浮草剣之介 さん プロフィール

  •  
浮草剣之介さん: もっと気軽に居合道!熊谷道場 剣酔記
ハンドル名浮草剣之介 さん
ブログタイトルもっと気軽に居合道!熊谷道場 剣酔記
ブログURLhttp://ameblo.jp/samurai-ukikusa/
サイト紹介文剣客商売でお馴染の無外流居合兵道を稽古しつつ江戸歴史の侍文化を訪ね歩き、気ままに剣酔綴っております。
自由文映画・小説でお馴染みの「剣客商売」や「雨あがる」が無外流です。最近は新撰組の斎藤一が無外流とのことですが江戸元禄期に栄えた流派とサムライ江戸文化の八百八町(東京)を中心に歴史探訪しています。稽古で汗を流し仲間(剣士)たちと江戸文化を訪ね歩き居酒屋で語らい剣士たちと飲むお酒は格別ですね・・・そんな日々の綴りを記しております・・・入門者は老若男女6歳から80歳までシニアの仲間も多いです・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/10/07 16:03

浮草剣之介 さんのブログ記事

  • 薬を毎日飲むの〜
  •      毎朝飲む薬+1錠(朝・昼・晩)    病院は聖天山の貴惣門の手前左側にある 心臓病の退院後は自宅近くの町病院で毎月一回、診察と薬(30日分)を取りに出かけるこの病気の薬は多く毎朝6錠の薬と朝・昼・晩一回の一錠分で合計7錠を飲むことになる原因は冠動脈が劣化、老化して傷んだ状態になって起こった病気ですね〜心臓を養う栄養血管の動脈硬化でステンドで拡げ冠動脈バイパスの手術をしましたそれも三カ所 [続きを読む]
  • 試し斬り稽古は「形」を斬ってみる
  • 日曜日の午前中稽古を終了し午後は「試し斬り稽古」です今日の試し斬り稽古参加者は「M弐段」と拙者の二人だけ、三連休は「お彼岸」のお墓参りが多いのでしょうか?・・・ってことで今日は拙者に用事があり時間があまりないなかで二人で早速、試し斬り稽古です 座技で右袈裟を斬る          斬った巻き藁の切り口です 午前稽古であまり見せたくない秘剣(内伝・奥伝)の稽古をコソコソ自主稽古してまして午後の [続きを読む]
  • あなたのための「平日稽古」は一日早いホワイトデー?
  • 土日祭日が忙しい仕事を持ったB女剣士・・・今月二度目のB剣士や振り替え休日のため平日休暇を取得できて平日稽古が可能な剣士たちのための一日稽古です 難易度の高い業「破図味(はずみ)」飛んで見せる    稽古中顔を出したM弐段                                (子供がチャリで寝ていましたよ) 今日はBさんとUさんの女剣士初段なりたて同士の稽古ですので「五箇 [続きを読む]
  • 本庄市「はにぽんプラザ」で無外流演武デビュー
  • 埼玉県の県北、本庄市の無外流稽古場所は「はにぽんプラザ」で毎週土曜日の午後13時から実施して・・・もう半年を過ぎ・・まもなく六月で一年を迎えようとしています熊谷から稽古伝えで毎週通っている時に、1階の「展示ホールスペースをお貸しします」とのお知らせ案内を見て、今回、無外流居合・剣術を本庄市の皆様に剣士たちの日頃の鍛錬成果を披露し、居合道の普及・発展と交流を深めるためのイベント演武です   演武 [続きを読む]
  • 連日のイベント打ち合わせ
  • 10月に歴史探訪の一環として郷土の根岸家「長屋門」を見に行ったときに偶然にも、ご当主に逢うことができ屋敷内の説明もしていただき感謝です・・・その庭で説明の時、4月末日に「友山まつり」があるから参加してみたら・・とのお誘いを受け3月3日(木)午後7時に大里コミュニテイセンターで実行委員会の皆様と第11回友山(ゆうざん)まつりの開催についての打ち合わせをしてまいりました   市の有形文化財(建造物)に [続きを読む]
  • 中山道を歩く「安中宿」
  • 先日の板鼻宿の「板鼻堰用水路」を、もう一度、観たくて出発地点を戻り「板鼻堰」としたこの日は春二番の南風が強く吹いた翌日で・・今度は北風が強く日中気温が10℃前後・・何とかフード付きの防寒コートで「安中宿」をゆっくり中山道脇の寄り道も含め得意の?自然任せの街道歩きをして参りました・・正確には中山道「板鼻堰〜安中宿〜郷原」迄です距離にすると2里16町(9・6キロ)時間は脇道・寄り道、史跡廻りを含め5 [続きを読む]
  • 居合形で抜き打ち「突き・斬る」!稽古
