今日も魚が旨い さん プロフィール

  •  
今日も魚が旨いさん: 今日も魚が旨い
ハンドル名今日も魚が旨い さん
ブログタイトル今日も魚が旨い
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kaando
サイト紹介文20年ぶりにバス釣りに再デビューしたオッサンが小学生の娘と戯れながら奮闘する釣行記と、アマチュア劇団
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/10/04 23:53

今日も魚が旨い さんのブログ記事

  • 第6戦 初夏か?
  • 7時半に出発して、五三川と津屋川の合流点付近へ。この春、連発している実績から、もう一発を狙ってみた。スポーニングを意識して、一段深いところを「信頼と実績のdepsツインテールの直リグ」で狙う。たまに、HEDON スーパースクープで水面をドッグウォークして、「ベイトが活発に動いてますよ!」を演出してみる。今日は、ライントラブルもミスキャストも少なくて、まぁまぁの出来だったが、全く反応なし。昼食は、またもoク [続きを読む]
  • 片付け作業は大概こうなる
  • 鶏小屋の片付けの続き。2週間ほど間が空いてしまったので、頑張って少しでも物を減らそうと、木っ端にしていくつもりで、外に搬出してみた・・・ら。・・・思っていた以上の量が発掘された。そして、色を塗った解体後の材木たちは、どれも懐かしいものばかり。こう言うのを見ていると、その時の思い出が蘇る。解体すればただの材木になるわけだから、再利用も可能・・・と思って保管してあったが、この10年近くの間は、常に新し [続きを読む]
  • 第5戦 釣りデート
  • この春から中学生になる娘と、今季初の釣行。6時起床で、大江川合流点に向かう。7時ちょうどに開始するも、30分で飽きるwww以前、ズーナマ先生を釣り上げたポイントに入りたいと言うので、西大江上流部の用水路へ移動。途中、トイレ休憩を挟んで1時間半くらいやらせる。タックルは、いつも娘に使わせている6ftのライトタックルではなく、自分用のベイトリールにラバージグ+クラーキーカラーのツインテール。ブッシュ越しに“ポ [続きを読む]
  • 第4戦 フリッピングができるようになりましたw
  • 3/28 午前9時出発。大江川最下流の排水機場周辺で、性懲りもなくトップゲーム。水温は10℃くらいだと予想したが、まだこの水温じゃ、追っかけてまでは食いついてこないと見た。あまりにも静かすぎる水面。2時間ほど、ツインテールと交互に投げるも、当たりがないので、移動。五三川から津屋川に合流するあたり。ほんの少しだけ藪こぎして、大きな木の根元から、そーっと杭まわりにツインテール(5g直リグ)を投入。3投目できた! [続きを読む]
  • 第3戦 早春のトップゲーム
  • 春分の日は暖かいとの天気予報だったので、京都帰りで疲れているのも忘れて、昼直前から大江川最下流へと向かった。時期がなんだ、マッチザベイトがどうの、なんて気にすることなく、トップゲームがしたい!ので、タックル2本は、スプラッシャー(ペンシルポッパー)とペンシルベイト。スプラッシャーを投げて数投、ライントラブルでルアーだけがすっ飛んで行った。対岸近くまで飛んで行ったルアーは緩やかな流れに乗って流れてい [続きを読む]
  • 春の京都
  • 3/19(日)流派の本部(京都)で、毎年行われる婦人部大会に母とそのお弟子さんを連れていくために、一路、京都へ。3連休だったからか、高速も市内も渋滞。予定より1時間以上遅れて到着。"婦人部大会"の名称通り、出演は女性に限る。元々は四世家元の奥様(現家元の祖母)がはじめられたそうだが、今回で45回となる。母もお弟子さんも、出演はせず、見に行っただけ。まぁ、お勉強とご挨拶ってことだ。特に、母の場合は「生存確認し [続きを読む]
  • 教える事が学ぶこと
  • 土曜日、釣りから帰ると、直行で詩吟のお稽古。「ウィークエンド介護」として、実母(師匠)の相手をするのがこのところのルーティンとなっている。この1年、入退院を繰り返してきた母が、1ヶ月くらい前に、ようやく実家に帰ってきた。脳梗塞で歩きが不自由になってから、度重なる骨折で、1年ほどほとんど家にいなかったために、週末のお稽古は、代理講師として母のお弟子さんとお稽古を積んできた。お稽古に復帰した母を連れて [続きを読む]
  • 2017開幕戦と第2戦
