福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きる? さん プロフィール

  •  
福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きる?さん: 福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きる?
ハンドル名福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きる? さん
ブログタイトル福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きる?
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/akicicci
サイト紹介文合唱指揮者、音楽評論家である福島章恭が、レコード、CD、オーディオ、合唱指揮活動から世間話まで、気まま
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2014/10/08 00:45

福島章恭 合唱指揮とレコード蒐集に生きる? さんのブログ記事

  • モーツァルト「40番」を11年ぶりに振る歓び!
  • 本年11月16日(木)(19:00開演)、東京オペラシティ コンサートホール・タケミツ・メモリアルにて開催されるモーツァルト「レクイエム」特別演奏会(ウィーン・シュテファン大聖堂公演への壮行公演)のプログラムが正式に決定しました。1. 歌劇「魔笛」序曲2.交響曲第40番ト短調K.550(第2稿) 休憩3.レクイエム ニ短調 K.626(ジュスマイヤー版)となります。当初、レクイエムの前に「プラハ」交響曲や長岡で手応えを得た「ジュピター」 [続きを読む]
  • 長岡モツレク 成功裡に終わる
  • 素晴らしいコンサートでした。 ソリスト陣、オーケストラ、コーラス、聴衆、影で支えてくださったスタッフたち・・。その全てを賞賛するとともに感謝したいと思います。 打ち上げ席上、アルト・山下牧子さん、ソプラノ・高橋絵理さんとの写真は、まさにこの日のクライマックス! いまは、ヘトヘトですので、詳細は後日改めて、取り急ぎ写真をアップしておきます。 [続きを読む]
  • 長岡モツレク&ジュピター絶好調!
  • 本日ば、午後よりオーケストラのみの稽古 。夕刻より、コーラス・ソリスト・オーケストラ合わせ。オーケストラのアンサンブルも親密、ソリスト陣の四重唱も魂が震えるほどの素晴らしさ。もちろん、コーラスも7ヵ月のレッスンの成果が遺憾なく発揮されております。明日は長岡市の音楽史上、特筆すべき演奏会となるでしょう。演奏に夢中で、写真の手配に気が回らず、オーケストラ稽古時のこの2枚しかありません。それでも、この絵 [続きを読む]
  • 長岡モツレク 合唱レッスン最終回!
  • 本番を5日(日)に控えた長岡のモーツァルト「レクイエム」公演。今宵をもって小山恵さんのピアノによるコーラス・レッスンは終了し、いよいよ明日4日のオーケストラ合わせとなります。コーラスの皆さんの出席率は素晴らしく、本番を間近に志気も高まっております。響きが持続するオーケストラ(しかも、オルガン付き)と合わせることで、コーラスはグンと歌いやすくなるので、さらに良い歌唱を聴かせてくれるでしょう。残席はまこと [続きを読む]
  • 残席僅少! モーツァルト「レクイエム」長岡公演
  • いよいよ、3月5日に迫るモーツァルト「レクイエム」長岡公演(長岡リリックホール開館20周年記念)。先ほど長岡リリックホールに残席状況の確認をしたところ、正面の一般席はほぼ満席に近く、あとはバルコニー席50席を残すのみ、とのこと。公演当日までに完売、というのは間違いないところまできました。ソリスト、オーケストラ楽員ともに自信を持ってお届けできる実力派が揃っております。満場のお客様のご期待に応えるべく、「 [続きを読む]
  • カーオーディオの音を改善
  •  年明けとともに愛車となったルノー:キャプチャー。排気量1.2リッターながら、ターボ・エンジンのお陰か、前車メガーヌ2.0リッターに引けを取らない走り、さらには滑らかなギア・チェンジに満足するものの、純正オーディオの音質の悪さにほとほと閉口し、この度スピーカーを交換することと相成った。 本来、カーオーディオなんぞに金かけるくらいなら、自宅のアナログをより充実させたい主義(まだ、マイ電柱にトランスも載せ [続きを読む]
  • 厚木でもモツレク練習会スタートしています
  • 神奈川県のど真ん中、厚木でもモツレクの練習会スタートしました。ほぼ毎週土曜日の午前10時、混声合唱団ヴォイスにお越しください。https://konseivoice.jimdo.com/団員募集/(作画:団員のAzumaさん・・掲載事後承諾ですみません!)見学はいつでもお気軽においでください♪やる気のある方、大歓迎。是非、ご一緒に歌いませんか?2017年12月にウィーン・シュテファン寺院に於いてモーツァルト「レクイエム」を?島章恭先 [続きを読む]
  • 大阪支部も始動! シュテファン大聖堂で歌うモツレク
  • 来たれ、モーツァルトと歌を愛する友よ!https://www.facebook.com/Mozartian-Chorus-Japan-大阪支部-1268974876518395/?hc_ref=NEWSFEED2017年12月5日ウィーン聖シュテファン大聖堂にて行われる、福島章恭指揮、現地オーケストラと現地ソリストによる、モーツァルト追悼演奏会にむけての大阪団員を募集します。年齢不問!ウィーンには行けないという方も練習のみ参加可能です。2018年1月には大阪にて演奏会を予定しております。 [続きを読む]
