こころのセラピスト オリーブ さん プロフィール

  •  
こころのセラピスト オリーブさん: 心を1g軽くする練習帳
ハンドル名こころのセラピスト オリーブ さん
ブログタイトル心を1g軽くする練習帳
ブログURLhttps://ameblo.jp/cs-olive/
サイト紹介文今からでも大丈夫!苦しくつらい悩みを解消するヒントがここにあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供216回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2014/10/07 11:23

こころのセラピスト オリーブ さんのブログ記事

  • 流産・中絶の罪悪感や悲しみをひとりで抱えるほど辛いものはない
  • カウンセリングを受けようと思っても、 どうしても躊躇してしまうときがあります。 だって、初対面の人だし、 カウンセリングなんて受けたこともないし、 そんな中で、自分の悩みを打ち明けて、 本心を話さないといけないんですから、 そう簡単にはいかないのはよくわかります。 どうしても顔を見られたくない、 名前を知られたくないってこともあるでしょう。 話の内容が人に知られたくないことなら、 当然そういう気持ちにな [続きを読む]
  • 頭で考えずに手が動くまま砂を触ると本当のあなたが見えてきます
  • 9月23日(土)は サンドセラピーの日です。 サンドセラピーに来られる方の中には、 来る前から、こんな風に作ろうって 決めてくる方がいます。 可愛い系に仕上げようとか、 メルヘンチックにしてみようとか。 でも、不思議と違うものになってることが多い。 これって、頭と手の感覚、 ひいては意識と無意識の違いなんですね。 だから、どんどん無心になって 履き庭に没頭できるんです。 最近ちょっと心が疲れたな〜、 ここの [続きを読む]
  • プライドの高い人って実は打たれ弱い
  • どんな人でも、 自分のウィークポイントを持っています。 このウィークポイントって ある人にとってはなんてことないものでも、 自分にとっては絶対に 受け入れられないところでもあるんですよね。 だから、徹底的に防御に走ります。 なによりも怖いのが、 そのウィークポイントが人目にさらされること。 ましてや、ピンポイントで突かれたりしたら、 ひとたまりもありません。 こういうときの対応の仕方も様々です。 まず [続きを読む]
  • その怒りをなぜ手放せないのか
  • 人は誰かから理不尽なことをされたり、 バカにされたり、恥をかかされたり、 プライドを傷つけられたりしたら、 当然、怒ります。 怒りを相手に向けて爆発させようが、 自分の中でじっとこらえようが、 怒りはずっと心の中に居座ります。 なかには、 とても尋常ではないほどの怒りを ずっと心の中に溜めたままの人もいます。 それは決して減ることはなく、 新たな怒りを感じるたびに、 ずっと昔からある怒りまでも、 同時に引っ [続きを読む]
  • カウンセリングに来られる男性、実は多いんです
  • 男性クライエントさん、あるある。 「こういうところに男性って来ます?」 初めにそう聞かれること、実は多いんです。 まだまだ、「男とはかくあるべき」 というものが強いのかもしれませんね。 で、最後には、 「こういう場所こそ、男には必要かも」 と言われることが多いのも事実。 世の男性の方々も大変だな〜と思います。 ただ、初めてだと、 どうしてもハードルが高いみたい。 いったい、何をされるんだ〜って思うらしい。 [続きを読む]
  • カウンセリングに来られる男性、実は多いんです
  • 男性クライエントさん、あるある。 「こういうところに男性って来ます?」 初めにそう聞かれること、実は多いんです。 まだまだ、「男とはかくあるべき」 というものが強いのかもしれませんね。 で、最後には、 「こういう場所こそ、男には必要かも」 と言われることが多いのも事実。 世の男性の方々も大変だな〜と思います。 ただ、初めてだと、 どうしてもハードルが高いみたい。 いったい、何をされるんだ〜って思うらしい。 [続きを読む]
  • 「やっぱ言わなきゃよかった」という心の中身とは
  • 「やっぱ言わなきゃよかった」 っていう経験、ありませんか? 言葉って一度出てしまったら、 絶対消すことができないものだから、 言ったあとでの後悔って 半端ないですよね。 「やっぱ言わなきゃよかった」という後悔は 自分の言った言葉で 相手を傷つけてしまったとき。 言ったあと、「あっやばい」って気づいても、 もうすでに遅し… 訂正すればするほど、 ややこしくなるパターンが多いんですよね〜。 いつまでも謝れないと [続きを読む]
