たかたかのトレッキング さん プロフィール

  •  
たかたかのトレッキングさん: たかたかのトレッキング
ハンドル名たかたかのトレッキング さん
ブログタイトルたかたかのトレッキング
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mamanjyun326you
サイト紹介文駆け足登山は卒業、これからは一日で登れる山を二日かけ自然と語らいながら自由気ままに登りたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供204回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2014/10/10 13:35

たかたかのトレッキング さんのブログ記事

  • 春浅き妙義山へ(その2)轟岩
  • 続き無事、第四石門に戻って参りましたちょうど昼時、「日暮しの景」の向こうに覗く群馬百名山の鹿岳(かなだけ→岩山)を懐かしく望みながら持ち寄ったお料理を囲み昼食タイムと致しますさて、そろそろと腰を上げようとした時「ちょっと待って」と岩の魅力を知ったKとRが石門に取りつきましたしかし取り付き点から3mほど上はオーバーハングフリークライムで登れるのは其処までです中の岳神社に戻った時、私は神社の裏手に轟岩が [続きを読む]
  • 春浅き妙義山へ
  • 今日はKちゃん、R君の妙義デビューです本来はお中道コースを狙っていたのですが岩崩れで閉鎖されている為安全な第四石門までを今日のコースとしましたところが、まさかの展開となりました中の岳神社までの長く急な石段を登りあげ一気に尾根上へ先ずは見晴らしで大休止初めての蛾々たる山稜にKちゃんもR君も凄いの連発です見晴らしから少し下って第四石門までやってきました石門の脇を慎重に南へ進めば「見晴らしの景」は目の前あれ [続きを読む]
  • 弥生に咲いた花
  • 季節は春とは言え今、冬と春の端境期三寒四温を実感する毎日です庭の花も戸惑いながらも少しずつ開花を始めました沈丁花あまりに可愛いので2枚、挙げてしまいました早咲きのスミレも咲き始めています苺の花が一つこれから幾つ咲いて幾つ実を付けてくれるでしょうかシュンランも咲き始めました豪華な洋蘭と違い何処か控え目で有りながら奥深い美が感じられます30年物の紅梅が玄関先に有ります可哀そうなのは朝日しか当たらない場 [続きを読む]
  • 思い出に残る山(7)谷川岳(1977m)  二子山
  • 1990年7月(この時は谷川岳三度目の登頂)天神尾根から登り西黒尾根に下った記録です暫くはジメッとした樹林帯を緩く登って行きますが熊穴沢避難小屋を過ぎた辺りからイヨイヨ本格的な岩の登りが始まりました天狗の止まり場を過ぎザンゲ岩で休憩ここで漸く展望が開けますが目指す山頂は未だまだ彼方です左に万太郎山の稜線、右に西黒尾根の稜線を見ながらの一歩一歩ですが此処は頑張りどころ、ひたすら上を目指し高度を上げる [続きを読む]
  • ラブラブ??シーン
  • 折角お花見を楽しんでいたのに目のやり場に困るわね〜やだ〜〜〜〜〜私どうしたらいいの?こらこらそこで、こっそり覗き見しているのは誰だ!そう言う貴方だって高みの見物してるじゃないですかところで一体、何が有ったのさ↓↓↓何でオメエは、こんなにメンゴイんだ〜オメエの前じゃダイヤモンドもルビーもただのガラス玉にしか見えねえよオラ、エレエ幸せもんだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・いやはや・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 思い出に残る山(6)両神山(1723m) その他
  • 1989年11月西上州の山を登る度に先ず目に飛び込んで来るのが鋸歯の様な山体両神山で有る事知ったのは大分、経ってからの事でした今の様にパソコンが有れば容易く調べる事が出来ますが当時は書店か図書館へ出向かなければ手に入らない時代でしたそうした中で私達が選んだルートは一般ルート危険度は低く人気のルートです、しかし距離はかなり有ります大向大谷口から両神山荘の脇を通り登山道に入りますと修験道を匂わせる石仏 [続きを読む]
  • 緊急速報 ついに来た
  • 3時40分、上空を爆音が轟きます問題のオスプレイ(MV-22)近隣住民の反対も空しく陸上自衛隊と米海兵隊による日米共同訓練が始まったのです我が家の真上機内の人影も見えるほどの距離でしたこの訓練は17日まで行われるとの事です人気ブログランキング [続きを読む]
