kou さん プロフィール

  •  
kouさん: 雑誌は教えてくれない安いいモノ
ハンドル名kou さん
ブログタイトル雑誌は教えてくれない安いいモノ
ブログURLhttp://m.blogs.yahoo.co.jp/rui0807kou
サイト紹介文中年のおっさんが今迄の散財を通じて得たファッションに関する教訓や経験を紹介します。
自由文雑誌には載っていないマニアックな情報やメーカー
自身が使用して本当に良かったものなどを中心にご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/10/10 13:29

kou さんのブログ記事

  • 衣替え(アウター) セーター ニット ヘヴィーゲージ
  • 急に寒くなったので衣替えおじさんなんでもゴツいのが基本好きなのでニットもヘヴィーゲージが多いです。懐かしのエーボンハウスきちんとアイルランド製古き良き時代エディフィス渾身のオリジナル中々見ない極厚のシェットランドセーターキッチリ英国製今は亡きピーターストーム飽きのこないシンプルデザイン定番のインバーアラン異色のハリスウールヴァージョンマーガレットハウエルスコットランド製で非常に柔らかいウール伝説の [続きを読む]
  • clinch bootsのサイズ感(シューズ) BRASS サイズ参考
  • シューズリペアショップBRASSのオリジナルシューズclinch boots 過去にブログにも載せましたが大変良い靴です。が、しかし殆どの日本人はここのラストは足に合わないと思います。(笑)販売店も書いていますがワイズがかなり細いです。(C〜D位)攻撃的なラストと記載されてますが実際は殺人的です。足がやられます。なので購入の際には試着必須ですが私のように遠方で近場に取り扱い店も無く試着出来ない方もいると思うのでサイ [続きを読む]
  • MY BEST(バッグ) Patagonia organic cotton トート
  • 自慢じゃありませんが人並み以上に散財してきました。お陰で色んなものを試す事が出来ましたし、都度より良いものに買い替えたりするので持っているものもコロコロ変わります。そんな中で20年以上使っているものをご紹介します。Patagoniaのorganic cottonトートです。使用方法はサブバッグ急に荷物が増えた時などの為にメインバッグに忍ばせています。中はポケットも仕切りも無い究極のシンプルバッグです。価格も2000円位でお手 [続きを読む]
  • 今見ると(バッグ) TERRA PACKS SPORTS PACK
  • 昔は挿して良く思えなかったものが年を重ねると無性にかっこ良く見える事がある。このバックパックもその内の一つだ。USA製テラパックスのスポーツパック今でもA&Fで取り扱いがあり35000円位で販売されてます。サイズは縦41 横32 マチ15 容量約19L大き過ぎず小さ過ぎず丁度良いサイズです。テラパックスの最大の特徴は素材「少なくとも90%以上の素材に自然に帰るものを使う」というエコの塊のようなメーカーです。このバッグはヘン [続きを読む]
  • ジャパンフィット(メガネ) 増永眼鏡 GMSー800
  • おじさんインポートものも好きですが最近は日本製を買う機会が増えました。理由は1.日本製のクオリティの高さ2.日本人に合ったサイジング海外メーカーのものでもジャパンフィット(日本人向けにパターンを変更したもの)はありますが値段も高め今回は眼鏡増永眼鏡のGMSー800です。増永眼鏡は昭和天皇に眼鏡を献上した事もある老舗で、別モデルだが去年眼鏡界のアカデミー賞と言われるシルモドールでメガネフレーム部門でグランプリを [続きを読む]
  • ファーストペンギン(バッグ) Poter Classic 剣道リュック
  • 刺し子ブームの火付け役といえばご存知ポータークラシック個人的には刺し子素材に目を付けた付加価値(ファッション性)を付けた点は凄いなと思いつつもパンツ8万 ジャケット12万なんてふざけた価格設定で売れている事には?です。刺し子は元々柔道着、剣道着、消防服で使われていた昔ながらの機能性素材本当はもっと安いものです。伝統技術を残したいと吉田さんはおっしゃっていますが儲けているのは吉田だけでは?と散々文句を言い [続きを読む]
  • 気に入った(ブーツ) clinch sturdy 別注
  • 子供の世話でイッパイイッパイで久しぶりの更新以前ブログにアップしたclinchのブーツ気に入ったので別のものをGETclinch race up boots  sturdy 別注ホーウィンラティーゴナチュラルハンドダイワークラウンドラスト前回のがナローラストだったので今回はワークラウンドです。これも以前書きましたがラティーゴレザーはワークブーツに最適なレザー(繊維が密で伸びにくくスレ、キズにも強い)但し一点弱点がそれがエイジングナ [続きを読む]
  • 劇的(バッグ) ル ボナー ラストクロップス
  • レザーはエイジングだ!!と言う方必見左 ラストクロップス バンディット (チグリ)右 ル ボナー パパスショルダー(ミネルバボックス)レザーは実は違うんですがカラーは同じグリージオ世の中には多種多様なレザーがありますがここまで劇的なエイジングをするレザーはそうはありません。それはそうと現在はミネルバボックスなんて名前で呼ばれてますが昔はバケッタレザーと言われていたレザーと同じレザーだと知っている人はどれ程い [続きを読む]
  • 馬鹿は治らない(アウター) KADOYA ヘッドファクトリー
