くらかね さん プロフィール

  •  
くらかねさん: くらしとお金の学校
ハンドル名くらかね さん
ブログタイトルくらしとお金の学校
ブログURLhttp://ameblo.jp/kurashi-to-okane/
サイト紹介文介護、高齢者の住まい、年金、保険、住宅、金融商品など、くらしとお金に役立つ情報を発信しています。
自由文NPO法人くらしとお金の学校は、子どものための金銭教育、投資やワークライフバランスのセミナー、介護の相談、高齢者施設 の訪問ツアー、コミュニティーづくりなど、個人や家庭の生活設計にかかわる情報提供やコンサルティングの活動をおこなっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供548回 / 365日(平均10.5回/週) - 参加 2014/10/09 05:12

くらかね さんのブログ記事

  • 海外旅行に行く前に確認しておきたいこと
  • GWが近づいてきました。海外旅行に行く人も多いと思います。日本を出発する前に確認しておきたいことをお伝えします。 ●旅行先の安全情報を確認する 海外旅行にあたっては,特にテロ,犯罪,感染症等などのトラブルは、事前に知識があればある程度避けられます。 出発前に旅行先の安全情報を外務省の海外安全ホームページで確認するとともに,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録し,渡航先の [続きを読む]
  • 一種奨学金の保証料15%引き下げへ
  • 日本学生支援機構の奨学金(貸与型)は借金ですので、利用するには、学生が返還できないときに備えて保証人を立てなければなりません。 日本学生支援機構の奨学金の場合、奨学金を申し込むときには、次のいずれかを選択する必要があります。 1.機関保証に加入する(機関保証) 2.連帯保証人と保証人を選任する(人的保証) なお、第一種奨学金で、所得連動返還方式を申込む場合、選択できる [続きを読む]
  • どういう場合に住民税非課税になるのか
  • 今年度から日本学生支援機構が給付奨学金を一部先行の形で児童養護退所者と私大自宅外通学者を対象に実施します。 私大自宅外生の場合、住民税非課税が条件になっていますが、どういう場合に住民税課税になるのか解説します。 住民税には均等割りと所得割がありますが、給付奨学金では住民税所得割が非課税であることが条件です。 住民税は、所得額や扶養親族の有無、または本人が未 [続きを読む]
  • 年金改革法(平成28年法律第114号)が成立しました
  • 以下厚労省の資料からの転載です。 平成28年12月14日、第192回臨時国会において、「公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第114号)が成立しました(年金改革法)。  この法律は、少子高齢化が進む中で、公的年金制度のメリットをより多くの方が享受できるようにするとともに、制度の持続可能性を高め、将来世代の年金水準の確保を図ることに [続きを読む]
  • 全大学等の「奨学金延滞率」がわかるツール
  • 奨学金を借りても返済できないのではと、不安に思っているのではないでしょうか。 日本学生支援機構のホームページで「奨学金延滞率」等がわかるツールが公開されました。 https://www.sas.jasso.go.jp/ac/HenkanJohoServlet 調べたい学校を選択すると、10〜14年度に卒業や中退などで受給を終えた利用者数と、そのうち15年度末時点で(1)返済を終えた人(2)返済猶予措置を受けた人(3)3カ月 [続きを読む]
  • 給付型奨学金の申込締切り迫る!
  • 新学期がスタートし1か月が過ぎようとしています。 大学等に進学された方は、学校に慣れるのが精いっぱいで、慌ただしい生活を送っているのではないでしょうか。 文部科学省は、返済不要の給付型奨学金を2018(平成30)年度から本格的に導入することにしましたが、2017(平成29)年度からは、一部先行実施の形 で私立大学に通う自宅外学生(非課税世帯)や児童養護施設出身者に給付型奨学金を支 [続きを読む]
  • 就活の費用はいくら?
  • 民間の調査によると関東の学生の就活費用は以下のようになっています。 ◎リクルートスーツ代45,627円 ◎交通費47,983円 ◎宿泊費1,717円 ◎資料代10,906円 ◎備品代11,105円 ◎有料講座受講費3,507円 ◎その他諸経費4,971円 以上合計125,816円 ちなみに、就活費用の全国平均は約16万円となっています。 就職活動費用の出どころは、「親に出して [続きを読む]
