ましたのでレポートします。1524Mで内野駅南口に降り立つと、従来の桜色のきれいな橋上駅舎に加えて軒下にルーフが出来ていましたで、駅前には遠藤実顕彰碑が出来ていました。遠藤実はご当地出身の作曲家で、近くの松尾浜に遠藤実記念館があります。折角なので「高校 [続きを読む]
  • 新津駅がエコステに
  •  昨年10月下旬頃から工事していた新津駅。エコステモデル駅に生まれ変わり、本日セレモニーが執り行われました。武蔵溝ノ口駅の次にエコステとなったもので、確か6駅目だったかと思います。 そもそも新津駅はどういう駅か。新津駅は、信越本線の駅であり、磐越西線、羽越本線の起点でもあり、気動車区も併設する、いわば鉄道の要衝です。もともとは三角屋根の木造駅舎でしたが、2003年12月6日に橋上駅舎となりました。近くに「 [続きを読む]
  • 内房線全駅下車への道・第3回(その7)
  • 一昨日、JR東日本は、2018年から2020年にかけて上越新幹線にE7系を11編成を投入してE4系を淘汰する旨の社長会見を行いました。ちょうどその日、新潟のR28編成が北長野に廃車回送されました。これにより485系は一般車が完全消滅となり、文字通りジョイフルトレインだけとなってしまいました。「国鉄は遠くなりにけり」です。さて、本題に。13時47分発の167M(209系C435編成)で安房勝山駅を出発。海側のボックスに席を取り、浦安か [続きを読む]
  • 内房線全駅下車への道・第3回(その6)
  • お待たせしました。内房線駅巡りの続きにまいりましょう。その5はこちら14分遅れでやってきた161Mで木更津駅を出発。209系C440編成のみで、外国人の親子の横に座り昼食をとるのがやっと。保田駅で174Mと交換した関係で、16分遅れの13時3分に富浦駅に到着。交換可能駅で、島式ホーム1面2線の構内です。跨線橋を渡って駅舎の中へ。自動券売機と乗車駅証明書発行機の隣に窓口があり(「みどりの窓口」ではない!)、営業時間は6 [続きを読む]
  • 新潟の湘南色はN40編成のみに
  •  2017年4月1日、JR東日本は30周年を迎えました。その前日、新潟車両センターの通称「解体線」では怪しい動きが見られるようになりました。N2+N7編成が3月4日の1632Mなどに充当されて以来運用を離脱していましたが、その日の朝にはN2編成が、夕刻にはN7編成がクモヤ143-51に牽かれて「解体線」に据え付けられました。そして、今朝見たところ、N9編成も据え付けられていました。で、N2編成については、既に廃車解体工事に着手さ [続きを読む]
  • SLばんえつ物語運転開始
  •  山口県でDCが開催される2017年、日本最古のSL観光列車である「SLやまぐち」は、牽引機や客車が一新されるなど大きなターニングポイントを迎えています。そんな中、日本で最も長い距離を走り、収容人数も多い「SLばんえつ物語」は、本日、2017年の運転が始まりました。今年も磐越路には多くの撮り鉄が出動するのではないでしょうか。 それでは、運転初日となった、2017年4月1日の「SLばんえつ物語」の模様を見てみましょう。 [続きを読む]
  • 内房線全駅下車への道・第3回(その5)
  • 内房線駅巡りの前にニュースをお伝えします。本日、吾妻線の群馬原町、万座・鹿沢口の両駅が明日より無人駅になることが判明しました。今春のダイヤ改正で群馬原町が特急通過駅となり、昨年のダイヤ改正で万座・鹿沢口に特急列車が乗り入れなくなったということで、吾妻線の斜陽化を象徴するような出来事です。さて、本題に。11時2分発の157M(209系C410編成)で袖ヶ浦駅を出発。11時5分に巌根駅に到着。対面式ホーム2面2線の [続きを読む]
  • 内房線全駅下車への道・第3回(その4)
  • 本日、JR北海道は、2017年度の経営計画を発表しました。中でも注目すべき点は、キハ261系の増備を進め、キハ183系0番代を全て淘汰すること及び、キハ40系の置き換えのため、新型電気式気動車の先行製造を始めるということです。更には、733系の増備を進め、新型検測車を投入するとしています。「オホーツク」「大雪」については全て「HEAT183」になるでしょう。さて、本題に。9時52分に長浦駅に到着。さて、北口に出ました。上部 [続きを読む]
  • 内房線全駅下車への道・第3回(その3)
  • 内房線駅巡りの前にニュースをお伝えします。本日、現在の上越新幹線の主力車両の1つであるE4系が、2018年以降にE7系に置き換えられることが明らかとなりました。JR東日本は「取り替え時期にきたため」としていますが、E7系が平屋の12連なので、1985年の100系から続く二階建ての新幹線はこれで消滅ということになります。さて、本題に。9時4分発の147M(209系C423編成+C420編成)で五井駅を出発。9時9分に姉ヶ崎駅に到着。島 [続きを読む]
  • 内房線全駅下車への道・第3回(その2)