  • 毎月、月一回の「試し斬り稽古」は鞘を払って袈裟斬りや・・逆袈裟斬り、横一文字斬り等していますが時たま、抜き打ちの逆袈裟斬り、抜き付けの横一文字斬り(水平斬り)そして連続斬りも稽古します・・・いろんな地域活性化のためイベント企画にお誘いもありまた積極的に地元での祭りや賑わいに熊谷各場所は積極的に参加しております・・・ 左逆袈裟から右一文字連続斬り稽古(M女子弐段) & [続きを読む]
  • 中山道を歩く「高崎宿〜板鼻宿」
  • 倉賀野神社から、嘗て松並木が続いていたであろう街道を(県道121号)高崎宿(たかさき)に向かい歩く倉賀野宿から一里三十町で江戸からは十三番目の宿になる上越新幹線の架橋を潜り上信電鉄線の踏切を渡ると、もう高崎宿の江戸より東口入口になる      木曽街道六十九次之内 高崎      松並木があったと言われる街道を高崎宿に向い(現在の一里塚?あたりと言われている)         歩く(倉賀野宿⇒高崎宿 [続きを読む]
  • 中山道を歩く「新町宿」〜「倉賀野宿」
  • ここ数日間、晴れ間があり穏やか冬日ですが北風が強い日が続きます・・・冬に見られる北西風は「上州のからっ風」として有名で「赤城おろし」とも呼ばれて群馬県の名物の一つですね〜・・ああっと!もう一つに「カカア殿下!」って聞いたことありました群馬県の奥さん強そう〜 木曽街道六十九次之内 倉賀野   中山道歩行図(弁天橋にて)   赤城山 脱線しましたが中山道を「新町宿」出て前回の続きですね [続きを読む]
  • 中仙道を歩く「本庄宿」〜「新町宿」
  • 本庄宿は中山道六十九次(木曾街道六十九次)のうち江戸から数え十番目の宿場で武蔵国児玉郡の北部付近に位置して武蔵国最後の宿場でもある前回、伺った本庄宿の一つ田村本陣は歴史民俗資料館より中山道を東側におよそ500m行った場所(中山道から北側に約50m入る)にあり建坪が200坪あり門構え、玄関付であったといいます・・現在は本庄市立民俗資料館の前に移築されています      木曽街道六拾九次之内・新町( [続きを読む]
  • 無外流明思派の「新年稽古会」其の二
  • 前回は新年稽古会の模範演武で終わりましたが・・・その後は弐段以上〜七段までの剣士達がそれぞれのコーナーに別れ教士七段・教士八段の先生方から稽古指導です拙者の「五段指導員コーナー」ではH教士八段が居合形の稽古に携わりました講習会とは違い稽古ですから形動作の微妙な足捌き、手足や腰の使い方など質問に応じながら鋭い剣捌きを見せて指導していました                   五段指 [続きを読む]
  • 無外流明思派の「新年稽古会」其の一
  • 先日、財団法人無外流明思派の「新年稽古会」が中央区総合スポーツセンターで午前中は無級〜初段迄、午後は弐段〜七段までのクラス別稽古が開催されご宗家・久保田代表理事からの年頭ご挨拶をいただき明思派設立以来初の「免許皆伝」授与式から、ご宗家始め各先生方の模範演武など厳かに執り行われました・・・   この日の拙者は入院先のK医師の度重なる注意を思い浮かべ自重して?見学の「見取稽古」です・・・午後 [続きを読む]
  • あなたのための睦月「平日稽古」
  • 今月(睦月)のB女剣士の平日稽古は月末になった・・・今月末に無外流の「新年稽古会」が開催されるので、なんとか昇段できるか?どうか師範見立ての見極めかも知れず・・級のおさらい居合形10本の動きを何度も反復稽古ですまぁ〜細かいことを言い出したらきりがないので「礼の所作」から基本的な業の注意を徹底的に稽古する・・・気を発し・・身体を捌き・・剣が鞘走る・・・そんなイメージですかね〜?    稽古応援に [続きを読む]
  • 退院後の日曜稽古
  • 今日は1月20日(金)二十四節気では「大寒」・・・寒さの厳しい大寒といえば昔、中学時代の剣道寒稽古を思い出します・・・午前六時に剣道場の床を雑巾がけ・・・バケツの水は凍っていて、それを片手で突き入れ雑巾を濡らして・・なんて青春時代を思い出しますね〜話は戻りますが・・この大寒にお酒や味噌の「寒仕込み」の季節でもありますね・・・   I君の本身(真剣)での「切先納刀反復稽古」・・・(有段者、拙者が許 [続きを読む]
  • 退院翌日の本庄場所「午後稽古」
  • 二度目の心臓冠動脈形成術を終え入院先から解放された翌日は土日稽古でした専属医師からは針を刺した方の腕(右腕)に長時間体重をかけたり、重いものを持ち上げたり一週間はしないようにと言われ・・まぁ〜「自重し安静しろ!」という事でしょう・・・そういわれても右手が使えなければ左手がある土曜日稽古は籠原・本庄・深谷場の三場所があり・・・翌日の午前中は熊谷場所ですので籠原場所はU女剣士の一級昇級授与式でS三段 [続きを読む]
