季節の風にのって      ワーク ショップ  さん プロフィール

  •  
  季節の風にのって       ワーク ショップ さん:   季節の風にのって       ワーク ショップ 
ハンドル名  季節の風にのって      ワーク ショップ  さん
ブログタイトル  季節の風にのって      ワーク ショップ 
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/murata-hiroko
サイト紹介文退職しヘアーサロンエントランスデザインの仕事と自宅でワークショップを始める。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2014/10/03 08:58

  季節の風にのって      ワーク ショップ  さんのブログ記事

  • ワークショップHIRO
  •   イベントに出店     子どもから大人まで楽しめる手作りワークショップHIRO   クルミからひげ根を出すセダム   殻にセダムをミズゴケで包み入れる   お部屋のアクセサリーマグネットストラップ    ドライフラワーピアス    ラジオペンチでワイヤーを耳の形に合わせて曲げる    好きなドライフラワーを接着剤でつける  たくさんの方たちに作っていただきました。  八ヶ岳の花・クルミたちにもほん [続きを読む]
  • 雨の中
  • 気がつかないくらいの小さなメッセージを毎朝ボードに書く一番使う言葉は大好きな「ありがとう」この時期ぎぼうしは梅雨のトップスターだSONKAにもぎぼうしをしつらえる店内の子どもコーナーにはトンボを飛ばす小枝で作り目はきらきら青いビーズをつける気にいった場所にもとまれるように竹ひごもつけたちょっとよくばったかな?梅雨が終わると夏本番だからこそ今は雨をみながらこんな小さなもの作りが楽しい  [続きを読む]
  • 暮らしのなかで
  •    暮らしの中で                           くずのつるかごにふうせんかずら    手でものを創るという行為は、    私達の柔らかな思考を育み    色々な角度からものをみる力を培ってきたように思う    「工夫して何とかしたい」    作品として少し歪んでいても心地よいと感じる自分流のしなやかさ       単一のものさしにとらわれない    そんな暮しへのきっかけに [続きを読む]
  • sonka ディスプレー
  • 梅雨 自然木にこだわるクラフトワーク「とんぼ」 SONKAの子どもコーナーの空模様のレースカーテン 小枝を使い壁の両端はワインコルクのクッションでとめる 木とコルク材のしなやかさが役に立つ 壁を傷つけずにとめる位置を変えられる 陽ざしの強さは時間とともにかわる 7月はカーテンの位置をさげ陽ざしをやわらげる 「しなやかさ」は「たからもの」 フランスパンと、 [続きを読む]
  • 満開 ぎぼうし
  •     梅雨の合間に         出番を待ち構えていた         いっせいに咲きはじめる                    鉢からあふれでる「斑入ギボウシ」          上品な柔らかな葉柄 「フォスタギボウシ」         五日市街道の道をふさぐ勢い         早朝、はながらをていねいに摘む ヘアーサロン「イエローハウス」にて [続きを読む]
  • 思い
  • ワークショップを通じこれまでの暮らし方を見直す機会が増えた「観察は力なり」ものをしっかり五感でとらえたいなかなか自分の思い込みが邪魔をして難しい少しでもそこから抜け出たいと・・今、これまで関心がなかったものや苦手なことにトライしようと心がけている今しなっかったらいつなの?自問自答朝のランニングは5年目になる小雨でも気持ちが高揚するイエローハウスに到着し仕事をする思わず「ありがとう」とつぶやく [続きを読む]
  • うちわに  リメイク
  •  夏は藍の小物に気持ちを寄せたくなる      日本手ぬぐいを染める      歌舞伎文字「睦」のデザインが気にいり10年ほど前に購入      少々色あせてきた今      藍染めに      風合いが柔らかい    うちわにリメイク     文字を切りりぬく     小麦粉のりを作る     和紙をほねにはりつける     布を裏めん     縁取りを和紙で     「今夏はこれで涼しいかな?」 [続きを読む]
