Maki さん プロフィール

  •  
Makiさん: シンプル・リビング
ハンドル名Maki さん
ブログタイトルシンプル・リビング
ブログURLhttp://makiliving.blog.fc2.com/
サイト紹介文新築住宅を入手、シンプル・リビングな空間を作っていく過程を記録するブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2014/10/03 10:10

Maki さんのブログ記事

  • 美術館のようなBAラウンジ
  • 某空港のBAラウンジでフライトを待っていた。ここが、まるで美術館のような美しさ。英国のインテリア・センスが良いのか、たまたまここを手がけたデザイナーの腕なのか。2色のパントンチェアを並べ赤いテーブルと合わせる。なんと斬新な組み合わせ。そして静寂感が漂う美しさ!こちらはバー・コーナー。ベルトイア・バー・ストゥールが並び圧巻。波打ったようなカウンターに合わせ天井のライトのバーも波打っている。ため息!美し [続きを読む]
  • 寒い夜はこんな事が楽しい!
  • 大雪のあと、窓から乗り出して外をみたら窓枠からツララがたくさん下がっているのをみつけて、採取。手に持っているとどんどん溶けてしまうので、思いついてワイングラスに入れてみた、これがとってもキレイで、窓辺に置いて撮影。冬は楽しいことが多い!撮影後はとりあえずフリーザーに入れて保存。フリーザーには去年の冬に作ったミニ雪だるまも入っているのであった。食べ物もはいっているけど。トラコミュ シンプルライフトラ [続きを読む]
  • カウチを搬出したら急に部屋が広くなった
  • オフィス撤退に伴い不要になった家具類は、欲しいという友達がいて、数日前にすっかり持って行ってくれた。オフィス機能はまだあるので、残っているのはオフィスチェアやシュレッダー、それから写ってないけれどデスク、コンピュータ。まずはリビング。カウチが無くなったら、部屋が急に広くなった。60?弱のアパートだが、ダンスパーティーでも出来そう(しないけど)。しかしカウチが無い家というのは、わたしにとり住居としての [続きを読む]
  • 引越荷物パッキング終了。安堵と失望と快感。
  • パッキング終了!持病となっている腱鞘炎も腰痛も発症せず無事に作業終了できたので安堵と喜びで感無量。パックした箱は隣の部屋にも少しあって、なんと総数は17箱!これはかなりの失望感があった。というのも、ミニマリストの引っ越しなのでうまくいえば10箱以内だと思っていたから。長い時間を過ごした場所と言うのは何かとモノがあるのであった。でも、引っ越し業者により箱が搬出されたあとは、部屋が広々して極めて快適。家具 [続きを読む]
  • 公開します!私のバッグと中身
  • これがふだんわたしが持ち歩くバッグと中身。魔法使いのシンプルライフのエリサさんの企画に参加するもの。?【募集】あなたのバッグの中身が見てみたい! : 魔法使いのシンプルライフ基本的に何かを持って歩くのは好まない派で、かつてはプライベートな日常生活ではすべてをポケットに収納して手ぶらで外出していたのだが、携帯電話の大型化に伴いポケットには入りきらなくなり、小型のバッグを携帯するように。中身は左から順に [続きを読む]
  • 引っ越箱詰めの手順と教訓
  • オフィスを手放すことに決めたので撤収準備進行中。家具は知り合いに上げるか、廃棄かのどちらかなので、家具のない引っ越しならパッキングは大したことないと思いフル・サービスではなくて、自分で箱詰めするというプランにしてみた。これが意外に大変。一番大変なのは箱を作るときにペーパーカットをしないように注意深くすること。手袋をして作業すればよいのだが、手袋をするとテープがうまく貼れないので素手で行い流血の箱作 [続きを読む]
  • バスタブ掃除はトイレ・ブラシで
  • バスタブ掃除はトイレット・ボウル・ブラシを使っている。トイレ掃除とバスタブ掃除をひとつのブラシ共用でという事ではなく、トイレ・ブラシとして売られているものをバスタブ専用に使っているのだ。ハンドルの長さもブラシのかたさもバスタブ掃除にぴったり。とくに汚れが付着しやすい排水口近くの角の部分の清掃に抜群の威力を発揮する。ただし、バスタブの材質が高硬度の琺瑯の場合に可能な選択肢。「オフィス」のバスタブが琺 [続きを読む]
  • ブックシェルフの解体 〜 オフィス撤収準備(1)
