お花大好き さん プロフィール

  •  
お花大好きさん: お花大好き
ハンドル名お花大好き さん
ブログタイトルお花大好き
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hatune_2007
サイト紹介文四季折々のお花や風景は、心を和ませ 優しい気持ちにさせてくれます 楽しい花散歩や風景記録を綴って
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/10/06 05:09

お花大好き さんのブログ記事

  • 遅咲き八重桜
  • 23日 遅咲きの八重桜が楽しめる神奈川県立大船植物園フラワーセンターへ行ってきました。「桜」と聞くと、日本の花というイメージがありますが、日本では品種改良が盛んで国内だけでも固有種や交配種を含めて600以上もの品種が確認されているそうです。その中で、今回は八重桜を集めました。八重桜とは、八重咲きになる桜の総称で、人里に咲くことが多いため、「サトザクラ(里桜)」とも呼ばれます。代表的な種類には・関山 [続きを読む]
  • 楽しいひととき
  • お友達が桜の追っかけをしていて、愛媛から東京、三春、会津若松へ行くことになり仲良し昔3人娘は、町田で集うことになりました。お話が決まるころは 満開だった桜は、花散らしの強風で散桜に・・・ 折角なので 16日 横浜市青葉区の「こどもの国」へ行くことにしました。日曜日の精でお子さん連れの若いご家族で溢れていました。私は、初めてのところだったので広い公園に大満足!あそびのなかに、未来がある公園1) 「こども [続きを読む]
  • 山野草2(四季の森公園)
  • 緑あふれる四季の森公園には、いろいろな山野草が見られます。今回は、公園の散策路で出会った自生する観賞価値のある山野草や木の花数点です。1) 新緑のきれいな公園まだ 桜の花も残っていて、菜の花とのコラボが爽やかでした2) ヤマブキソウケシ科  ヤマブキソウ属の多年草花がヤマブキに似ていて、草なのでヤマブキソウの名前がありますがヤマブキとは違います3) ニワトコ(接骨木)スイカズラ科ニワトコ属の落葉低 [続きを読む]
  • 山野草1(四季の森公園)
  • 14日 四季の森公園から「 クマガイソウが咲きました 」 と言うメールマガジンが届きました。野暮用がありすぐには行けなかったので17日に行って来ました。ロープで囲われた場所でユニークな花を見つけました。1) クマガイソウの群生  ラン科アツモリソウ属に分類される多年草の一種。大きな花をつけ、扇型の特徴的な葉をつけ、この花の野生の状態を見ることができないと思います四季の森公園では一定期間以外は囲いがし [続きを読む]
  • お花見4
  • 花散らしの強風で、狭い庭の芝生がピンク色の絨毯になっています  野暮用が続き、4月10日の昭和記念公園の桜とチューリップのページです。昭和記念公園は東京都立川市と昭島市にまたがる国営公園です。東京ドームの約40倍の広大な緑あふれる都会のオアシスでしょうか散策やウォーキング、サイクリングも楽しめます。西立川口から渓流広場を目指していましたが、バーベキューの匂いに誘われそうでした。1) まず渓流広場から [続きを読む]
  • お花見3
  • お花見3回目は千鳥ヶ淵公園と靖国神社です。【 千鳥が淵公園 】江戸城内濠のひとつで、昭和30年と60年代に多くの桜が植栽され、現在では都心で有数の花見名所となり、ボートや緑道から、水面まで枝を伸ばす桜を眺められるスポット北の丸公園、千鳥ヶ淵公園などを含めて約10,000本のソメイヨシノ、オオシマザクラなどが咲きます。地下鉄九段下から階段を上り出口へ・・・しかし混雑のためなかなか進めません武道館でT大学の入 [続きを読む]
  • お花見2
  • 花冷えから一気に晴れの日が続き、桜の開花が進みました。お花見2回目は水戸黄門さまゆかりの名園:小石川後楽園です。小石川後楽園は、都立文化財9庭園に入り、都市化の中で残された貴重な存在です。庭園の様式は池を中心にした回遊式築山泉水庭園になっていて桜を見ながらすぐ近くの東京ドームも見える位置にあります。快晴の青い空に映える枝垂れ桜の場所からです。1) 和風のお庭と枝垂れ桜2) 古木の枝垂れ桜樹齢約60年 [続きを読む]
  • お花見1
  • 関東の人気お花見ランキング1位は、「目黒川」とのことです。今年はぜひ行きたいと思い4月2日にお友達と行ってきました。世田谷区から目黒区、品川区を通り東京湾まで約8kmの目黒川です。今回は、中目黒駅から川沿いをそぞろ歩き、途中の赤い橋(中の橋)から戻るコースでした。1) 宿山橋からの桜古木の桜が多く、ピンクの提灯が引き立て役?2) 川面に垂れ下がった桜の枝3) 橋の下の影を背景にしてみました4) 中 [続きを読む]
