熊 今日はどこに出没!! さん プロフィール

  •  
熊 今日はどこに出没!!さん: 熊 今日はどこに出没!!
ハンドル名熊 今日はどこに出没!! さん
ブログタイトル熊 今日はどこに出没!!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bea-aruko
サイト紹介文今日はどこへ行こうかな 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供146回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2014/10/06 18:01

熊 今日はどこに出没!! さんのブログ記事

  • マレーシア観光
  • 【6/13、昭島駅−羽田空港−機中泊】雨の羽田空港国際線ターミナルに 21:13着。   23:30に全日空直行便にてクアラルンプールへ出発。飛行時間は7時間30分、時差は1時間。映画二本(グレートウォール、君の名は)と仮眠で到着を待ちます。【6/14、観光初日:クアラルンプ観光ール−スリムバー駅−キャメロンハイランド泊】6:35にクアラルンプール空港へ到着。毒殺事件の国際空港は隣とのこと。   空港内を電車で移動し、 [続きを読む]
  • 日和田山から越上山2
  • 舗装林道を横切り、山道に入って次の越上山へ向かいます。片斜面で、南側の眺望があります。越上山への分岐を右折し、急斜面を登り詰めます。岩場の先に山頂広場がありました。11:50に越上山-566mに到着。暗い樹林帯です。飯能市と越生町を分ける尾根筋に派生する越上山(おがみやま)。山名は「拝み山」「お神山」から転じて付いた山名とされ、かつては雨乞い信仰の山だった。山頂は露岩を越えた木立の中に三角点が鎮座している。 [続きを読む]
  • 日和田山から越上山
  • 梅雨の合間の晴れ間を確認して日和田山へ登りました。【6/10、昭島駅−高麗駅−日和田山−物見山−越上山−顔振峠−吾野駅−昭島駅】西武秩父線の高麗駅-90mに到着。駅前には、高麗神社にちなみ「天下大将軍」「地下女将軍」と表記された、朝鮮半島の道祖神「将軍標」が建てられていて目立ちます。   7:30に高麗駅-90mを出発。今日は高低差480m、三つの山を縦走します。   住宅地を抜けて日和田山登山口に入りました。    [続きを読む]
  • 尾瀬ヶ原ウォーク
  • 【6/7、昭島−入間IC−沼田IC−戸倉−鳩待峠−尾瀬ヶ原−鳩待峠−往路を戻る】6:30に昭島駅前を出発。平日の関越道を走行して9:30に鳩待峠・駐車場に到着。   団体さんで混み合う鳩待峠にて登山準備とストレッチ。資材運搬のヘリが頻繁に飛行しています。9:45に二班に別れて鳩待峠-1591mを出発。山ノ鼻まで高低差180mを下ります。   百人程の団体さんを追い越しながら木道を下ります。水芭蕉の群生地が二箇所見られまし [続きを読む]
  • 二十曲峠から石割山−杓子山
  • 【5/28、昭島−中央道−河口湖IC−二十曲峠−石割山−杓子山−二十曲峠−山中湖IC−中央道−昭島】6:30に昭島を出発。中央道・河口湖ICから忍野村を経由して8:10に二十曲峠-1152mに到着。   残念ながら富士山は完全に雲の中。登山準備後、8:20に二十曲峠-1152mを出発。今日は右の石割山往復+左の杓子山往復で、高低差480mです。  石割山へは高低差260mで、送電線の下を歩く印象です。   トレラン1名とご挨拶。下山時には [続きを読む]
  • 2017神津島・天上山2
