風になれ さん プロフィール

  •  
風になれさん: 風になれ
ハンドル名風になれ さん
ブログタイトル風になれ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kaze2008kaze
サイト紹介文大自然のふところで山歩きを楽しむ生活。 いつの日にか、森にそよぐ風になれたら・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2014/09/30 05:28

風になれ さんのブログ記事

  • 24時間100km歩行まであと一週間
  •  先週、24時間100km歩行の大会事務局から参加証や地図などが送られてきた。これといったトレーニングは何もできていない。今日は雨が降っているので外には出ない。トレーニングらしいことが何もできないままスタートラインに立つことになりそうだ。 せめてソックスくらいは新調しようかと思って、昨日、AmazonでTabioのレーシングを2足注文したら先ほど品物が届いた。そんなに急いで配送してもらわなくてもよかったんだけど・・ [続きを読む]
  • 手編みのベスト
  •  東京で暮らす娘がハンナのために毛糸のベストを編んでくれた。なかなか似合っている。 ハンナの衣服はそれなりに数多くある。そのほとんどは娘からのプレゼントだ。でも手編みは今回が初めて。 これから次第に暖かくなると毛糸の洋服は着れなくなるので、今のうちにせっせと着せてお散歩に連れて行こうと思っている。 [続きを読む]
  • 船上山の花見
  •  晩御飯を食べた後、ハンナを連れて散歩に出かけた。散歩から戻り、ハンナのシャンプーをする。シャンプー自体はそれほど時間がかからないけど、そのあとのドライヤーが時間がかかる。トイプードルは毛が長いので、なかなか乾いてくれない。急いだあまり火傷はさせられないので、時間をかけて乾かすほかない。ほのかにシャンプーの香りが漂う僕の膝の上でハンナは気持ちよさそうに居眠りをしだした。 日曜日、友達のキャンピング [続きを読む]
  • ピッコラ・ターヴォラ
  •  上京したついでに娘と永福町にあるイタリア料理ピッコラ・ターヴォラで食事をした。通された席に座ると以前に来た時とまったく同じ席だったことに気づいた。 その時、カミさんと三人で食事をした光景がまざまざと思い出される。カミさんはさっさと逝き、今は残された娘と二人だけの食事。 近況の話に笑顔がほころぶ。美味しいピザ料理を食べながらワインを空けた。 [続きを読む]
  • 八重桜
  •  朝、ハンナの散歩すがらご近所のお庭観察をしていたら満開の八重桜を発見した。ちょうど見頃を迎えた色鮮やかな八重桜だった。まったく、早起きは三文の徳だ。 5月初旬に参加予定の24時間100km歩行に向けてこれと言った練習はしていないけど、気持〜ち、散歩の距離を伸ばしている。もちろん練習にはなっていない。ただ朝の散歩は爽やかで気持ちいい。四季を通じて、今一番、過ごしやすい時期だ。 [続きを読む]
  • パクチーは苦手
  •  僕が住む岡山には日本一の生産量を誇る野菜がある。黄ニラだ。岡山で大学生活を始めるまで黄ニラなんて一度も食べたことがなかった。黄ニラは岡山でも日常的に食卓を飾る野菜ではないけれど・・・。 最近、黄ニラ同様、生産量全国トップクラスの野菜が岡山で生産されているのだとか。今、話題のパクチーだ。ところが僕にとって唯一と言ってもいいくらいパクチーは嫌いな野菜の筆頭格だ。というか、苦手な野菜はパクチーしか存在 [続きを読む]
  • スローに生きる
  •  アマゾンや楽天で買い物をすることが増えた。現物を手にとって見ずに買い物をして失敗した経験はゼロではないが、ほぼ無いので、安心して買い物ができる。そしていつもその注文から配達されるまでの迅速さには驚かされてきた。そんなに早く届けてもらわなくてもいいのにとか、何度も再配送してもらって恐縮だなあと常々思ってはいたが・・・。 でも深刻な事態が起きていたことをニュースで知った。宅急便の小口配送や配送頻度の [続きを読む]
  • バイクツーリング 賀露港へ
  •  日曜日、16名でバイクツーリングを楽しんだ。8時にバルコム岡山を出発して目的地の鳥取県、賀露港をめざした。 バイクを走らせても暑いくらいの絶好のお天気だった。残雪の残る山間部は木々の若葉がまばゆく、春の息吹を味わいながら気持ちよく走らせた。 昼前に賀露港に到着。「若林」で賑やかに海鮮丼を食べる。磯のかおる港町で食べる新鮮な魚介類は格別旨かった。 久しぶりのツーリングだったけど、ソロとはまた一味違っ [続きを読む]
