CNG さん プロフィール

  •  
CNGさん: 北関東CNG車普及委員会
ハンドル名CNG さん
ブログタイトル北関東CNG車普及委員会
ブログURLhttps://ameblo.jp/kitakantou-cng/
サイト紹介文天然ガス自動車とエコ・ステーションについてのご紹介と先進的な自動車、機能などの紹介ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2014/10/09 11:53

CNG さんのブログ記事

  • ジャガー、EVのワンメークレース「I-ペース eトロフィ」を発足
  • ジャガーは、世界初のバッテリー電気自動車(市販車ベース)によるワンメーク・シリーズ「ジャガーI-ペース eトロフィ」を発足すると発表した。 このシリーズは、2018年後半から開幕するFIAフォーミュラE選手権のサポートレースとして、レースウィークの週末に、同じコースで開催されるもの。 レースの予定内容は、フリー練習、予選、30分間の本戦というパッケージで運営されるそうだ。 この画期的と思われる選手権は、ジャガーの [続きを読む]
  • 新型日産リーフにはハイパワー仕様の隠し球…!? がある
  • 2010年の発売以来、28万3000台以上を販売してきたという初代リーフ。しかし、度重なる値下げを敢行してきたことからも分かるように、日産の思惑どおりには売れなかった…、っというところもあるようです。 新型リーフの価格帯は3,150,360円〜3,990,600円で、航続可能距離を400km(JC08モード燃費)と延ばし、電極板の変更で30分充電時の航続可能距離を大幅に増加させるなど、使い勝手を先代より格段に高めています。 さらに、「e [続きを読む]
  • ジューク次期モデルの情報…発売は2017年内で「e-POWER」もラインナップか
  • 次期モデルのジュークは、あの特徴的なヘッドライトではなくリーフやエクストレイルのようなVモーションのデザインになるようです。 このデザインは新設計される日産車と同じようなスタイリングになっており、日産は他の車の新型モデルにも同じようなフロントグリルで設計していくみたいですね。 この考え方は、マツダやトヨタと同様、ベンツ、BMW、アウディ、レクサスもフロントマスクのデザインに対してブランドアイデンティテ [続きを読む]
  • 和製スーパーモンスターEV 「ASPARK OWL」 デビュー
  • スーパーカーというよりレーシングカー由来といった方がいいルックス。明らかに普通ではないデザイン。ASPARKがフランクフルト・ショーに持ち込んだOWLは、大きな注目を集めていた。 あまり知られていないが、ASPARKは日本の技術系人材やエンジニアの派遣会社として設立された会社だ。電気自動車開発やシステム開発、大手メーカーへの技術力提供などを行なってきたという。本社は大阪にあり、タイで唯一の日系エンジニア専門紹介 [続きを読む]
  • ヤマハが4人乗りバギー新モデルを開発 --- 北米市場に投入
  • ヤマハ発動機は、RV事業の主力製品であるROV(レクリエーショナル・オフ・ハイウェイ・ビークル)の新製品として新開発2気筒エンジンを搭載したモデル『ウルヴァリンX4』を、9月から北米市場などで販売するという。ウルヴァリンX4は、前後2列シートの4人乗りモデル。高い静粛性、スムーズで振動の少ないフィーリングによる快適性、4人乗車でのオフロード走行に適したパワーを持つ新開発847cc2気筒エンジンなどが特徴。スリムでコン [続きを読む]
  • 天然ガス自動車のCNGボンベ期限切れと取替えについて
  • もうすぐ秋の彼岸、私たち委員会のある北関東エリアに 「彼岸花」 が咲き始めました。 今年の夏は 「雨の日」 が非常に多かったので、すっきりとした 「秋晴れ」 が待ち望まれます。ただ、週末(連休)は、どうも台風襲来となりそうです。 気をつけたいですね。 それでは、本題のCNGボンベのお話しです。最近、天然ガス自動車用のCNG容器 (燃料タンク・ボンベ) の充填期限到来に関するお問い合わせを度々頂戴するので、ボ [続きを読む]
  • ホンダが新型EVコンセプトカー「Honda Urban EV Concept」を発表しました。
  • ドイツで開催されているフランクフルトショーで、ホンダの新型EV「Honda Urban EV Concept」が世界初公開されました。今後のホンダEV量産化に向けた方向性を示すコンセプト車両ということです。 エクステリアデザインは、スモールカーとして作り上げてきた【キビキビした走りの楽しさ】と【愛着を感じる親しみやすさ】をシンプルに、象徴的に表現しました。」 とのことです。 フィットよりも全長は100mm短く、街乗りや近距離移動 [続きを読む]
  • 消滅の危機!? 名門FRセダン 「トヨタ マークX」 の行方
  • セダン好きに定評のある 「マークII」 がデビューしたのは1968年。以来トヨタのラインアップのど真ん中で愛され続けてきたこの車が、2004年にマークXへと切り替わり、いま生産中止、次期モデルの開発終了という情報が駆け巡っています。 現行型マークXにも根強いファンの方がいる筈ですが、その販売台数は年々減少し、いまや月販平均台数は1000台未満となっています。さらに先般登場したFFの新型カムリが好調なことで、さらに追い [続きを読む]