徒然なるままに修羅の旅路 さん プロフィール

  •  
徒然なるままに修羅の旅路さん: 徒然なるままに修羅の旅路
ハンドル名徒然なるままに修羅の旅路 さん
ブログタイトル徒然なるままに修羅の旅路
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/boverkr2
サイト紹介文ワンワンぱらだいす
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2014/10/05 20:30

徒然なるままに修羅の旅路 さんのブログ記事

  • 【予想通り】それだけ手を入れるところがないとも言えるけど。
  •  Ogre Battle 33から38までの修正が終わりました。 別に自分で完成度高いなんて言えるほどおごってはいませんが、バイエーズィート戦はアレが一番だと思います。 まあそうは言っても、細かな言い回しやらなんやらを変えたりはしてますけど、大筋に変更はありません。【業務連絡】 バイエーズィートのイメージは紫犀聖騎士団のボスコーンです。 転んだら起き上がれなさそうだけど、アレかっこいいよね。 [続きを読む]
  • 【まだまったり進行中】たぶん次あたりかな?
  •  Ogre Battle 27から32までを加筆修正しました。 ザ・まったり進行。 アルカードが買ってきたケーブルは断面形状が円形のものですね。フラットタイプのほうが扱い易いのですが、いったん屋外に放り出す関係上ラウンドタイプのほうが丈夫だろうということでこっちを選びました。 ハリネズミのゲームはPS3版のソニック・ザ・ヘッジホッグです。タイトルは適当に選びました。二〇〇七年七月以前の発売で、子供たちが遊んでても違 [続きを読む]
  • 【製作裏設定っぽいもの】魔力強化について考える。
  •  なんか今回の更新でしつこいくらいに魔力強化《エンチャント》の話が出てたので。 魔力強化《エンチャント》は魔力戦技能の一種で、入力された衝撃のエネルギーを光と音に変換して外部に放出することで衝撃を軽減する魔力戦防御技能です。 入力された衝撃、正確には運動エネルギーに対して作用するため打撃の威力だけでなく刃物などでの斬撃にも対応出来、武器や防具などの装備品の強度を補強すると同時に、通常の装備品を魔力 [続きを読む]
  • 【最近になって3×3EYESの続編を読んでみたんだけど】なんか微妙。
  •  幻獣の森の遭難者という続編を、こないだの日曜にぶっこふで読んでみたんですけどね。 なんか制限でもあるのか、ページ数が問題なのか、戦闘シーンがすごく雑でした。 ひとコマの止め絵で「影・触手」「楯」「爆発」「防壁」「爆発」「防壁」「殺網」「弾幕」とかやってるから、なにしてるのかさっぱりです。 聖地で八雲が聖魔核を叩きつけようとしてベナレスが復活した、あの時の盛り上がりと丁寧さはどこに行ったのだろう? [続きを読む]
  • 【とりあえず】さて、どうなることか。【投稿してみた】
  •  カクヨムに登録してみました。あんまり期待はしてませんが、同傾向の人の忌憚の無い意見が聞いてみたかったので。 まあ、俺と同傾向の文章みっしり系ってほとんどいないと思いますが。少なくともエブリスタにはいなかった。 ただ、読者も割といましたけど。検索ワードを残して撤退したけど、今はここまで流れてきてるのかなあ?   さて、どうなるだろう? でも公式連載でさえ段落が無かったり行間空きまくりだったりするか [続きを読む]
  • 【また移転しようかなあ】なにが原因なんだか。
  •  Ogre Battle 13から16までの加筆修正が終わりました。 グリゴラシュの霊体武装、名前を思いつかなかったからボッシュート。 グ「否、ヴィルトールの名前つけるって言ったじゃん!?」 セバスティアン神田とライル・エルウッドは、ヴィルトール教室の同窓です。神田は正式には基礎クラスで訓練を受けただけですが、私的に訓練を受けており、両親同士がやはりヴィルトール教室の同門であることもあって仲はいいです。作中では神田 [続きを読む]
  • 【俺大ピンチ】足が無くなった。
