mica さん プロフィール

  •  
micaさん: ハッピー・マネージメント☆星国での暮らし
ハンドル名mica さん
ブログタイトルハッピー・マネージメント☆星国での暮らし
ブログURLhttp://ameblo.jp/tamken4930/
サイト紹介文罪悪感のある子育てにサヨナラ!夫姑こどもたちとの関係。シンガポールのオーガニック情報、自然療法ネタ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供291回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2014/10/02 17:45

mica さんのブログ記事

  • 自分の愛に自信が無いあなたへ?
  • 自立というのは、子育ての最終目標です。一人で食べて一人で整えて一人で保って一人で、誰かを求めて誰かを愛して大切に出来る人になるように。 ところがいい親だと、自立が難しい。 っていうことは、あまり知られていないかもしれない。 それは、そもそもいい親じゃないし。 って言われたらマア、そうですけども。とにもかくにも、ですね。100点満点の、対応ばかりしている親なんて、 [続きを読む]
  • 夫婦仲が子どもに影響する理由☆
  • 我が家は夫婦仲がとっても良くてですね。 私は子どもたちに向かって一番大好きなのは、ダダだから。っと、公言してはばかりません。二番目は、そのとき目の前にいる子。 っということにしています。まあしょうがねえなあ、と言う顔で皆納得しています。(多分)だから、子どもの成長が嬉しいんですだって、皆どんどん大きくなったら夫と2人きりになれるでそ?嬉しい〜はやく、元気に立派に、出て行ってくれないかな〜と [続きを読む]
  • 【四月ネイル】☆黄土色&インディアン
  • いつもネイルは、そのとき ぽっ と思い浮かんだイメージを元にお願いします。今月は何故か、 黄土色 と イカット織り。 イカット織り、って 先染め織のことです。 【18%OFF】イカット 刺繍 ワンピース イカットストライプ ワンピース /レディース チュ...4,390円楽天こういうの。糸を先に、まばらに染めてそれから織るとなんともニ [続きを読む]
  • 子どもを怒鳴った後の罪悪感。その正体はズバリこれ☆
  • こちらの続編です。罪な美しさ?の、食い倒レディーのモンドさん、ご質問をありがとうございます☆☆☆モンドさん、また飲みましょうねー!忙しすぎて連絡できずだけど(T-T)*****さて、皆さんに質問です。どうして子どもに怒ったのですか?どうして子どもに怒鳴ったのですか?どうして子どもに手をあげたのですか?まあそりゃ、色々な理由があると思います。当然のことながら、一口にはまとめられません。しかしおそらくです [続きを読む]
  • 怒ってもいい。そのかわり、怒った後にすべきこと☆
  • かつて、子どもが自由奔放に行動する様を見て 苛立ちをむくむくと募らせ、抑えることが出来ず 怒鳴り声を轟かせていたワタシが言います。いいですか。子どもに、夫に 怒っても、大丈夫なんです。だって、怒りたいんですよね。 怒る必要があるんですよ。 そうせざるを得ない、理由があるんです。怒りたいのに、ガマンしていると 「怒るため」の状況が 勝手にどこかからやってくる。そ [続きを読む]
  • 【子どもの仕事】トイレ掃除を課す。