  • 3/10(金)、午前中にカイロプラクティックに行って、このところの疲れを取ったら、急にやる気が出てきたので、昨シーズンのやりっぱなしのままで放置されていたタックルを担いで、津屋川水門に出掛けた。強風。減水。酷い濁り。おまけに、そこら中に「駐車禁止」の立て札。車から降りることなく、大江川上流域に移動。2〜3投して、強風に煽られて、心が折れる。資料館裏に移動して、カバー周りをラバージグでコソコソやろうとして [続きを読む]
  • 改めて読んでみると・・・
  • 公演の際には、必ずお客様にアンケートにご協力いただくようにお願いしています。毎回読ませていただき、次回公演に活かせるご意見・ご感想をチェックしています。先日、ようやくゆっくりとアンケートに目を通しました。今回特徴的だったのは、ストーリー自体への感想が多かったこと。これは、脚本を書いた甲斐があったと、とても嬉しかったんです。もちろん、肯定的なご意見ばかりでなく、「もっと、ああしたいい」とか「こうだっ [続きを読む]
  • 三寒四温
  • 先週に引き続き、鶏小屋の片付け。まだ小屋の床が見えませんwwwここ数年は、公演の都度舞台装置は新品を作るので、材木の使いまわしをしなくなりました。もっともっと貧乏だったかつては、前の公演の舞台装置を解体しては、材木を使いまわして節約したものです。お金が余っているわけではないですよ。小屋の中で作業できるようなスペースがないのが最大の理由です。結局、ここに集まって装置を作ることがなくなったお陰で、端材 [続きを読む]
  • 仕事モードのはずが
  • 第20回公演が終わった後、平日は仕事モードにシフトチェンジしています。一応、サラリーマンなので。ところが、帰宅後は、これまでのように深夜まで起きていられない。とにかく眠い。1週間が経った日曜日、装置小屋(通称:鶏小屋)の片付けに行った。これまでの積み残しも含めて、小屋の中は溢れんばかりの舞台装置の残骸で埋まっている。ひとつひとつ取り出しては解体し、使いまわしできそうな材木だけを整えて片づける。作業 [続きを読む]
  • 『アリシ日ノ家族ノヨウニ』終演
  • 劇団第20回公演『アリシ日ノ家族ノヨウニ』にご来場いただきましたすべての観客のみなさまに、改めて心より感謝申し上げます。本公演は、会場との重大な行き違いにより、2/12(日)13時の回を取りやめざるを得なくなり、多くの方にご迷惑をおかけすることとなってしまいました。劇団としては、これを重く受け止め、全ての公演を無料とし、すでに前売にてお預かりしていたチケット代を、全額返金することを決定しました。そ [続きを読む]
  • 冬将軍と大魔王
  • 今期最強の冬将軍到来で、受験生はエラい目に遭ったでしょうか。岐阜の平野部も雪景色となって、真っ白でした。そんな中、劇団の舞台装置を作りに行ってきました。今年初の靴下二枚履きw普段なら、若手に教えるために材木のカットは自分でやらない。鋸の曳き方も教えるんです。完全防寒で臨んだけど、あまりの寒さに、自分も動いてないと凍えてしまうので、今日だけは率先して自分で鋸を曳く。そして、それでも寒さに耐えかねると [続きを読む]
  • 今年の振り返り
  • 12月になって、ブログの更新が疎らになっているのは、眠いからです(爆ようやく年相応になってきたようで、夜起きてられなくなりました。数年前までは、昼間の激務の後、深夜まで練習し、夜中に制作の仕事をして、早朝に出勤することが普通でした。平均睡眠時間が4時間弱。1ヶ月以上、そういう生活を送っても、体調に変化はありませんでした。先日、月1回の診察の時に、いつも通り血圧を測定してもらうと、上はいつも通りなの [続きを読む]
  • はしご劇
  • 岐阜大学演劇研究会 「一日だけの恋人」観劇。出演者に知り合いはいないものの、演出したのが、高校生時代からかわいがっていた子だったので。二人芝居で60分。昼飯後のいつもなら即眠気が襲ってくる時間帯の公演。終いまでちゃんと見ましたよ。観客のお見送り(通称:客出し)であいさつに立っていた演出に、「面白かったよ」と言うと、泣かせてしまった!!!・・・俺、悪い事しちゃったかな?否。いつも、ダメは出しても褒め [続きを読む]
  • アルデンテ公演「誠の華」観劇
  • はじめてかもしれない。出演者と写真撮ったのは。終演後、お客さんのお見送りに外に出ていた出演者たちの大半が良く知っているメンバーなので、ごあいさつして回っていると、女子高生たちに囲まれるうらやましいヤツがいた。すこーし遠巻きに彼の事を「いいなー」と言っていると、安川君が、声をかけてくれた。2人で、「いいなーいいなー」と茶化しながら、安川君に、「お前もJKと撮ってこいよ」と言うと、彼、なんとなく照れて [続きを読む]
  • 週末は観劇