  • 15:15に黒島展望山-524mに到着。   ここから荒れ気味の階段道を慎重に下ります。途中でホテルに下山連絡を入れます。16:05に黒島登山口に帰着。迎えのバスでホテルにチェックインします。高低差362m、5時間10分、13,000歩の花の百名山でした。ホテル大浴場で汗を流し、18:30から夕食。酔っ払う前にと集合写真。  島の料理と焼酎等で20:30まで宴が続きました。二次会は部屋に戻って。飲めない私は早めの就寝で睡眠不足を [続きを読む]
  • 2017神津島・天上山
  • 【5/20、昭島駅−浜松町駅−竹芝桟橋−横浜港−大型客船泊り】神津島・天上山山行で、21時に竹芝桟橋に集合。男性11名、女性5名の16名で団体乗船手続き。  21:40にさるびあ号乗船開始。22:00に出航。最初の寄港は横浜港。  間もなくレインボーブリッジを通過。   23:20に横浜ベイブリッジを通過、横浜大桟橋に寄港します。   10名程の下船・乗船後、23:20に離岸。二等和室に戻り、大島寄港まで仮眠します。非常灯の薄明 [続きを読む]
  • 残雪撤退の稲包山
  • 例会山行でぐんま100名山・稲包山(いなつつみやま)へ出かけました。古来から水源の山として地元民に崇められてきた。山頂には稲裹(いなつつみ)神社の奥宮が祭られている。四万温泉側、法師温泉側、三国峠、三国スキー場跡地からと四本の登山道がある。【5/9、昭島駅−関越道−三国スキー場跡−丸木橋撤退−まんてん星の湯−関越道−昭島帰着】6:30に昭島駅南口を出発。三国峠越えはガスに包まれて視界不良。苗場スキー場を通過 [続きを読む]
  • 奄美大島観光3
  • 【5/9、名瀬−大島紬村−浜千鳥館−奄美パーク−奄美空港−羽田空港−昭島帰着】6:30からホテル朝食。最終日はゆっくりと9時にホテルを出発。時折り小雨がぱらつくお天気となりました。10分程で大島紬村に到着。奄美伝統工芸の大島紬(つむぎ)見学と買物です。奄美大島(鹿児島県)を本場生産地(発祥の地)とする絹織物で、日本の民族衣装を代表する着物の女王と言われている高級絹織物。約1,300年の歴史を誇る日本の伝統的工芸 [続きを読む]
  • 奄美大島観光2
  • 【5/8、名瀬−油井岳展望台−黒潮の森パーク−アランガチの滝−嶺山公園−大浜海浜公園−名瀬泊り】6:30からホテル朝食。8:00にホテルを出発。50分程南下して油井岳展望台【奄美十景】に登りました。奄美大島南部、瀬戸内町の古仁屋市街地の背後にそびえる標高484mの油井岳山頂付近にある展望台。入り組んだ風光明媚なリアス式海岸と大島海峡、対岸に浮かぶ加計呂麻島が見渡せる。周囲に茂る亜熱帯植物の緑と、眼下に広がる美しい [続きを読む]
  • 奄美大島観光
  • 【5/7、昭島駅−羽田空港−奄美空港−笠利崎灯台−あやまる岬−原ハブ屋奄美−名瀬泊り】羽田空港12:30発の奄美大島行きに搭乗。   離陸後に富士山を期待しましたが、曇り模様で薄っすらと見られました。奄美大島は快晴予報です。20分遅れの15時に奄美空港到着。離島空港らしく、プロペラ機が見られました。奄美大島は九州から南へ約380km離れた北緯28度で、九州と沖縄本島のほぼ中間に位置しており、奄美群島(奄美大島、加計 [続きを読む]
  • 九鬼山−御前山縦走
  • 【5/5、昭島駅−禾生駅−愛宕神社−九鬼山−御前山−神楽山−猿橋駅−昭島駅】8:10に富士急大月線・禾生駅423mに到着。暫く国道を歩いて愛宕神社登山口へ右折。今日は高低差547mのミニ縦走です。名所の落合水路橋を通過。山梨県都留市古川渡の朝日川に架かる駒橋発電所落合水路橋は、桂川の水を同発電所に引くために造られた。1997年に国の登録有形文化財に指定され、完成から1世紀以上たった今も現役。1907年に東京電力の前身で [続きを読む]
