とっちーの「終わりなき旅」 さん プロフィール

  •  
とっちーの「終わりなき旅」さん: とっちーの「終わりなき旅」
ハンドル名とっちーの「終わりなき旅」 さん
ブログタイトルとっちーの「終わりなき旅」
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/maduka
サイト紹介文出歩くことが好きで、趣味のマラソン、登山、スキーなどの話を中心にきままな呟きを載せられたらいいな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/10/06 22:29

とっちーの「終わりなき旅」 さんのブログ記事

  • 2017奥熊野いだ天ウルトラマラソンツアー:瀞峡編
  • 100キロマラソンの翌日である。そのまま帰るのは、もったいないので、吉野熊野国立公園の一部であり、和歌山県・三重県・奈良県を流れる熊野川水系北山川上流にある峡谷の瀞峡(どろきょう)に行くことにした。新宮から熊野川に沿って20キロ上流の志古乗船場に向かう。順調に着きすぎて、始発のウォータージェット船の発車時刻まで1時間もあった。ちょうど、乗船場の目の前に喫茶店があり、そこで時間をつぶしてから、9:30発のウォ [続きを読む]
  • 2017奥熊野いだ天ウルトラマラソンツアー:潮岬編
  • 昨年に引き続いて、奥熊野いだ天ウルトラマラソンに参加することになった。今回は、私を入れて5人のメンバーだ。大会は、23日(日)なので、前の日から現地に向かう。なかなか行くことのない和歌山県なので、観光もしたい。今回は、本州最南端となる潮岬まで足を延ばすことにした。まず最初に寄ったのが、串本にある橋杭岩だ。約850mにわたって列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っている。海の浸食により岩の硬い部分だけが残 [続きを読む]
  • 2017お花見天竜マラニック:後半
  • 熊平から10分ほど走り、阿多古川を渡る。両岸にはハナモモやユキヤナギが咲き乱れている。「くんま道の駅」手前の橋の下には、鮎かヤマメのような魚影がいくつも見える。道の駅では、五平餅やソフトクリームを食べているメンバーもいる。くんまの看板前で記念撮影。観光客の女性が、カメラのシャッターを押してくれた。近くには、石の道標が建っている。右が浦川、左は鳳来寺、豊川などの文字が見える。我々は、右に進路をとった。 [続きを読む]
  • 2017お花見天竜マラニック:前半
  • 2014年以来途絶えていた「お花見天竜マラニック」を3年ぶりに開催した。ほとんど自分の長距離練習の為だったが、呼びかけをしたところ全部で14名のラン友が集まってくれた。週間天気予報では、いい天気ではなかったが、いざ当日になってみると思いのほかいい天気となり気温も暖かい日となっていた。集合は、船明ダム公園の駐車場だ。船明ダムの桜は散り始めていたが、まだまだ鑑賞に堪える。ダムと桜をバックにして集合写真を撮る [続きを読む]
  • 暖かくなって畑の花がいろいろ咲きだした
  • 4月になって、大分暖かくなってきた。今年も畑の花がいろいろ咲きだしてきている。道路際に植えたチューリップが、特に目立っている。色によって咲き出す時期が多少ずれているが、現在は赤、黄、ピンク、白等だ。ところどころに、ノースポールの小さい白い花もちらほら咲いている。ボタンは、まだ見頃というほどではないが、ちらほら咲き出している。今週末あたりが見頃になりそうだ。すっきり剪定して枝が少なくなっていた梅の木 [続きを読む]
  • 三井寺でお花見
  • 今年も、滋賀県余呉湖での「天女の羽衣伝説マラソン」に参加し、余呉湖を10周して無事71キロを完走する。これで通算70周となった。100周すると表彰があるというので、あと3年は出場しないといけなくなってきそうだ。例年、桜を見ながらのランとなるのだが、今年は桜の開花が遅れており1周目は、お花見どころではなかった。しかし、朝一番の余呉湖は、霧が立ち込め、まるで水墨画の世界だ。サクラの写真は諦め、鏡のように揺らぎが [続きを読む]
  • オレンジロードの花桃が見頃に
  • 今日は、前から気になっていた三ヶ日オレンジロードの花桃がどうなっているか見るために細江公園に向かった。細江公園に車を置いて、引佐峠まで約8キロを走る。途中、ローリング族のバイクが何度も往復していたが、気にせずマイペースで走り、何とか引佐峠に到着する。引佐峠の東屋の脇にある桜がちょうど咲き出していた。五分咲といったところか。引佐峠から細江公園に向かって戻っていく。少し下ったところからの浜名湖の展望が [続きを読む]
