網創漠蓄 さん プロフィール

  •  
網創漠蓄さん: 網創漠蓄
ハンドル名網創漠蓄 さん
ブログタイトル網創漠蓄
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/masaxa
サイト紹介文網(ネット)上で、創作物などを、漠然と、蓄えていこうとするページです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/10/08 20:44

網創漠蓄 さんのブログ記事

  • 大日本帝国の二次大戦その8
  • 戦犯とは誰がどう決めたのか、そしてどう裁いたのか。その7はこちら戦勝国戦艦ミズーリ号での日本の降伏調印式で掲げられていた国旗は、ペリー来航当事のアメリカ国旗、アメリカにとっての戦勝はペリー以来の宿願の達成であり、そして日本本土に攻め込んで勝利した唯一の国としてのセレモニーである。「太平洋戦争」という呼び方も無論その一環である。その定められた戦争開始時期、満州事変からというのも、アメリカの中国におけ [続きを読む]
  • それが声優!2より
  • 1と同時に入手しました。特典表紙はいちごの物のみ名札にきっちり「店長」とある。やっぱり一日店長なのか、他がヒラなのか。特典裏表紙は3冊とも同じ。元の裏表紙はヒカりゅんに続きマネージャー。すごろくは1からきっちり続いてた。難易度は相変わらず高い。特に早口は出来るかどうか。折り返し4コマ、うん、いろいろ盛り込みすぎ。しかも論議になりがちな社会モノ。封印して正解。表紙裏、絵を描ける人と描けない人の対話って [続きを読む]
  • Recette 14特記事項
  • 「おじいさんの古い斧」を思い出したりはした。小さい子供の力で折れるハンドルは相当古くなっていたのでは。本体の桶の方はともかく多分何代目かの品だし当時の使用頻度はそれなりに高かったんじゃないかと。見た目からハンドルの柄の部分の素材は多分鉄で撮れたのは根元の溶接部分と劣化しやすい場所。言葉の服は洗濯機での洗濯がし辛い服ばかり持ってきたのでは。ウールとか絹とかの。様子から下着まで一気に全部洗っていそう。 [続きを読む]
  • 第501話特記事項
  • 三下には三下の戦いがある!いつの間にかボスの名前も万丈になっている。そういうイメージほどの威厳はないが。どちらかというとギャグ漫画に出てくるガッカリ系の。これの場合比較対象が強すぎるが。相手がヒナギク1人とかでバランスが取れるレベルかも。人質に伊澄がいる時点で三下化は避けられない運命だが。彼らの会話は何語でやっているのか、となるとやっぱりスペイン語がメインのはずだしそれに加えて英語、人質にわざわざ [続きを読む]
  • Stage.87特記事項
  • 刀太の行動が明日菜っぽい感じ。特に魔力無効化が効いているせいもありそう。人並み外れた運動能力だけを頼りに周囲の助力を待たずに突き進む辺りが。それを止められるキリヱも相当だが。こちらは役割手に荷はネギに対する明日菜に近い感じ。ヤシの実を投げて追いつく身体能力には魔力での増強があありそう。キリヱの新登場の解除キー、「レクエク・サリエル・リ・ロータス」はポルトガル語込みらしい。ローマ字表記の「Kiriwe」は [続きを読む]
  • (苗字不詳)サヨ:type 2
  • 鈴の幼馴染のサヨ。基本的性格から外向型か行動型と思われます。趣味から対人関心は強いようです。台詞には主観的な傾向は見えまた感情型と思われます。そんなわけで判定は type 2ウィングはおそらくなし。というわけで夕留先輩などと同じタイプと出ました。 [続きを読む]
  • 紺野 あおい:type 4
  • 描写上かなり手間取った新人マネージャー。基本的性格から内向型か防御型と思われます。台詞には主観的な傾向は見え、また感情型のようです。急場での4様子から安定型ではなさそうです。そんなわけで判定は type 4ウィングは5方向っぽく見えるが保留。というわけで双葉などと同じタイプと出ました。マネージャー枠では小鳥とかに近いのかも。 [続きを読む]
  • 夕留 ヒカリ:type 2
  • 一枚絵はあえてプロフィール準拠でヒカりゅん。押しの強さはあるようで攻撃型か行動型のようです。台詞には主観的な傾向は見え、また感情型とも思われます。後輩たち相手の態度から受容型の様子。そんなわけで判定は type 2ウィングは3方向っぽくも見えるが職業柄保留。というわけで春香や紬などと同じタイプと出ました。畑先生の作品ではヒナギク、よりは愛歌に近いかも。 [続きを読む]
