気ままな撮影紀行 さん プロフィール

  •  
気ままな撮影紀行さん: 気ままな撮影紀行
ハンドル名気ままな撮影紀行 さん
ブログタイトル気ままな撮影紀行
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ke0821fu
サイト紹介文鉄道写真をメインに航空機や一般の 風景写真等の撮影に出かけました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/10/03 09:53

気ままな撮影紀行 さんのブログ記事

  • 半径21.5mの急カーブを行く ・ 黒部峡谷鉄道(富山県)
  • 富山県の黒部川沿いで宇奈月駅(うなづきえき)から、欅平駅(けやきだいらえき)迄の間に黒部峡谷鉄道が走っています。この路線は日本国内で現在では珍しくなった特殊狭軌でレールの幅が762mmになっており、新幹線のレール幅が1435mmなので約半分程しか有りません。他に、このレール幅で旅客輸送する鉄道は、国内では三重県を走る三岐鉄道北勢線と四日市あすなろう鉄道が有るだけです。鉄道が走行するにあたって苦手とするヶ [続きを読む]
  • 夕日を浴びて家路に就く ・ JR名松線(三重県)
  • 三重県を走るJR名松線の終着駅である伊勢奥津駅(いせおきつえき)から、上りの松阪駅(まつさかえき)行きの列車が発車しました。この時は雲一つ無い快晴の状態で、列車の側面を照らした夕日が反射して印象的な光景になっていたので1枚パシャリ!!好天で快晴の時は、それはそれで好ましい事なんですが、空一面が青一色になっていてアクセントが無く何か物足りないんですよね。青い空に雲のかたまりが何カ所か有れば、アクセント [続きを読む]
  • カモメの見送りを受け出港! ・ 神戸港
  • 日本の豪華客船『飛鳥Ⅱ』が停泊していた岸壁を離れて、タグボートのサポートを受け出港の体制に就きました。これから先の航海の安全を祈っているのか、飛鳥Ⅱの船尾では多数のカモメが乱舞して見送る中、出港して行きました。大阪港や神戸港へは時々豪華客船の写真を撮りにでかけてます。しかし港でカモメの姿を見ることはあまり無く、この時はちょうど出港時の船尾付近でカモメが乱舞していたので、それを狙ってシャッターを押し [続きを読む]
  • 大空へ離陸!! ・ 大阪国際空港
  • 大阪国際空港のターミナルビル展望デッキから、空港の夕方の光景を撮ろうと思って出かけました。この空港では以前から、ターミナルビルに接続するようにして、滑走路方面に向かってビルの拡張工事が進められていました。昨日(6月15日)久しぶりに展望デッキへ立ったら、工事がかなり進んでいて滑走路や機体は見えるものの、視界はかなり狭まっていました。その為この展望デッキでは撮る事をあきらめました。大阪国際空港のターミ [続きを読む]
  • 疾走する伊賀忍者! ・ 伊賀鉄道(三重県)
  • 三重県を走るローカル線の伊賀鉄道は、JR関西本線の伊賀上野駅(いがうえのえき)と近鉄大阪線の伊賀神戸駅(いがかんべえき)間で、路線距離16.6Kmを約35分前後で結んでいます。沿線では田んぼが多くあって、長閑な光景が広がっています。田植えが終わった水田を横目に、伊賀忍者が駆け抜けて行きました。この時は「くノ一」列車は見かけなくて、男性忍者列車が駆け抜けて行きました。「くノ一」は、今日はお休みだったのかなぁ・ [続きを読む]
  • ANA スターウォーズ機が飛来 ・ 大阪国際空港
  • 大阪国際空港にスターウォーズ特別塗装の全日空機がやってきました。この時は大阪国際空港で、午後からターミナルビルの展望デッキにて、航空機の離発着の写真を撮っていました。その時近くでカメラを構えていた人から「スターウォーズを撮りに来られたんですか?」と聞かれました。私はその情報は持っていなかったので、逆に「何か特別な機体が来るんですか?」と聞くと今晩、前記の特別塗装機が飛来するとの事でしたので、夜まで [続きを読む]
  • 古都を疾走!! ・ 京都鉄道博物館スカイテラス(京都府)
  • 京都鉄道博物館の3F部分に新幹線や並走している在来線の東海道本線、山陰本線、東寺の五重塔をワイドに見渡す事が出来る“スカイテラス”があります。ここから見ていると在来線の東海道本線では,関空行きの「特急はるか」他、一般の普通列車等がひっきりなしに通過して行きます。時には長大な編成の貨物列車が通過して行く時もありました。東寺の五重塔を横目に、新幹線が駆け抜けて行きました。 [続きを読む]
