ケンサクの喜怒哀楽ノート さん プロフィール

  •  
ケンサクの喜怒哀楽ノートさん: ケンサクの喜怒哀楽ノート
ハンドル名ケンサクの喜怒哀楽ノート さん
ブログタイトルケンサクの喜怒哀楽ノート
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/oyoyo04
サイト紹介文心の四季、喜怒哀楽。日常の出来事を、徒然なるままに一言二言つぶやき書き留める。
自由文成せばなる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供557回 / 365日(平均10.7回/週) - 参加 2014/10/06 00:49

ケンサクの喜怒哀楽ノート さんのブログ記事

  • リユース
  • 子供が小さい時に、自分で帽子やカバンを片付けできるように毎日お世話になってたポールハンガー。今ではひっそりと影を潜めていたけど、陽の目を見ることになりました。「えっ、うちにあったのかな? 覚えてないわ。なんでも言って見るもんやねw」何気ない娘との会話で、IKEA(イケア)に買いに行こうと思ってたとのこと。ポールハンガーにしても、我が家にしても無駄にすることなく整理できて良かったw [続きを読む]
  • 楽しみ
  • 彼岸の秋分の日の23日、両家の墓参りを済まし、今日は外出を控えてのんびり。したいこと、しなければならないこともあるけど、たまにはこういう日があってもいいのかなと。10月の末、また遊びの予定入れました。南海電鉄と京阪電鉄のコラボ1dayチケットを利用しての京都観光です。月1回のお出掛け目標は、仕事以上に確実にクリアーできそうですw 楽しみは多いほうがいいよね♪みさき公園駅〜京都 1890 [続きを読む]
  • 勉強会
  • 今夜は会社の勉強会で、仕事の工程・知識をスクリーンを使っての講演です。結構な人数の参加者で、講演後は食事会とお楽しみゲーム。日頃のしんどさが吹っ飛ぶひと時ですw気持ちのリセットで、月曜からの仕事へのモチベーションがアップ♪ [続きを読む]
  • 階段
  • 職場の3階の食堂へと続く階段、1階から2階まで31段、2階から3階までは28段。トートバッグを右肩に掛け、左腕をスピードスケーターのように前後にリズムよく振り、一段飛ばしで昇って行きます。階段をスケートリンクに見立て、腰を安定させ、脚を滑るような感じで繰り出して昇るのです。階段もスポーツです♪ [続きを読む]
  • どう思う?
  • いくら「好き」って言ったからって、3連続はないんじゃない?弁当の振りかけ、無くなるごとに補充してくれるんだけど、今までだと「たまご」「しそ」「かつお」と取っ替え引っ替え楽しみがあったのに、「辛子明太子」が続くと飽きちゃいます。話は変わるけど、「美人」も毎日見てると見飽きるんじゃないかな?第一印象は大事だけど、やっぱりキャラクターだね。ユーモアのある人好きです。あっ、また余計なこと言ってしまった! [続きを読む]
  • 夏の疲れなのか、秋の哀愁なのか、テンション落ちてます。紀の川大橋のデジタル温度計も日に日に下がり、今朝は21度。活動するにはちょうどいい気温です♪ [続きを読む]
  • 車には芳香剤を入れない主義のケンサク。以前から炭の効用には一目置いてます。洗顔石鹸は黒い色の炭石鹸です。炭の脱臭剤、車に置きました。"竹炭は、調湿、脱臭、空気浄化、水質浄化、ミネラル放出、土壌改良に使われます。"商品ラベルの説明書きです。 [続きを読む]
  • 旅行予約
  • ツアーのウェブでの予約は、旅行案内が出た時点で多くの人が目にしてるので、行くか行かないかの決断力、即決が要求される。2日前に見つけた企画、半日考えてるうちに残数がわずかになってる。慌てて申込み、昨日確認しようと旅行会社の予定を見るも、跡形もなく消えてる! あ〜ぁ、もう少しで悔いを残すところだった。来年2月、厳寒の北海道、札幌雪祭りを見に行きま〜す♪ [続きを読む]
  • 外気
  • 昨日は台風で一日中家に閉じこもっていたので、無性に外の空気が吸いたくなって車で家を出る。陽射しはきついけど、空気はカラッとして秋晴れそのもの。敬老の日に相応しい穏やかな日です。それだからと言うわけではないけど、妻の実家へ顔見せにに行ってきました。いつまでも、変わらず若いと思っているのが人間ですwケンサクは、今も青春を謳歌してます♪ [続きを読む]
  • 人生
  • 心に迷いが生じたり悩んだりした時、解決の糸口を見いだしたくて、なぜか本を読んでた思春期。親元を離れ一人暮らしし、自我が目覚めた青年期。自分で体験経験するには時間が限られてるけど、いろいろな情報を活用することによってカバーできる現在。まだまだ吸収する可能性は残されてる。見聞を広げる魅力ある旅行。さて、次はどこへ行こうかな♪読売新聞より抜粋"たとえば、図書館の小説コーナーの右から左まで読破するつもりで [続きを読む]