  • 小鳥遊 翼:type 7
  • 出番は少なめだが何とか判別できた貴重な名前の出る男性声優。セリフには客観的な傾向は見え思考型のようです。趣味への態度から外向型と思われます。自分のことを語る様子から防御型か受容型のようです。そんなわけで判定は type 7ウィングは恐らくなしだが保留。というわけでいちごなどと同じタイプと出ました。本名不明なあたりとか趣味に邁進する辺りが共通かも。 [続きを読む]
  • 小花 鈴:type 9
  • 見当だけは早めについた鈴。単独行動の傾向は見えず調和型か他律型と思われます。元々の性格から消極型のようです。警戒心などは緩い様子もあり受容型と思われます。そんなわけで判定は type 9ウィングは恐らくなしだが保留。というわけでやよいや唯などと同じタイプと出ました。畑先生の作品では結局マリアが近いのかも。 [続きを読む]
  • 萌咲 いちご:type 7
  • 実のところかなり手間取ったいちご姫。基本的性格から外向型と思われます。周囲に合わせない様子もあり調和型や他律型ではなさそうです。台詞には客観的な傾向も見え思考型のようです。そんなわけで判定は type 7ウィングは8方向っぽくも見えるが保留。というわけで真や律などと同じタイプと出ました。畑先生の作品では千桜とかが近いのかも。 [続きを読む]
  • 一之瀬 双葉:type 4
  • 案外よい一枚絵が見つからなかったフタフタ。基本的性格から外向型や行動型ではなさそうです。独り言も目立ち防御型と思われます。急場での様子から安定型ではなさそうです。そんなわけで判定は type 4ウィングは3方向っぽく見えるが職業柄保留。というわけで雪歩や澪などと同じタイプと出ました。畑先生の作品ではせっちゃん位しか見かけませんが。 [続きを読む]
  • Recette 13特記事項
  • 車をタイムしか使えないからじゃないかなぁ。目標は土地の買収だったはずのが店の買収に変わっている。一応外食産業も経営しているという頭もあるかも。そこら辺会社の目的と言葉個人の目的は最初からずれているんだろうなと。ついでに脱個の確保とかそういう感じに。タイムの存在が入っていなかったことからして、本当は店主狙いでは。集団で出かけるというか店番を置かないのは実は研修近い扱いだったり。仕入れを体で覚えてもら [続きを読む]
  • Afuro the Forever(Lazulo):type 7
  • 長らく忘れていた感じのアフロ、もしくはラズロ。見当だけは早めについていたのですが。独り言も多く多弁なタイプのようです。警戒心は緩めのようで受容型と思われます。切り替えの早さもあり外向型のようです。そんなわけで判定は type 7ウィングは8方向っぽく見えるが保留。というわけで一空やルキなどと同じタイプと出ました。そういえば一空は今回不参加だな。 [続きを読む]
  • それが声優!3より
  • やはり3冊組で入手していますがこんな形で。本来の表紙には鈴が吊るしてあるが、特典の表紙には唯一キャラのアイコンがない。そこら辺は「普通」キャラという感じ。まあ本来バイトの採用がある年齢でもないし。背表紙はサヨちゃん。すごろくは前回で終わりらしい。元々やたら区切れていたが。折り返し4コマ、周囲が年上だらけの所での処世術の一つの形らしい。方言出ないし。表紙裏、忙しさの感覚が違いすぎ。当時の描画量はかの [続きを読む]
  • それが声優!1より
  • 発売日より遅れてローソンで入手しました。特典ブックカバーは何処だ、と思ったら最初から被せてカバーが2重になっていました。特典カバーはローソンの店員装束、双葉は確かに作中でやっているが、籠が双葉仕様でどちらかというと一日店長っぽい感じが。裏表紙もさり気に看板がコロリちゃんだし。折り返し4コマ、正業に収入がない身では結構こうなる。なでしこジャパンにも類例が・・・表紙裏、やっぱりハヤテの世界とだいぶ繋がっ [続きを読む]
  • Recette 12特記事項