  • A-2 G-1 N-1 ライダース革ジャンに傾倒した20代卒業した理由はなんだかんだで革ジャンは私服として着る頻度が低いからだが、再び革ジャン熱がしかもチビが2人もいるのに原因はカドヤヘッドファクトリーを知ってしまったから失礼だがカドヤなんて一生着ないだろうと思っていたのに現在4着今回はブリティッシュライダースベースのMeridenシリーズのTROPHY-0です。これ以上ない位無駄を削ぎ落としたクールな佇まいと日本人の為に設定 [続きを読む]
  • 祝100回 (バッグ) HERZ タンドーレザー
  • ズボラなおっさんですが今回で投稿100回目嫁に「良くそんなに書く事あるね」と半ば呆れられながらここまできました。実際本気で読んでくれている方が何人いるかは定かではありませんが読んでくれている方に感謝です。今回はHERZさんについて私が初めてHERZを知ったのは今から20年前(高校生)福岡の岩田屋Zサイドで期間限定?で出品されていた。今以上に当時はHERZのゴツいバックは他のバッグと比べて異彩を放っており鮮明に覚えてい [続きを読む]
  • 老舗の底力(アウター) KADOYA ヘッドファクトリー N-1 ライダース
  • KADOYAと聞いて皆様は何をイメージするだろうか?私は失礼ながら「ファッションとは無縁のダサいおっさんライダー」だった。(私もおっさんだが)昔は品質で売っていたようですがその後拡大路線で韓国製の質の悪いライダース(一部モデル)を作り始め私のようなイメージを持っている方は少なく無いのではないかと思う。又、ハンマーブーツのように奇抜な製品イメージをお持ちの方も多いかも知れない。少なくとも安藤製靴製のブーツ以外 [続きを読む]
  • 今だから言える事(シューズ) 安藤製靴 ジェレミー 3rd 4th 5th
  • 「靴のレビューの信憑性はその方がどれだけの靴を履いてきたかで決まる。」と私は思ってます。「ブーツは一周して安藤製靴に戻る」この名言言った方に是非お目に掛かりたいですね。私も大好きな安藤製靴さん去年又、値上がりしましたがそれでもNO.1ワークブーツメーカー非常に手間と技術が必要なノルウェイジャン製法高いレザークオリティ国内最高峰のステッチの美しさ色んな靴を履けば履くほど思い知らされる安藤製靴さんの凄さそ [続きを読む]
  • 迷ったら買う(シューズ) CLINCH ブラス ホースマンジョーレザーズ
  • 久しぶりにブーツについて左 ホースマンジョーレザーズ右 CLINCHホースマンジョーレザーズはおじさんの故郷福岡でジョンロブで修行した方が作っているシューズCLINCHは有名シューズリペアショップブラスのオリジナルブーツです。これにゼローズを加えた3つが現在の国産オーダー系ブーツ3強だろう今回敢えてゼローズは外したんですが理由は以前の記事を読んで頂ければ大体察しが付くかと思います。(見た目とレザーは良いんですけど [続きを読む]
  • 妥協はしない(バッグ) BAGJACK バッグパック
  • 以前にも書きましたがおじさん妥協はしません。気に入るものが見つかる迄探します。学業にもこの情熱を向けていたら恐らく早稲田位には行けたんじゃないかと勝手に思ってます。さて、今回はバッグパックです。街使い専用バッグパック探しはやっと終わりそうです。「灯台元暗し」結局BAGJACKになりました。シンプルパックメインの開閉が面倒なので却下DAYパック小僧にしか見えないので却下選んだのはこちらトゥモローランド エディ [続きを読む]
  • 対抗馬(ウォレット) ワイルドスワンズ ラストクロップス
  • 前回紹介した万双さんのウォレット非常に気に入っているんですが最近ちょっと大きいなと感じてきたのでチェンジしました。左はラストクロップスのコルト右はワイルドスワンズのモデル名不詳現在メインで使用しているのはワイルドスワンズの方です。旧ロゴで現在は生産終了イーノの小銭入れがカードケースになっているイメージです。おじさんは小銭入れは別持ちなんで小銭入れが無くても問題ありません。ミニウォレットとしては非常 [続きを読む]
  • 変わり種(アウター) インバーアラン ハリスツイード
  • 「限定」「別注」日本人が弱いフレーズ最近では色を変えただけで別注なんて歌う事も珍しくないし普通にオーダーを受けてくれるメーカーの商品でも「特注」など大袈裟な表現が氾濫している。今回は手持ち唯一のインバーアランで限定品です。以前ゴルウェイベイ社のアランセーターについて触れた際に記載したんですが「インバーアラン」=「アランセーター」ではありません。なんせアイルランド製じゃないですから100%違います。こち [続きを読む]
  • 呆れる(マルチツール) レザーマン charge TTI
  • 自分で自分に呆れる事が良くある。今回もそのパターンだ。年始早々購入したレザーマンツールのcharge TTIだ。これ一本で19種類のツールを装備していてハンドルはチタン製で単純にカッコいい別売りのビットセットも購入したので一本持っていれば困る事は余り無さそう但し、マルチツールとしては大きめで重量もそれなりにあるので持ち運びには余り向かないと思う付属のレザーシースは余り好みでは無かったので手持ちのEAGLEのグレネ [続きを読む]
  • ブーム(レザー) シュラケンカーフ
  • レザーにもブームがあるサドルレザー、ブライドルレザー、コードヴァン、ミネルバ、ブッテーロ、クロムエクセルそして今間違い無く一番来ているレザーそれがシュラケンカーフドイツのぺリンガー社のレザーでシュリンクレザー(シボ革)の一種だ。大量には作れないレザーなので使用している所は結構限定されます。私が知る限りではITADAKI、メゾンタクヤ、ワイルドスワンズ、大峡製鞄、ル・ボナー、ベアートロッソ、日下カバン(レギュ [続きを読む]