sszk さん プロフィール

  •  
sszkさん: 狼系
ハンドル名sszk さん
ブログタイトル狼系
ブログURLhttp://wolverion.com/
サイト紹介文映画、ガジェット、旅行の話題が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/10/03 06:48

sszk さんのブログ記事

  • Mastodon
  • 今更ですがあえて。今から1か月以上前のことになりますが、私が風邪で寝込んでいる間にインターネット界隈ではMastodonというマイクロブログが急に話題になっていました。Twitterが何年経ってもまともな収益が得られずに身売り話が出ているというのに一体何が新しいのだろうか、と頭痛でボーっとする頭で思いながらとりあえずIDを確保しておこうと登録だけしておいて、調べ始めたのは回復してきてからとなりました。調べてみるとこ [続きを読む]
  • QLine
  • きれいなうちに乗ってみたい。アメリカでは公共交通機関で満足に移動できるのはニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコといった数えるほどの大都市だけで、その他の地域では日本に住んでいる人には想像できないほどの車社会になっています。しかし、実は第二次世界大戦の頃まではそこまでではなく、鉄道網がそれなりに整備されていて、各都市には路面電車などが走っていたのですが、長距離の移動は飛行機に、近距離は自家用車に置 [続きを読む]
  • Guardians of the Galaxy Vol. 2
  • 「リミックス」の意味わかってますか?今日は次男の15回目の誕生日ということで例年通り休暇を取って家にいたのですが、当然ながら次男本人は学校に行っていたので、結局それは休暇を取るための口実というかきっかけに過ぎません。そういうことでもないと有給休暇を消化することもできないので、私は毎年家族の誕生日と結婚記念日には休むようにしていますが、だからといってどこかへ出掛けたり、ごちそうの準備をしたりするという [続きを読む]
  • 羊飼いの暮らし イギリス湖水地方の四季
  • 日本のサラリーマンとどちらが厳しいでしょうか。もう20年も前のことですが、私たち夫婦の新婚旅行は私が子供の頃の一時期を過ごしたイギリスへ行きました。基本的にはロンドンに一週間ほど滞在する航空券とホテルのみのパックツアーにしたのですが、その間にロンドンのホテルは借りたままレンタカーでイングランド北西部まで足を伸ばして「嵐が丘」の舞台となったハワース、湖水地方のウィンダミア、古いイングランドの景観が残る [続きを読む]
  • Casey Neistat
  • 日本からはなかなか生まれないかも。液晶モニタが大きくきれいになってからYouTubeの動画をよく見るようになったというのはこれまでに書いていますが、以前ハマっていた日本在住外国人YouTuberの動画についてはもう最近ほとんど見なくなってしまいました。その理由はいくつかありますが、まず彼らの多くが日本への滞在が一時的なものであり、しばらくすると日本を離れてしまいチャンネルの更新もやめてしまうということが挙げられ [続きを読む]
  • 白湯
  • 深い意味はありません。夜遅くに余計なものを食べてしまわないように、早めに歯磨きをしてしまうというのは私だけではないと思いますが、その後コーヒーやお茶も飲めなくなってしまうので、まだしばらく起きているというときはちょっと躊躇してしまいます。そうすると自分に甘い私は結局ついつい何かを口に入れてしまうということになってしまいます。とは言っても2時間以上の間何も飲まないとどうしても喉が渇きます。ということ [続きを読む]
  • GUとH&M
  • この町で薄利多売が続くかどうか。ちょうど今から1年前のゴールデンウィークに、私の地元駅ビル内にGUがオープンしました。GUといえばユニクロを運営するファーストリテイリングの廉価ブランドですが、そもそも「高品質なのに低価格」を売りにしているはずのユニクロよりも安い、ということは品質が犠牲になるのは避けられないだろうというのが自然な発想でしょう。そのため、これまで私は何度か店を覗いてみることはあったものの [続きを読む]
  • ブリッジワールド
  • これも「日本は凄かった」の一つ。2017年のゴールデンウィーク前半、特に西日本は天候に恵まれ真夏日となることもあるほどの陽気ですが、皆さんは有意義な休暇をお過ごしでしょうか。私の勤務先は工場の生産ラインの都合上、4月29日の昭和の日が土曜日なのでその前日も休みになって、5月7日までの10連休となっているのですが、残念ながら29日から体調を崩して3日も寝込んでしまい、折り返し点を過ぎた今日になってようやく体調がほ [続きを読む]