  • カタクリの里の花たち
  • 今年のカタクリの花は、花冷えの日がつづいたため昨年より1週間遅れて満開となったそうです。カタクリや雪割草以外にも沢山の花があり、可憐な花たちが迎えてくれました。1) イワウチワ  イワウメ科  イワウチワ属の多年草山地のやや暗い林内に生え、岩場に生えることが多いとされていますがカタクリの里は岩場ではなく林の中で咲き 花びらはフリルのようで可愛いです。2) リュウキンカ(立金花)  キンポウゲ科   [続きを読む]
  • カタクリと雪割草
  • 城山カタクリの里の「カタクリと雪割草」です。(3月30日 撮影)春らしい陽気にならず、花守りさんのホームページを見ながらチャンスを待っていました。1週間も眠らせてしまいましたが、ようやくのUPに花たちは喜んでくれるといいのですが・・・1) 姉妹のようなカタクリカタクリの花は、天候や気温にとても左右されやすいデリケートな花です。日が差し、気温が上がってくると花びらをそり返らせて咲き、日が落ち気温が低 [続きを読む]
  • 全国都市緑化よこはまフェアー3
  • 全国緑化よこはまフェアー 第3回目は象の鼻パーク〜日本大通り〜横浜公園です。象の鼻パークは、横浜港発祥の地で横浜港開港150周年となった2009年6月2日に開園した公園です。1) ガーデンベアの庭華やかですね  遊歩道の向こうは象の鼻テラスがあります2) 違う角度からのベアの庭日没からライトアップもあり、一層華やかになりそう3) フレンチラベンダーウサギの耳のような苞のある花穂がかわいらしいです花 [続きを読む]
  • 全国都市緑化よこはまフェアー2
  • 前回に続いて全国都市緑化よこはまフェアーの2回目はフランス山〜山下公園です。港の見える丘公園からアメリカ山を降りていくと「世界の広場」があります広場にあるユニークな鉄骨は?1) 鉄の塔実際にパリの市場で使われていた骨組みだそうです都市デザイン室に勤めていた方が、もらって帰って来たというエピソードがありこの奥にある「フランス山」は、フランス軍が駐留していたことにより「フランス山」と呼ばれている場所に [続きを読む]
  • 全国都市緑化よこはまフェアー1
  • 全国都市緑化フェアは、ひとり一人が緑の大切さを認識し、緑を守り、愉しめる知識を深め、緑がもたらす快適で豊かな暮らしがある街づくりを進めるための普及啓発事業として、昭和58年(1983年)から毎年、全国各地で開催されている花と緑の祭典です。今年は3月25日から「全国都市緑化よこはまフェアー」が開催されていますメイン会場は、都心臨海部の「みなとガーデン」と郊外部の「里山ガーデン」でそれぞれ魅力あふれる会 [続きを読む]
  • 横浜緋桜・その他
  • 日毎に花がほころぶ保土谷公園は散策にちょうどよい距離です。アートホール横ではヨコハマヒザクラが鮮やかな色の花を咲かせていました。1) ヨコハマヒザクラ(横浜緋桜)横浜寒緋桜はヒガンザクラに類する品種で、大輪の花は鮮やかなピンク枝からこぼれそうに重なり合って咲く、豪華な桜です横浜で交配されてできたので、ヨコハマという名前がついています2)アップで覗いてみると豪華でした3) ヨコハマヒザクラ4) オカ [続きを読む]
  • カタクリの花と鳥
  • 3月20日(春分の日) 毎朝一番にメールをチェックする習慣です   数通届いたメールの中に、県立四季の森公園からのメールマガジンがありました。「里山地区でカタクリが咲きました」とのお知らせ・・・カメラとお茶を持って妖精に逢うため車を走らせました。「1年ぶりね〜?? 妖精さん! おはよう 」カタクリに魅せられている人の長い列、なかなか進みません妖精は、はにかみ屋さん 下を向いているので、膝をつき枯れ葉 [続きを読む]
  • 保土ヶ谷公園散策2
  • 前回に続いて「県立保土ヶ谷公園散策」の残りの花や樹々です。数日経過したので開花が進んだことと思いますが、3月16日の写真です。1) 木五倍子(キブシ)木五倍子(きぶし)科  キブシ属尾っぽのように下がる花穂 ぶどうの形の花をいっぱい垂らしますが花穂が少なかったです。大型の花を咲かせる「八丈木五倍子(はちじょうきぶし)」という花もあります。2) ユキヤナギ  バラ科 シモツケ属の落葉低木。  別名: [続きを読む]
  • 保土ヶ谷公園散策1
