和鍼灸院式 さん プロフィール

  •  
和鍼灸院式さん: 不妊治療 はり きゅう 和鍼灸院 広島 尾道 向東
ハンドル名和鍼灸院式 さん
ブログタイトル不妊治療 はり きゅう 和鍼灸院 広島 尾道 向東
ブログURLhttp://ononavi.blogspot.jp/
サイト紹介文広島県尾道市向東町にある鍼灸院です。東洋医学の事や、それらを扱うツール等を考えていくサイトです。
自由文和鍼灸院式開発日記と和鍼灸院式開発部の2つに分類しました。日記の方は、東洋医学の情報など、データーベース関連を主に書いていきます。開発部の方は、アプリの開発を主に書いていきます。後、忍猫の絵とです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 24日(平均12.5回/週) - 参加 2014/10/08 01:48

和鍼灸院式 さんのブログ記事

  • 不妊治療をしている方で、木村さんと言えば?
  • 昔、嫁さんに「木村さん」を見せて貰った事がある。可愛くないおっさんだと思った記憶があります。ちょっと、気になって「木村さん」を調べてみたら、有料なのですね。販売責任者の人が、エピソードで出てくる木村さんで無いことを知って、かなり驚きました。エピソードには、木村さんのホームページに紹介って書いてあるけど、そのホームページについての記述が無いのかな?現在の情報も見付けれませんでした。木村さんの真実を知 [続きを読む]
  • ちょっとロゴを考えなおしてみる その2
  • 招き猫が何となく、違うような気がしたので、パンダに変えてみました。数日前のラジオで、パンダの赤ちゃんが生まれたとか言っていたので。作ったけど、これじゃないですね orzツボ座標の入力が 地味に負担になっている。広島県尾道市向東町 3547-5 2号和鍼灸院(なごみしんきゅういん)0848-44-7453https://sites.google.com/site/nagomi447453/にほんブログ村 [続きを読む]
  • ちょっとロゴを考えなおしてみる その1
  •  ちょっとお洒落なロゴを考えてみようと、ザッと思いついたイメージで作ってみた。名刺に使えそうかとおもってみたり一応 鍼と艾 を持ってます透過したバージョン でも、これだと 動物に鍼をしている店に思われるかも、獣医師でないと、動物に鍼出来ないよね。広島県尾道市向東町 3547-5 2号和鍼灸院(なごみしんきゅういん)0848-44-7453https://sites.google.com/site/nagomi447453/にほんブログ村 [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える 腹診図
  • 腹診図一部、あれなんですが「腹診図」です。と言っても腹診の場合、症例別の予測から腹診で確証するって感じになると思います。また、腹診で確定した場合、それに該当するツボの反応を確認しなくてはいけません。慣れてない人には、自分自身のお腹でする場合、難しいと思います。判断材料の一つと考えた方が、無難です。広島県尾道市向東町 3547-5 2号和鍼灸院(なごみしんきゅういん)0848-44-7453https://sites.google.com/site [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える 腹診 その2 陰蹻脈
  • 腹診 その2 陰蹻脈 陰蹻脈(いんきょうみゃく)は経絡の一つ。足の少陰の別脈、その脈、跟中に起こり、足の少陰の然谷穴の後、同じく内果の下、足の少陰の照海穴を循り、上って内果の上2寸、交信穴を以って郄と為す。直上して陰股を循り、陰上に入り、胸裡を循って缺盆に入り、上って人迎穴の前に出、咽嚨に至り衝脈を交貫し?の内廉に入る。上行して内眥に属し、手、足の太陽、足の陽明、陽蹻の五脈と睛明穴で会す。 婦人科系疾 [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える お灸②:大蒜(ニンニク)灸 
  • 大蒜(ニンニク)灸:2〜5mm位の厚さに切った大蒜(ニンニク)を用意します。ツボの位置に、スライスした大蒜(ニンニク)を置きます。厚く切って、なかなか熱感を感じない場合は、大蒜(ニンニク)に爪楊枝等で穴を開けておく。温灸用の艾を使用します。施灸部が発赤具合を目安にして、施灸していく。大蒜(ニンニク)は、水分が無くなるとすぐに熱くなるので、大蒜(ニンニク)の状態をみて取り替える。肌に大蒜(ニンニク)の香りが移りやすい [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える お灸①:生姜灸 
  • 生姜(しょうが)灸:5mm位の厚さに切った生姜を用意します。ツボの位置に、スライスした生姜を置きます。厚く切って、なかなか熱感を感じない場合は、生姜に爪楊枝等で穴を開けておく。温灸用の艾を使用します。施灸部が発赤具合を目安にして、施灸していく。生姜は、水分が無くなるとすぐに熱くなるので、生姜の状態をみて取り替える。A4タイプのやつを描いてみました。何回も据える様になるので、使った生姜灸を破棄する容器も必 [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える お灸
  • お灸和鍼灸院では、隔物灸である 塩灸や生姜灸を使います。 塩灸は、大きめの竹を輪切りにしたものを使用します。底の方に和紙を貼り、その中にお灸を入れて焼きます。 生姜灸は、生姜を薄く輪切りにし、その上にお灸をします。身体の芯まで温めるのに、10分〜20分はかかると思います。透熱灸は、不妊治療を考えている方にはお勧めしませんが、どうしてもと言う希望があればします。家庭で簡単に出来るお灸薬局等に売っているお [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える その13 神門穴 イライラや不安な時に