  • オーシャンテラスあじさい
  • めったにできない贅沢、でもまた来たい。唐突ですが、私と妻が結婚したのは今からちょうど20年前、1997年のことです。月については新婚旅行でイギリスへ行くと決めていたので、現地の気候が最も良い6月にしたので20周年の日はまだちょっと先なのですが、20周年といえば磁器婚式…ということは知らなくても区切りの年であることは誰にでもわかるでしょう。去年までの例年は当日家族で簡単な外食をするくらいで済ませてきましたが、 [続きを読む]
  • Beauty and the Beast (2017)
  • ディズニー映画の正統。つい先日の「ゴースト・イン・ザ・シェル」の時にも「アニメと実写の境界がどんどん曖昧になっていく」と書きましたが、これは何もSF的な作品に限ったことではありません。今回観た2017年版「美女と野獣」では予告で「あの名作をディズニーがついに完全実写化! 」と謳っていましたが、さすがに歌ったり踊ったりする家具調度類を実写で撮ることなどできないので、もちろんかなりの割合でコンピューター・グラ [続きを読む]
  • Ghost in the Shell
  • 観ておいて良かった。つい先日「SING」を観たときには「ゴースト・イン・ザ・シェル」について「レンタルで観ればいいやという気になってしまいました。」などと言っていた私ですが、もうすぐ上映が終わってしまうかもしれないと思うとやはり私は諦めきれず、結局先週の金曜日に仕事が終わって一旦帰宅した後、車で一時間近くも走ってイオンシネマ明石でレイトショーで観てきてしまいました。どうしてわざわざそんな遠くに、という [続きを読む]
  • Sing
  • 洋楽好きの大人も。Sofia Coppola監督の映画「ロスト・イン・トランスレーション」を観てからか、Scarlett Johanssonが出演しているとどうも気になってしまうのですが、先週公開された「ゴースト・イン・ザ・シェル」は白人のScarlettが日本人の役を演じているのが差別的だということで批判されているようです。日本人にしてみればそんなことはまったくなんとも感じないところではないかと思いますが、そのせいで興行的に失敗に終 [続きを読む]
  • smc PENTAX-DA 50mm F1.8
  • 沼の入り口。今日、日本経済新聞が「リコー、カメラ事業縮小 個人向け撤退含め検討」という見出しで記事を掲載しました。これに対しリコーは「この記事はリコーが発表したものではありません。」と応じ、「個人向けカメラ撤退はない」と否定したものの、昨日付でデジタルカメラ事業の収益見通しの修正で100億円の減損損失を発表しており、製品ラインナップの整理統合は避けられない見通しです。確かにペンタックスブランドの一眼レ [続きを読む]
  • IIJmio meeting 15 大阪会場
  • かなりマニアックでした。我が家では一昨年の帰国以来、通信環境が携帯電話にIIJmioみおふぉん、インターネット接続にはIIJmioひかりというIIJmio独占体制となっているのですが、平日の昼休み時間帯のデータ通信と夜9時以降のインターネット接続の混雑が激しく速度が著しく低下する以外、特に不満を感じていません。まあ、「以外」とは言ったもののかなり致命的な問題ではあるのですが、これはどの会社を選んでも同じような状況で [続きを読む]
  • Passengers
  • 誰が彼を責めることができようか。今日4月1日は毎月1日の映画の日ですが、土曜日であり春休み中ということもあって各地の映画館は混み合っていることでしょう。しかし私はそんな絶好の映画日和の前日に映画「パッセンジャー」を一人で、レイトショーで観てきました。というのは、この映画は観るだろうと思っていたので少しでも安くということで前売り券をムビチケで買っていたからなのですが、地元のシネコンでは先週末の公開なの [続きを読む]
  • TWICE
  • 我ながらちょっと意外。おそらく音楽的な好みが決まるであろう中学生時代をイギリスで過ごした影響が大きいのだと思いますが、私はいわゆる邦楽もほとんど聴かず、英米の音楽を中心に聴いているのでK-Popには一切興味を持たずに来ました。ただPSYの江南スタイルくらいはアメリカでも爆発的に売れていたので私も知っていますが、それ以外は本当に知りません。まあそんなことは強く主張する必要もないのですが、そんな私が、日本のア [続きを読む]
  • Three 海外データSIM
