よーだ さん プロフィール

  •  
よーださん: 脳卒中サバイバのゼンデラ
ハンドル名よーだ さん
ブログタイトル脳卒中サバイバのゼンデラ
ブログURLhttp://www.xendela.info/
サイト紹介文脳卒中経験者による脳卒中経験者のための日替わり世界ニュース速報
自由文脳卒中からの回復に役立つ最新研究を毎日紹介するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/10/06 15:00

よーだ さんのブログ記事

  • 肉や玉子で脳梗塞が起きやすくなる仕組み
  • 元Gut Microbe-Generated Trimethylamine N-Oxide From Dietary Choline Is Prothrombotic in Subjects2017  4月  アメリカ肉や卵黄に多く含まれるコリンの 腸内細菌代謝産物であるトリメチルアミン-N-オキシド(TMAO)が血小板凝集をうながし脳梗塞の原因になるという報告がある。これをたしかめるべく人で実験してみたそうな。健康で完全菜食主義の8人と雑食の10人について、コリンサプリメントを2ヶ月間与えて血中のTMAOレベ [続きを読む]
  • 脳のここをやられると勃起不全になる
  • 元Lesion mapping of stroke-related erectile dysfunction.2017  4月  ドイツ急性脳梗塞により男性の性機能に障害(勃起不全)がおきることがある。勃起不全のおきやすい脳の病変位置をしらべてみたそうな。平均年齢60、52人の脳梗塞患者についてアンケートから勃起機能スコアをとり、脳の断層画像上の変化との関連を "voxel-based lesion mapping"法で解析したところ、次のことがわかった。・61.5%の患者が脳卒中後に勃起不 [続きを読む]
  • 受動喫煙と脳卒中死亡リスク
  • 元Passive smoking and stroke in men and women: a national population-based case-control study in China.2017  3月  中国受動喫煙と脳卒中との関連についてはよくわかっていない。そこで 中国人を対象に大規模にしらべてみたそうな。30歳以上で脳卒中で死亡した16205人と、脳卒中以外で死亡した16205人についてその配偶者の喫煙状況から受動喫煙を推定し、関連を解析したところ、次のことがわかった。・受動喫煙で脳卒中 [続きを読む]
  • コレステロールが低い脳内出血患者の予後
  • 元Low cholesterol level associated with severity and outcome of spontaneous intracerebral hemorrhage: Results from Taiwan Stroke Registry.2017  4月  台湾コレステロールと脳内出血の発生についてはおおくの研究があるが結論はでていない。アジア人での研究も少ない。そこで コレステロールと脳内出血の重症度、予後についてアジア人でしらべてみたそうな。台湾の複数の病院での脳内出血患者2444人について、入院時の [続きを読む]
  • 緑茶が脳卒中の記憶障害を防ぐ
  • 元Short-term green tea supplementation prevents recognition memory deficits and ameliorates hippocampal oxidative stress induced
    by different stroke models in rats.2017  4月  ブラジル緑茶はおおくの健康効果が報告されており、神
    経保護作用もあることがわかっている。そこで、緑茶が脳卒中後の記憶障害の改善に役立つもの
    か実験してみたそうな。人為的に脳虚血または脳内出血にしたネズミを使った。脳卒中の10日 [続きを読む]
  • Stroke誌:ダイエットコーラで脳卒中と認知症が3倍に
  • 元Sugar- and Artificially Sweetened Beverages and the Risks of Incident Stroke and Dementia2017  4月  アメリカ甘味飲料を多く摂ると脳卒中リスクが高くなることはわかっている。しかし認知症との関連は知られていない。そこで砂糖または人工甘味料を使った飲料と 脳卒中および認知症との関連をしらべてみたそうな。45歳以降の2888人について脳卒中の発生を、60歳以降の1484人について認知症を10年間フォローした。甘味 [続きを読む]
  • 脳卒中リハビリは害!? 骨折しやすくなることが判明
  • 元Post-ischemic stroke rehabilitation is associated with a higher risk of fractures in older women: A population-based cohort study.2017  4月  台湾脳卒中を経験すると骨折のリスクが2倍になるという。そのおおくはバランス能力の低下が原因の転倒によるもので 大腿骨頸部や脊椎、上腕を骨折する。これまで脳卒中リハビリと骨折との長期的関連を調査した研究はほとんどないので大規模にしらべてみたそうな。台湾の国 [続きを読む]
  • 検索ボリュームからみたクモ膜下出血の季節性
  • 元Internet search volumes in brain aneurysms and subarachnoid hemorrhage: Is there evidence of seasonality?2017  4月  カナダクモ膜下出血には起きやすい季節がある という報告があるが詳細は確認されていない。そこでクモ膜下出血と季節の関連をネットの検索ボリューム変化からしらべてみたそうな。無料のサービス Google Trendsを使用して、「脳動脈瘤」「クモ膜下出血」といったキーワード検索量の変化を2004-2016で [続きを読む]
  • ゴマを食べると血圧が下がるは本当か?
