今日も魚が旨い さん プロフィール

  •  
今日も魚が旨いさん: 今日も魚が旨い
ハンドル名今日も魚が旨い さん
ブログタイトル今日も魚が旨い
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kaando
サイト紹介文20年ぶりにバス釣りに再デビューしたオッサンが小学生の娘と戯れながら奮闘する釣行記と、アマチュア劇団
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/10/04 23:53

今日も魚が旨い さんのブログ記事

  • 第14戦、15戦 梅雨の合間に
  • 酒が抜けきらない日曜日の朝。「起きれたら、釣りに行く」と妻に伝えてリビングで転がっていた。目が覚めたのは午前6時。まず向かったのは旧十三ヶ村川上流域。先日娘と来たときは、土砂降り明けだったので、増水して流れが速すぎで釣りにならなかった場所。対岸で捕食音を聞いた記憶をたどって、もう一度来てみたが、流れ自体は、先日とそれほど変わらなかった。おかっぱりでは立てる場所が限定される。川幅は狭いので、対岸のオ [続きを読む]
  • 勉強は呑んでからするものです
  • 海の日なんて祝日になじみがない世代。そう言えば3連休だった。土曜日。劇団第21回公演の舞台は、BAR。若い劇団員たちは、バブルを経験していないせいか、BARに行ったことがないと聞き、「社会勉強を兼ねて、行くしかねーだろwww」と言うことに。舞台のビジュアルをイメージするためにも、モチーフに出来るような店をネットで物色して、総勢8名で一元さんしてきた。流石に3連休初日とあって、7時過ぎに入店すると、1時間 [続きを読む]
  • 第12、13戦の振り返り
  • 6月中旬の平日に休みがあったので、朝から大江川〜五三川方面へ。この日はそこそこのコンディションだったにもかかわらず、トップ、ツインテールともに反応なし。ノーバイトの完全ボウズ。2週間も前の事だし、正直ほとんど記憶がない。そして、7月最初の日曜日。久しぶりに娘との釣行。旧十三ヶ村川上流とその周辺の用水路で、娘は真虫、私はフロッグでやってみるものの、昨日までの豪雨で大増水。水路の流れは速く、虫を上手く [続きを読む]
  • 第11戦 大江川再び
  • 先週と同じく午前3時半に起床して、4時半ごろから開始。これまた先週と全く同じパターンで、スーパースクープでドッグウォークして、ツインテールのノーシンカーでストップ&ゴーをローテーションする。夜明け前は寒かった。気温も上がった7時半ごろ、ツインテールにチョコレート護岸上でバイト!フッキングも決まった! ・ ・ ・と、思ったら、ズシりと重い。ハンドボールほどもある藻のかたまりが姿を現した。どうやら、藻 [続きを読む]
  • 第10戦 転戦
  • 3時半起床。4時半に開始。朝まずめ、程よい風・・・とくりゃ、トップで来るでしょう♪で、スーパースクープでドッグウォーク。ネチネチネチネチネチネチネチネチネチネチネチネチ・・・自分のルアーが「チャポン」と言ったのがバイトかと勘違いするほど良いアクションしたのに、チェイスすら見えない。そーっと茂みの蔭から、チョコレート護岸上にいないか伺っても、ベイトの群れは見えるのに、バスの姿はなし。ペンシルではアピ [続きを読む]
  • 第8戦の振り返りと第9戦 男のトップゲーム!
  • 第8戦は旧十三ヶ村川。5月上旬の午後、前回のリベンジとばかりにM雄のお得意のポイント近くで、シェードとなっているオーバーハング下にツインテールの直リグを滑り込ませる。初夏の日差しがまぶしいこの日、午後の一番気温が上がる時間帯としての狙いは間違ってなかったと思う。しかし、反応がない。2〜3か所のポイントを歩いて、大きなオーバーハング下に苦手なバックハンドで上手く入った。鈍くて強い当たりがあったがのら [続きを読む]
  • 第7戦 完敗
  • 29日夜。娘の送迎で出掛けた足で環状線沿いの釣具屋へ。すると、HBさん&M雄と遭遇。M雄はポンパドールをご購入してご満悦だったが、私はお目当てのトップがなかったので、衝動買いせずにおとなしく退散。そのとき、この後の深夜からの釣行に誘う。M雄から返信があったのは、0時半。旧十三ヶ村川で現地集合。2時ごろにスタート。M雄のポンパドール先生が、いきなり炸裂!ズーナマ先生をあげて、幸先のいいスタート。私は [続きを読む]
  • 第6戦 初夏か?
