酒好き文化風俗研究者 さん プロフィール

  •  
酒好き文化風俗研究者さん: 酒好き文化風俗研究者
ハンドル名酒好き文化風俗研究者 さん
ブログタイトル酒好き文化風俗研究者
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sakezuki803
サイト紹介文みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中! 酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援して
自由文ブログ村トーナメントで70回優勝したブログです。今現在もトーナメントで優勝を重ねております。ぜひ、一読ごらん下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/09/30 16:59

酒好き文化風俗研究者 さんのブログ記事

  • どうする?年金問題と子供保険。
  •  6月20日 火曜日  おはようございます。 酒好きの思想家です。我が国における重要課題、社会保障と年金問題について考えます。先日新聞に答えが出ました。 「貯金残高ついに1,000兆円最高額に!」「個人の金融資産1,800兆円の約半分を貯金が占め、その多くは高齢者の資産。1,000兆円のうちの1%(10兆円)でも社会にお金が回れば実体経済に勢いが出るのだが。」なるほど、こいつは確かに名案だ。この眠れぬ1,000兆円を社 [続きを読む]
  • 共謀罪成立について。
  •  6月19日 月曜日おはようございます。 酒好きの思想家です。当然の結果ですが、共謀罪成立良かったですね。今、安倍政権に必要なのは 「攻撃こそ最大の防御」 だと考えます。なぜなら、日本の国益にせよ、国家安全保障にせよ、美しい社会秩序にせよ、防御ばかり行っていては、幸福への「ゴール」が決められないからだ。だからハーフタイム時に「ゴール」を指さし、宣言する。「次は、ゴールを決める!」と。具体的に言えば [続きを読む]
  • 株高とデフレについて。
  •  6月16日 金曜日 こんばんは。 酒好きの思想家です。日本経済を大きく二つに分けて考えてみると、一つは世界同時株高と、もう一つは長引くデフレである。前者は、日銀がお金を生み出し、そのお金を銀行から優良企業へのキャッシュフローだが、後者は、日銀が生み出したお金が手元に届かないのが現状だ。前者は、投資により利益確保に頭を悩ますが、後者は、お金が実体経済に流れない格差社会に頭を悩ます。原因となるのは世 [続きを読む]
  • そうだ!超人類を探そう。
  •  6月12日 月曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。みんなで超人類を見つけることが出来れば面白い世の中になるに違いないし、その超人類に正しい評価を与えることが出来れば世界が一変するかもしれませんから、超人類を探す旅に出かけようと思います。・・・・・・・・・・、 ひょっとすると世界中のユーチューバーの中に超人類がいるかも!まして、そのユーチューバー同士が協力し合えば芸術的な大いなる遺産だ [続きを読む]
  • 酒好きのニュース解決。
  •  6月5日 月曜日 こんにちは。 酒好きの思想家です。ニュースの乱れは社会の乱れ。本日のニュース解決です。天皇継承につきましては、唯々、感謝の一言に尽きます。今上天皇陛下へ。国民の一人として、心より感謝を申し上げます。女性宮家につきましても、私の考えを述べますと、国家千年の計ですから、今日の世界情勢、国内の不安定要素など、将来、何が起きようとも不思議ではない時代の中では、天皇の血筋が何らかの理由で [続きを読む]
  • 在日国籍人にフィードバック。
  •  6月2日 金曜日 こんばんは。 酒好きの思想家です。今日は在日たちにフィードバックです。日本人と在日。どちらが問題だと言えば、どちらも問題であるのがこの在日問題である。なぜなら、誰もが、なにもかもが「放置」と「先送り」の集大成だからである。世界中で起きる移民問題は、決して偶然でも他人事でもなく我々においても最重要課題であり、これがクリアー出来なければ次のステージには進まないしレベルも上がらない。 [続きを読む]
  • 老人社会にフィードバック。
  •  5月28日 日曜日こんばんは。 酒好きの思想家です。誰からも叱られないと終わりですから、老人に対して次の世代からフィードバックを一つ。現代世代は確かに甘やかされているかもしれないが、老人たちも甘やかされているかもしれません。なぜなら、1、どうやって死ぬつもりか考えていない。2、自分のことだけで精一杯だと感じる。3、先人たちから何も学んでいないのか。感情論だけである。4、次世代に何を託したいのか。 [続きを読む]
  • 二流と一流の違いとは。
  •  5月26日 金曜日 こんばんは。 酒好きの思想家です。一流と二流について考えてみたいと思います。1、無中になって想起する者が一流。 我欲に囚われ衝動的な行動をする者を二流。2、内なる神と大いなる神とを融合させることが出来る者を一流。 神頼みで心ここに非ずが二流。3、社会貢献に命を懸けられる者は一流。 現実から逃げ出す言い訳を思いつく者が二流。なぜかと言うと、偉大な功績とは自らの力だけでは成し得ず [続きを読む]
  • 酒好き思想家の「思いついた日が吉日」ブログ。
