mica さん プロフィール

  •  
micaさん: ハッピー・マネージメント☆星国での暮らし
ハンドル名mica さん
ブログタイトルハッピー・マネージメント☆星国での暮らし
ブログURLhttps://ameblo.jp/tamken4930/
サイト紹介文罪悪感のある子育てにサヨナラ!夫姑こどもたちとの関係。シンガポールのオーガニック情報、自然療法ネタ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供321回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2014/10/02 17:45

mica さんのブログ記事

  • 【5歳会話録】理不尽に怒られたとき、四番太はこう言った
  • ★ 無料プレゼント応募はこちら「ご機嫌妻の作り方☆パートナーと心穏やかなシアワセを味わう為に」「コレであなたも肝っ玉母さん!軸のある子育てをするために心がけるべきこと」ご機嫌妻メッセンジャーセッション・無料モニター 子どもの絵本を毎晩、寝る前に読むのが日課です。リビングにある本棚から、母のベッドへ一冊ずつ運ぶ。 で、ゴロゴロしながら聞くのがちびズのお気に入り。 だから、読み終わったら、本棚へし [続きを読む]
  • 無料メッセンジャー相談・ママ友づきあいの悩み
  • 発言した内容についてああ言えばよかった、こう言えばよかった。もしくは、あんなこと言うんじゃなかった、と、クヨクヨしてしまう。ママ友づきあいでのお悩みですー。これ、とっても「あるある」ではないでしょうかね。ちょっと長いですけど、がんばって読んで下さい★ ああすればよかった、こうすればよかった、っていうのが無い人はいませんよね。それでも、そのときはそれしか出来なかった自 [続きを読む]
  • クレームが子どもの先生・学校をダメにする理由。
  • FBの、とある非公開グループにて。「我が子がいじめられた場合、どうすれば?」という投稿がありました。ちなみにその「我が子」と、お相手は双方共に、二歳半。・・・それ、いじめられてたの、ほんとに?って感じでそ。 でもその方は、「いじめられたら、どうすれば?」ってもう、 “我が子がいじめられた” という前提に立っている。だれが「いじめられてた」って言ったのか?というと保育園の保育士さんとな。 [続きを読む]
  • 【5歳会話録】ママが起こしてくれないから。
  • まだ暗がりの台所でわさわさと働く母のところへ、 ひょっこり、朝早く起きてくるのが常な四番太 さっさと着替える日もあればパジャマのまま、なにやら遊びだす日もアリ。その日は、自分でシャワーを浴びて着替えた後 早朝からおなか一杯、朝ごはんを食べて 珍しく二度寝してしまった日がありました。平和な寝顔・・・。 幼稚園だけど・・・ 起こすのも不憫・・・まだ早いし。母は、仕事へ行くよ・・・とコソっと出かけ [続きを読む]
  • 「怒らない子育て」の問題点。
  • FBで、「お母さんは子どものそばで笑っているだけでいい」 っていう言葉が流れてきましてネ。 これねえ、どう思いますかね。 「ごもっともだわ!」って思われる方がほとんどかな、と思います。で、そう思う方って ぜったいその次に、 「出来ないけどね、、いつもは。。」とかって 自分を責めるでしょうね。だってさ、そんなの、いつもは、ムリじゃないですか。だって、、 にんげんだもの!(micaを・再び)↑確か、前にも [続きを読む]
  • 【無料相談】子どものギャン泣きに苛立つのはなぜ?