  • 新年初稽古!「土日の熊谷道場」
  • 新年初稽古は土日の熊谷道場です・・土曜日は珍しく平日しか参加できないB女剣士が土曜日に稽古参加するので丁度、本部から届いた昇級免状を渡す授与式を執り行いましたこの日は以前に電話で問い合わせがあった女性見学者Nさんも土曜日都合とのことで女性剣士達を中心に稽古をして見学者にも演武披露です                          見学者の前で演武披露する 女剣士達             [続きを読む]
  • 初詣
  • いつもの朝の散歩道・・・に日本三大聖天の一つ国宝妻沼聖天山がある・・・毎年、春の春季大祭や秋の秋季大祭のイベント行事に奉納演武でお世話になっており正月の初詣もお陰様で感謝のご挨拶です・・・ 豪華絢爛の歓喜院聖天堂  ① 最初の門 貴惣門で並んでいた・・・②参道を歩き          ③正面奥に2番目の門(中門)を通り ④三番目の門(仁王門)を潜ると本殿(正面画像)にに [続きを読む]
  • 新春はねだ「江戸まつり」を観る
  • 新春祈願!蘇れ徳川家康時代!〜お江戸で初笑い〜のキャッチフレーズでお誘いのはねだ「江戸まつり」を観に娘・孫二人を連れ羽田空港国際線旅客ターミナルに出掛けた・・・    恒例の「もちつき大会」     徳川家康と子供たち    館内の「江戸まつり」案内板   展望デッキ          館内に飾られた正月装飾   団子屋のお仙と旅人のショット 徳川家康をはじめ江戸時代創設期の江戸人達 [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます!
  •     明けましておめでとうございます             ピグでの初詣本年も拙いブログですが宜しくお願い申し上げます (今年は酉年ですので無外流居合形に難易度の高い高度の業「波図味(はずみ)」があります・・その業を年賀状に撮り入れてみました ) 日の出が出始める早朝の六時に恒例の庭での稽古です・・一年の計は元旦にあり・・・ この日も寒かった・・心臓を患い思うように激しい素 [続きを読む]
  • 中山道を歩く「深谷宿」〜「本庄宿」
  • 明治時代風に仕上げた煉瓦造りが深谷駅舎であるその駅前には郷土が生んだ偉人、渋沢栄一の像が立つ・・  本庄宿 神流川渡場(英泉)   渋沢栄一生家   駅前に建つ渋沢栄一の銅像 渋沢栄一は天保11年(1840)深谷市血洗島の農家に生まれて昭和6年(1931)91歳でこの世を去るまでに関係した事業は第一国立 [続きを読む]
  • クリスマスは年末最後の「試し斬り稽古!」
  • 中山道歩きをブログ投稿しようと思いつつ・・数日たち、そうこうするうちに「今日は試し斬り年末最後の稽古」     斬り上げた藁を落ちてくる時に斬る      左逆袈裟は左手片手で簡単に斬れる!連続技の「波返し」 慌てて本身(真剣)三振り持ち会場の「剣道場」へ・・・S一さんが巻藁を20本用意して待って居てくれた・・・「かたじけない!」今日は久しぶり稽古のYさんとMさんそして女剣士Mさんの三人が [続きを読む]
  • 年末の各道場稽古巡り
  • 年末にかけ身体の調子が今一つ・・身体のキレが悪くなり???病院に三十数年ぶりに入院し四日間だけチョットお世話になり今週、退院してきました(詳しくは割愛します?) さて、今年も僅かになりました・・・熊谷・籠原・深谷・本庄場所を毎週、小走りに?移動して稽古伝えを重ねて参りましたが・・・今回は入門してから一年〜半年くらいの稽古参加の剣士達がどのくらい汗を流し技量を上げてきたのか気になるところですね [続きを読む]
  • 中山道を歩く「熊谷宿」〜「深谷宿」
  • 絹や綿織物を商う六斎市が立ち、交通の要所として栄えた忍藩領の熊谷宿熊谷市のシンボル「熊谷直実」の像がある駅前南口から深谷宿に向かいスタートしました。(11・8?で約五時間くらいの予定です)熊谷宿は日本橋からの距離16里4町40間(約64?)家数 1075軒・人口3263人本陣2軒・脇本陣1軒・旅籠屋19軒ですね  岐阻街道 深谷之駅            熊谷市のシンボル武蔵武士「熊谷直実」銅像宿場女郎が多か [続きを読む]