  • 県立保土ヶ谷公園は、もともと運動公園でしたが手入れされ、新しい散策路が出来ています。蝋梅は終わったはずだが、黄色い花が満開のようでした。駐車場に車を置いて お目当ての花のある散策路へ・・・トサミズキでした。葉が出るよりも先に、3月下旬〜4月に丸みのある薄い黄白色の 小花が連なり垂れ下がって咲きます。1) 散策路の大木のトサミズキトサミズキは四国地方を原産としていますが、名前のように高知県内の山地の [続きを読む]
  • 四季の森公園2
  • 前回に続いて四季の森公園の樹や花たちです。南口の駐車場から入り、坂道を下ると左側にピンク色の並木?が見えます。少し前に行った時は蕾がちらほら・・と言ったところでしたが、ハナモモは満開でした。坂道を下って子ども広場から見上げました。1) ハナモモ  バラ科  サクラ属の耐寒性落葉低木花を楽しむために品種改良された園芸種で、ひな祭りのときにひな人形と一緒に飾ります花桃にも実はなりますが、とても小さくて [続きを読む]
  • 四季の森公園1
  • 春らしい陽気になって来たので、四季の森公園へ散歩に行って来ました。 8日 ぽかぽか陽気で、年配のご夫妻がワンちゃんとお散歩していたり幼稚園のお子さんが「こんにちは〜」と声をかけてくれ、はしゃぐ声に元気をもらえました。1) 四季の森公園の展望台と蕾を付けたソメイヨシノが迎えてくれました元気なお子さんたちの声が可愛い2) お目当ての場所へ行ってみると Σ(・ω・ノ)ノ!幸せを呼ぶオレンジ色の福寿草、秩父紅( [続きを読む]
  • ミモザとツグミ
  • 3月になっても寒い日があり、なんとなく気怠い日が続いていました。のんびりしていられません。今回は、眠っていた写真の掲載です。ふわふわ 黄色い可愛い「ミモザ」と 跳ねては止まり 胸を張ってチョコチョコ歩く「ツグミ」です【 ミモザ(Mimosa)】マメ科  オジギソウ属の植物の総称で、オーストラリア原産鮮やかな黄色のポンポン状の花冠をつける姿が可憐で愛らしい花です1) ご近所の玄関先に大木のミモザが満開を迎え [続きを読む]
  • 写真の祭典 CP+
  • 第7回目になった CP+ 「撮る・見る・楽しむ・写真の祭典 PHOTO YOKOHAMA 2017」2月23日〜26日まで パシフィコ 横浜で開催され 入場事前登録をして、今年も行って来ました。1) 会場入口は2階 2日目に行きましたが大混雑2) 会場内通路最新の映像機種や写真に関する映像用品など広い会場いっぱい!まずSONYブースへ行き、最新の機種で操作方法などの説明をしていただき自分のSDカードを挿入して、何枚か撮ら [続きを読む]
  • 昭和記念公園の妖精
  • 1月17日に昭和記念公園へ行った時、まだ寒い時期に顔を見せてくれた福寿草、雪割草、スノードロップ 早春の妖精たちです。【 福寿草 】金鳳花(きんぽうげ)科  フクジュソウ属の多年草光や温度に非常に敏感で、昼間でも日がさえぎられると1〜2分で花がしぼみ、再び日があたると、いつの間にか花が開きます。1) 福寿草1  姉妹仲良く寄り添うような福寿草2) 福寿草2  少しお疲れのような感じですね3) 福寿草 [続きを読む]
  • 観賞温室のスイレン
  • 前回に続いて観賞温室のスイレと熱帯植物を楽しんで来た時の写真です。睡蓮池には一年中美しい花を咲かせる熱帯性スイレンが迎えてくれます。周囲はヘリコニアとクロトンで彩られ、ハワイへ行っているよう気分でした。スイレンはアフリカや東南アジア原産の多年草で、熱帯を中心に自生する水生植物で約40種ほどあります。水底の泥の中に地下茎をもち 根茎から葉を出し花には雄しべが20〜700個もあり、雄しべは幅広で花びら [続きを読む]
  • 植物園(観賞温室の花)
  • 植物園散策の2回目は観賞温室の珍しい花たちです。時々行ってみる温室ですがムンムン・・・コートも邪魔になるほどでした温室の熱帯植物をご紹介します。1) クフェア ミクロペタラ   ミソハギ科  メキシコ原産和名:ベニチョウジ   花に見える部分は筒状のガクで、花弁は退化しています2) メキシコはなやぎ 2種類みそはぎ科  タバコソウ属(クフェア属)の常緑低木茎の先に小さな花が沢山咲いていて、花言葉の [続きを読む]
  • 植物園散策
  • 久しぶりにフラワーセンター大船植物園の花たちに逢いに行って来ました。植物園散策の1回目は、古木の梅と大好きなクリスマスローズ植物園入り口の寄せ植えに迎えられて・・・展示室のカラフルな寄せ植えに春の近いことを教えてもらえました【 うめ 】1) 大輪の緑鍔  ウメの野梅系園芸品種名前のとおり、ガクと花の中央の色が緑なので、淡い緑の花に見えますとても清楚な雰囲気でした2) 守の関  バラ科 あんず属ウメに [続きを読む]