  • 顏で笑って心で泣いて…それを続けてたら潰れちゃうよ
  • 朝、着替えるとき、窓に肘を打ちつけ、痛〜い。゚(T^T)゚。テーブルの脚に 足の小指をぶつけ、一瞬動けなくなるほど、 痛〜い。゚(T^T)゚。 そういうとき、ほとんどの人が、しかめっ面で、痛〜いーーーーーーと吠えたり悶えたりします。 で、そのうち痛みも少し治まってきて、普段の顔に戻っていき、あー痛かったとか、 まだちょっとジンジンするわーとか言います。これ、ある意味、自然な流れです。 でも、これが心の痛みとなる [続きを読む]
  • 言い訳がましい女
  • 私、言い訳がましい女を知っています。 別にそんな言い訳しなくても、 どーでもいいじゃないって思うんだけど、 必死で呪文のように言い訳をしている。 心の中で… それ、私です(;^_^A いや、この前は自分でもびっくりしました。 たとえば。。。 最近だいぶん涼しくなってきたけど、 でもちょっと部屋が暑いかなって感じて、 エアコンつけたとき、 必死で言い訳してるんですよ、心の中で。 「今日一日数時間エアコンつけたっ [続きを読む]
  • 女が男に冷める瞬間
  • 女性が愛する男性に冷める瞬間、 それは、「この人、器が小さいな」つまり「こいつ、ちっちぇ〜」と感じたときです。 たぶん、もうこうなれば、 恋人なら破局の方向に向かうかもしれないし、 夫婦なら、離婚にまではいたらなくても、修復不可能な一部分が心に出来上がります。 同じことを男性が行ったり言ったりしても、「そんなところが可愛いんだよな」と思われることだって、もちろんあります。 しかし、 「こいつ、ちっ [続きを読む]
  • 夢に白いねずみが出てきてしまった
  • 先日、夢に白いねずみが出てきました。 いや〜あまりいい気がしなかったのですが、 一応、「夢 白い ねずみ」でググってみたら、 いいことも悪いことも書いていて、 まあ、「白い」のはいい意味が多かったです。 これはわが家のお気に入りの白いものたちです。 なぜそんな夢をみたかというと、 私的には、その前の晩、 ゴキブリくんを取り逃がしたから、 そいつがねずみに姿を変えて出てきたのかと(-_-;) もしゴキブリが夢で [続きを読む]
  • 「こんなはずじゃなかった」と思ったときの対処法
  • 「こんなはずじゃなかった」 って思ったこと、ありませんか? あばたもえくぼ?、条件バッチリ で結婚するならこの人しかいない… はずだったのが、結婚後は。。。 この会社でバリバリキャリアを積んで キラキラ活躍する… はずだったのが、入社後は。。。 健康でいることが当たりまえ、 と思っていたのに、まさか私が。。。 子供と夫と笑顔の絶えない毎日… だと思っていたはずが、 子供が産まれたとたん。。。 人生左右さ [続きを読む]
  • 9月は特に子供に寄り添ってあげてほしい時期です
  • 長かった(?)夏休みもあと少し。 子供たちは、 あ〜また7月の始業式からやり直したい、 っていってるかもしれませんね。 お母さんたちは、 やっと夏休みが終わる。。。 早く9月になってくれと祈ってるかも。 お父さんたちは、 おれも1か月くらい続けて休んでみたいぜ、 と背負ったものの重さを感じながら、 日々仕事に行ってることでしょう。 みんな、それぞれの気持ちを抱えて、 9月を迎えます。 夏の暑さやお盆休みなどの非 [続きを読む]
  • 今の子育てに悩んでいるお母さんへ
  • 昨日、電車に乗っていると、 斜め前に幼稚園くらいのお兄ちゃんと 2〜3歳の弟くんを連れたお母さんが、 横長座席の端っこの方に座っていました。 特に混んでいたわけでもなく、 普通にのんびりとした感じだったのですが… どうも弟くんがやんちゃしだして、 お母さんは静かにたしなめる。 と、 そんなことでは言うことを聞かない弟くん。 満面の笑みでやんちゃしまくります。 お母さん、どんどん限界に近づく。 わかる、わかる [続きを読む]
  • 20代、30代、40代、50代、60代の悩みの特徴
  • 20代、30代、40代、50代、60代と いろんな年代の方の話を聴きますが、 各年代ごとに悩みの特徴があります。 それは男性も女性も同じだと感じます。 では20代。 やはり大方の人が 初めて社会に出ていく年代なので、 思い描いていた自分と、 現実の自分との差にショックを受ける時期です。 自分はもっとできるのではないか、 そういう思いから、 なかなか現実の等身大の自分を 受け入れられないから悩むんですね。 わりとまわりの [続きを読む]
  • わかったような顔をして私のこと決めつけないで!