  • 定点撮影・冬の雲
  • 今日は12月から1月の冬の空を挙げてみました12月、大分、日が詰まって6時半 夜が明けました朝焼けは天気が崩れる兆し昔からそう言われて来ましたが北風がそれを追い払った様です赤城山に掛かった大きな笠雲天はこれだけの大きな笠を用意したのですなのに・・・これもハズレ年が変わって1月2日の夕刻金星、大接近の報細い月に寄り添う宵の明星とのランデブーには見せつけられましたね1月14日、朝から寒い日でした西上州 [続きを読む]
  • 思い出に残る山(5) 四阿山(2354m)
  • あずまや山と言う山名は全国に数有りますが今回は百名山に登録されています四阿山を取り上げて見ました登山年月日は1989年(平成元年)登山口は鳥居峠長野、群馬の県境に位置し麓から眺める大らかな山容は誰しも登りたくなるそんな魅力を秘めていますこの日は最高の紅葉の下を歩いての登山でした「アチャーッ」ブルースリー登場この山は登山口まで3キロとアプローチが長く現在は5月中〜11月中まで林道終点まで車が入るそう [続きを読む]
  • 春を探しに
  • 3月と言う声を聞いて何だかとてもウキウキして来ました今日は春の空気を思い切り吸って一緒にウォーキングしませんか?道案内は私にお任せくださいねこの景色、私の好きな場所ですウワッ、大根が・・・こんにちわ 元気?声を掛けたくなりましたもう種を飛ばしてる小花も集まると中々壮観でしょオオイヌノ・・・では無くもっと、いい名前を考えて上げたいですねオッオッオッオオオ・・・最近、裏で見かけなくなったと思ったら、こ [続きを読む]
  • 弥生雛
  • 十二単の姫君の冠少しく曲がれるを直すとのべし手の触れて桃の花散る雛祭りの宵漸く春を実感する3月がやってまいりました女性にとっては遠い日の思い出が蘇る3月でも有りますね子供の頃、かくれんぼをして蔵の中に隠れたとき茶箱にしまって有ったお雛様を見つけました手に取ってしみじみ眺めたお雛様は今に思えばかなりの年代物あのお雛様は何処へ行ってしまったのでしょう体がふっくらしたお雛様でした 人気ブログランキング [続きを読む]
  • 思い出に残る山(4)戸隠山
  • 1989年9月マイナーな山々は飛ばし今回は戸隠山(上級者コース)を選びました先ず随神門から樹齢600年を超える杉並木に圧倒されながら奥社へと向かいました戸隠山の登山道は其処から始まりますどうした事かアルバムには記録が有りませんので写真の説明書きから当時を思い出しながら綴って行きたいと思います小手調べの鎖場を過ぎ頭上に岩が張り出した五十間長屋と呼ばれる場所で最初の休憩をとりました天狗の路地までは鎖場 [続きを読む]
  • 梅林散策
  • 暖かい日と寒い日が繰り返し訪れている昨今ですが今日はとっても暖か幾度となく訪れている箕輪の梅林ですがこんな日は又、足を向けたくなってしまいます梅祭りは3月1日からですので売店も無く人もチラホラ梅は二分咲きと言ったところでしょうかでも、日溜りでは満開も見られます蜜蜂君、直ぐ退散しますから刺さないで下さいよそれどころじゃ無い?そうですか、それはご苦労様でございます、お稼ぎ下さい〜第二駐車場へ向かう途中 [続きを読む]
  • 入浴シーン
  • あらぁ、今日は特別サービス? 「たかの湯」が無料?では、お言葉に甘える事にしょうかしら・・・氷も融けて程よい湯加減草津の湯よりナイスナイスう〜ん、いい湯だワ ハハハン♪ お肌スベスベ た〜か〜の湯よ〜♪へ〜、休憩所まで有るなんて何処までサービスがいいのよ!その様子をジッと見ていたヒヨドリオイラも一風呂 浴びる事にしようかいの頭から飛び込んでしまえ、それ!ヒョ〜〜・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • (2) 雪の鍋割山を歩く (続き)
  • 続き竃山を後に気持ちの良い稜線を山頂に向かいますこの辺りはアップダウンが繰り返されますが雪道と言うのは不思議なものです大した疲れを感じる事無く早いピッチで上を目指す事が出来ましたこの辺り、雪の無い時はどんなだったかしらと思えるほど様相が変わり何度も登りに来ている鍋割山がまるで別の山の様に見えました山頂は、もう目の前関東平野が左に大きく広がりました遥か先には薄くぼんやり浅間山が有り八ヶ岳も何とか確認 [続きを読む]
  • 雪の鍋割山を歩く