  • 内房線駅巡りの前にニュースをお伝えします。JR九州は昨日、「九州新幹線ありがとうパス」なるものを発売すると発表しました。13000円で九州新幹線のみならず特急列車の自由席が乗り放題です。利用期間は4月15、16、22、23日ですが、購入出来るのは4月1日からご利用日の前日までになります。さて、本題に。7時51分に八幡宿駅に到着。東口の探索を終え西口に出ました。入口の部分がコンクリートで、階段などの部分は黄色に緑の [続きを読む]
  • 内房線全駅下車への道・第3回(その1)
  •  2017年春の「18きっぷ」のシーズンは、内房線や上越線での大分断の始まりでもありました。この間の3連休は、485系R編成のさよなら運転が実施されましたが、遠方に行かれた方も多かったのではないでしょうか。私は、「長崎本線全駅下車への道・第2回」を実施しましたが、高崎からの上越線741Mが211系のオールロングシートになっており、水上にて乗り継いだ1747MがE129系A30編成1本で終始混雑していたのには少々頭にきました。 [続きを読む]
  • 関西本線の「いま」
  •  関西本線の「いま」をお伝えします。 今回取り上げるのは、名古屋〜亀山間です。名古屋〜亀山間の普通、快速列車(「みえ」を除く)は、神領車によって賄われています。211系クロスシート車をジョーカーとして、313系の転換クロスシート車であるB400代、B500代が中心の陣容となっています。昨年に伊勢市の車両区が廃止になった影響で、名松線専用の気動車が時折回送で顔を出しています。 で、私は、先週末に名松線全駅下車達成 [続きを読む]
  • 仙石線全駅下車への道・第3回(その8)
  • 陸前富山駅14時13分発の1321S(205系M11編成)で仙石線全駅下車達成の地へ。14時16分に陸前大塚駅に到着。交換可能駅で島式ホーム1面2線の構内ですが、ホームは仙石線最狭です。ホームから陸側を見ると、一面の帆立、帆立、帆立構内踏切を渡って駅舎撮影。平成27年5月30日に使用開始した茶系の待合所です。財産標は「H27.3.25」ですが。トイレはありません。この駅に降り立って仙石線全駅下車達成。時刻表を。上下それぞれほぼ [続きを読む]
  • 仙石線全駅下車への道・第3回(その7)
  • 12時55分発の1222S(205系M8編成)で野蒜駅を出発。13時5分に手樽駅に到着。片面ホーム1面のみの構内です。それでは駅舎撮影。といっても、ベージュ系の待合所です。トイレはありません。では駅舎の中へ。木製のベンチが設えられているだけで何もありません。時刻表を。上りの6時台を除いてそれぞれ毎時1本ずつです。次の下りは13時11分発、上りは14時5分発…。簡易Suica改札機の前で1221Sを。手樽駅には何もないので、これを [続きを読む]
  • 仙石線全駅下車への道・第3回(その6)
  • 11時45分発の1122S(205系M3編成)で鹿妻駅を出発。11時48分に陸前小野駅に到着。交換可能駅で、島式ホーム1面2線の構内です。構内踏切を渡って駅舎の中へ。5人分のベンチの向かいには売店があり、営業時間は8:30〜17:30です。乗車券類については乗車駅証明書発行機での対応です。眼鏡女性が委託駅員をしてたので、110円のグミキャンデーを購入しました。それでは駅舎撮影。平成24年3月22日築の、ベージュ系の駅舎です。右 [続きを読む]
  • 仙石線全駅下車への道・第3回(その5)
  • 仙石線1022Sで矢本駅を出発。秋田から来て三陸から仙台へと回られているおばあちゃんと少し話し込み。陸前小野駅を出ると内陸に移設された区間に入り、高度を稼ぎます。10時57分に東名駅に到着。片面ホーム1面のみの構内です。それでは駅舎撮影。2015年5月30日に使用開始となった、茶系の駅舎です。財産標は「H27.2.25」ですが。尚、トイレについてはP&Rのものを使用するようにとのこと。では駅舎の中へ。自動券売機に続いて5人 [続きを読む]
  • 仙石線全駅下車への道・第3回(その4)
  • 仙石線駅巡りの前にニュースをお伝えします。国土交通省は10日、常磐線の竜田〜富岡間について、今年の10月頃に運転再開すると発表しました。小高〜浪江間が4月1日に運転再開することから、残る運転見合せ区間は富岡〜浪江間のみとなります。さて、本題に。東矢本駅を出発してすぐ、避難場所の看板が。矢本東小まで1000mですってしばらくすると団地が切れて新興住宅地に。道半ばに差し掛かるころ、HB-E210系である5527Dとすれ違 [続きを読む]
  • 仙石線全駅下車への道・第3回(その3)
  • 8時55分発の721S(205系M4編成)で蛇田駅を出発。8時57分に陸前山下駅に到着。交換可能駅で、島式ホーム1面2線の構内です。構内踏切を渡って駅舎の中へ。委託ながら窓口があり(「みどりの窓口」ではない!)、営業時間は平日では7:25〜18:30(休み4回)、土休日では8:00〜17:15(12:00〜13:00休み)です。それでは駅舎撮影。平成24年3月15日築の、モダンなファサードの平屋の駅舎です。トイレは改札内に。時刻表を [続きを読む]