  • 2017住塚山・国見山登山:済浄坊渓谷編
  • “済浄坊の滝”の看板に従って下に降りていく。笹薮の中の遊歩道を進んでいく。しばらくは、静かな流れが続いている。水音がしてくると、落差2mほどの小さな滝が出てきた。滝壺の水は、緑がかり渓谷らしい雰囲気になってきた。さらにその先にも落差1mほどだが、幅3〜4m程の滝が続く。先日行った赤目四十八滝なら、それなりに名前がついていてもいいような小さな滝だが、何も表示はない。沢沿いには遊歩道がしっかり整備されている [続きを読む]
  • 2017住塚山・国見山登山:山編
  • 昨日は、ススキで有名な曽爾高原に近い住塚山と国見山に登ってきた。以前、曽爾高原に来たとき、柱状節理の岩壁や尖った頂を持つ特異な山々を見たことがあり、このあたりの山にいつか登ってみたいと思っていたからだ。まず、今回は、曽爾村の中で1000mを越え、高い山に属する住塚山と国見山の2山の縦走だ。起点となる屏風岩公苑まで車で向かう。坂道をぐいぐい上がり駐車場に着くと、既に標高700m以上となっていた。車も結構止まっ [続きを読む]
  • 浜北区の桜開花状況を見て回る
  • 今日は、思ったより暖かい日となった。そろそろ桜が咲き出しているか気になって、遠州山辺の道をメインに、桜の開花状況を見て回った。福応寺から山の神古墳を経て積石塚古墳群を抜け、内野緑地まで行くと十数本の桜並木があるが、まだ蕾が膨らみ始めたばかりで開花はまだだった。次に赤門上古墳を経て、御陣屋川横の道を走るが、120本ほどあるというソメイヨシノの桜並木もまだまだだった。サンストリート浜北の裏を通り過ぎ、平 [続きを読む]
  • 2017たつやま凸凹マラニック
  • しんしんさんの呼びかけで、浜松市天竜区龍山町の秋葉ダム湖両岸にある斜面集落を巡るマラニックに行ってきた。秋葉ダムの完成で水没した集落があった。しかし、水面より上にある集落は水没せず残っていたが、時を過ぎるとともに過疎化の波に追われ、小中学校もなくなり、現在は限界集落になりつつある。そんな龍山の現実を、見て感じて触れ合って欲しいというしんしんさんの思いから企画されたマラニックだ。集合は、秋葉ダム東湖 [続きを読む]
  • 2017しずまえブルーラインマラニック
  • 先週末、朝食を食べていた時、ラジオから“マラニック”という言葉が聞こえてきた。何だか気になってよく聞いていたら、20日(月)の祝日に用宗魚港から由比魚港まで走るイベントがあるという話だった。ちょっと面白そうなので参加してみたいなと思ったが、募集は既に終わっているという事だった。ただ、どんなイベントか知りたくて、ネットで調べて主催者に電話したところ、直前ながら参加を受け付けてもらえることになった。イベ [続きを読む]
  • 2017赤目四十八滝&長坂山ハイキング:長坂山編
  • 赤目四十八滝巡りを終え、百畳岩まで戻ると、そのすぐ先に長坂山入山口の看板が立っている。12:23。入口に掛かっている鎖を外して、先に進んでいく。少し上がると、百畳岩の周辺がよく見える。上から見ると、確かに百畳はあろうかと思わせる一枚岩だ。登り始めると、いきなりの急登が続く。断崖の端にロープで囲まれた登山道が続いている。12:47。里見峠に到着する。一旦下ると沢があり、林道との分岐に出る。林道をしばらく進む。 [続きを読む]
  • 2017赤目四十八滝&長坂山ハイキング:滝巡り編
  • 19日(日)は、何十年かぶりに三重県名張市にある赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)に行ってきた。最近、渓谷歩きにも興味が湧いてきたので、有名な赤目四十八滝と山登りを合わせて一日楽しんでこようという思いつきで計画した。参加メンバーは、6人となった。赤目四十八滝は、4キロに渡る赤目四十八滝渓谷につながる多くの滝の総称だ。滝が48あるわけではなく、名前がついている滝を数えると24ほどだが、数多くあるという例 [続きを読む]
  • 2017横浜いいとこマラニック:後半
  • 山下公園で昼食とし、しばらく休憩する。先行したメンバーたちも、コンビニで買ってきたビールを飲みながら、しっかりとくつろいでいた。埠頭沿いを走っていくと、氷川丸が係留されていた。日本郵船が1930年(昭和5年)に竣工させた12,000t級貨客船で、北太平洋航路で長らく運航されていたが、現在は博物館船として公開され、国の重要文化財に指定されている。あとで思ったのだが、時間が充分あったので、この船の中を見学していけ [続きを読む]