  • 昭和の懐かしい光景? SLやまぐち号(山口県)
  • JR山口線を走るSL『やまぐち号』です。古い写真を整理していたら、何件かアップしてなかったのが出てきましたので、今回アップさせて頂きます。懐かしい雰囲気が出るように、モノクロ写真に加工してみました。(撮影:2010年11月6日)SLの停車駅「徳佐駅(とくさえき)」ホームには、SLやまぐち号が停車中です。国鉄時代を彷彿させる跨線橋付近に停車している機関車付近では、カメラを持った人達がシャッターを押していました。大き [続きを読む]
  • 伊勢路の有名撮影ポイント 宮川橋梁(三重県)
  • 近鉄山田線は伊勢中川駅(いせなかがわえき)を起点にして、伊勢神宮への参拝の玄関口である宇治山田駅(うじやまだえき)間を結んで走行しています。その途中に一級河川の宮川があって、この川を跨いでいる宮川橋梁(430m)は絶好の撮影ポイントとして知られています。ここは上流側でも下流側でも、好みの場所から色んな構図で狙う事が出来ます。この時は下流側から上り列車の『特急しまかぜ』を狙いました。最初は名古屋行きの [続きを読む]
  • 巨大な旅客機 『エアバスA380』 ・ 関西国際空港
  • 関西国際空港へ、タイ国際航空の巨大な旅客機が飛来してきました。この時の様子をまとめたフォトチャンネルも新規追加致しました。最初にこの機体を見た時は“ボーイング社のジャンボジェットかな”と思ってましたが、機体の造りがオール2階建てになっており初めて見る機体なので、“何だ これ?”と思ってとにかく何回もシャッターを押しました。帰宅してからネットで調べると、これは世界初の総2階建てのジェット旅客機で、史上 [続きを読む]
  • “ トリプル トンネル ” の在る光景 ・ 長良川鉄道(岐阜県)
  • 長良川鉄道は岐阜県の美濃太田駅(みのおおたえき)から岐阜県内を長良川に沿って北上して、北濃駅(ほくのうえき)迄を結ぶ第三セクターのローカル線です。この路線の深戸駅(ふかどえき)と相生駅(あいおいえき)間で、3つのトンネルが重なり合って一つの山を貫いている、珍しいポイントがあります。写真の下段が今、列車が通り抜けてきた長良川鉄道の第10号トンネルです。その上で中断の右端の矢印が国道156号線で、最上段が東 [続きを読む]
  • 天から神様が降りてくる!!! ? ・ JR紀勢本線(三重県)
  • JR紀勢本線で多気駅(たきえき)を発車した列車は一旦南下して走行した後、大きく西方向にカーブしています。この付近は線路の両側には田んぼがあって、長閑な絵になる光景が広がっており、私のお気に入りのポイントで何度も足を運んでいます。この時は下り列車が東の方から接近する為、太陽を背にしてどの角度で狙おうか、構図はどうするか等を色々考えていました。列車の通過予定迄、後10分程になった時に後方を振り向いたら、雲 [続きを読む]
  • 臨時急行『葛城高原号』・近鉄御所駅(奈良県)
  • 奈良県と大阪府との県境に、今の時期ツツジが美しく咲いている葛城山(標高:960m)があります。近鉄では葛城山でのツツジの開花状況にあわせて近鉄南大阪線の始発駅、大阪阿部野橋駅(おおさかあべのばしえき)から葛城山登山の最寄り駅となっている近鉄御所駅(きんてつごせえき)迄、臨時急行『葛城高原号』が運転されています。その近鉄御所駅で狙ってみました。この臨時急行には近鉄の電車では珍しい、ヘッドマークを掲出し [続きを読む]
  • 国鉄時代を彷彿とさせる JR関西本線・柘植駅(三重県)
  • このJR関西本線の柘植駅(つげえき)へは、私の家から車で名阪国道を走って約1時間半弱で行く事が出来ます。国鉄時代の雰囲気が残っていて、私の自宅からも手軽に行ける事から私の好みのポイントの一つで、何度か訪れています。この柘植駅は関西本線の途中駅であるとともに、この駅を起点とするJR草津線の接続駅でもあります。草津線ホーム3番線に、なつかしい湘南色の113系車両が入線していました。向かい側1番ホームで、写真の右 [続きを読む]
  • 北条鉄道 法華口駅(兵庫県)
  • 北条鉄道の法華口駅(ほっけぐちえき)です。この駅ではボランティア駅長さんが列車が到着するたびにホームで出迎えて、発車時は列車の姿が見えなくなるまで手を振って、お見送りをされています。テレビや他のメディアにもその姿が取り上げられて評判になっています。しかしこの日は駅長さんの姿は無く、ちょっと寂しい光景でした。木造駅舎内でオープンしているパン屋さん内でも姿が見えなくて、この日はお休みだったのかなぁ。ホ [続きを読む]