  • 元Can sesame consumption improve blood pressure? A systematic review and meta-analysis of controlled trials.2017  4月  オーストラリアゴマにはビタミンEや不飽和脂肪酸が多く含まれ抗酸化作用、抗炎症作用や血圧降下作用が期待される。ゴマと血圧についてこれまでの研究成果をまとめてみたそうな。ゴマ摂取と血圧に関係する研究を厳選して データを統合 再解析したところ、次のことがわかった。・被験者843人を含む8の [続きを読む]
  • 脳内出血で思わず牧師を呼んでしまうケース
  • 元Chaplaincy Visitation and Spiritual Care after Intracerebral Hemorrhage.2017  4月  アメリカ重症患者へのスピリチュアルケアの必要性を理解するべく、脳内出血患者が牧師を呼ぶケースでの患者の特徴をしらべてみたそうな。脳内出血で入院の患者266人の医療記録を解析したところ、次のことがわかった。・患者の32%が牧師の訪問を受けていた。・そのうち57%は家族の要請によるものだった。・牧師訪問があったのはカトリ [続きを読む]
  • 親と同居するようになった女性の脳出血リスク
  • 元Changes in the living arrangement and risk of stroke in Japan; does it matter who lives in the household? Who among the family matters?2017  4月  日本離婚や死別、出産、介護といった理由で家族構成に変化が生じたときの脳卒中リスクの研究はほとんどない。日本人でしらべてみたそうな。45-74歳の日本人男女77001人について、5年内に世帯構成(配偶者、子供、親)に増減のあったケースを調べ、脳卒中の有無を10年 [続きを読む]
  • 日本人の肥満とクモ膜下出血
  • 元Body Mass Index and Incidence of Subarachnoid Hemorrhage in Japanese Community Residents: The Jichi Medical School Cohort Study.2017  4月  日本いっぱんに肥満度BMIが高いと心血管疾患リスクも高いとされているが、アジア人ではBMIが低いとリスクが上がる。クモ膜下出血とBMIについてはどうか、しらべてみたそうな。自治医科大学の研究データベースをつかって日本全国から12490人を抽出して10.8年間フォローした結 [続きを読む]
  • 日本人の脳卒中予防に最適な運動量が判明
  • 元Daily Total Physical Activity and Incident Cardiovascular Disease in Japanese Men and Women2017  4月  日本アジア人の身体活動量と脳卒中との関連についてはよくわかっていない。そこで日本人でしらべてみたそうな。50-79歳の健康な男女74913人の1日あたりの身体活動の内訳(仕事関係、余暇、睡眠)を調査し、トータルの身体活動量MET・時 をもとめた。約9年間脳卒中の発生をフォローして関連を解析したところ、次のこ [続きを読む]
  • 人工知能が抗凝固薬を毎日飲むよう勧めたところ、、
  • 元Using Artificial Intelligence to Reduce the Risk of Nonadherence in Patients on Anticoagulation Therapy2017  4月  アメリカ抗凝固薬治療では定期の服薬がまもられていないと脳卒中や出血のリスクが高くなってしまう。人工知能AIを搭載したモバイルデバイスを用いて服薬状況の改善をこころみたそうな。脳梗塞のあと経口抗凝固薬治療をうけることになった患者28人を2グループに分け、いっぽうのグループには、まいにち [続きを読む]
  • 脳卒中患者が医師のアドバイスを無視するとき
  • 元How do stroke survivors and their carers use practitioners’ advice on secondary prevention medications? Qualitative study of an online forum2017  4月  イギリス降圧薬や脂質低下薬、抗凝固薬は脳卒中の再発予防に有効と考えられているが、患者は時間が経つにつれ薬を飲まなくなってしまう。そのあたりの背景をさぐるべく、ネット掲示板の書き込みを分析してみたそうな。脳卒中協会運営のネット掲示板Talkstrokeの [続きを読む]
  • 夢を見て暴れるひとの脳卒中のなりやすさ
  • 元Probable REM sleep behavior disorder and risk of stroke2017  4月  アメリカレム睡眠行動異常症(RBD)は睡眠中の夢のなかでの行動がそのまま手足の動きや寝言となってあらわれ、かたわらで寝ている相手を傷つけることさえある。RBDとパーキンソン病、レビー小体認知症、多系統萎縮症とは関連があるとされている。そこで 脳卒中との関連についてしらべてみたそうな。平均年齢54、12000人の健常者にアンケートをとりRBDが [続きを読む]
  • 再就職で上昇する日本人の脳卒中死亡率
  • 元Changes in the Employment Status and Risk of Stroke and Stroke Types2017  4月  日本失業と脳卒中リスクは関連する。日本ではいったん失業すると再び希望の職に就くことは難しい。そこで日本人の再就職と脳卒中リスクとの関連をしらべてみたそうな。健康で40-59歳の日本人男女4万人あまりを90年代からフォローしたところ、次のことがわかった。・男女ともに1度でも失業を経験すると、脳梗塞や脳出血のリスクが高かった。 [続きを読む]
  • アメとムチは脳卒中リハビリに有効か?