  • ぎふ演劇シーズン2016。秋、岐阜市内の各所にて週末ごとにアマチュア演劇の公演がある。「はしご券」なるチケットがついていて、それをもって観に行くと、500円のキャッシュバックがある。土曜日。劇団ラッキーキャッツさんの「ぼくたちの未来」を観に行ってきた。前述のはしご券使ったので、少しお得♪完成度の高い、素晴らしい舞台だった。アンケートに色々書いて帰ってこようと思ったのに、寸評すら書けなかった。それは、演 [続きを読む]
  • 舞台装置プランは捻り出される
  • 午前中に、舞台美術担当の堤さんと打ち合わせ。コピー用紙の裏に走り書きした落書きのようなラフを持参して、先日の打ち合わせ以降に沸いたイメージを伝える。堤さんは堤さんで、その後、脚本を読んで得られたイメージを説明してくれた。2人で1時間ほどディスカッションした結果、今回のビジュアルのコンセプトは“たてじま”になりそうだ。まだ、お互いに頭の中に青写真があるだけの状態。1週間ほどで、堤さんがラフをあげてく [続きを読む]
  • 第20回公演「アリシ日ノ家族ノヨウニ」シリーズ開幕
  • ようやく芝居の話になります。脚本執筆中は、自分の中の情報漏洩に対するセキュリティレベルを引き上げてます(笑・・・ではなくて、そこそこ集中して書いてます。まだまとまりきってない話を漏らしてしまうと、間違った期待を持たせてしまう事もありますしね。と、言うことで。脚本があがったところで、公開!!このフライヤーは先日の劇団あとの祭りさんの公演のパンフレットに挟ませていただきました。(かなり無理を言って、お [続きを読む]
  • 第21戦くらいになるのか 男のトップ!
  • 11時30分ごろに、先日破損させてしまったロッドを修理に出すために釣具屋に向かいながら、そのまま午後釣行のスケジュール。修理とは言っても、2ピースの先の部分を注文しただけ。このロッド、2回目。その前は、緩んでいることに気が付かずにキャストしたら、先ごとすっ飛んで行った。そのまま、店でペンシルポッパーを購入。先日ロスしたジャークベイトは再購入を見送り。フロッグは、同じシリーズのポッパーフロッグで再購 [続きを読む]
  • 第20戦だと思う 今季最低
  • 10時ごろの遅い出発。劇団の脚本を書いていたために、約1ヶ月半ぶりの釣行となった。最初に向かったのは、平尾池。しかし、垂井署名義で看板が掲げられており、内容は「管理池のため、関係者以外立ち入り禁止」とあった。堰堤の上には監視カメラも設置され、完全に締め出された感じ。2m減水だったこともあって、即あきらめた。そのまま車を走らせて、旧十三ケ村川上流域で始める。「秋は巻物」というセオリーを無視して、フロ [続きを読む]
  • 嫁に出しました
  • 私がバスフィッシングにデビューしたのはおよそ20年前。その時に買ったシマノ バイオマスター3000とケンクラフトのトラウトロッドは、再デビューした時から、ほとんど「控え」となってしまっていた。近頃は、ライトタックルとしては、当時買ったもう一つのスピニングの方が出番が多くなっていたから。用途の問題。これで投げるルアーは、ベイトキャスティングリールに代わり、もっと軽いのは、当時の控えタックルが対応している [続きを読む]
  • 「踊る!」より「喋る!」
  • ・・・御殿、じゃなくて。・・・大捜査線、じゃなくて。日曜日、雨で順延となった小学校の運動会。毎年恒例の、テントの場所取りのため、朝早くから校門前で並ぶ。それでも、ここ2年ほどは、そんなに頑張っていい場所取ろうなんて意気込みはなかった。撮影用の最前列スペース確保が、無駄な場所取り合戦のヒートアップを冷却したからだ。では、なぜ、今年は並んだのか?娘からのリクエストに応えたからだ。今年の出し物(競技では [続きを読む]
  • 京都での結果
  • 筋肉痛になるほど頑張っちゃったBBQの翌日、詩吟の昇段審査のため、京都へ行った。「昇段」と言うからには、段位を上がるための試験を受けに行った訳だ。すでに、生徒を持つ「師範代」であった私は、次に目指すのは「準師範」。正直、スベる気なんて毛頭ない。昨年度の昇段審査は都合があわず、受験しなかっただけで、その分、お稽古積んで行くこともできたって訳だ。だから、自信をもって受験した。おまけに、コンクールと違っ [続きを読む]
  • BBQは筋肉痛になる
  • 数年ぶりに実施した「燃焼キャンプ」。「燃焼キャンプ」は、セットを解体した廃材でBBQすることを指す、劇団内での通称。5〜6年分は溜まっていた鶏小屋の中のセットたち。貰い手もなかったことから、解体して小屋の整理をすることにした。8〜9月に2度ほど集まって小さな物置が一杯になるほどの廃材の山にした。土曜日、天候はいまひとつだったが、決行。久しぶりに4号が、私のボケにツッコミを入れるためだけに来てくれた [続きを読む]