  • 「オフィス」のブックシェルフのひとつを撤去。ふたつとも廃棄対象だけれど、片方は内容物の整理が終わってないので、今回は片方だけ。ステップ・バイ・ステップ。<< before >>ブックシェルフjは、このように2個並べて配置してあった。<< after >>そのうちひとつを解体、撤去。ブックシェルフをどけたら、壁のコンセントがあった。美的じゃないので、シュレッダーを置いて隠ぺい。:: ブックシェルフの解体作業記録 [続きを読む]
  • ヘアカットとルイス・ポールセン
  • 腰痛が3日半くらいで治ったので予定通りヘアカットへ。髪の毛の伸びる速度がはやいので毎月カットに行かなければならないのは面倒だが、しかし、ヘアカットに行くと楽しみがある。それは、ヘアカット・サロンのあるビルのロビー。大好きな「アーティチョーク・ランプ」がたくさん下がっているのだ。この風景をみるのはヘアカット行く都度たのしみ。Poul Henningsen デザインによる Louis Poulsen Lightingの商品。わたしの最も好き [続きを読む]
  • 魔女の一撃
  • 木曜日の夜、洗濯を仕掛け、洗剤をいつもの場所に戻そうとしたその瞬間に魔女の一撃をくらった。持病であり一年に一回くらい発症するので対処法は心得ている。最初は安静にして、その後はごく軽い動作を行う。歩くならスモール・ステップ。椅子には浅く腰掛け背筋を伸ばす。特別のストレッチを実施する、など。すべての動きはゆっくりとすることが重要。いつもだいたい3日半で治るので、今回も日曜日の夜くらいには完治することだ [続きを読む]
  • 冷え取りソックス?
  • 「冷え取りソックス」なるものが評判らしい。なんでも専用のソックスを4枚くらい重ねるらしい。そんなに重ねて暑くないのだろうか?いや、冷え取りソックスというくらいだから足先が寒い人用のギアなのだろう。わたしは足が暑い派で、真冬でも足だけはデュベ(コンフォーター)などの掛物から出して放熱しないと寝られない。起きているときも、足は暑いので本当は常に素足でいたいところだけれど、別の事情がありソックスを履かざ [続きを読む]
  • 【iPhone】 iOS 10.2にアップデート
  • iOS 10.2 にアップデートした。通常だと、OSの新バージョンがリリースされても、バグ出しが済む時間をおき、少ししてからアプライするのがわたし流なのであったが、今回は別。Appleからのアップデートの通知が来る前に自主的にアップデート。理由はカメラとスクリーンショットのシャッター音。もともと日本仕様のiPhoneはカメラのシャッター音が大きくて不満だったのだけれど、特に iOS 10.1 になったら、その音は常識外れの爆音で [続きを読む]
  • 2016年に観た映画のベスト10
  • 今年観た映画で気に入ったベスト10を発表。 1  ファインディング・ドリー (Finding Dory) 2  ハドソン川の奇跡 (Sully) 3  ブリッジ・オブ・スパイ (Bridge of Spies) 4  ズートピア (Zootopia) 5  ドクター・ストレンジ (Doctor Strange) 6  ニュースの真相 (Truth) 7  リリーのすべて (The Danish Girl) 8  マネー・ショート (The Big Short) 9  ジャングル・ブック (The Jun [続きを読む]
  • ミニマリズムとオフィス
  • わたしのオフィス。モノ少な目なミニマリストのデスク。最近の日本ではミニマリズムが流行っているらしい。ミニマリズムとはライフスタイルであり、流行ったり廃れたりというものではないと思っていたのだけれど、それはわたしの思い違いだったようだ。わたし自身は1993年ごろからミニマリストとなったのだが、当時はそれでも様々な資料などは持たざるを得なかった。何故ならインターネットが今ほど発達しておらず情報は各自が集め [続きを読む]
  • 2017年 手帳
  • 来年度の手帳を入手。 実際のスケジュール管理は Google Calendarで行っており、iPhone、iMac、その他の電子機器すべてにシンクしているが、紙の手帳(ダイアリー)も併用している。紙のダイアリーには、極めて重要なスケジュールは記入するが、基本的には、特筆すべき出来事があった際に記入を行うので、スケジューラーというよりはサマリー日記に近い位置付けで、電子的スケジューラとは異なる情報セットが含まれることになる。 [続きを読む]
  • 晩秋の海辺でヴァケーション
  • 一週間のヴァケーションから帰宅。主に海辺主体で豊富な自然を堪能。晩秋のボードウォークは人が少なく、水着にこそなれないものの、散歩するには夏より遥かに楽しめる。ベニスを思い出させるランプ。海辺も殆ど人が居ないので、海を見ながらのんびり歩ける。風になびくススキのような草。紅葉は少し前がピークだった模様だが、まだ美しいカラーを楽しめた。インレット。カモメの休息処。日が沈んでいく。ポスト・サンセット。トラ [続きを読む]