  • 元Reward and punishment enhance motor adaptation in stroke.2017  4月  イギリスたとえば上肢のリーチング動作のブレが 繰り返すごとに徐々に小さくなってゆく様を「運動適応」という。賞罰フィードバックを加えたときに脳卒中患者の運動適応がどのように影響されるのか しらべてみたそうな。慢性期脳卒中患者45人について、麻痺手を使ってスクリーン上のカーソルを任意の位置に移動させる繰り返し課題を行わせ、健常者15人 [続きを読む]
  • 早産の女児は脳梗塞、遅れた男児は脳出血の素質あり
  • 元Early life characteristics, social mobility during childhood and risk of stroke in later life: findings from a Swedish cohort.2017  3月  スウェーデン低体重で生まれた子供は 成人したのちに脳卒中になりやすいとするいくつかの報告がある。早産や遅れて生まれた場合はどうなのか また 幼小児期の逆境は影響するのか、しらべてみたそうな。ウプサラ大学病院の1915-1929の出産記録から男女14192人を抽出し、1964以降 [続きを読む]
  • 下肢運動機能の比例回復則からわかること
  • 元Proportional Recovery From Lower Limb Motor Impairment After Stroke2017  3月  ニュージーランド脳卒中のあと皮質脊髄路にダメージが無い場合、その後のリハビリ訓練量にかかわらず 低下した運動機能の一定の割合≒70%が3ヶ月後には自発的に回復するという経験則があり "Proportional Recovery Rule"(比例回復則)ともいわれている。比例回復則は上肢機能についてはよく調べられているが下肢の報告は無いのでしらべて [続きを読む]
  • 運動は脳卒中とがんの予防になるのか
  • 元Physical Activity and Lifetime Risk of Cardiovascular Disease and Cancer.2017  3月  アメリカWHO(世界保健機関)のガイドラインでは心血管疾患とがんの予防に中強度以上の運動を勧めている。身体活動レベルとこれら疾患の生涯リスクとの関連をじっさいにしらべてみたそうな。45-64歳の男性5807人と女性7252人について、1987-2012にかけてその身体活動レベルと脳卒中など心血管疾患およびがんの発生をフォローした。身 [続きを読む]
  • クモ膜下出血に女性のほうが多くなる年齢層
  • 元Demographics and Short-Term Outcomes of Spontaneous Subarachnoid Hemorrhage in Young Adults.2017  3月  台湾クモ膜下出血は高齢者におおく 早期死亡率は20-40%になる。社会経済的損失がより大きいと考えられる50歳未満の若年患者の割合と特徴についてしらべてみたそうな。クモ膜下出血患者1689人の医療記録について、18-49歳(531人)、50歳以上(1158人)にわけて解析したところ、次のことがわかった。・患者の性別 [続きを読む]
  • 脳卒中のセックスリハビリに適した教育方法は
  • 元Effectiveness of a structured sexual rehabilitation programme following stroke: A randomized controlled trial.2017  3月  オーストラリア脳卒中のあとは性欲の減少、女性の膣潤滑 男性の射精能力の低下などが問題になる。しかしこのようなテーマへの医療機関の対応はまれで オーストラリアではその種の情報を受け取った患者は17%にすぎないという報告がある。そこで脳卒中患者を対象としたセックスリハビリプログラ [続きを読む]
  • 脳卒中経験者の社会ネットワークの変化
  • 元A Typology to Explain Changing Social Networks Post Stroke.2017  3月  イギリス脳卒中のあと人々は社会との接点をうしないがちになるという。脳卒中経験者の社会的ネットワークがどのように変化するのかしらべてみたそうな。シティ・オブ・ロンドンの脳卒中センター2箇所の患者87人について6-15ヶ月ほどフォローしたところ、次のことがわかった。・彼らの社会的ネットワークは、多様なつながり、友人ベース、家族ベース [続きを読む]