  •  5月22日 月曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。現在の日本人のレベルでは憲法改正ができない。なぜなら、国民の声は、1、老人大国では、「今のままでいいよ。無理して変えないで!」2、お花畑国民では、「憲改?なにそれ?めんどくさい!」3、在日社会では、「日本は弱い状態がベストだ!」これで、憲法改正できます? 国民が分断するだけです。 他に良い方法がありますよ。次に移ります。女性宮家につい [続きを読む]
  • 日本国憲法に足りないものは「自立と責任」である。
  •  5月16日 火曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。 新憲法を考える時に重要な事柄は、それがこの世の法則に適しているかどうかが重要であるように、したがって、間違が判明すればすぐに改善することが正しい選択ですが、お花畑の日本人と未熟な在日社会とでは、おのずと問題が深刻化するように、100年も同じ憲法を存続させるには、国民の思考を停止させるか、さもなくば、悪用する以外に現憲法は守れない。そ [続きを読む]
  • 酒好き思想家の独り言。
  •  5月16日 火曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。 アマゾンと出版社がバイヤーを介さず直接取引。 いいね!日販と東販に嫌われると本が売れないと言っていた在日の松本君の言葉を思い出す。私も次に書く本はアマゾン出版でお願いしよう。あっ、森友問題。去年の暮に、滋賀県八日市市にファースト・レディーが講演を行ったのが事の発端でしょう?八日市は在日がいっぱい。半径2キロ以内に薬局が8店舗もある在 [続きを読む]
  • NHK受信料が原因のお花畑現象。
  •  5月1日 月曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。なぜ、いつから日本人がお花畑になったのか?どうしたら、日本人をお花畑に出来るのか?また、日本人をお花畑から守るにはどうすれば良いか?を、考えてみたいと思います。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、解りました。NHK受信料がお花畑の原因だと判明致しました。理由は、TVが義務付けされているからです。仮に毎月、図書カード3,000円購入を義務 [続きを読む]
  • 酒好きのニュース解決。
  •  4月24日 月曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。始めに、AIとの共存についてです。日本人とAI人工知能は相性がいい。なぜなら、日本人はお金にそれほど価値を見出さずに、自然と神との三位一体が上手く働くからである。AI技術がさらに進めば、労働、つまりお金が不必要になり、人間は一年の半分を自給自足に費やし、後の半年はお祭りで神に感謝する、科学進歩した江戸時代みたいな社会の創出だ。AIロボットにと [続きを読む]
  • テロ支援国家とイスラム教について。
  •  4月17日 月曜日 こんにちわ。 酒好きの思想家です。テロ撲滅は全世界共通のスローガンであるから、したがって、テロを支援する者は共謀罪で裁かれる。そのテロ支援者を一度、探してみてはどうだろうか。単独犯にしろ、組織ぐるみにしろ、目的が何なのかが判れば問題の糸口が見つかるに違いない。ひょっとしたら、大した目的もなく勘違いの暇潰しなのかも知れません・・・。それでは、テロ支援者を探してみます。テロによっ [続きを読む]
  • 韓国と日本は米軍の番犬になれるのか?
  •  4月16日 日曜日 こんばんわ。 酒好きの思想家です。春先にひと騒動起きるにしても、北朝鮮の威嚇射撃、金正男の暗殺、サンクトペテルブルクでのテロ、シリアサリン事件、米軍による空爆。そしてロシアと米国との関係が最悪・・・・・なぜ?なんにせよ、トランプ大統領は社会情勢を解決しなくて良いから楽である。それは「次の社会」が解決する。なぜなら、社会問題の根源は男性主導社会に原因があるからだ。トランプ大統領 [続きを読む]
  • サイコパスとの付き合い方。
  •  4月11日 火曜日 こんにちわ。 酒好きの思想家です。最近、友人のサイコパスが私を頼ってきました。自己中心的なサイコパスが私をコントロールしようとする訳ですが、逆に、サイコパスをこちらがコントロール出来れば社会貢献、人類貢献だと考え、そのサイコパスと手を組むことに決めました。(わくわく)その前に、私の友人であるサイコパスを紹介したいと思います。私が中学二年生の時、隣の中学校から問題児として転校し [続きを読む]
  • 伝説のヒーローの創り方。
  •  4月9日 日曜日 こんばんわ。 酒好きの思想家です。以前、日本人少女が在日少女たちに集団暴行を受け、子宮(おまんこ)の中に空き瓶を入れられた状態で少女のお腹を蹴りつけ子供が産めなくなる事件が起きた。それを聞いた、博多の「レディース」が在日少女を埠頭に呼び出し海に突き落とした。その後、「レディース」は逮捕され少年院に入れられるが、真相が町中に広まる。伝説の「レディース」の誕生だ。かつて、古き良きア [続きを読む]
  • 環境問題、地球温暖化について。
  •  4月2日 日曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。一度、違う角度から地球温暖化を見るべきだと考えます。地球環境問題を宇宙人の目線に立って考えてみると、過去、地球は「アイスボール」氷の惑星だから、地球温暖化は今始まったことではなく、アイスボールから始まった出来事である。事実、現在が一番暮らしやすく、毎日が快適だからこそ温暖化を不安に感じているのだろう。しかし、人類には大きな課題がある。そ [続きを読む]
  • 人類の大問題。神は本当にひとつなのか?
