「芳賀ちゃんのオサカナ釣題」…酒、肴、料理、釣り  さん プロフィール

  •  
「芳賀ちゃんのオサカナ釣題」…酒、肴、料理、釣り さん: 「芳賀ちゃんのオサカナ釣題」…酒、肴、料理、釣り 
ハンドル名「芳賀ちゃんのオサカナ釣題」…酒、肴、料理、釣り  さん
ブログタイトル「芳賀ちゃんのオサカナ釣題」…酒、肴、料理、釣り 
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/daily002
サイト紹介文元デイリースポーツ記者の日記だよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/10/09 02:04

「芳賀ちゃんのオサカナ釣題」…酒、肴、料理、釣り  さんのブログ記事

  • シロサバフグのアラ&ハモの頭のお粥さん
  • 真夏なみの暑さが続くときでも、大好きなお粥さん、雑炊は欠かせませぬ。冷やし!もありっすが、やはり基本は温かいヤツ。お粥さんなんかは特に、お腹にやさしいもんね。で、今回は淡路島産のハモの頭と、30センチの丸モノ1匹が298円だったシロサバフグの、とっておきのアラ&皮。これらに水、日本酒、昆布汁、ご飯、韓国食材店で買った貝(浅利主体)の顆粒ダシダ、それに野菜としては美味いダシのでる白菜を加えてぇ、しっかり煮 [続きを読む]
  • ピ〜ン!と立つ活青柳(バカ貝)の握り寿司
  • あい!ピ〜ンと立つって、なんと素晴らしいことでせう!神戸玉津のスーパーマルナカで数年ぶりに見つけた活バカ貝の海水入りパック。「伊勢湾産 天然青柳」100グラム100円ちょい!ほどで、250グラム入りワンパックが約300円とは、オイラにとっては激安っすよ。ワンパックに6〜7個かな。なにせ、先だっての東京の鮮魚店や有名なお寿司屋さんでも入荷なしだった、希少品。東京湾奥の千葉の産地では、セシュウム汚染の危険性がないとは [続きを読む]
  • ハモの落とし
  • 夏を感じさせるハモが出回ってきますたよ。淡路島産のハモ、骨きり済みの1匹もんが798円の半額、400円で買えますたわ。可能ならば、できるだけ身の白いもの。血が飛んでないヤツを選びませう。ハモといえば、落とし!つまり、湯引き、ちり………がオイラ的には一番好きね。骨を切らずに根気よく抜いたお刺身を一度は食べてみたいけど、まだ実現してません。穴子刺身はあるんだけれども。。で、まぁ、もっとも簡単なのが落としって [続きを読む]
  • 〆ブリ(メジロ〜ハマチ)のお刺身
  • 鳥取産、100グラム100円ほどの「天然ブリ」を塩と酢で〆ますた。半身の腹側が、これで約270円は激安やね。1匹の4分の1かな。ブリとは表示されていても、ま、その下のメジロ級よりまだ小さいハマチの大きめすかねぇ。。それにしても、養殖ものより天然がずうっと安いんだわ。ヘンに脂っこいより、あっさりしていてオイラは天然の方が好きっすよ。内臓のあった腹の被膜、腹骨を包丁で丁寧にすきまひょ。外皮を付けたまんま、塩をた [続きを読む]
  • トッピングが楽しい野菜サラダ
  • ご無沙汰してまする。野菜サラダにはまっとったよ。オイラのドレッシングは、米酢に塩とオリーブオイル、レモン汁が基本ね。具はまずトマト。ミニでもなんでも、その時、野菜室にあるもの。ほんで、100円の袋野菜。キャベツミックスのことが多いけど、今回はロメインレタスざぁまふ。トマト投入の前に、最初にレタスをドレッシングによっくからめませう。欠かせないのがケイパー。瓶詰めは結構、長持ち。&キリのクリームチーズ、 [続きを読む]
  • 旬!ホタルイカ&ブリ真子大根………キノコで煮込んだよ。
  • 大きめの大根が一本198円。まあ、普通の、神戸ではこの時期、標準的な値段かな。辛〜い大根おろしが好きなだけに、野菜室に切らしたことはないのだけれど、今回は追加買いするのが早すぎて、青首のところがだいぶ残った。この青首は甘いので煮物に使うことが多い。本当はよく洗って皮ごとおろせば、辛さはあるんだけどね。てなわけで、冷蔵庫の野菜室を整理する意味で、青首を煮ることに。煮る場合は、おでんと同様に外皮を厚くむ [続きを読む]
  • イタ飯風の冷や奴サラダ……白トリュフオイルで!