  • 我が家は7人家族なのです。 内訳は、 夫、ワタシ、姑、子ども4人。両親はフルタイムの共働き。 姑は若くない。洗濯物、食事の支度、洗い物に掃除と家事の量は、相当な量。(まだオネショするひともいるし・・・汗)とすると、猫の手ならぬ、子どもの手も大切な戦力です。子ども達にはじわじわと、出来ることを増やしてもらっておりますが次女子が中学校へ上がったのをきっかけに姉ズに [続きを読む]
  • 子どもとの関係が変わる☆メールセッション
  • 【子どもとの関係を変えたい方へ】 このメールセッションは、こんな方にオススメです。 ・子どもに対して、怒りを抑えられない ・ついうるさい小言ばかりになってしまう。 ・子どものやることなすことが気になる・子どもが可愛く思えない・子どもにまとわりつかれると、イライラする・子どもが泣くのが我慢ならない・カッとなると、つい手をあげてしまう 【セッションですることって?】 クライアン [続きを読む]
  • 夫との関係が変わる☆個人セッションについて
  • 【夫との関係を変えたい方へ】このメールセッションは、こんな方にオススメです。・外では夫の悪口をネタにしてしまう。・人前では夫婦お互いにこきおろし合ってしまう。・「また〜なんだから」「ほらやっぱりね」などと、文句が会話のベースにある・本当は、優しい言葉をかけてもらいたい・本当は、優しい言葉をかけたいし、かけ合いたい。・夫に対してあきらめることで、がっかりすることを防衛している・夫に失望し、怒 [続きを読む]
  • 子どもの邪魔をする親は害悪、毒なのか問題。
  • 先日の朝食会では心に残るフレーズがいくつか飛び出しましてそれらは、私のアタマのなかの「取りあえず」ラベルの引き出しにしまっておいてあります。 今日はその中から、ひとつ、フレーズを取り出してみますた。 それはコレ子どもの邪魔をしないようにするというもの。**これは元々、我が夫の言葉でございます。 彼の、子どもへの態度は実によくこの言葉に表れているのです。とにかく、干渉し [続きを読む]
  • シビレる和尚の神対応☆『三枚のおふだ』
  • 最近、四番太が三枚のお札にハマっております。立て続けに二晩読んでとせがまれ今日、単身一時帰国からシンガポールへ帰って来た次女子に向かってなぜか『三枚のお札』のあらすじを延々と述べていました。で、ものっすごく中途半端な所でぶった切られてるし 笑姉、容赦無し。そんな感じでハマっております。ほんとに、多くの人に語り継がれ、生き残っているむかし話は超一級品の、エンターテイメントだと思うのです。でぃずにー [続きを読む]
  • お仕事について〜ご機嫌妻アドバイザーってなに?
  • かつて、私はかなりひどい妻でした。 かなり、というかものすごいひどい妻、って言っていいかも。夫にも、子どもにも、モラハラしまくりだったし。自分の感情を全て他人のせいにする、単なる甘えん坊の子どもでした。そのときのことを連載『東京巻き込み育児』に少し書いています。 東京巻き込み育児・アーカイブ第四話を読んで、共感してくださった多くの(元、もしくは現)モラ妻さまからメッセ [続きを読む]
  • キラキラ☆育児投稿にモヤった方が多かった3月 笑
  • 3月の人気記事はこちらです☆ ★1位★ キラキラ☆育児投稿にもやもやする理由 静かに反響があった記事でした。みなさん、やはり・・・笑モヤっとした方が多かったのではないでしょうかね。ある日、とあるママ友から「ブログおもしろいね!」と声をかけられるきっかけにもなった記事。「あれが良かったヨ。うんこの記事」 ってね。笑励みになります☆ありがとう☆ ★2位★ Hをこど [続きを読む]
  • お仕事について〜子育てアドバイザーって何??