  •  4月1日 土曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。現代最新科学によると、「この世には神が存在しない!」 ことがついに証明されたようですが、それはこの世が地獄だから神がいないのは当然であって、日本人である私自身の宗教観、地獄論、死想哲学をマスターさえすれば神がこの世に存在しなくても何も心配することはないし、恐れることもない。なぜなら、実際に神を身近に感じるからである。そしてそれは世界中の [続きを読む]
  • がん治療は本当に正しいのか?
  •  3月31日 金曜日 こんにちわ。  酒好きの思想家です。私が医学界にメスを入れるならば、ガンの克服は本当に正しいのかについて問題定義したいと思います。現代治療の技術進歩は誰の目にも素晴らしいと称賛を与えられるし、ドクターが長い年月をかけ学び続けているにも関わらずに、次から次へと訳の分からない新しい病気が生まれてくる毎日の中では、いつしか、どんなに優れたドクターであっても合理的な作業に陥ってしまう [続きを読む]
  • 依存症・中毒についての考察。
  •  3月30日 木曜日 こんにちわ、 酒好きの思想家です。人はみな、何らかの依存なくしては生きていけない弱い存在である。例えるなら、人間とはお金に依存し、仕事に依存し、集団に依存し、家族に依存し、恋人に依存し、宗教に依存し、お酒に依存し、芸能人に依存し、音楽に依存し、スマホに依存する。そうです。私たちがこの社会を生き抜く為には、何かに依存しなくては楽しくない現実なのである。依存しない人が存在するなら [続きを読む]
  • 世紀の大問題。なぜ、マルクス主義が失敗に終わったのか?
  •  3月27日 月曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。社会を変える研究をやるにあたって考えなければならないことは、過去の教訓から学ぶことに一理あるが、その一理に、なぜ社会主義、共産主義が崩壊し資本主義が生き残ったのかを解き明かさなければ、何だか腑に落ちないし、やぶさかじゃない。結論から言えばこうなる。この世は地獄だからである。私達はけっして楽園なんかに生きているのではない。私の「地獄論」 [続きを読む]
  • イジメ問題考える場を。
  •  3月26日 日曜日 こんにちわ。 酒好きの思想家です。深刻なイジメ問題を無くそうとするものは、長い歳月をかけなければその問題解決の着想を捻り出せないと考える訳だが、それは労のみ多くて功少なく、道を踏み間違えているとも見えるのである。なぜなら、よりましな方法は、イジメそれ自体が大前提として存在し、見せかけの助け合いや声掛けで解消されるものではなく、むしろ積極的にイジメを受け入れなければさらに苦しみが [続きを読む]
  • 世紀の大事件。なぜ、イエス・キリストは磔にされたのか?
  •  3月19日 日曜日 こんにちわ。 酒好きの思想家です。世紀の大問題です。「なぜ、イエス様が殺されたのか。」 です。結論から言うと、死は神からの贈りものだからです。それに気づけと言う訳です。では、なぜ磔に?それは後世に強い印象を残すためです。壮絶な死に際が必然で必要だったのです。私の「死想論」(未発表)から読み解くとこうなります。人類にとっての最大の問題点とは、「死の恐怖を克服できないこと」にあり [続きを読む]
  • 酒好きのニュース解決。
  •  3月19日 日曜日 こんにちわ。  酒好きの思想家です。酒好きのニュース解決の時間です。まずは、同一労働同一賃金について。非正規従業員を無くす。派遣会社を無くせば解決です。なぜなら、バブル後、おかしな労働体制が日本に輸入されてから起きた問題だからです。その以前の日本社会体制に戻せば良いだけです。格差社会の解決策と同じですね。そもそも、人件費カット、コストカット、安い労働力などと本来の社会経済の目 [続きを読む]