  • まずは完成品ね。絹ごし豆腐に、岩塩、貰い物の白トリュフオイル、エキストラバージンオリーブオイル、バルサミコ酢、梅黒酢、レモン汁、ベビーリーフの残骸(^^ )に、ミニトマト、マイクロトマト、カマンベールチーズ、ケイパー、イチゴなんかが入ってまふ。これが頂き物の白トリュフオイルざぁまふ。好き嫌いはあるでしょうけど、キノコの香りが強いっすわ。なければ、エキストラバージンオイルとバルサミコ酢か、米酢でいけるよ [続きを読む]
  • メカブとろろ冷やし中華!
  • 本日のお昼ご飯ね。冷やし中華の季節っすね。名城、マルちゃん、co-opさんの順番で、シンプルなしょうゆ味が好きだわ。ハムやキュウリがなかったから、今回は名城のヤツで、宮城のメカブとろろを投入ね。あとは紅生姜、薄焼き玉子の千切りのみ。添付のストレート汁と振りかけに、梅黒酢をばチョロリンコ。練り辛子をたっぷり目に……。かき混ぜますてぇ、ズバババババァ〜〜〜!!いっやぁーうめぇっすわ。。あひゃひゃ。。 [続きを読む]
  • 真鯛の白子焼き&スープがけ
  • 養殖ものではあるけれど、真鯛の白子が安うござんしたわ。これって、長崎産のシールが貼ってあるけど、愛媛産の間違いやと思うな。なぜ?って、この売り場に本日は愛媛産養殖真鯛の切り身ばかり。それに、長崎産のヤツは天然と相場が決まってまふ。その長崎産の切り身はどこにもなかったよん。ま、それはともかく100グラムで200円ちょい。激安!溶けて、お汁が出ているわけじゃないし、新鮮なんやろなぁと即買いしてきますたぁ。30 [続きを読む]
  • 鯛粥
  • まずは完成品ね。淡路島産の天然真鯛が安かったわ。33センチで498円。オスでありますた。産卵前は、ここらの真鯛は美味いのよね。三枚におろしまひょ。いつものように、おろす前に軽〜く塩をして、一晩寝かせてありんすよ。これを皮をつけたまんま、カッターナイフで浅い切り込みを。湯引きまふ。臭み抜きと、同時に旨みがアップしたかな?定番の湯霜造り。奥にちょろっと見えるのは自家製コハダ。25センチほどの地元の丸魚が売っ [続きを読む]
  • 練り辛子で食すピーマン3種のみのソース焼きそば!
  • お昼に作って意外とイケたのがコレ!マルちゃんのソース焼きそばが、たま〜に130円台とかスーパーで安売りしてますよね。オイラはよく焼き派なんで、コメ油で弱火炒めね。同時に今回の具、赤と黄色の韓国産パブリカ&国産の緑のピーマンの3種も細切りにして炒めます。お肉は使わずね!添付の粉ソースは三分の一のみ使用。麺に薄く焦げ目がつき、ややパリっとしたらお水少々を加え、粉ソースも。混ぜ合わせれば完成どす。味が薄い [続きを読む]
  • 初めてのビーフシチューできたぁ!