  •  いつからかはわかりませんが、恥ずかしいことにエンジン内部のクーラントが空になってました。気づいたのは今日で、水の交換をしようと思ってドレンプラグを開けてもまったく水が出てこなかったので気づきました。 この場合、南港まで行って帰ってもまったくオーバーヒートの兆候が無かった事実を喜ぶべきか否か。ドライブスプロケットカバーの内側でウォーターホースが破れていました。という点を考えると、ドライブチェーンが [続きを読む]
  • Ogre Battle 12
  •     *  数歩踏み出したところで――グリゴラシュが足を止める。その動きを訝って、リーラはわずかに後退した。 グリゴラシュは動きを見せない――否、わずかに視線が下がる。 同じ手は―― 無視して踏み出そうとしたとき油の多い木が燃えるときの様なきな臭い臭いが漂ってきて、彼女は足元に視線を落とし――背筋が泡立つのを感じて、リーラは小さくうめいた。 彼女の足元を中心に、半径三メートル程度の円陣が焼き出さ [続きを読む]
  • 【まともに知ってるFateってZeroだけだけど】静謐ちゃんは可愛い。
  •  タイトルに深い意味はありませんよ? 原作イラストは見たこと無いから、二次絵しか知らないし。 というか、stay nightもhollow ataraxiaもまともにやってないしね。サウンドノベルは性に合わないです。買ったけど面白くなくて放置状態です。 結果、俺が知ってるのはZeroの小説版だけです。最近のは電脳世界の聖杯戦争とか、わけわからないし。ufoTableのアニメ版も、面倒くさくて観ませんでした。 つかそれ以前に、いろいろ [続きを読む]
  • 【Ogre Battle開始】なんだろう、装備品考えるのが楽しい。
  •  Ogre Battle 1から5までを修正しました。フィオレンティーナの妹の名前をプリシラに変更しました。ややこしいし。 あと、アルカードの甲冑の腕の装甲は画像の様な構造になっています。 張り出した出縁《フランジ》に力が集中する構造にすることで、腕を振り回して下膊を叩きつけるだけで出縁槌鉾《フランジメイス》で殴った様なダメージを与えるのです。 これは人間だったときからのアルカードの甲冑の仕様で、さすがに人間の [続きを読む]
  • 【NKT】否、まだ道半ばにもなってないんですけどね。
  •  The Otherside of Borderline 64から68までの加筆修正が終わりました。 今回本編終了までのうpに合わせて2.5を3にし、それ以降の番号をひとつずつ増やしていったので、64は実質63、前回の62から番号だけは飛んでますけど問題ありません。 さらにオリジナル展開も加わって、ページ数が増えてます。 陽響くんが怠惰の月《Moon of Sloth》のラストシューティングのために『領域』を解除したことで解禁された霊体武装『蝕』と『 [続きを読む]
  • 【案外加筆するところが無いかもしれない】まあ、頑張ってみよう。
  •  The Otherside of Borderline 61、62を更新しました。 本格的な月之瀬とのバトルは次回から、というか本編があと三ページ。月之瀬とのバトル、割とサクッと終わってます。 しかし本当の地獄は、六十六ページぶんのページ名称の書き換えと、携帯版への移植ですね。 月之瀬の霊体武装『蝕』は、『領域』との整合性を取るためにはずしてしまいました。強制武装解除です。 代わりに月之瀬が返り討ちにしたけど復活しなかった刺客 [続きを読む]
  • 【悲報】とうとうオフラインでも使えなくなったか。
  •  WfGL版のRE5、とうとうオフラインでも使えなくなりました。 Windows LIVEの更新が云々言うダイアログも出てこなくなったので、どうやら本格的にLIVEが終わったみたいです。相変わらずだな、マイクロソフト。  Steamのほうは移植が糞なので、やりたくないんですけどねー。 どうやったらあの神がかった出来のゲームを、あそこまでバグだらけに出来るのか。Steam版で俺が確認している既知の不具合…… NPCパートナーと銃の受け [続きを読む]