  • 懐かしの原稿 〜 スウェーデン放送合唱団2001年来日公演に寄す
  • スウェーデン放送合唱団のことを調べる必要に迫られ、何か資料はないか? とあれこれ、本棚を探していたら見つかったのがこれ。富士ロゼシアターの機関誌「ロゼ」に2001年夏に寄せた我が記事。何が貴重かというと、その3年前、1998年の来日公演に際し、当時の音楽監督カリユステさんとマネージャー兼歌手のアンダーソンさんに行ったインタビューが記録されているのである。このページの元となった某音楽誌のインタビュー記事その [続きを読む]
  • 富士ベートーヴェンコーラス第8期コンサート終了
  • 富士ベートーヴェンコーラス第8期コンサートは無事に終了しました(写真提供: 吉田敏幸さん)。今回は、はじめてロゼシアター小ホールでの演奏となりました。響きの豊かな大ホールとの違いに戸惑いながらでしたが、東京ジングフェライン、長岡混声合唱団らからの助演を得て、なんとかステージを全うすることができました。音楽的な完成度は別に、さまざまな困難を経て迎えた本番だけに、団員諸氏には感慨深さも一入だったはずです。 [続きを読む]
  • 霊峰富士のような演奏を!
  • 混声合唱団ヴォイスのモツレク稽古を終え、明日の富士ベートーヴェンコーラス本番のため、先ほど富士入りしました。当初、電車を利用する予定でいたのですが、最寄り駅まで歩いたところで、ドレスシャツを忘れたことに気付き、このまま家と駅を往復したら、モツレク稽古に大遅刻するということで、急遽厚木まで車を飛ばし、そのまま富士入りしたという寸法です。そして、今日に限っては車で来たのは大正解。空蒼く晴れ渡り、雪を身 [続きを読む]
  • 業務再開しております
  • 更新を怠ったまま、18日になってしましましたが、無事に暮らしております。京都で過ごした正月(写真上・黒澤明の愛した宿に泊まる。写真中・鞍馬山に昇る)のこと、大阪フィルのニューイヤーコンサート、愛車メガーヌの急な故障から車を買い換えたこと(写真下)、など、書くべきことは少なくなかったのですが、しばらく、譜読みやら、勉強やら、執筆の下準備を優先させて頂いております。※新年のご挨拶とともに写真を載せた「白味噌 [続きを読む]
  • 新年おめでとうございます
  • 新年おめでとうございます。皆様のご健勝と世の平安をお祈り申し上げます。お陰様で昨年も無事に過ごすことができました。本年もご声援のほど、宜しくお願いします。大阪フィル「第9シンフォニーの夕べ」のお蔭で、二年つづけて、京都で新年を迎えております。本年のコンサート予定福島章恭指揮1月22日(日) 富士ロゼシアター小ホール富士ベートーヴェンコーラス ブラームス「ドイツ・レクイエム」(ピアノ4手版) 高田三郎「啄 [続きを読む]
  • 2016年仕事納め 大阪フィル「第9シンフォニーの夕べ」
  • 大阪フィル「第9シンフォニーの夕べ」2日目をもって、2016年のお仕事終了。大阪フィル合唱団のパフォーマンスについつは、お顔を紅潮させたマエストロのポーガさんからも、”Fantastic!!"と大絶賛して頂きました。お客様の立場からは色々なご意見・ご感想はあると思われますが、合唱指揮者として、今回の第九は、コバケン先生との「燃える第九」とはまた別の意味で、大きな記念碑となりました。一言で表するなら、フェスティバル [続きを読む]
  • 当日券あり 大阪フィルの第九をお聴き逃しなく
  • 今宵の初日とそれにむけてのゲネプロに備え、心静かな時を過ごしております。この度のマエストロ、アンドリス・ポーガさんはただ者ではありません。演奏スタイルを新旧ふたつに乱暴に分けるなら、新しい方に属します。ベーレンライター新版によって、過去のロマンティックな趣味とは訣別したもの。即ち、つい先日のコバケン先生の「燃える第九」とは、対極に位置する理知的で心爽やかな第九と申せましょう。ポーガさんの素晴らしい [続きを読む]
  • いよいよ大阪フィル恒例の年末「第九」 
  • 2016年もいよいよ大詰め!わが合唱指揮のお仕事も、大阪フィル恒例の年末第九2公演を残すのみとなりました。ご報告が遅くなりましたが、コバケン先生との「第九」は破格の素晴らしさでした。もちろん、昨年だって良かったのですが、今年はそれを遙かに上回る出来。コーラスは益々の成長した姿を見せ、コバケン先生からの本気の厳しい指示を引き出すことに成功。当日のリハーサルでは、感極まったコバケン先生に「神懸かっている」 [続きを読む]
  • 完売御免 コバケン「炎の第九」(立ち見あり!)
  • ところで明日、12月18日(日)は恒例のザ・シンフォニーホールでの「第九」。指揮は昨年に引き続きコバケンこと小林研一郎先生。昨夜、オーケストラとの合わせがあり、当初、その前にコバケン先生との合唱稽古も予定されていたのですが、蓋を開けてみると、「福島さん、ちょっと振ってくださる?」と、指示された場所をボクが振っては、それにコバケン先生が注文をつける、というスタイル。終始和やかな雰囲気でレッスンはすすみ、わ [続きを読む]
  • FM OSAKA 番組収録完了!
  • 本日は、FM OSAKAさんに招かれ、番組に出演して参りました。“くらこれ! おしゃべり音楽マガジン"放送は、12月18日(日)深夜25時15分(19日午前1時15分)よりの1時間。大阪音楽界の生き字引とも呼べる司会の吉川智明さんの軽妙なトークに乗せられて、楽しくお話できました。今回は、合唱指揮者としての自分や宇野功芳先生の思い出話など。1時間ではとても語りきれるものではありませんね。次の機会には、クナッパーツブッシュ、シ [続きを読む]