  • タブレット交換が行われる駅 小湊鐵道・里見駅(千葉県)
  • 房総半島を横断する様に走っている小湊鐵道の里見駅では、今では珍しくなった『タブレット交換』が行われています。【タブレット交換】単線区間の路線での運転時、列車同士の衝突を防ぐ仕組みです。線路を一定の区間で区切って(閉塞区間)、その閉塞区間には通行許可証(タブレット)を持った列車を1本しか入れない様にしています。その為、路線の途中駅で列車の行き違いが出来る駅が設定されています。その駅に到着した上り下り [続きを読む]
  • JR名松線 伊勢奥津駅(三重県)
  • 台風で大きな被害を受けて、家城駅(いえきえき)と終点の伊勢奥津駅(いせおきつえき)間が、長期間不通になっていました。昨年2016年3月に全面復旧してから1年が経った、終点の伊勢奥津駅にも桜の季節が到来しました。SL全盛時代に活躍した給水塔が今も残されてます。その給水塔には蔦の葉が絡まって鉄ばしごも錆び付いており、SLが走らなくなってから、長い年月が経過した事を物語っています。この駅が終着駅となっており、 [続きを読む]
  • 阪堺電車 住吉大社前を行く(大阪府)
  • 大阪市内の南部から堺市迄を結んで走っている阪堺電車は、大阪市住吉区にある住吉大社のすぐ目の前を走っています。この前の道は路面電車や車がひっきりなしに走っている、道幅が約20m近くある広い道路になっています。この住吉大社の表側正面の道路に面した所に、石灯籠が数多く並んでいますので、石灯籠を横目に通過する路面電車を狙いました。この他、境内にも多数の石灯籠が並んでいます。その石灯籠に彫られている文字を見る [続きを読む]
  • 北条鉄道の春
  • 兵庫県を走るローカル線、北条鉄道での春の光景です。ここを訪れたのは先月、4月16日で桜はピークを過ぎていましたが、菜の花が美しく咲いており、この日は快晴の青空が広がっていて、絶好の撮影日和でした。この時の様子をまとめたフォトチャンネルも新規追加いたしました。①網引駅(あびきえき)ホームには、上り列車の粟生駅(あおえき)行きが入線してきました。桜の花がもう少し残っていれば、黄色とピンク、青空でもう少し [続きを読む]
  • 阪堺電車上町線 帝塚山4丁目停留場(大阪府)
  • 阪堺電車の帝塚山4丁目停留場での光景です。停留場を発車したレトロな型式の電車が通り過ぎて行き、踏切の遮断機が上がった事から、足止めされていた通行人が線路を横断して行く、日常の何気ない光景です。レトロな路面電車が行ったあとに、今度は天王寺駅前行きの最新型低床型車両、“堺トラム”がやってきました。この路線では、時代の両極端の型式の車両を目にする事が出来ます。 [続きを読む]
  • 桜と伊賀忍者 ・ 伊賀鉄道(三重県)
  • 三重県を走るローカル線、伊賀鉄道の線路脇の桜も美しい花を付ける季節になりました。その桜並木を横目に、伊賀忍者列車が通過して行きます。伊賀鉄道の上林駅(うえばやしえき)と、その付近で忍者列車の接近を待ち構えて狙いました。今回は男性忍者列車のみで、『くノ一』電車の通過は有りませんでした。 [続きを読む]
  • SLみなかみ号 ・ 上越線 水上駅(群馬県)
  • 写真の整理をしていたら少し古くなりますが、群馬県の上越線方面へ行った時の写真で、まだアップしていなかったのが何点か見つかりました。この時は軽井沢を経由して信越本線、上越線方面へSL『D51』が牽引する列車の走行を撮りにいきました。(撮影:2013年8月13日)その中で今回はJR高崎駅(たかさきえき)を発車したSLみなかみ号の終点駅、JR水上駅(みなかみえき)での『SLみなかみ号』の発車の様子をまとめてみま [続きを読む]
  • 青空の下を快走 ・ JR参宮線(三重県)
  • JR参宮線は全線非電化単線の路線になっていて、電化路線と比較すれば架線柱が無い分スッキリした構図が狙える事から、ここへは何度も足を運んでいます。単線で非電化路線と言えば、列車本数が少ないローカル線のイメージがあります。しかし この参宮線は上り下り共に時間帯にもよりますが1時間に2〜3本の列車が走行しており、上下線で考えればシャッターチャンスは短時間で何度も訪れます。この日は天候にも恵まれて、多気駅(た [続きを読む]