  • えー、先日の朝食会ではとても意識高く、子育てをされているママさんに、「子育てアドバイザー」なる資格についてご質問を頂きました。こういうこと知りたい方もいるのですねえ、と、私にとっては発見でした。 ありがとうございます?他にも聞きたかった方がいらっしゃるかもしれませんので、今回は私が「子育てアドバイザー」という資格を取得した経緯について書いてみます。 ***自分の手で稼ぎたいと考えたのが、 [続きを読む]
  • ジャンクフードを食べに行く幼稚園の遠足
  • 今回のブログは完全なる私の愚痴でございます。悪しからず。四番太の幼稚園はその場所柄、かなり様々な人種の子ども達で構成されています。そしてやはり場所柄、エキスパット(外国人駐在員的な人々)が多い。ということは親の学歴も比較的高め、ということ。 そんな幼稚園だからこそ信じられないと思ってしまうのですけども 3Dだか、4Dだかの映画を観に行ってその帰りに、まくどなるど で、ランチをする [続きを読む]
  • 協力してもらえる妻・してもらえない妻★第三回朝食会★
  • 先の日曜日は朝食会でした〜。 夫さんと連携プレーがお見事だった、まだ赤ちゃんママのNさんと、今回の朝食会を主宰してくださった、愛され妻???の、Jadeさん。 ワイルド・ハニーはすごいにぎわいでした。2時間弱くらい?で追い出されてしまったので場所を移しました。さてさて。Nさんからのご感想をご紹介します。***昨日は私は一番主人の教育?についてが衝撃を受けました。特に 2人とも同じ [続きを読む]
  • 「またやっちゃった・・・」同じ後悔を繰り返す理由。
  • かつて、本当によく そして今も、たまに 「あちゃー、また、やっちゃった・・・」と 繰り返す後悔。私はありますが、皆さんはどうでしょうか。ある? ない? どっち?(返事が欲しい) コレね、今なら分かる、繰り返す理由。どうして、同じことを何度も、何度も繰り返しちゃうかと言うとですね。なんのことはない、カンタンな話なのです。 要 [続きを読む]
  • 【最近の我が家】色々大変なことはあるけれど、私たちは元気です
  • 姑一時帰国で、てんてこ舞いです。 しかしまあ、子ども達がよーく協力してくれています。 朝、なかなか起きない三女子。(なにしろ、5時起きですから) いつも姑が、毎朝毎朝きっちり揃えてくれていた着替えを 母は、あっさり どこにあるか知らないよと言い放ちまして。(実際は「探せば分かるけど、あえて探さない」が、本当の所です)そしたら、毎朝どこからか、自分で見つけて着替えております。い [続きを読む]
  • Hをこどもにみられたとき
  • 最近 なんだかゆで卵が食卓に上がる頻度が増えますた。 その日もね。 私が、お米を食べないので 子ども達が、5個くらいゆでて、 私の前に、でん。と置いてくれていた。 ふざけて大笑いしながら食事をする子ども達の傍ら ひっそりと、母はでん、と用意された、ゆで卵のカラを剥くべく トントントン と、卵をテーブルにぶつけた。 すると、長女子が ハッと顔をこちら [続きを読む]
  • 登校拒否娘の、その後。
  • さて、カテゴリーは存在するのに記事はゼロな、登校拒否関連。 まだ準備不足でアップが出来ていません。 が 最近の長女子の、様子をお送りしようと思います。思えば、5年前。学校が嫌で、悪夢と叫び声で始まる朝。不機嫌な顔に辟易する日々。ぎゅっと口を一文字に結んで涙をこらえて私をまっすぐに見つめる、あの頃の長女子を今でも、ありありと思い出せます。 & [続きを読む]
  • 悪口はサイコー☆に恥ずかしい行為である、その理由☆
  • 職場で軽くね、ムッとしたことがありまして。間違いを指摘されたけどもその間違いは、実は間違っていなかった、という。 そんなことです。アリの目玉くらい、小さなことですけども短時間とはいえ、混乱の渦でぐるぐるしてしまったもので「まったくもう、ぶつぶつ」と、言いたい気分だったんですよ。で、夫に、事の顛末を報告していたらば遠くから、 長女子がこういった。「なになに。 悪口?」っ [続きを読む]
  • 自分をかわいそうがるという、段階。
  • 他の誰かや、 そのときの環境のせいで出来なかった、自分。 ひどかった、自分。 苦しかった、自分。そんな自分を、責めてしまう。後悔の念に、苛まされてしまう。 そういう風な段階があると思っています。良いとか、悪いとかではなく、 通り道。 階段の、ひとつ。そんなイメージです。そのときのことを、思い出すと泣ける・・・という状態になるとき。それは、まだまだその頃 [続きを読む]