  • 鹿倉山−大寺山縦走
  • 【4/30、昭島駅−奥多摩駅−丹波村役場−鹿倉山−大寺山−深山橋−奥多摩駅−昭島駅】連休で混み合う奥多摩駅。登山届のキャンペーン中でした。我々は増発バスで丹波行きに乗車。   9:25に丹波役場前に下車。二台目を待って23名が合流し、バス停-615mを出発。   丹波役場でトイレを済ませ、登山口のマリコ橋に向かいます。   花咲く民家の間を通り抜けます。   電気柵の畑。猿かイノシシ除けでしょうか。   10:00に [続きを読む]
  • 2017 かぐら春スキー2
  • 【4/12、和田小屋−かぐらーみつまた−かぐらスキー−和田小屋】二日連続のミゾレ・強風となりました。テレビ体操後、7時から朝食。今日は田代エリアは運休、かぐら上部リフトも運休です。やっと乾かしたウェア・手袋で、ロマンスリフトのファーストトラックを滑走。一時間滑走後、気分転換にみつまたエリアへ降りました。みつまたエリアの途中でスキーがストップ。ミゾレ混じりの新雪がブレーキになりました。ロープウェイ駅まで [続きを読む]
  • 2017かぐら春スキー
  • 【4/10、昭島駅−東京駅−関越道−かぐら・みつまたスキー場−和田小屋】8時に桜満開の昭島駅を出発。東京駅前を10時に出発。満席のシニアツアーです。関越道からチラホラと桜が見慣れました。谷川PAより谷川岳稜線。14時にかぐらスキー場・みつまたステーションに到着。  着替えて14:15のロープウェイに搭乗。快晴の初日となりました。みつまたエリアからリフトに乗ってかぐらエリアに移動。昨年と大違いで、タップリの積雪に [続きを読む]
  • 新雪の天城山
  • 【4/2、昭島−天城高原ゴルフ場登山口−万二郎岳−登山口−湯河原−昭島帰着】昭島駅前を6:30に出発。高速道を乗り継いで伊豆スカイラインへ。しかし前夜の雨が雪に変わり、峠は新雪に覆われていました。ひと山越えて標高が下がると積雪がありません。標高が上がって天城山登山口に近づくと、新雪に覆われていました。9:30に天城高原ゴルフ場駐車場に駐車。想定外ですが、一応登山準備をします。準備体操後、二班に分けて 9:40に駐 [続きを読む]
  • さよなら丸沼高原スキー
  • 【3/30、昭島駅−立川駅−関越道−丸沼高原スキー場−往路で帰宅】便利な立川駅前出発の日帰りスキーバスで、さよなら丸沼高原スキーへ。満席のバスで、10:15に丸沼高原スキー場に到着。約5時間の滞在となりました。初滑りと違ってフルコース滑走できます。中央リフト乗車。全面滑走できそうな積雪です。第五リフト。第八リフト。左端最奥の第七リフト。滑走開始。固いアイスバーンに雪玉がコロコロしています。  右端の第四リ [続きを読む]
  • さよなら白馬五竜・47スキー
  • 【3/25、ホテル−五竜・47スキー場−ホテル−白馬駅−立川駅−昭島帰着】部屋の窓から撮影。三日目最終日は快晴になりました。6:30から朝食。荷物を仮置きしてスキー準備。シャトルバスで五竜スキー場に向かいます。今季白馬で一番のお天気に当たりました。8:45に五竜スキー場に到着。午後1時まで4時間滑ります。ゴンドラでアルプス平に向かいます。ゴンドラからリフトで最高点に移動。青空に五竜岳の稜線が映えます。武田の紋「 [続きを読む]
  • さよなら白馬八方スキー
