遠藤雷太のうろうろブログ さん プロフィール

  •  
遠藤雷太のうろうろブログさん: 遠藤雷太のうろうろブログ
ハンドル名遠藤雷太のうろうろブログ さん
ブログタイトル遠藤雷太のうろうろブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/endowriter
サイト紹介文即身仏になる人が鳴らす鈴のように、遠藤が生きていることを確認できます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供313回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2014/10/06 02:03

遠藤雷太のうろうろブログ さんのブログ記事

  • ルネ・クレール監督『ル・ミリオン』(1931年)
  • ル・ミリオン [DVD]クリエーター情報なし紀伊國屋書店2017/9/20ヴォードビルって、実際にはどんなもんなんだろうと思って見てみる。貧乏画家が、高額当選した宝くじを奪還しようとする話。タイトルは「100万」という意味。露骨。歌あり踊りありのドタバタコメディ。銃を取り出した時の効果音も「ピョーン」なので、緊張感はあまりない。もともと借金まみれだった男が宝くじが当たったとたんに豪遊するところは、ヴォードビル版「芝 [続きを読む]
  • 久保茂昭・中茎強監督『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』
  • 【初心者必見!!】『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』ストーリー&キャラクター映像 2017/9/16SWORD地区で縄張り争いをしていた複数のチームが、力を合わせて外敵と戦う話。…だと思うんだけど、正直よくわからない。USBの扱いとか。シリーズ過去作も見ていないし、EXILE知識がゼロなので、膨大な数の登場人物を処理しきれない。ほんとに「敵」と「味方」くらいしかわからない。ただ、アクションシーンはものすごい。オープニン [続きを読む]
  • ジム・ジャームッシュ監督『パターソン』
  • 2017/9/16・パターソンという街に住むパターソンさんが仕事と詩作を続ける日常のうち、一週間を切り取って見せる話。・朝起きて、バスの運転手を勤め、犬の散歩、バーで一杯やる。そして、次の朝。・見る人によってはパッとしない日常かもしれないけど、そこに悲壮感や貧乏臭さは全くない。・日本映画でこういう作品を作るとだいたい自虐要素が入ってくる。この差はなんなんだろう。・単に美人過ぎる奥さんのおかげなのか。・パタ [続きを読む]
  • 無名劇団『無名稿 機械』(大大阪舞台博覧会 vol.2)
  • 観劇三昧:無名劇団『無名稿 機械』2017/9/14靴作りの工房で、人殺しが起きる話。解決はしない。そこに至る構造を描いた話。複雑な世界の在り方を単純化して構造を取り出すのに、演劇という方法は有効だと思う。最初のうちは、手作りと機械製造だったり、個人の工房と大手メーカーだったり、わかりやすい人間と非人間的な事柄を対比させる。そのうち、新入りに脅威を感じる先輩、順番に回ってくるいじめ、人殺しにしても人間関係 [続きを読む]
  • ヨン・サンホ監督『新感染 ファイナル・エクスプレス』
  • 2017/9/6・上映前の宣伝映像で寝てしまい、最初の10分くらい見逃してしまった。・大量のゾンビに襲われる高速鉄道KTXで、乗客たちが生き残りを目指す話。・ゾンビ+乗物パニックのジャンルミックス映画。・父と娘、身重の妻と夫、足を引っ張るおじさん、乗り物パニック映画でお馴染みの属性の人たちを中心に、ゾンビたちから逃れようとする。・ゾンビは高速で動ける今風のタイプ。意思がなく、噛まれたらゾンビになってしまうと [続きを読む]
  • ポール・ヴァーホーヴェン監督『エル ELLE』
  • ELLE Trailer (Paul Verhoeven, Isabelle Huppert - Thriller, 2016) 2017/9/4・ゲーム製作会社の社長であるミシェルが、肉親や恋人、隣人、ストーカーたちとの付き合いをぐいぐい消化していく話。・ポール・ヴァーホーヴェン監督の作品。何の予備知識も持たずに臨む。・『ロボコップ』も『氷の微笑』も見ていない。・wikiには「スリラー」って書いてあるけど、とにかくぐいぐい来るミシェルそのものを楽しむ話。・怖いと言えば怖 [続きを読む]
  • 報告:札幌オーギリング 九月興行'17『グリン オブ トライアンフ』
  • 2017/9/3札幌オーギリング『グリンオブトライアンフ』に参加してきました。休止興行は休止興行ならではの盛り上げ方があるはずなので、通常営業のオーギリングはおそらく今回がラストだと思います。一ファンとして観戦しているうちに「あいつに大喜利やらせたらおもしろいんじゃないか」というノリで誘われ、スポット参戦だと思っていたら、いつのまにかレギュラー参戦になっています。ふだん自分が代表をやっている団体(エンプロ [続きを読む]
  • 告知:札幌オーギリング 九月興行'17『グリン オブ トライアンフ』
  • 前回からちょっと間があきましたが、いつもの告知をさせていただきます。思い返すと、遠藤のオーギリング初参戦から一年が経ちました。2016年9月11日の『ヤングアンサー杯』から始まって、今回でちょうど10回目の興行です。人前に出ることにもすっかり慣れて…といかないのがもどかしいところですが、もともとファンだったオーギリング。少しでもお役に立てていれば嬉しいのですが、自分ではよくわかりません。どうなんでしょう? [続きを読む]
  • 『ダイヲモンド #2』
  • 2017/8/24二人の出題者が交互に大喜利のお題を出して、五人の回答者が次々と答えていく会。面白い回答の時はベルを鳴らすけど、順位付けも点数発表もない。オーギリングと間逆のプレーンな大喜利。イベントというより、集会とか寄り合いとか言ったほうがしっくりくる。その軽さが魅力になっている。5分×10題なので、おおよそ50分、回答者5人の手数も安定しているので、さくさく進行する。自分は完全に回答者の気分で見る。お題が [続きを読む]