  • 7時半に出発して、五三川と津屋川の合流点付近へ。この春、連発している実績から、もう一発を狙ってみた。スポーニングを意識して、一段深いところを「信頼と実績のdepsツインテールの直リグ」で狙う。たまに、HEDON スーパースクープで水面をドッグウォークして、「ベイトが活発に動いてますよ!」を演出してみる。今日は、ライントラブルもミスキャストも少なくて、まぁまぁの出来だったが、全く反応なし。昼食は、またもoク [続きを読む]
  • 片付け作業は大概こうなる
  • 鶏小屋の片付けの続き。2週間ほど間が空いてしまったので、頑張って少しでも物を減らそうと、木っ端にしていくつもりで、外に搬出してみた・・・ら。・・・思っていた以上の量が発掘された。そして、色を塗った解体後の材木たちは、どれも懐かしいものばかり。こう言うのを見ていると、その時の思い出が蘇る。解体すればただの材木になるわけだから、再利用も可能・・・と思って保管してあったが、この10年近くの間は、常に新し [続きを読む]
  • 第5戦 釣りデート
  • この春から中学生になる娘と、今季初の釣行。6時起床で、大江川合流点に向かう。7時ちょうどに開始するも、30分で飽きるwww以前、ズーナマ先生を釣り上げたポイントに入りたいと言うので、西大江上流部の用水路へ移動。途中、トイレ休憩を挟んで1時間半くらいやらせる。タックルは、いつも娘に使わせている6ftのライトタックルではなく、自分用のベイトリールにラバージグ+クラーキーカラーのツインテール。ブッシュ越しに“ポ [続きを読む]
  • 第4戦 フリッピングができるようになりましたw
  • 3/28 午前9時出発。大江川最下流の排水機場周辺で、性懲りもなくトップゲーム。水温は10℃くらいだと予想したが、まだこの水温じゃ、追っかけてまでは食いついてこないと見た。あまりにも静かすぎる水面。2時間ほど、ツインテールと交互に投げるも、当たりがないので、移動。五三川から津屋川に合流するあたり。ほんの少しだけ藪こぎして、大きな木の根元から、そーっと杭まわりにツインテール(5g直リグ)を投入。3投目できた! [続きを読む]
  • 第3戦 早春のトップゲーム
  • 春分の日は暖かいとの天気予報だったので、京都帰りで疲れているのも忘れて、昼直前から大江川最下流へと向かった。時期がなんだ、マッチザベイトがどうの、なんて気にすることなく、トップゲームがしたい!ので、タックル2本は、スプラッシャー(ペンシルポッパー)とペンシルベイト。スプラッシャーを投げて数投、ライントラブルでルアーだけがすっ飛んで行った。対岸近くまで飛んで行ったルアーは緩やかな流れに乗って流れてい [続きを読む]
  • 春の京都
  • 3/19(日)流派の本部(京都)で、毎年行われる婦人部大会に母とそのお弟子さんを連れていくために、一路、京都へ。3連休だったからか、高速も市内も渋滞。予定より1時間以上遅れて到着。"婦人部大会"の名称通り、出演は女性に限る。元々は四世家元の奥様(現家元の祖母)がはじめられたそうだが、今回で45回となる。母もお弟子さんも、出演はせず、見に行っただけ。まぁ、お勉強とご挨拶ってことだ。特に、母の場合は「生存確認し [続きを読む]
  • 教える事が学ぶこと
  • 土曜日、釣りから帰ると、直行で詩吟のお稽古。「ウィークエンド介護」として、実母(師匠)の相手をするのがこのところのルーティンとなっている。この1年、入退院を繰り返してきた母が、1ヶ月くらい前に、ようやく実家に帰ってきた。脳梗塞で歩きが不自由になってから、度重なる骨折で、1年ほどほとんど家にいなかったために、週末のお稽古は、代理講師として母のお弟子さんとお稽古を積んできた。お稽古に復帰した母を連れて [続きを読む]
  • 2017開幕戦と第2戦
  • 3/10(金)、午前中にカイロプラクティックに行って、このところの疲れを取ったら、急にやる気が出てきたので、昨シーズンのやりっぱなしのままで放置されていたタックルを担いで、津屋川水門に出掛けた。強風。減水。酷い濁り。おまけに、そこら中に「駐車禁止」の立て札。車から降りることなく、大江川上流域に移動。2〜3投して、強風に煽られて、心が折れる。資料館裏に移動して、カバー周りをラバージグでコソコソやろうとして [続きを読む]
  • 改めて読んでみると・・・
  • 公演の際には、必ずお客様にアンケートにご協力いただくようにお願いしています。毎回読ませていただき、次回公演に活かせるご意見・ご感想をチェックしています。先日、ようやくゆっくりとアンケートに目を通しました。今回特徴的だったのは、ストーリー自体への感想が多かったこと。これは、脚本を書いた甲斐があったと、とても嬉しかったんです。もちろん、肯定的なご意見ばかりでなく、「もっと、ああしたいい」とか「こうだっ [続きを読む]