  • 2017横浜いいとこマラニック:前半
  • 12日(日)は、海老名駅から横浜の石川町駅まで移動する。石川町駅で荷物をコインロッカーに預け、走る為の準備をしているとメンバーが続々と集まってきた。今回のマラニックには、40名ほどのランナーが集まったようだ。駅前の広場に集まったところで、コースの説明などを聞く。恒例のスタート前の記念撮影だ。9:20。全員準備が整ったのので、予定より10分ほど早くスタートする。スタートといっても、ほとんどの人は道がよくわから [続きを読む]
  • 海老名歴史散歩
  • 海老名に住んでいるラン友のHさんから家に泊めてくれるという話を聞き、図々しくも翌日の横浜いいとこマラニックへの参加を兼ねて前日からお邪魔することになった。当日は、話に乗った他のラン友と一緒に海老名駅まで行くとHさんが迎えに来てくれていた。ちょうどお昼前だったので、地元では有名なお蕎麦屋さん「国分寺そば」に立ち寄る。人気店らしく、店の前では席が空くのを待っているお客が何人も付いていた。我々も15分ほど待 [続きを読む]
  • 2017静岡マラソン
  • 昨日は、静岡マラソンを走ってきた。過去3回は天気が悪く、売り物の富士山は見えずじまいだったが。今年は4度目の正直で好天に恵まれた一日となった。スタート時間は8:20。手荷物預かりは7:45までと、他大会に比べ早い時間となっており、朝早く家を出て会場に着いたものの、時間が少なく慌ただしいことこの上ない。5分前に荷物を預け、急いで集合ブロックの列に着く。今年からコースが変わり、駿府公園のお堀の周りだ。列が動き出 [続きを読む]
  • 2017でんでんころ桜まつり&滝沢展望台
  • 浜松の奥座敷と呼ばれる滝沢町でも河津さくらの名所がある。毎年2月下旬から3月上旬の土日にかけて「でんでんころ桜まつり」が行われており、今年も河津さくらの花見をしながら滝沢展望台までのランに出かけてきた。まずは、天竜浜名湖鉄道の都田駅前に車を止め走り出す。踏切を渡り、しばらくすると都田中学の正門の前を通り過ぎる。都田中学のメタセコイヤの樹は何度見ても見事だ。広い道を横断し、「でんでんころ桜まつり」の看 [続きを読む]
  • 2017東大山河津桜まつり
  • 河津桜が本場の河津町では満開になっているというニュースをみて、今年も浜松市内の河津桜を見に行ってみようと思った。ちょうど今週末の予定は特になかったので、いいタイミングでジョギングを兼ねてお花見に出かけたのだ。場所は、西区大山町の花川の堤防沿いで、昨年に続いて2回目だ。河津桜の場所だけでは、すぐ終わってしまうので、少し離れた和地小学校前の公園に車を止める。ここから、走ってお花見マラニックに出かける。 [続きを読む]
  • 2017白馬雪遊びツアー:スキー編
  • 最終日は、やはりスキーだ。せっかく冬の白馬に来たのだから、スキーもやって帰りたい。幸いにも、この日は朝から快晴だった。朝食を済ませてから、ペンションの玄関前で記念写真を撮ってから、スキー組、温泉組、観光組に別れてそれぞれの目的地に向かった。スキー組は、白馬五竜スキー場に向かった。何十年ぶりかでリフトに乗って上まで行くのが不安そうな人もいたが、何とかなるさとリフトに乗せて、初心者向けのゲレンデ上部ま [続きを読む]
  • 2017白馬雪遊びツアー:ペンション宴会編
  • スノーシューを終えてペンションに戻った。ちょうど、スキー組も帰ってきており全員揃ったところで夕食の時間となった。ペンションオーナーのSさんは、一人でペンションを切り盛りしているので、16名という人数の食事を用意するのは、かなり大変な事だ。今回は、人数が多いので無理かなと思ったが、快く承知してくれたうえ、いつもと変わらない内容の美味しい夕食を出してくれたのが嬉しかった。まずは、前菜が出たところで、ビー [続きを読む]
  • 2017愛媛マラソンツアー:3日目観光編
  • 愛媛での最終日は、飛行機の出発まで半日ちょっとあり、松山市内を観光することにしていた。松山の観光名所といえば、松山城、道後温泉、石手寺などだが、どれも行ったことがあり、今回は、まだ行ったことがなくてそれほど時間がかからない場所に行くことにした。ホテルでの朝食を済ませ、歩いて出かける。前日のマラソン会場の松山城公園内を抜け、県庁を過ぎると、「坂の上の雲ミュージアム」の入口が見えてきた。開館時間の午前 [続きを読む]