  • リフト券付シニアツアーで白馬スキーへ出かけました。【3/23、昭島駅−立川駅−白馬駅−ホテル−八方尾根スキー場−白馬泊り】新宿、東京発に比較して、立川駅乗車はありがたいスキーツアーです。車窓から甲斐駒ケ岳−南アルプス−八ヶ岳−青木湖と風景を楽しみます。   11:40に白馬駅で下車。送迎バスでホテルへ。ホテルで着替え、シャトルバスで八方尾根に向かいます。  13時にゴンドラ乗車。年末は雪不足で三日間とも白馬4 [続きを読む]
  • バルディゼールから成田へ
  • 【3/18、バルディゼール−ジュネーブ空港−チューリッヒ空港】3:30に起床して朝食パックを頂きます。隣接するパブも朝4時に閉店。連日の騒音・歌声でした。4:15に貸切バスに乗車。七日間お世話になりました。 バルディゼールからジュネーブ空港まで3時間30分の移動。  トイレ休憩所は中々無いようで、外人ツアーバスと先陣争い。  6日間の快晴後、ついに移動日は小雨になりました。  小雨降るジュネーブ空港に7:40に到着。 [続きを読む]
  • バルディゼール最終日はフリー滑走
  • 【3/17、最終日はバルディゼール・フリー滑走】最後の朝の散歩で市内を一巡り。綺麗な月が浮かんでいました。    7:30から最後の朝食。ベルナールは昨晩にバルトランスに戻ったとのこと。夏場はハーレー軍団によるアメリカ大陸縦断ツアーをガイドしているそうです。   今日はフリー滑走。同行者は七人の予定。まずはオリンピックバーンで撮影タイム。      ヴェルヴァルド山頂へ登り返して周辺を滑走。   足を痛め [続きを読む]
  • 五日目はリクエストコースを周遊
  • 【3/16、五日目、ヴェルヴァルド・ティーニュ周遊滑走】朝の散歩は、昨日滑り込んだDailleの登山電車まで往復。    今日も快晴。ガイド付きスキーの最終日となりました。ヴェルヴァルド−ティーニュのメインコースを周遊します。  リフト乗継ぎでヴェルヴァルド山頂駅に到着。左手コースを滑走後にリクエストしたオリンピックバーンを滑ります。  登り返して朝のオリンピックバーンへ。過去二回は午後の融雪バーンでした。 [続きを読む]
  • 四日目はティーニュ・ブリビエール滑走
  • 【3/15、四日目、ティーニュ・ブレビエール滑走】朝の散歩でオリンピックコースの迂回路まで往復。  ホテルまで住宅地を滑り抜けるコースで、アイスバーンで痛い転倒。朝食後、ホテル前に集合。フランソワとベルナール。サンタの叔父さんも来ました。今日はティーニュの右端、ブリビエールまで滑ります。初めてオリンピックコースのゴンドラに乗車。   ヴェルヴァルド山頂駅に到着。  頭上の山頂に見えるオリンピックのス [続きを読む]
  • 三日目はバルディゼール・ピッサイヤ氷河滑走
  • 【3/14、三日目はバルディゼール・ピッサイヤ氷河滑走】朝食前の散歩でピッサイヤ氷河方面の町外れまで往復。      岩壁に朝日が当たり始めました。三日目も快晴です。7:30から朝食。今日は左手のピッサイヤ氷河を滑ります。   ソレイズのゴンドラ山頂駅まで登ります。   最初に集団滑走の撮影タイム。  雪崩対策のため、午前中のみ滑走可能という沢コースを滑走。    アイスバーンの狭い谷はスリリングでした [続きを読む]
  • 二日目はティーニュ・グランモット氷河
  • 【3/14、二日目はバルディゼールからティーニュ・グランモット氷河】朝食前の散歩で地元スキー学校等を見て回りました。スケートリンクもありました。今日は雲ひとつ見られないアルプス晴れ。7:30から朝食。B班のガイドはサンタ叔父さんパトリックに変わりました。二日目は待望のグランモット氷河を滑ります。ゴンドラ調整中のため、リフトでオリンピックコースを登ります。   二本目のリフトに乗り継ぎ。ヴェルヴァルド山頂-28 [続きを読む]