  • 人との会話で、 たとえ、たわいもない話であっても、 お〜〜〜と文化の違いに はっとさせられることがあります。 以前、東北の出身の方と話をしていて、 「ラーメン」といえば… 私は、「とんこつ」を思うんですが、 彼女はというと、 「ラーメン」といえば、「みそラーメン」 なんだそうです。 どうでもよさそうなことですが、 意外にも衝撃を受けた記憶があります。 「文化」にも大小さまざまなものがあって、 国や人種や [続きを読む]
  • 我が子が可愛いと思えなくてもいい。「母」という幻想に惑わされないで。
  • あなたは子供が好きですか、嫌いですか? 女性として生きていると、 「母」という幻想に振り回されることが、 多くあります。 その中でも、 「赤ちゃん(子供)を育てる母」 という幻想に自分を見失う人もいます。 赤ちゃんを授かったら、 この上なく喜びを感じる。 赤ちゃんを産んだら、 母性溢れる眼差しで、 我が子を抱きかかえる。 我が子におっぱいをあげるときも、 ご飯を食べさせるときも、 愛情をふんだんにかけてい [続きを読む]
  • 未来に前向きな期待をかけない方がいいときもあります
  • こんにちは。上土井好子です。 さあ、これからってときにかぎって、 自分やまわりにいろんなことが起こってきて、 「もう、全然前に進まない」 って途方にくれたこと、ありませんか。 でも、嘆いてばかりもいられないので、 とにかく必死で 目の前のことをやっていきます。 上手くいかない悔しさや、 ぶつけても仕方がない怒りや、 もう泣きたいのを通り越して、 笑うしかないくらいの虚しさ。 その上、先のことを考えれば考 [続きを読む]
  • もういい加減にして!気分屋さんに振り回されないための対処法
  • こんにちは。上土井好子です。 明日(8月1日)ですが、 午前中に箱庭をするクライエントさんがいて、 箱庭の用意をします。 午後、もし箱庭(サンドセラピー)ご希望の方が おりましたら、本日(7月31日)中に ご連絡下さい。 さてさて、 あなたのまわりにいる気分屋の人に ほとほと困っている、なんてこと、 ありませんか? 気分屋の人って、 さっきまでテンション高っ!って感じが、 突然、チ〜ンって黙りこくって… 何が [続きを読む]
  • 【急きょ開催】サンドセラピーを7月29日(土)にやります!
  • こんにちは。上土井好子です。 突然の告知になりましたが、 今週の土曜日、 【サンドセラピー】を開催します。 実は来月(8月)は、 ちょっと開催できなくなりまして、 急きょ、やっちゃおーっとなりました。 夏休みなので、 お子様もご一緒にいかがですか? 子供って箱庭をどんな風にするかというと、 たとえば、箱庭の中の世界で遊びます。 これは、箱の中で戦っているところです。 おもしろいでしょ。 それから、サ [続きを読む]
  • 「隠れた怒り」を持ち続けているから、なんだかいつもモヤモヤするんです
  • 「怒り」という感情に憑りつかれたら、 人の心は身動きがとれなくなります。 「怒り」というものは、 ほとんどが、「人」に対するものです。 精一杯走ったのに、 目の前で電車の扉が閉まったり、 たまたま飛んできたボールに当たったら、 確かに「怒り」ます。 でも、ずっとずっと引きずる「怒り」ではありません。 人が「怒り」に憑りつかれたとき、 「許さない」という気持ちでいっぱいになります。 人に裏切られたとき、 [続きを読む]