  • 無料メッセンジャー相談ご紹介です〜。相談頂き、ありがとうございます!「例の」というのは、この前にやりとりしてたときにちょっと話題に上ったのです。お分かりとは思いますが、一応、青が私です。 「子どもが泣く」という一つの現象を、 「この子に何もしてあげられていない」というメガネでみるか 「今、この子達のためにご飯作ってるわたし、エラいわあ」っていうメガネでみるかで 全く異なる世界になります。 サクサク [続きを読む]
  • 【メッセンジャーによるプチ無料相談】お気軽にどうぞ〜☆
  • きのうのブログにも書きましたがメッセンジャーによる、プチ無料相談を受け付けます? メッセンジャーのやり取りでの相談は知り合い、友人をメインに、まったく仕事とは意図せずやっていましたがなんか、「すっきりした!」ということを 言って頂くことが多くてですね。感想を以下にご紹介してみます。悩みの答えは自分の中にあるというが、そこまでみかさんが持って行ってくれる相手に回答を教えることは簡単だけど、相手か [続きを読む]
  • ゴミみたいな感情
  • しいたけ占いという、わりと有名らしい占いで私の星座である、魚座についてびっくり、どんぴしゃなことが書いてありました。 なんか、複数の方面から、相談事される機会があるでしょう、、みたいな。 で、ホントにその通りでした。なんかですから、ここのところ、わたしは穴みたいな気分でした。??ホラあれですよ。王様の耳は、ロバの耳ーーーーって叫ばれる。 あの穴ね。??それはいいんです。私でよかったら、いくらでも話く [続きを読む]
  • 7月の人気記事☆モラハラシリーズとmicaからのお願い
  • すっかり忘れていた先月の人気記事。この、私のブログを読んで下さっている皆さんへ呼びかけたこの記事が、第一位でした。★1位★ 【読んで下さる皆さんへ、お願い】この後に、連載をはじめたり、FBでグループを作ったりすることになります。その際にも、個人的にメッセージやメールを頂きました。嬉しかったです! ★2位★ 【実母からのモラハラ】私自身へと母への期待&失望。その1へその緒を完全に断ち切ることが出来た事件 [続きを読む]
  • 【肝っ玉母さんの作り方】怠け力・手抜き力を鍛える 笑
  • このタイトルおかしくないですか?わはは。手抜き力を鍛えるって、ねぇ。がんばって手抜きする って。そもそもがんばんないのが、手抜きだろ。あはは。本来はね。そうなのですけど。日本人は、なにせ「ど根性」「ガマン強い」「がんばる」「遠慮」「謙遜」「気遣い」 なんかが、美徳とみなされる国ですから。手抜きとかって、悪徳のニュアンスが漂ってますよね。うんまさに。確かに、とディスプレイの前でうなずいている方はまず [続きを読む]
  • 【公共の場で騒ぐ子ども】肝っ玉母さん流・対応法
  • 「公共の場で騒ぐ子ども、どうおもう?」っていうトピックが、FB井戸端会議グループで上がりました。まずその設問自体が“騒ぐ子どもは良くない”っていう主観がこもっています。ですよネ。 って、水を向けてみたらこれに対する反応も面白かったです。え?いけないに決まってるでしょ?汗汗みたいな 笑その前提からして・・・捨てて欲しい。って思いました。まずは。でね、あとね。こういう心配を抱えている親の方々は 自分 [続きを読む]
  • ★朝食会など、最新情報はこちらから★
  • ☆最新情報はこちらのページに記録しますので、チェックしてください☆★シンガポール朝食会のお知らせ★2017/8/10 満席となりました。生粋の子育てマニア、子育てラバー、そしてプロの幼児教育者であり、子育てコーチングの講師でもある、ゆかこちゃんに企画して頂き、朝食会を開催することになりました〜。《Mica & 由佳子 コラボ朝食会》*子どもへのイライラ、夫へのイライラ取扱説明書*自分の親と同じ言動・行動をしてしまう [続きを読む]
  • 【怒りの衝動を手放す方法】まあちゃんの長い髪と、心の距離。