  • 既に本来の目的を忘れてないか?まあつまり、確実に自分が埋めたわけではない。そして埋めた人に問い合わせは・・・したのかも。掘り返した人の単独行動には思い至ることもない様子。諦める気配は皆無の上で箱入り娘にしては地味に物凄い体力。そしてメイド服をあまり汚していない感じ。スパイより家族になる方に必死という。塹壕呼ばわりされるのは線状に掘っているから。元あった土は何処に行ったのか。「やみくもに」で横に掘り [続きを読む]
  • 第500話特記事項
  • 要するに、こういうジャンルを描くには早すぎる。少女漫画なら13歳でのデビュー例がある。尤もナギ作風は今のところそもそも少女漫画には向いていない。この時の描き方なら何とかなりそうではあるが、今描きたい方向性ではないらしい。身近な恋愛は、やはりワタル絡みは生々しすぎるのかも。ハヤテ絡みは排除っぽい。それ以外の身近な人が女性と年寄ばかりなので恋愛絡みの元ネタ自体が少ないような。それで標的は上記二人の絡まな [続きを読む]
  • Stage.86特記事項
  • そもそもフェイトに勝ちたい動機自体が・・・どちらも理由はエヴァ絡みなので迷っているというわけではない。必殺技は理屈さえわかれば使えるようにはなっている形かも。多分本来初めから使えるように作られているはずだったとかそういう理由で。それが使えるようになっていなかった所が出来損ない扱いされる所以かも。同じ秘密でも九郎丸とキリヱのはだいぶニュアンスが違いそう。九郎丸のは本人も知らない辺りのことが書いてあり [続きを読む]
  • ジョジョ第三部完!
  • 判別できるキャラはおおよそ終了。第二部はこちら。type 2:アヴドゥル、女帝、警官、船員、警官、医師、女性、ヘリ乗務員、商人、警官、老女、住人、子供、少年、ソニアtype 4:ポルナレフ、吊られた男、運命の輪、正義、セト神、クリーム、シェリー、ローゼスtype 7:花京院、イギー、灰の塔、暗青の月、力、漆黒の悪魔、黄の節制、皇帝、太陽、死神13、審判、      ゲブ神、クヌム神、トト神、アヌビス神、オシリス神 [続きを読む]
  • 言葉・S・Salinger:type 2
  • Recette 8から登場の言葉お嬢様。行動に訴える傾向はあるようで行動型か外向型と思われます。警戒心は緩いようで受容型のようです。押しの強さも見え攻撃型とも思われます。そんなわけで判定は type 2ウィングは1方向っぽく見えるが保留。というわけでぱせりなどと同じタイプと出ました。お嬢様枠では結と同じ感じかも。 [続きを読む]
  • 祐天:type 4
  • Recette 8から登場の祐天くん。台詞には主観的な傾向は見え、また感情型と思われます。過去語りから内向型と思われ、説明台詞の様子から防御型のようです。そんなわけで判定は type 4ウィングは5方向っぽくも見えるが保留。というわけでセージなどと同じタイプと出ました。描写の傾向からいまいち確信が持てませんが。 [続きを読む]
  • SPW財団の医師たち:type 7
  • DIO戦後に出てきたこの医師たち。運転手を含めて個性の違いも出ておらずこんな形で。台詞には客観的な傾向は見え思考型と思われます。不測の事態での様子から不安定型ではなさそうです。非常識な提案への対応から受容型と思われます。そんなわけで判定は type 7ウィングはさすがに保留。というわけでSPW財団の人などと同じタイプと出ました。こういう任務を選ぶ人の中に特に多かったりしそう。 [続きを読む]
  • Recette 11特記事項
  • 「任務」終了後に帰る気が感じられない。なのはは仮にも老舗の飲食店、そう簡単に真似できる煎れ方はしていない様子。やり方は多分ここら辺を参照。そしてお屋敷には食の専門家はいないらしい。料理担当位はいそうだが、食を追及する方向性ではなさそう。店自体の買収とかも考えるタイプの会社ではないらしい。理論化が完全に数式頼りのような。そして理論化は甘いまま実践。つまりは実験など理論を実証せずに取れる博士号らしい。 [続きを読む]
  • 第499話特記事項
  • ストーム・トルーパー効果というものがあってだな・・・この国・・・コロンビア政府は他国に対してとかいうよりは基本的に「弱い」感じ。そういう国でこういう交渉法を選ぼうとする彼らはつまり、政治家に送る賄賂も捻出できないか、あるいはもう少し政府の強い国から流れてきた、地盤の弱い連中なのでは。弱い所しか狙えないような。伊澄にはこういう連中との戦闘経験もありそうな感じが。雪路は多分前科がある。ヤクザを戦闘力で [続きを読む]