幸路文庫ギャラリー さん プロフィール

  •  
幸路文庫ギャラリーさん: 幸路文庫ギャラリー
ハンドル名幸路文庫ギャラリー さん
ブログタイトル幸路文庫ギャラリー
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/route66ito
サイト紹介文幸路文庫ギャラリーは彼G1が今の世に置き忘れた一冊のスケッチブックの落書きを反映、紹介いたします。案
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/10/05 07:03

幸路文庫ギャラリー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 掲載終了のお知らせ
  • 2015年11月号をもちまして幸路文庫ギャラリーの掲載を終了させて頂きます。作者都合により12月号の掲載も実現できず、誠に申し訳ございません。作者(route66ito)は次なる夢を求め、新たな世界へ旅立ちます。長い間、当ギャラリーをご愛顧頂きまして、誠に有難う御座いました。心より御礼申し上げます。幸路文庫ギャラリー編集部 [続きを読む]
  • イチョウの木
  •           絵=Kohji・ito 題=イチョウの木      北風まじりの風がイチョウの枝を大きく揺さぶる。     重たそうに撓る枝は左右に振れ、    おおきな巨人が今にも歩き出しそうだ。     巨人の袖から我れ先にと元気な子供達が    次から次へと飛び出してくる。     たいがいは一本の軸に、ふたつの実が    付いているが稀に五個も付けた変わり種もある。     地面に落 [続きを読む]
  • 心が暖かく嬉しい
  •   絵=Kohji・ito 題= 心が暖かく嬉しい 捨てられた子猫が一匹。 ぼくの足下に、すり寄り鳴く。  好きでも嫌いでもないが、 一歩、足を止めてしまった。  無視して歩き出す。 着いてこなくても良いのに着いてくる。  別にと思いながら携帯電話を取出し 写メールを撮ってみた。  確認して見ると可愛い。 しかし、写っている僕の靴が汚い。  皮靴をティッシュペーパーで拭く。  子猫はおとなしく [続きを読む]
  • 9月の風
  •   絵=Kohji,ito 題=9月の風   夏の暑い日も終わり秋の風が吹く。  9月の風は静かに問いかける。   叱る事も慰める事もなく  何をしていたのと問いかける。   冷静沈着な9月の風。   そんな風に私は何かを隠そうと動揺する。   幾つの頃からなのか、  私が此の様な動揺を覚えたのは。   自分の心に嘘をつく、苦しい嘘を。   こんな切ない心の嘘を知ったのは、  まぎれもなく、 [続きを読む]
  • 8月の怪談話より・(再会)
  •       絵=Kohji・ito 題=再会      屈託の無い雰囲気で暖簾をくぐり     悪役の余市さんが、     いづつ屋の水ようかんを持参して     土間口で何かを言っている。      用件は、ろくろ首の姉さんが     今晩、兄さんに遊びに     来てくださいとの事付けである。      何年ぶりかの再会である。     僕の心がワクワク喜ぶ、非常に喜ぶ。      ろくろ姉さんと酒が [続きを読む]
  • おしろい花
  •      絵=Kohji・ito 題=おしろい花     3日間だけの(掲載)で暑中見舞いもうしあげま。      恋はハリケーンの渦巻きより     豪快で波瀾万丈の物語。      浮いた者も沈んだ者も、     それは世間の言葉だけ。      惚れた男、惚れられた女、     迷う糸は切れやすい、     切れた糸は霧の中。      面影画像を織りながら     遠く深く消えていく。       [続きを読む]
  • 水色の指笛
  •             絵=Kohji・ito 題=水色の指笛      白い風がカーテンを揺らし、     頬に触れ目覚めの時を知らせる。     蛹から抜け出した蝶は、     バルコニーで咲くノウゼンカズラの     蔓に捉まり羽を乾かす。     夢うつつの枕元に花の香りは漂い     再び夢の続きへと     枕に顔を埋め眠りに入る。     透きガラスの向こうに、     ワンピースを着た女が [続きを読む]
  • 過去の記事 …