  • 三寒四温
  • 先週に引き続き、鶏小屋の片付け。まだ小屋の床が見えませんwwwここ数年は、公演の都度舞台装置は新品を作るので、材木の使いまわしをしなくなりました。もっともっと貧乏だったかつては、前の公演の舞台装置を解体しては、材木を使いまわして節約したものです。お金が余っているわけではないですよ。小屋の中で作業できるようなスペースがないのが最大の理由です。結局、ここに集まって装置を作ることがなくなったお陰で、端材 [続きを読む]
  • 仕事モードのはずが
  • 第20回公演が終わった後、平日は仕事モードにシフトチェンジしています。一応、サラリーマンなので。ところが、帰宅後は、これまでのように深夜まで起きていられない。とにかく眠い。1週間が経った日曜日、装置小屋(通称:鶏小屋)の片付けに行った。これまでの積み残しも含めて、小屋の中は溢れんばかりの舞台装置の残骸で埋まっている。ひとつひとつ取り出しては解体し、使いまわしできそうな材木だけを整えて片づける。作業 [続きを読む]
  • 『アリシ日ノ家族ノヨウニ』終演
  • 劇団第20回公演『アリシ日ノ家族ノヨウニ』にご来場いただきましたすべての観客のみなさまに、改めて心より感謝申し上げます。本公演は、会場との重大な行き違いにより、2/12(日)13時の回を取りやめざるを得なくなり、多くの方にご迷惑をおかけすることとなってしまいました。劇団としては、これを重く受け止め、全ての公演を無料とし、すでに前売にてお預かりしていたチケット代を、全額返金することを決定しました。そ [続きを読む]
  • 冬将軍と大魔王
  • 今期最強の冬将軍到来で、受験生はエラい目に遭ったでしょうか。岐阜の平野部も雪景色となって、真っ白でした。そんな中、劇団の舞台装置を作りに行ってきました。今年初の靴下二枚履きw普段なら、若手に教えるために材木のカットは自分でやらない。鋸の曳き方も教えるんです。完全防寒で臨んだけど、あまりの寒さに、自分も動いてないと凍えてしまうので、今日だけは率先して自分で鋸を曳く。そして、それでも寒さに耐えかねると [続きを読む]
  • 今年の振り返り
  • 12月になって、ブログの更新が疎らになっているのは、眠いからです(爆ようやく年相応になってきたようで、夜起きてられなくなりました。数年前までは、昼間の激務の後、深夜まで練習し、夜中に制作の仕事をして、早朝に出勤することが普通でした。平均睡眠時間が4時間弱。1ヶ月以上、そういう生活を送っても、体調に変化はありませんでした。先日、月1回の診察の時に、いつも通り血圧を測定してもらうと、上はいつも通りなの [続きを読む]
  • はしご劇
  • 岐阜大学演劇研究会 「一日だけの恋人」観劇。出演者に知り合いはいないものの、演出したのが、高校生時代からかわいがっていた子だったので。二人芝居で60分。昼飯後のいつもなら即眠気が襲ってくる時間帯の公演。終いまでちゃんと見ましたよ。観客のお見送り(通称:客出し)であいさつに立っていた演出に、「面白かったよ」と言うと、泣かせてしまった!!!・・・俺、悪い事しちゃったかな?否。いつも、ダメは出しても褒め [続きを読む]
  • アルデンテ公演「誠の華」観劇
  • はじめてかもしれない。出演者と写真撮ったのは。終演後、お客さんのお見送りに外に出ていた出演者たちの大半が良く知っているメンバーなので、ごあいさつして回っていると、女子高生たちに囲まれるうらやましいヤツがいた。すこーし遠巻きに彼の事を「いいなー」と言っていると、安川君が、声をかけてくれた。2人で、「いいなーいいなー」と茶化しながら、安川君に、「お前もJKと撮ってこいよ」と言うと、彼、なんとなく照れて [続きを読む]
  • 週末は観劇
  • ぎふ演劇シーズン2016。秋、岐阜市内の各所にて週末ごとにアマチュア演劇の公演がある。「はしご券」なるチケットがついていて、それをもって観に行くと、500円のキャッシュバックがある。土曜日。劇団ラッキーキャッツさんの「ぼくたちの未来」を観に行ってきた。前述のはしご券使ったので、少しお得♪完成度の高い、素晴らしい舞台だった。アンケートに色々書いて帰ってこようと思ったのに、寸評すら書けなかった。それは、演 [続きを読む]
  • 舞台装置プランは捻り出される
  • 午前中に、舞台美術担当の堤さんと打ち合わせ。コピー用紙の裏に走り書きした落書きのようなラフを持参して、先日の打ち合わせ以降に沸いたイメージを伝える。堤さんは堤さんで、その後、脚本を読んで得られたイメージを説明してくれた。2人で1時間ほどディスカッションした結果、今回のビジュアルのコンセプトは“たてじま”になりそうだ。まだ、お互いに頭の中に青写真があるだけの状態。1週間ほどで、堤さんがラフをあげてく [続きを読む]