  • ずっと、子どもに頭を触られるのが苦手だった。 勝手に触られたら、 無性に腹が立って、手を払いのけた。 手を払いのけられた子はビックリするし 私は嫌な気分に襲われるのが常でした。イヤなんだから、しょうがない。。とそのままそこに、置き去りにしていましたがある日のお風呂上り長女子と、三女子にめちゃくちゃに頭を触られた。ふたりで協力してキレイに、分け目をつくって櫛でとかしてくれたのです。 まるで、この本 [続きを読む]
  • 【人に嫌われたとき】肝っ玉母さん流☆対応法
  • 私もとうとう40歳なのですけどね。この歳になると、・・・という一般論でごまかしていいのか本当は自信がありませぬが 人に嫌われて突然ドアが鼻っ面のところで、バタン!と閉められてしまう。 ということは、まあそんなにたくさんじゃないけどありました。しかし、動じなくなったなと、我ながら思います。というのも 気付いたら私はあいての感情に責任を負うことを一切放棄していたのですネ。こんなこと思ってるのかなこんな [続きを読む]
  • 【5歳児語録】四番太の、「今を生きる」
  • 最近、我が家に導入した液体ビタミンC。アイハーブで買いました。暦は土用。じゅんぐりに体調を崩す、子どもたちに大活躍中です。 シンガポールに住んでいても体内時計は日本の暦なのですネ。そういうことを知ると、カラダって不思議だし、愛おしいです。で、ビタミンCに戻ります。酸っぱいもの好きの三女子。このひとは、体調が悪かろうが、よかろうが、酸っぱい物を好んで飲む。食べる。四番太は、かつてすっぱいもの [続きを読む]
  • 【友達とケンカ】ひとのフキゲンをくらった日。
  • ささいなことが発端で友人とケンカ?になりますた。ケンカ・・・・というか私が一方的に怒られただけなんだけど。その内容たるや、なんとね 単なるいちゃもんなわけです。笑だから、なんだかフキゲン妻の夫ってこういう心境なのね・・・とおろおろしつつ、考えてしまった 。 ひとしきり大騒ぎして落ち込んだり、泣いたりして ごめんね。。 と言う、女の人はね かわいい? 笑 ほんとに。なんだなんだ、かわいいじ [続きを読む]
  • フキゲン妻という社会問題。
  • 新しく始めた連載、「フキゲン妻」シリーズ。これに対する反響が、じわりじわりと集まってきています。連載に登場するフキゲン妻のモデルは私自身です。にも関わらず、こんな感想が続々と届きます。自分のことかと思ったそっくり、同じでびっくりした 耳が痛い・・・などなど。異口同音、とはこのことです。私だってびっくりです。こんなに普遍性があるとは思ってもみませんでした。と、同時にもうひとつの普遍性が見えてしまった [続きを読む]
  • 肝っ玉母さんになるための必要条件。
  • 新しく作った、FBのグループの名前のほんの一部である、「肝っ玉母さん」。肝っ玉母さんになりたいんです!と参加してくださった方が、ちらほらいらっしゃいました。肝っ玉母さん・・・。まあ、当然グループに参加しただけではなれないのですが私なりに、今日まで意見交換してきてなんとなく、わかった。肝っ玉母さんの条件は、以下です。★自分の間違いを認める事が出来る。★それを自分で笑いに昇華出来る。以上、この2点に、尽 [続きを読む]
  • 【フキゲン妻連載】第二回・反省しないフキゲン妻
  • 大好評連載・第二回目アップしました!こうしてネタになり、仕事になるんだから人生どんなに泥まみれになっても、まだまだ何が起こるかわかりませんね。フキゲン妻の皆さんの、希望として 笑・・・はやく、第三回書かなきゃ 汗【フキゲン妻連載】「可愛くなれない、優しくなれない」でも反省しない。#02リンクに記事が無い時は、こちら★よかったら、読んでみてください☆ FBグループ、目からウロコの話題で、連日盛り上がっていま [続きを読む]
  • 四番太語録:「げんこつ山のたぬきさん」四番太バージョン。
  • 四番太、仲良しが同じコンドにいます。同じ年齢。同じ幼稚園。 毎週末、家を行き来して遊ぶ。 今週末も、二日続けて遊んでいてですね。飛んだり跳ねたりぶつかったり怒ったり泣いたり仲直りしたりと ひじょーーに、やかましく、かわいい。最後の5歳児はかわいいのです。ほぼ、孫だからネ。それでも。食事中に、お下品なことを言ったら母は注意しますよ。 たしなめます。 しかし なんというか母の想像の、上の上 [続きを読む]