  • 週末の主夫業
  •  金曜日の夜、仕事から戻り、着替えをして息子の工房に向けて車を走らせた。ハンナも一緒だ。工房に着くと、すでに食事の用意はできていた。さっそく鍋を囲んで、孫娘の話題で盛り上がる。生後七ヶ月の孫娘を抱きかかえるとかなり重くなり、幼い仕草も次第に大人びて、日々の成長を肌で感じる。 翌朝、工房に置いていたノーマルタイヤにタイヤ交換をした。スタッドレスは冬がくるまでしばらくお蔵入りだ。息子がタイヤ交換を手伝 [続きを読む]
  • BE-PAL 極上キャンプ場 BEST100
  •  ご近所の保育園の桜も散り始めた。日一日と陽気が暖かくなり、キャンプが恋しくなってきた。 BE-PALの5月号はずっしりと厚みのある特大号だ。表紙に「2017決定版 極上キャンプ場 BEST100発表!」の文字が踊っている。 早速、パラパラめくってみると岡山県は休暇村蒜山高原キャンプ場が載っていた。また北海道で一週間、キャンプをしたことのある「星に手のとどく丘キャンプ場」がリストアップされていた。広々としたラベン [続きを読む]
  • 真央ちゃんの引退表明
  •  浅田真央ちゃんが現役引退を表明した。テレビでは真央ちゃんの記者会見ばかりがニュースで流れていた。フィギュアスケート選手として完全燃焼したのだろう。記者会見で真央ちゃんのやり遂げた感が溢れた爽やかな笑顔が素敵だった。 ハラハラドキドキしながらテレビで応援する楽しみがなくなるのは正直寂しい。フィギュアスケートをテレビ観戦する楽しみを教えてくれたのは真央ちゃんだった。彼女の回転ジャンプの美しさは天下一 [続きを読む]
  • 熊山
  •  日曜日、熊山を歩いた。バスで岡山駅にでて、電車で山陽本線の熊山駅に向かった。まずまずの天気。久しぶりの熊山だ。 来週、熊山神社のお祭りが開かれるため、祭りに備えて地元の氏子さんたちが総出で参道の山道の草刈りや枯葉の掃除などをされていた。早速、きれいに掃き清められた山道を歩かせてもらい恐縮した。11時半ごろ、熊山山頂に到着。コンビニおにぎりと即席焼きそばを作ってお昼ご飯を食べる。お昼ご飯の後、伊部に [続きを読む]
  • 映画「LION 25年目のただいま」
  •  シネマクレールで映画「LION 25年目のただいま」を封切り初日に観た。 インドのスラム街で育った5歳のサルーが兄と仕事を探しに出かけた先で迷子になる。忍び込んだ汽車で家から1200km離れたカルカッタまできてしまう。孤児として生き抜き、やがて養子として出されたオーストラリアで何不自由なく育つ。25年後にGoogle Earthでおぼろげな過去の記憶をたよりにインドの故郷を探し出し、母親と妹に再会するという実話に基づいた [続きを読む]
  • ロング・グッドバイ
  •  ラジオ深夜便「明日へのことば」で中島京子さんの話を聴いた。10年ばかり認知症の父親を看取った経験を明るく語った。認知症をロング・グッドバイというのだとか。言い得て妙だ。確かに認知症は徐々に記憶が薄れていきながらゆっくりとした別れの日を迎えるまでの現象だ。91歳になる要介護3の義母と暮らしているので、中島さんの話はすべて現実味のある話だった。滑稽なことばかりを毎日し続ける認知症の義母を見ていると、確実 [続きを読む]
  • フィラリアと咳
  •  地方紙の朝刊に犬のフィラリアのことが載っていた。何の気なしに記事を読んでいたら急に心配になってきた。喉に骨が支えたような咳をしたらフィラリアの可能性があるというような内容だった。 夕方、会社から自宅に戻るとハンナを連れて掛かり付けの動物病院に向かった。病院は犬や猫を連れた人で溢れていて、診察室に呼ばれるまで40分以上待った。先生に新聞記事と咳のことを説明すると、フィラリア予防の薬を毎年飲んでいるし [続きを読む]
  • 雪崩事故を防ぐために
  •  今朝の朝日新聞に栃木県で高校生ら8人が死亡した雪崩事故の記事があり、今回の事故で息子を亡くした、ある父親の思いが載っていた。 「教え子を亡くして、引率した先生もつらいはず。そんな状況で誰かに責任を押しつけるのはどうかと思う。先生だけが悪いわけではないし、そんなことは誰も望んでいない。 責任がどこにあるのかではなく、次の事故をどう防ぐかが大事だと思う。どうしたら防げるのかが明らかになればいい」と。 [続きを読む]
  • スポーツジムのお花見会