  • 藍染 抜染
  • 初めて藍の抜染にトライ  事前準備   麻布を藍の乾燥葉で染色リメイク   オキシドールで媒染   気にいる色合いになるまで何度か繰り返す   濃い藍にやっと染め上がる   この布に筆で文字を書く   抜染剤の調合は正確さがポイント   P-20を2・5グラム   抜染用のりMHを10グラム   その他にも幾つかの工程が   薬品リダック入りの鍋で煮る   布の抜染剤をきれいに洗い落とす   文字がうか [続きを読む]
  • 梅雨の晴れ間に
  • 早朝6時にランニングできた日は一日気分がいい今日は善福寺川沿いにヘアーサロンイエローハウスに向かって走る4キロほどの距離は調度いいはき掃除・みずやりなど20分ほどかけて店のしつらえをする花がら摘みはていねいにするこの時期はなめくじやガの幼虫がおいしそうな気に入ったものを一日で食べつくすぎぼうしの葉はその標的素手でひきはがしつぶすあおむしはすべての足を使って茎や葉にしがみつく力ずくではがす煙草の吸殻 [続きを読む]
  • リメイク  エコバッグ
  •   エコバッグは最近おしゃれなものがいっぱい       何年か前に軽井沢のパン屋さんでフランスパンを入れて購入したもの             パンのデザインが気に入っている      普段使いにするのがもったいない      このままタンスにしまいこまれていたら      役目が・・・          夏ブラウス シーズンデビュー    持ち手のアーチにレースをつけ     バッグ底をあけて [続きを読む]
  • つるとあそぶ ワークショップHIRO
  • 八ヶ岳で採取したふじつるを使ってあそぶワークショップ    つるを     ①種類    ②採取時期    ③部位の特徴など    自分の五感をフル回転させながら1時間近くあそぶ   つるの汚れを丁寧にたわしで洗い落とす   この作業が大切な時   つるの曲がり具合やひげ根など細かなところに気付く   「観察」は力なり   こうは言っても一体どこを何をみればいいのかわからないのが本音   そのこと [続きを読む]
  • 下ごしらえ
  • 何事も下ごしらえが肝心    Y字型の小枝など寸法をそろえる作業    ワークショップの出番まで待機    自宅の木を剪定したものを身近な素材として有効利用    決してごみではありません    これからが本番シーズン    ウオーターマッシュルームも出番待ち        新高円寺ヘアーサロン「イエローハウス」の仕事に毎朝往復8k走っていく    川沿いの風景は日ごとに夏の緑に変身    びわの [続きを読む]
  • 初体験
  • うれしさ100倍 10年程前に作った巣箱ペンキ塗りを繰り返し今はこんな感じかすかな鳴き声がチィチィ自分の耳をうたがう巣箱の中から確かに聞こえる声観察し始めて1週間人の気配もが気にならなくなったのか餌を加え躊躇せずにイッキに入るそれまでは餌を加えたまま遠巻きに電線などに待機シジュウカラが我が家の玄関のオオバアサガラの木で子育て                         ここに住みはじめて37年 [続きを読む]
  • 梅雨 おいしいものは
  • もうすぐ梅雨繰り返される四季の恵みすべての命につながる雨天気予報などでほめられることが少ないこんな日はJAZZそしてフランスパン&渋いワインがいい大皿にドカンと座らせちぎって味わう至福のひととき食する前にちょこっとだけ米用の一升枡と醤油用の五合枡に鎮座おいしものにはいつもこうして手を合わせる母が秋田で煮物を盛り付けていた皿パンを切りながら食べるときは大皿が便利フランスパンは「和」と相性が抜群あらた [続きを読む]
  • リメイク 
  •   暮らしの中で「モノ」の価値は人それぞれ                帆布     フランスパンとジャムとジャズの店「SONKA」からいただいた     フランスパンをこの布で焼成する     3ヶ月ごと新品に交代     ごみとして処分していたという     確かに小麦粉がキャンバス生地の中にしっかりと入り込み硬くなっている状態     手洗いで何度もするが小麦粉がのこってしまう     乾かしま [続きを読む]