  • 日本中、一気に春の陽気に包まれた2月16日、鍋割山を登りました平日では有りましたが駐車場には数十台の車檜の林を抜け稜線に登りつめれば植生も変わり林床まで届いた陽光が不思議な文様を描き出していましたそこから一登り、荒山高原に到着です結構な積雪に標識は上部が覗くのみ広い雪原はキラキラと輝きその奥に鈴ヶ岳が端正な姿を覗かせていました直ぐ先で休憩を取ったばかり、ここは写真撮影だけに留め先を急ぎます見上げる [続きを読む]
  • 思い出に残る山(3)槍ヶ岳登頂
  • 続き入山、二日目の朝東の空が明るんで、いよいよ御来光の時が来た眼下は今朝も一面の雲海だ、太陽が姿を見せるにつれてその雲の海が紅く染まっていく〜略〜テントを撤収して、いよいよ今回の山行の目的地槍ヶ岳へ歩を向けた直ぐに長い梯子で水俣乗越への下降が始まる下って下って呆れるほど下る下りきって今度は東鎌尾根への登りが始まったロープや梯子、鎖の手を借りてジリジリと高度を上げはい松と荒涼とした岩肌が迫って来ると [続きを読む]
  • 思い出に残る山(その2)槍ヶ岳
  • 今回は槍ヶ岳を選んでみました,私のアルプスデビューです1988年8月(山中3泊)かなり省略して有りますが青字は当時の日記です中房温泉から入山して第一ベンチ、第三ベンチ、富士見ベンチを過ぎ漸く辿り着いた合戦尾根で名物のスイカ(一切れ400円)は疲れた体を蘇らせる味でしたあれから29年、名物のスイカは今でも売られているのでしょうか・・・・・やっと辿り着いた合戦の頭で一気に展望が開けた私達はリュックをおろ [続きを読む]
  • 待てば海路の日和あり (カオジロガビチョウと判明)
  • 何か動いた!ノンビリと福寿草見物にやって来た様です「君の名は?」とtakeさんを真似てついでだから一風呂浴びて行こう、たかさんも如何ですか?と誘われましたが何の報奨金も無く・・・嫌ですよねぇ一風呂浴びた後は木陰で寛ぎタイムだそうですメジロやシジュウカラ等を追い払うヒヨドリが、どうしたのでしょう遠巻きにジッとその様子を見つめていますヒヨドリにも叶わない天敵がいるのでしょうか、意外ですね午後にやってきたの [続きを読む]
  • ♪ 雪が降って来た ほんの少しだけれど
  • 日本全国、またまた寒波が居座ると言います1月9日、この日、雪の予報が出ました13時過ぎついに細かな雪が落ちて来ましたそして16時半、薄っすらと庭に化粧を始めました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1月10日目覚めれば夜半まで降り続いた雪は周囲の景色を一変させておりました朝焼けが道をホンノリと道を染めているのも美しい [続きを読む]
  • 思い出に残る山(その1)尾瀬・赤城・妙義
  • 過去に登った山々の中から思い出に残る山をピックアップしてみました1987年7月 尾瀬ヶ原私にとって尾瀬は初めてで有り娘の登山デビューでも有りました水芭蕉は既に無くドデカイ葉が木道の脇に密生するばかりこの日は山の鼻にテントを設営し翌日は歌に歌われた尾瀬の良さを心行くまで満喫致しました風に揺れるニッコウキスゲの奥に聳える燧ヶ岳を知ったのもこの時でした1988年5月4日 赤城山大沼までの林道は数日前に振 [続きを読む]
  • 野鳥の森トレッキング
  • 2/6、この日は風の強い日でした久し振りに予定も無く風の影響も少ないであろう観音山野鳥の森へ行く事にしました家で待っているばかりでは鳥はやって来てくれませんものね紅梅の柄を背中に配した観音像の後姿を見て右に建つバードハウスの脇から探鳥コースは伸びています何度か訪れていますが、このコースは上り下りの有る一寸した山歩きですぐるり回って約1時間半ほどでしょうか大分、下って谷底に観察小屋が有りましたが餌が無 [続きを読む]
  • ヒヨドリのつぶやき
  • オイラ 毎度お馴染み ヒヨドリにございます聞いてくれますかこの所、カメラを担いだ小父さん、小母さんがやれジョウビタキだ やれメジロだ やれカワセミだと目の色を変えてパシパシとやっているからオイラも仲間に入れて貰おうと思って近づくとお呼びじゃないと追い払う別にやきもち焼いている訳じゃないんだ追い払われる事に自尊心がズタズタにされちゃうのさあれ? 今日は出血大サービスか?こんな事も有るんだねでは遠慮な [続きを読む]
  • 我が区の節分会
  • 2月3日 節分会午前中は昨日に引き続き風が吹き荒れましたが昼ごろから和らぎ温かな日和となりました今日は直ぐ前の神社で恒例の豆撒きが行われます朝、早くから村中の老若男女が三々五々集まり何時もは静かな御嶽神社が賑わいに包まれました 護摩を焚いて厄払いの儀式が始まります煮えたぎる塩湯を戴き今年も無事に過ごせます様にとホラ吹いて 護摩を焚くなり 節分会(??)笹も家に飾る事で今年一年、平穏で暮せる為の縁起 [続きを読む]