  • 完成写真は1枚で勝負!はい、ド〜ン!!!このお肉のボリュームね!これだよコレが食べたかったんで、作りますた。もちろん本格的にビーフシチューを作るのは初めて。豪州産の肩ロース塊が安かったんで………。ブツ切りにして、肉をやわらかくしてくれそうな刻んだ舞茸、玉ねぎ、トマトをメーンに、セロリ、ニンニク、大さじ1の日本酒、小さじ1のお砂糖、お塩、黒胡椒、リンゴ酢。さらーに、あり合わせの調味料は何でも使っちゃ [続きを読む]
  • 朝の始まりは台所から…………。。
  • 4時半に起きちゃいますた。朝の始まりは台所から…………。。ビーフシチューのお鍋にまず火をつけますた。何度も煮返しては冷ますことで、肩ロース、スネ、カルビはやわらかくなり、お味もシミシミするはず?まる3日間、冷蔵庫で寝かせたオニオコゼ4匹をさばきますた。今夜、お刺身でいただきます。アラは、目覚の吸い物を一杯飲んだあと、味噌汁に。真昆布で一晩水ダシをとったし、オコゼの頭から上品な味がでておりやす。三枚 [続きを読む]
  • 中華粥からのイタ飯リゾット風……粉チーズとトリュフオイルの力
  • ほとんどイタ飯リゾット風でありんすね。しか〜し、最初はコレ、中華粥だったんでおまふ。つか、比内地鳥ダシのインスタントラーメンのスープの残りを使って、なんか作ろう!とゆふのが発端。冷蔵庫に七分粥がありますた。中華雑炊かな〜って感じすかね。がぁ、どうせやるなら、本格的な中華粥にしたろ!と思い、顆粒のホタテ貝柱スープの素と、ダシダの浅利スープの素を沸騰したお湯に入れ、七分粥も投入。白ネギ、ホワイトマッシ [続きを読む]
  • 木曽路御岳そば……珍しい乾麺!
  • 神戸市の新長田西友で、初めて見つけたのがこの日本蕎麦乾麺。木曽路御岳そば!石臼ひき蕎麦粉を使って、麺の表面に凸凹、縮れがあり、一本一本の幅も異なる……とゆふ変わった製法っすよ。今回は商品整理のためとかで割引コーナーにありますた。はねるような食感。元祖乱れづくり……って書いてある。茹で5分。裏側の解説なんかを読むと、一度は食べてみたくなるよね。買いました。2袋4食分!茹でて、冷たい水でしめて、鰹昆布 [続きを読む]
  • ナゴヤフグのブツ湯引きと中骨岩塩焼き……最後は骨酒〆!
  • 先日のナゴヤフグの残りをブツにして湯引きますた。日本酒と真昆布のダシを温めて、くぐらせてみたわ。真昆布を敷いて、長崎産の天然真鯛白子湯引きと、養殖平目の白子湯引きや真子も一緒盛りね。ゆずを添え、ポン酢紅葉おろしで。。。さら〜に、中骨を岩塩焼きに。冷蔵庫で乾燥させといたヤツに、3億5000万年前といわれるヒマラヤ産、桜岩塩と、100グラム600円のパキスタン岩塩をパラパラリンコね。付け合わせに、軽く焼いた赤と [続きを読む]
  • 活ナゴヤのテッサは2日寝て待て!
  • 神戸でナゴヤ、ナゴヤフグと呼ばれる標準和名ショウサイフグ(潮際河豚、潮前河豚)を手に入れますた。トラフグ属ね。このお刺身を作りますたぁ。午後2時40分ごろに運ばれてくる明石昼網ものを板宿の鮮魚店「こうちゃん」で。ここのところ風が強くて漁が少なめとか。店主も女将さんも渋い顔ね。でも、オイラが交通費往復1100円はたいて出向いた日は、ガシラなど2〜3種類ながら生きのよいのが入荷。あったあった。ナゴヤ!頭、内臓、皮 [続きを読む]
  • 酒の肴は石鯛のアラ……塩焼きと汁もんで!