  • オープンキャンパスの個別相談を活用しよう
  • オープンキャンパスでは、学部・学科の特徴や学費、入試方法といった全体説明のほか、多くの学校では「個別相談ブース」があります。 個別相談で、疑問に思うことを遠慮せずに、とことん聞こう! そのために、 ・聞きたいことを紙に書き出してみる ・優先順位をつける(質問事項は具体的に) ・優先順位の高いものから質問していく ・質問事項はメモしておき、見ながら質問 [続きを読む]
  • 介護保険の自己負担3割へ
  • 介護保険制度関連法案が12日に成立しました。 65歳以上の介護サービスの利用者のうち、1人暮らしで年収が340万円以上の人などの自己負担割合を、来年8月に2割から3割に引き上げることや、40歳から64歳の人が支払う介護保険料について、収入が高くなるにつれて負担額も増える総報酬割を、段階的に導入することなどが決まりました。 介護サービスを受けた時、介護保険制度ができて以来ずっ [続きを読む]
  • 海外旅行中に旅行代理店が倒産したら
  • 航空券が発券できない、ホテルに代金が支払われておらず泊まれないなどのトラブルが起きていた格安海外旅行会社の「てるみくらぶ」が自己破産したのは衝撃的でした。 わたくしたちは、どのような自衛策があるか考えてみたいと思います。 まず、最近、外国の旅行会社など、旅行業登録のない会社が日本語のホームページで旅行を募集しているケースがあります。 旅行業登録のない旅行会 [続きを読む]
  • あなたも誤解している教育勅語の真実
  • 今、教育勅語が話題になっています。多くの人は、教育勅語=軍国主義と思っていると思います。教育勅語を好きなどというと危険人物視されます。しかし、全くの間違いであることが、この動画の埼玉大学教授の長谷川先生の解説でわかります。教育勅語にアレルギーのある人はこの動画を見てほしいと思います。僕も学生時代に長谷川先生のいうように教えてもらいました。ちなみに、このビデオでは説明されていませんが、勅語は私 [続きを読む]
  • 休学者の学費
  • 大学の4年間は人生の中で最もまとまった時間と自由を得られる期間です。 有意義に使いたいものですね。 さて、海外への語学研修や経済的理由、病気などで授業に出席できない場合一定の条件のもと休学を願い出ることができます。 この場合、休学中の学費が気になるところだと思います。 早稲田大学の場合、休学を希望する学期が前期では、2017年4月1日〜28日までに手続きをすれ [続きを読む]
  • パート主婦の3つの壁
  • パート主婦が知っておきたい壁は3つです。 「所得税の壁」、「社会保険の壁」と「家族手当の壁」です。 ●所得税の壁 現行、パート主婦の年収が103万円以下であれば、夫の所得から配偶者控除 (原則38万円)が控除されます。 2018年1月から、満額(38万円)の配偶者控除が受けられる妻の年収 が現在の「103万円以下」から「150万円以下」に引き上げられます。 [続きを読む]
  • 生命保険の保険料はどうやって決まるの?
  • 保険料は、死亡率(生存率)、予定利率、保険会社の経費によって決まります。 ・死亡率 死亡率が高まると保険金を多く支払う確率が高くなるので、保険料は高く なる方向に働きます。 この背景には、保険会社が受け取る保険料と支払う保険金等が等しくなければならないという「収支相等」の原則があるからです。 11年ぶりに「標準死亡率」が改訂され、「死亡保険」について [続きを読む]
  • 介護は誰にも起こりうる身近なリスクです。
  • 「介護なんて自分には関係ない」、「介護のことは考えたくない」と多くの人は思っています。 しかし、以下のデータの通り、年齢が高まるにつれて、介護認定の割合は高まり85歳以上には5人に3人以上は要介護認定されています。 年代別人口に占める要介護認定者の割合は、 40歳〜64歳:0.4% 65歳〜69歳:2.9% 70歳〜74歳:6.2% 75歳〜79歳:13.9% 80歳〜84歳:29.5% 85歳 [続きを読む]
  • 政府案の「こども保険」は保険ではない
  • 政府案の「こども保険」は保険ではない メルマガ495号のメルマガ(政府案の「こども保険」とは?)をご覧いただい た読者の方から鋭い質問がありました。 皆さまと共有したい質問ですので、私見を述べます。 「こども保険って保険ですか」 答えはノーです。 保険ってそもそも何でしょうか。 保険とは、たくさんの人が、少しずつお金を出し合って、大きな [続きを読む]