  • 神門穴手の少陰心経:取穴部位:手関節掌側横紋の尺側にあり、豆状骨の上際で尺側手根屈筋腱の橈側どうしても、不安やイライラが出て来ると思います。ゆっくり、神門穴を押しながら深呼吸をして下さい。流注でも書いていますが、心臓→横隔膜→肺→脇の下 とあるので、呼吸と関連しやすい場所です。息を吸う時に、指を軽く添えて息を吐く時に、神門穴を押さえて下さい。出来る人は、腹式呼吸をしてあげても良いです。広島県尾道市 [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える 挿絵 その13 手の少陰心経 女性モデル(前) 
  • 手の少陰心経流注:心中に起こり、心系に属し、横隔膜を下って小腸を絡う。その支なるものは心系より上行して咽を挟み目につながる。 直行するものは、心系より却って肺に上り、下って腋下に出て上腕内側を下り、肘の内側(少海穴)に出て、前腕内側を通って手関節内側の豆状骨上際(神門穴)を経て、小指の末端橈側に終わり、手の太陽小腸経に連なる。HT1.極泉(きょくせん)取穴部位:腋窩の中央、腋窩動脈拍動部知覚神経:肋間 [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える その12 腰腿点
  • 腰腿点1・2場所:手背で、1:第 2 第 3 中手骨底の間2:第 4 第 5 中手骨底の間のどちらか、押さえて痛い方。骨盤の事を色々と言われているサイトも多いですが、骨盤矯正は物理的に無理です。関節部の矯正なんて本当に出来るなら「危険」な行為です。なぜ、骨盤矯正なんてモノが発生したか?色々と裏がありますが、本当に有効なら、西洋医学の検査機関を併用しつつ、論文を発表出来るはずですが、それがなされていないのは、そうい [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える 挿絵 その9 女性モデル側面 ver.2
  • 色々描き直しました。どうでも良い部分ですが、顔のイメージが統一していません。比率は、合わせたつもりなんですが、ブログ等の載せる時に、画像が縮小されると、違和感が発生します。漫画調にすると、ツボの位置がおかしくなるので、ここまでが限界です。この図が安定しないと、次の段階に進めないので、納得いくまで突く予定です。頭部の位置を変更する前の画像です。気にならないといえばそれまでですが、なんとなくです。広島 [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える アプリ製作 ツボアプリの再開発 その2
  • 側面のモデルの画像を表示してみました。モデルの向きや骨の表示、経絡の流注の表示、骨度法の表示ボタンを作っています。今は、ツボの位置座標の取得用アプリなので、公開用ではありません。次に、灰色以外の場所を押すと、押した位置の左斜め上の座標を取得する機能を付けました。白い半透明の○の所が押された座標です。で、座標の数値を読み取るのは、左斜め上の?の十字の線が交わった頂点です。ただ、機種依存で画面の大きさ [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える 挿絵 その8 女性モデル側面
  • 女性モデル側面結局は、描くんですよね。なら、最初っから描く方向で進めておけば、良いのにって思う今日このごろです。しかも、骨格の調整も終わってます。若干の調整が残ってますが、一通りの骨の大きさを合わせています。骨だけの表示だとこんな感じになります。立体を平面にするので、どうしても判りにくい場所が出てきます。ツボの位置を表示する為だけなら、この程度でも問題無いと思います。広島県尾道市向東町 3547-5 2 [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える その11 身体の中心を流れる気 前面
  • 調べたら、色々あると思いますが…宗教等も絡む場合がありますので、そこら辺は割愛します。身体の中の気を流すイメージで、身体の正中線上を巡る図を見られた方も多いと思います。結論から言えば、お尻の穴付近と頭のてっぺんを意識したら良いだけです。また、東洋医学でもそこら辺は解決策があります。今回は、任脈(身体の中心を流れる気 前面)ですが、不妊治療に関するツボも多数この経絡に存在します。ツボ単位で色々考えるよ [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える その10 気力減退
  • 東洋医学の根本的な部分になりますが、陰陽五行説の理からいえば、難経六十九難を使えば良いのでうが、素人の方だと、取穴が難しい場所もあるので、後日詳しく描きます。気力減退している時に使えそうなツボです。腎経と任脈を選んでみました。水分:ヘソの一寸上。気海:ヘソの一寸半下。  関元:ヘソの三寸下。気穴:関元穴の外方五分。横骨:恥骨の上縁、正中線の外方五分。腹診とも重なりますが、ここらへんにコリがあれば、 [続きを読む]
  • 鍼灸の不妊治療について考える 挿絵 その7 足の陽明胃経 女性モデル 
  • 足の陽明胃経流注:鼻根に起こり下って鼻の外(承泣穴、四白穴、巨髎穴)を循り、上歯の中に入り、還り出て唇を循り、下って承漿穴で左右が交わる。ついで下顎下縁を循り大迎穴から頬車穴を循り、耳前に上り客主人穴を過ぎ、側頭髪際を循り額顱に至る。その支なるものは、大迎穴の前より人迎穴に下り、喉嚨を循り缺盆穴に入り、膈を下って胃に属し脾を絡う。その直行するものは、缺盆穴より乳の内廉に下り、下って臍を挾み気衝穴に [続きを読む]