  • どうしてこんなことが可能なのでしょうか。いつでもどこでもスマートフォンでメッセージのやりとりができて必要な情報が得られるということに慣れきった私のような者にとって、携帯電話の電波の圏外にいるというだけで底知れぬ不安を感じたりするものです。以前はそもそも旅行中に連絡が取れなくなるというのは当たり前だったにも関わらず、海外へ行くとなった場合でもそれは同様で、なんとかして通信手段を確保しようとしてしまい [続きを読む]
  • イタリア出張
  • 「良かった?」とか聞かないでください。アメリカ赴任前後の1,2年は年に何度かアメリカへ出張する機会もできましたが、それまでの何年かは海外はおろか国内でさえ出張の機会はほとんどなく、業務はほとんど事業所の中で済んでしまっていました。出張に出掛けると日常的な業務が滞りがちなので調整が必要にはなるのですが、基本的に出掛けることが好きな私にはちょっと淋しい状態だったとも言えます。しかしそんな私に今度はイタリア [続きを読む]
  • LINE乗っ取り詐欺未遂
  • 過信は禁物。いきなりですが、私はLINEが嫌いで自発的にはほとんど使いません。その理由は元ライブドアだった会社が運営しているとか、その親会社が韓国のNAVERだからだとかいうようなことではなく、ある一社のクローズドなネットワークに通信を委ねることに非常に違和感を覚えるためです。それは信用できないというのとはちょっと違って、そもそもオープンなはずのインターネットの中に得体の知れない閉鎖空間を設けることに生理 [続きを読む]
  • La La Land
  • 実はとても哀しい作品です。現地時間の今日2月26日はアメリカ映画界の最高権威であるアカデミー賞の授賞式が行われます。そして今年の話題作は何といっても最多の13部門14ノミネートとなっている「ラ・ラ・ランド」ですが、日本では待ちに待ってこの週末にようやく公開となり、私も昨日さっそく観に行ってきました。ノミネートが多い方がいい映画、面白い映画だとは思いませんが、これだけ評価されているとなると観てみないわけに [続きを読む]
  • プレミアムフライデー
  • ロゴは「自由に使える」と言いながら申請して承認されないと使えないので自粛します。昨年は某社で新人社員が長時間労働の挙句自殺したというのが大きな話題になりましたが、首相官邸が「働き方改革」なるものを掲げるのはその影響でしょうか。私の勤務先でも社長がいち早く取り組むことを公表し、いろいろなところにその影響が現れてきています。最たるものは水曜日と金曜日は残業禁止、その他の平日は夜10時以降の勤務を禁止する [続きを読む]
  • あなたの人生の物語
  • 想像力を働かせるのがSFの楽しみ。先日、居間で家族が見ていたテレビで映画「メッセージ」が紹介されているのを何気なく聞いていて、Amy AdamsやJeremy Rennerが出演しているということでちょっと興味を持ったのですが、この作品はTed Chiang原作のあなたの人生の物語を原作としたものであるとのことでした。映画の公開は5月ということでまだ間があるので、それまでの間に原作を読んでみよう、ということでその場ですぐにKindle版 [続きを読む]
  • S&B 四川風ラー油
  • かけ過ぎ注意。以前「辛そうで辛くない少し辛いラー油」というものが大流行して、スーパーマーケットなどでも軒並み品切れという騒ぎになったことがありますが、私が記事にしたのを見ると2010年1月ということなのでかれこれ7年も前の話になります。今では普通に店に並んでいるのでいつでも買えるようになっていますが、それだけでなく本家の桃屋のものの他にエスビーなどから類似品が出たり、類似品の方はシリーズ展開していたりす [続きを読む]
  • Silence
  • いろいろむごい。今週水曜日は毎月1日の映画の日ということで、映画館の入場料金が大幅に割引されるわけですが、普段の1800円から1100円というのはだいぶ安くなっているものの、諸外国に比べるとまだまだ高いのではないでしょうか。日本でも深夜に及ぶ上映はレイトショーとして1200円程度になるサービスがありますが、アメリカでは時間帯や曜日などによってかなり柔軟に値段が変えられていて、週末でも午前中の回は3ドル程度で観ら [続きを読む]
  • Doctor Strange
  • 少なくとも期待には応えてくれました。香港を皮切りに各国での一般上映が始まったのが昨年10月、それから3ヶ月ほど経った昨日ようやく日本でも映画「ドクター・ストレンジ」が公開されました。この作品もMarvel Comicsのコミックシリーズを原作とするコミックの実写化作品の一つですが、主役のDoctor StrangeをあのBenedict Cumberbatchが演じているということで一部では大きな話題となっていました。Benedictといえば「スター・ト [続きを読む]