  • ある夜の光景
  • 2016年大統領選の開票結果に呆然とし、悲しく残念でならない。悪夢なら覚めてほしい!あまりの事に、ちょっと現実逃避。この画像は8月18日にバルコニーから撮影したもので、書斎と奥の方の小部屋のみ照明がついていて、あとは暗いのでバルコニーの掃き出し窓のガラスが一部ミラー状態になり外の景色が反射して面白い効果を生んでいたもの。まるで書斎がビル群や空のなかに浮いているようだが、でも、現実ではない。<<米国大統領 [続きを読む]
  • コンピュータを処分
  • 古いデスクトップPCを処分。データなどHDDの中身は注意深く削除すみだけれど、念のため、棄てる前に本体から外した。いつもと同じコンピュータを棄てるときのプラクティス。ディスクはこれから更なる破壊作業を施したうえで棄てる。ビデオカード、サウンドカード等も外し、ほぼベアボーンに。ボディーはデスクトップといっても床置き用のタワー・コンピュータなので筐体が大きく重くて持ち運びは大変なのだが、敷物を下に敷いて引 [続きを読む]
  • 純毛毛布を洗濯機で洗ってみた
  • 今頃の季節は純毛の毛布を愛用しているのだけれど、あまりきれいでないのではなかろうかという気がした。いったんそう思うと、そのまま使うのは嫌になったが、クリーナーに出すと一週間くらいはかかり、その間使えないではないか。最初は洗濯屋に出している間の代替として安い毛布を買おうかと思ったのだが、思いついて既存のものを自分で洗ってみることにしたのだ。毛布についているタッグを見ると「ドライ・クリーニング」と明記 [続きを読む]
  • Happy Halloween
  • Happy Halloween!季節の行事的なものは一切しない派なのだけれど、ハロウィーンだけは例外で時々参加。これは、過去に撮影したベスト・ハロウィーン・ショット!今迄の衣装でもっとも気に入ったグラディエーターの衣装がわたし。たて琴を持ったギリシャ・ローマ風の衣装の人は見知らぬ人。グラディエーターを見つけてベスト・マッチだと記念撮影したもの。この年はとても暖かい10月31日だったので、肌を露出する衣装でも凍えること [続きを読む]
  • オートミール
  • 自宅でオートミールの朝食。ナッツ(アーモンド、クルミ、ピスタシオ)、クレーズンを加えた好みのスタイル。◇わたしとオートミールの出会いは幼少期にさかのぼる。子供のころに両親が食べていたのを横目で見て「まずそうだな〜」としか思えず、わたしだけ違うものを食べていた記憶がある。それが長じていつのまにか好きなものに転じ、ホテルやデリなどで朝食時にオートミールがあるときは迷わず選ぶようになった。そしてとうとう [続きを読む]
  • ≪ELLE DECOR DESIGN WALK≫ エル・デコ デザインウォーク
  • ≪ELLE DECOR DESIGN WALK≫ エル・デコ デザインウォーク東京都内のインテリア・ストア 103店が参加のイベント。スペシャルな家具の展示や、プレゼント・キャンペーン、その他、それぞれの店により提供される内容はさまざま。期間は10月26日から11月7日まで。地図を見ながらインテリア店めぐりをするのも目の保養になり秋の日の過ごし方としてなかなか良いかも。詳細は以下のページで。↓ELLE DECOR 公式ウエッブサイト &nb [続きを読む]
  • 靴の棚卸: 成果は在庫マイナス4足
  • 靴の棚卸をした。一時は1ダースを大幅に超える量のFerragamoがあったが、だいぶ処分をした後なので残りは6足。 この隠れフェラガーモ・ストックがある理由はというと・・・かつて仕事着はビジネススーツという時代に履いていた黒のパンプスの名残なのだ。足の形が一般的じゃないらしくて大抵の靴は踵が痛いのにフェラガーモだけは足慣らしの必要もなくどこも痛くないことを発見し、気に入ったスタイル(Clarissa 及び Rio)が無く [続きを読む]
  • 片付けのモチベーションの上げ方
  • 片付けの神が降臨したことからここ数週間は棚卸と棄てるプロジェクトが進行中。でも、神は気まぐれらしくて、時々どこかにいってしまうのでわたしのプロジェクトも停滞する。気まぐれなのは神ではなくてわたしだという見方もあるが、それはさておき・・・片付けは作業自体は特に楽しい仕事ではないので、時々モチベーションを上げる「カンフル剤」を打つと一気に能率が上がる。散歩の途中に出合ったパーフェクトなヴュー。階段の上 [続きを読む]