  • お安くて日持ちのする酒の肴の続編(^^ )今度は石鯛のアラざますよ。co-opさんで目をつけていた長崎産の天然1匹ものが、翌朝にはさばかれて、刺身と、オイラがかっさらった?アラに。頭に中骨などで198円でおますたわ。石鯛とゆふには、ちと小さい三番叟かな。30センチを少しオーバーしたくらい。けれど、こんくらいのが美味いんでっせ。皮の塩焼きや、湯引きは絶品。アッシは半分は潮汁に。ほんで、さらに写真の赤出汁に。この赤 [続きを読む]
  • 酒の肴は鮭の頭
  • 東京の鮮魚店で迷わずに手を出したのは、先日アップした活赤貝と、もうひとつがコレ!北海道産とき鮭の頭。150円也だわさ。頭の形からして、小さめの鮭だけれど、一応、とき鮭っす。しかも、甘口ではなく、中辛ね。粕汁とかにするなら、大辛でしょうがね、酒の肴なら中辛が一番ざましょ。塩っけがたっぷり入っているし、干されているから、味に深みがある。これ以上の味付けもいらん。焼くだけで上等な一品が完成しまふ。下手な身 [続きを読む]
  • 春なのに〜「のっぺ」……この里芋さえあれば!
  • 故郷の新潟で仕入れてきたのが通称「五泉芋」つまりは、「帛乙女」だわさ。この、煮崩れしにくい、白いブランド里芋さえ手に入れば、郷土料理の「のっぺ」ができまする。んなわけでぇ、帛乙女とニンジン、白こんにゃくを主体に、タケノコ、椎茸、銀杏、蒲鉾、竹輪なんかと、ラストにホタテ貝柱の缶詰を加えましてぇ……筋子をのっけてと、かような煮物が完成しますたぁ。下味は、お酒、ホタテ貝柱缶詰のお汁、顆粒アゴ出汁、顆粒の干し貝 [続きを読む]
  • 佐渡の丸干しイカ
  • ふるさと新潟へ行くと、必ずお土産にするものがありんす。そのうちの1つがコレ。佐渡名産、丸干しイカね。まぁ、ピンキリなんやろけど、オイラのは3杯入りで450円也。スルメイカの小さいやつ。関西では麦わらイカって呼ぶよ。墨も内臓もそのまんまに天日干し。軽〜くあぶって、酒の肴にいたしやす。独特の苦味と、滋味深〜いイカ特有の味わい。焦がしすぎないようにね!硬くなっちゃいますからね。昔は、日本海でイカ釣りをして [続きを読む]
  • 赤貝のお刺身
  • おおっと!お寿司のあと、消費期限を1日すぎた翌日、残る4個の赤貝をお刺身に!東京錦糸町で買ってから丸4日目。さばいて叩けば、キューってものすごい生体反応ね。強いわ。生命力が。。おいしかったでおまふ。神戸では鮮魚自慢のスーパーマルナカで見つけた、今回と同じ中国産の赤貝。中くらいのやつのお刺身が1つ650円どすたわ。これって、手間賃はあるにせよ、錦糸町の魚寅さんの10倍近いお値段でんがな。ボロもうけやんか [続きを読む]
  • 活赤貝メーンのお寿司を握ったよ!
  • お久しでやんす。とゆふわけで、東京などに潜伏してますた(^^ )で、お土産に活赤貝をば!昔なじみの、錦糸町南口。マグロやマダコのブツが名物で開店の朝から常連さんが行列を作る鮮魚店。そうそう魚寅さんね!ここで、これは必ず買うぞと、最初の偵察で目を着けていたのが活赤貝。中国産やけれど、けっこうなデカさなのに8個で500円。こいつはもう、握るしかないっしょ!うんうん。ヨダレがわく魚介類を見つめていると、それだけ [続きを読む]
  • 寒ギスの握り&塩焼き
  • 今ごろキス?ってお思いですか?真冬でも明石沖など瀬戸内海ではシロギスが採れるんでおまふ。もちろん、深場で越冬中やから底曳網ものね。17〜20センチのものが昼網、7匹500円で手に入りますたわ。見た目、かなり傷んではおりやす。ただーし、鮮度そのものは、よいね!この寒ギスをまずは握り寿司に。いつものように、ウロコをひいて、頭を落とし、お腹をキレイにブラシで処理。濃いめの食塩水にしばし浸してぇ、脱水。ペーパー [続きを読む]