  • オンリーワン
  •   ハンドメイドの良さは一言で言うと      「おもしろい」     とにかく好きなことができる      「楽しい」    「ねえ、みてみて」と思わず声をあげる     誰かに伝えずにはいられない    このシャツを作ってからもう?十年    襟もとはいろあせてしまったけれど    思い入れが詰まっている    創るという行為は    おもいをかたちにしていく    その過程を楽しめること   [続きを読む]
  • 初夏 しゅうかいどう
  •   しゅうかいどうの若葉が一斉に目立ち始める  これから梅雨にはいると  まってましたとばかり全身で雨水を取りこむ  山野草たちの力強さを感じる    7月にはいるとピンクのつつましく控えめな花を咲かせる  今を楽しむ  ワクワクタイム    ヘアーサロン イエローハウス 四季折々              [続きを読む]
  • 試作
  •   アイディアは突然生まれない       頭の引き出しをあけながら       自分の中にある思い込みに気づく       はじめの一歩がスタート      フェンネルは逆さにしてドライフラワーに      ギターコードにまかれた山形のさくらんぼ      ピアスに変身など・・      思いつくままとにかく形にする      部屋は実験室さながら [続きを読む]
  • ごほうび  やまもも
  • ハンドメイドの一 歩を体験できたらと思いながらもくもくとのこぎりをかける 下作業が続く 腰が痛い 作業中に突然嵐のような強風と雨  たくさんのやまももをおとしていってくれた   最後にごほうびのあった一日   ひとくち「パック・・」   ちょっとだけしぶみのあるあまさがひろがり   身体が緩んでいく [続きを読む]
  • 試作 ガーデンボックス
  • 身近な人達に喜んでもらえるようなガーデニングボックス     費用もできるだけ安くなるように     建築現場ではごみとして処分されてしまう端材     その合板を使用したハンドメイド                                         自然のアーチを生かして         持ち手になるふじをねじ止めする [続きを読む]
  • 生まれたてのアジサイ
  • ここ数日の暑さににあじさいもくたびれている     それとは知らずに喜んでいるのはミントなどハーブたち     気温23度以上になると成長活動のスイッチオン                   生まれたばかりの赤ちゃん           つぼみの小さや淡い色にひかれる            ミルクピッチャーに炭をひとかけら           水揚げがよくなる                    [続きを読む]
  • 季節の香り  フェンネル
  • この季節になるとフェンネルの花浜田山の住宅の空き地に毎年咲く和名はウイキョウかむとくだもののような甘さがある料理にはシード種を使ったりフレッシュな葉っぱは料理の香草にしたりと大活躍せんこう花火のように黄色く香りを放つドライフラワーにしても香りはしばらく楽しめるどこをみても植物の「生命」を感じる日傘のしたから青空を見上げる [続きを読む]
  •  藍染リメイク
  •   夏は藍の小物に気持ちを寄せたくなる季節      日本手ぬぐいを染める      歌舞伎文字「睦」のデザインが気にいり10年ほど前に購入      少々色あせてきた今      染めた布の風合いがいい      うちわにリメイク     文字をくりぬく     小麦粉のりを作る     和紙をほねにはりつける     布を裏めん     縁取りを和紙     完成する     今年の夏はこれで涼 [続きを読む]
  • リメイク
  • 今の暮らしに生かせたら      92歳の母が若いころに作ったレース編みテーブルセンター      長い間に黄ばみやしみがついてしまった      糸がやせてほつれもある      私には何よりの宝物      母の思い出につながる手仕事            藍染でオキシドール媒染と鉄媒染      藍色とベージュに染めあがる          テーブルセンターではきっとまたタンスにしまい込まれる [続きを読む]