  •  土曜日の夜、ジムのお花見会に出かけた。お花見会といっても、桜を愛でるわけではなく、ジムの会員有志が居酒屋に集まってワイワイやるだけだ。でも単なる飲み会というより、お花見会という方が上品な香りがするのでこのネーミングは気に入っている。このお花見会は30年近く続いているけど、どういうわけか僕は皆勤だ。 会社の仲間と飲むときとはまた違った新鮮な話題があるし、知らない世界に触れることもできる。スポーツジム [続きを読む]
  • 鬼ノ城を歩く
  •  土曜日、久しぶりに鬼ノ城山を友達とハンナの三人で歩いた。何年ぶりか分からないくらい久しぶりの鬼ノ城再訪だった。 朝7時過ぎに家を出て、バイクで鬼ノ城に向かった。天気も良くて気持ちのいいバイクツーリングだ。ハンナも風を受けて気持ちよさそうにザックの中から首だけ出して景色を眺めている。 9時に駐車場で友達と合流。友達の先導で岩屋からせせらぎ十字路をへて鬼ノ城に戻り、第2展望でお昼にした。ポカポカ陽気だ [続きを読む]
  • 酢豚もどきにチャレンジ
  •  ハナキンの夜、酢豚もどきのおかずを作ってみた。週末でないと時間のかかる料理はできない。まあ、それなりに、酢豚と言えなくもない程度のものが出来上がり、食べてみるとまあまあだった。玉ねぎとナスと人参の野菜たっぷりの酢豚だ。 これから先、余命何年あるのかわからないけど、生活の楽しみのためにたまには料理らしいこともしながらQOLの充実を図っていきたいと思う。 [続きを読む]
  • 自然現象のリスク
  •  栃木県高体連登山専門部の遭難事故に関して、例によって結果論に基づくマスコミの批判的論調が目立つ。結果論では誰でも何でももっともらしいことが無責任に言える。 悪人を探し出して事故の原因をつくった犯人探しをするのがマスコミの使命だと言わんばかりの高体連指導者バッシングだ。危険地帯の認識不足だとかビーコンの不携帯は落ち度だとか、言いたい放題だ。雪崩は予知できたはずというのも、予知できなかったというのも [続きを読む]
  • ニットのワンピース
  •  東京で暮らす娘からスマホにメールが入った。毛糸が余ったのでハンナのウエアを編んでくれるらしい。ハンナの首回り、胴回り、首から尻尾の付け根までの長さを測って知らせてという内容だった。今まで犬の体を計測したことはなかったけど、メジャーを出してきて慎重に測った。首回り21cm、胴回り33cm、首から尻尾の付け根まで33cm。早速、娘に返信した。 すっかり春の陽気になり、大急ぎで編んでくれたとしても今シーズンには間 [続きを読む]
  • 高体連登山専門部の山岳事故に思う
  •  また痛ましい山岳事故が起きた。栃木県の高体連登山専門部が那須で開催した講習会で雪崩に巻き込まれて男子生徒7人と男性教員1人が亡くなった。表層雪崩のようだけど、降雪の中、ラッセル訓練をしている間に起きた一瞬の出来事だったのだろう。 雪山は危険に満ちた場所だけど、雪崩の予知ができなかったのだろうか。高体連の講習会で何度も利用している場所だったというから、馴れによる油断がなかったのだろうか。 事故が起 [続きを読む]
  • 笑うから楽しい
  •  週3回のばあちゃんのデイサービスの日は、洗濯の日だ。帰宅後、洗濯機を回しながら夕食の準備。ハンナと僕のご飯を手抜きしながらこしらえて、ハンナと仲良く頂く。 この歳になって毎日の食事を自分でこしらえる独身生活に逆戻りすることは想定外のことだったけど、2年余り曲がりなりにもやってきた。慣れてきたのか、最近ようやく毎日の生活にもリズムが出てきた。洗濯も苦にならないし、食事の準備も手際良く早くできるよう [続きを読む]
  • ザイル仲間とスノーシュー
  •  何十年来の古い山仲間と二人だけで鏡ケ成の雪山をスノーシューで遊んだ。快晴無風の最高のお天気。約束の朝9時に鏡ケ成のスキー場の駐車場で合流して擬宝珠山(1110m)から象山(1085m)まで縦走した。雪をまとった烏ヶ山もいちだんと美しかった。 もうじき4月になるというのに、今年は雪が多くて、擬宝珠山の稜線には立派な雪庇もできていた。ハンナも久しぶりの雪山に大はしゃぎ。象山の頂上直下を直登にこだわり、上部の急斜 [続きを読む]
  • ハンナのお相手
  •  平日はハンナと遊ぶ時間がなかなか十分に取れないので、休みの日くらいは目一杯ハンナと遊んであげようと思って、ハンナの相手をした。ハンナもいつになくテンションが上がっていた。散歩もゆっくりと時間をかけて遠くまで歩いた。バイクに乗せて、岡山ブルーラインの一本松展望園まで足を運んで散歩した。ハンナも少し遊び疲れしたかもしれないなあ。 [続きを読む]