  • 台風
  • 暴風雨が激しくなってきた。明るいうちに家の周りは片付けだけど、それでも安心はできない。暗くなってからの家に吹きつける暴風や雨戸に打ちつける雨の音は、実際以上に激しく感じ怖さを増す。テレビで観る各地の被害状況は、台風の勢力の大きさを物語ってる。自然災害は怖い! [続きを読む]
  • 偶数、奇数
  • 「割りきる」とは?世の中は、偶数?奇数?就業時間が終わったら直ちに帰ること。残業にならないよう計画的に仕事する。サービス残業はもってのほか。ルールに従わない者は異端児扱いされる。切りが良かろうが悪かろうが作業を中止し、帰る。そうかなぁ? あともう少しだったらやり終えたい!けじめをつけて翌日まで持ち越したくないと思うのは、時代に逆行してるのだろうか?割り切れる偶数・・・・・奇数のように、割り切れない [続きを読む]
  • 健康診断
  • もう直、健康診断の受診だ。さして気になるところはないけれど、病気の早期発見につながれば治療で治すこともできる。元気で健康であれば、やりたいこと、楽しいこと、いろんなことができる。ニワトリとタマゴ、どっちが先? の話じゃないけど、お金と健康、どっちがいい?お金があっても、病気だと楽しくない。健康だとなんでもできるし、お金を稼ぐこともできるよ♪節制して、体調を整えて、健康診断に臨もう! [続きを読む]
  • 言わずもがな
  • 正直すぎる?言わずもがなな事柄であっても、話しかけられるとサービス精神からついつい雄弁になってしまう。話しかける人がどこまで興味があるかも考えず、多くを語ろうとする。自分の事や自慢話は歓迎されないよw 自戒しなくては。ケンサク語録「人のふり見て我がふり直せ!」話は簡潔に、要所を抑えての、話し上手を目指そう♪ [続きを読む]
  • 平服?
  • 会社でアニバーサリーパーティーを催すことが決まり、社員全員に招待状が届けられたのだけど、「平服でご出席ください。」が微妙にわからない。平服って、どの程度を言うのだろう? 礼服以外のこと? カジュアルは含まないよね? やっぱりスーツかな? [続きを読む]
  • 心配り
  • あれこれ考えて買ってくるお土産、今まで口にしたことなかったけど、心優しい職場の女性の心配りで食べることができました。「おぉ、うまい!」数あるお土産の中から選んできただけありますwケンサク語録「旅行に行ってきた人は、お土産の味がわかりません。」 [続きを読む]
  • 御岳ロープウェイ
  • 楽しみにしてた「御岳ロープウェイ」。標高2150mと思いの外高く、ロープウェイを降りるとヒヤッとするほどの涼しさ。雲の上に来てるのだから当然といえば当然なのかもしれません。遠くの折り重なる山々の大パノラマは絶景です。悩みのないケンサクではあるけど、いろいろなことがとてもちっちゃなことに感じます。今は、バスの中で一眠りして英気を養ったところですw [続きを読む]
  • 移動中です
  • 長野県「天竜舟下り」に向かって移動中です。今、伊那渓SAに寄り、目的地に向けて出発!夜は、阿智村で「星空鑑賞」。バスツアー、いつも個性的なキャラの人たちに遭遇するけど、今回も例外ではなかったです。まだ始まったばかりだけど、いろいろなこと見聞してますw恵那山トンネル、めっちゃ長い! [続きを読む]
  • ウォーミングアップとクールダウン
  • 朝目覚めると同時に、こわばってる体のストレッチをする。そうしないと、急に体を動かした時のことを考えると不安だから。そうすることによって可動域が広がる。どんなスポーツでも、運動の前には必ずしてる。仕事の前にもラジオ体操があるけど、それをするためにもウォーミングアップは必要w仕事が終わると、タイムカードを打ちに事務所まで片道200m歩く。納品出荷待ちの商品を確認しながらのクールダウン。気持ちの切り替え、頭 [続きを読む]
  • 仕事
  • これは、必要経費として家計に申請しようw仕事をするにあたって、今の仕事はほとんどお金がかからない。サラリーマンは、スーツ、Yシャツ、ネクタイ、革靴、お金かかるよね。仕事って、なんだろう?お金をたくさん貰えればいいのかな?楽であればいいのかな?有給を取れればいいのかな?いろいろな職業の人を見かながら、考えてる。人間関係はどうだろうね?仕事をする上で、最も重視する項目に入る。どの仕事も大変だよね。 [続きを読む]
  • その一言
  • 夕方出港のフェリーで、九州に行く娘から、「フェリーに乗船したよ♪ せっかく買った旅行ガイド忘れたw」「気をつけてね。あと、帰りのフェリーの切符、ネットで申し込んでドタバタしてたから、帰りの日と乗船時間確認しておきなよ。」「は〜い、大丈夫!」その後、すぐ折り返し電話。「やばい!帰りの切符ない。半券返して貰ってないんやわ。すぐ行ってくる。」その後、「お母さんの一言、神ってる!あの一言なかったら、帰りまで [続きを読む]