ナンネル さん プロフィール

  •  
ナンネルさん: I LOVE MOZART
ハンドル名ナンネル さん
ブログタイトルI LOVE MOZART
ブログURLhttp://ameblo.jp/fausut2011/
サイト紹介文モーツァルトが好き、ショパンも好き。
自由文ペルシャ猫飼ってます。50歳を過ぎてからピアノ習い始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/10/11 10:33

ナンネル さんのブログ記事

  • ピタココいただきます
  • ココナツウォーターは好きでいろいろ試したけど一番のみやすく香りもよいのがこれです。ピタココ.....。カリウムが入っているので他の飲料よりもからだに良さそうだと想っています。それにそんなに甘くないので、水分補給にはもってこいです。湿度が低い日が続いているので喉が渇きます。マリーちゃん、好奇心いっぱいで寄ってきました。日増しに可愛くなっています。 [続きを読む]
  • これからのサラダはフルーツビネガーで
  • キューピーフルーツビネガーなるものをサラダにかけてみました。素材そのものの味をあまり変えることなく味わえるので、余計な調味料もなく新鮮で美味しく想えます。芳醇白ぶどう酢とグレープフルーツ味芳醇りんご酢とレモン酢大麦黒酢とバルサミコ酢そのうち芳醇りんご酢とレモン酢でいただいてみました。あら、あら...ふしぎいつものサラダが変ってしまった野菜たちも大喜びって感じです [続きを読む]
  • レッスン行ってきました
  • いつもロビーで待ち時間が一緒の女性。もう11、2年もご一緒してます。ところが一ヶ月前ほどから姿が見えなくなりました。「今日はいらっしゃるそうですよ」受付の女性がいわれたのですが、レッスン終ってもその方が見えた痕跡なし。受付の人、「来週からだそうです」なんでもピアノを弾く人にとっては致命的な指を傷めたとか。昨年も他のところですが、骨折されてしばらく姿がないこともありました。私の倍以上の歳月通われてい [続きを読む]
  • ノートルダム大聖堂の鐘の音
  • 「ノートルダム・ド・パリ」ヴィクトル・ユゴー ノートル=ダム・ド・パリ (ヴィクトル・ユゴー文学館) Amazonの中で詳しく描かれている鐘の音...それは読んでいるだけで少しは想像もつきますが、実際17世紀の鐘と同じものを数年前に鋳造されたそうで、今鳴り響いているのもその時代に近いものではないかと思われます。ユゴーが聴いたものとということです。実際この小説では16世紀のことも書かれていてその頃はもっ [続きを読む]
  • お出かけ
  • 桜を見に行こうとして大室山公園に行きました。「さくらの里」として有名です。まだ少ししか咲いていませんが、見物客も少なくいいお散歩になりました。この大室山の向こうにある伊豆シャボテン動物公園にも立ち寄りました。たくさんのシャボテンが見られます。まるで異国に来たかのよう。 カピパラさんもいました。 シャボテンアイス、暑かったのでちょうどよかった。おいしかったです。特にシャボテンの味というのは感 [続きを読む]
  • レッスン日
  • レッスンがある日は朝からうきうき〜♪だんだん曲のストーリーが見えてきて、これは前回に挑んだ時にはみえなかった現象なので楽しい。フォルテやピアノの字が大きかったり小さかったりするヘンレ版...。前回は全音の楽譜だったので指づかいに戸惑うこともあり、なかなかそれも厄介な点だ。今週は月曜日にカット&カラーを美容院でしていただいたので、気分も一新。ぐっとショートにするはずが美容師さんのアドヴァイスで揃えるの [続きを読む]
  • せつなさを感じる曲
  • その曲を聴いていると、風を感じる目には見えないけど風がこの葉を揺らすからわかる....そんな歌詞もあった私は風に吹かれて、身をまかせるとふいに宙に枯れ葉のごとく舞い上がるのを感じた懐かしさ子供の頃に感じた日だまりのにおいそれからいろんな想い出プルーストの小説の中に出てくるマドレーヌを紅茶に浸して食べると思い出す時間のようにそうだ、プルーストもフォーレに手紙を書いたのだったシシリエンヌもそうだが他の曲も [続きを読む]
  • パリを感じる
  • ガーゴイルのことが気になって読んでいるのはこの本 ノートル=ダム・ド・パリ (ヴィクトル・ユゴー文学館) Amazon少なくとも作家の視点ではカジモドについては好意的であるように想える。まだはじめの方ちょっとだけしか読んでいなくて、今のところ映画の方のイメージが鮮烈なのだが、原作者が存命中だとS・キングの件の様に映画を不服として自身がメガホンをとるということもあるだろう。多くの点で違いが多いのでここ [続きを読む]
  • トウフィールで簡単にカロリー摂取
  • 年齢を重ねると食も細りがち。朝は何も食べたくないという日も少なくありません。でも、家事や犬猫の世話、夫の世話などすることは山積み。いくらモーツァルトからパワーをもらっても足りません。それで常温保存も出来必要な時に簡単にカロリー摂取でき、ヘルシーな『トウフィール』なるものを食べることにしました。濃厚なお豆腐そのもの。味はいつものポン酢でいただきました。いつでも食べられる手軽さ、どこでもといってもよい [続きを読む]
  • 恐竜(翼竜)の夢
  • あまりにもガーゴイルのことを考えていたからか?モーツァルトのソナタの中にイメージとして登場するガーゴイル。パリにあるノートルダム寺院のガーゴイルをもしかしたら彼も見たかもしれず、今なお多くの映画監督にガーゴイルを蘇らせようとする力を持つ彼ら。古くはヴィクトル・ユーゴーの小説『ノートルダム・ド・パリ』に登場するというので、ただ今読書中。私がこの登場人物たちのなかで親近感を持つとしたらジプシーの踊り子 [続きを読む]
  • もっと野菜を....
  • 野菜を摂りたいと想っているのですがなかなかメニューがみつからない。時間も無いのでついついサラダくらい。あるいは炒め物とか。ハウスのスパイスクッキングをつかえば悩むことなく、簡単に調理できるのでいいです。きょうは『おつまみきゅうり』をつくってみました。作るって言っても、ポリ袋にキュウリを入れてすりこぎで叩いて、サラダオイル少々とこのスパイスクッキング『おつまみきゅうり』を入れてあえるだけ。なので、洗 [続きを読む]
  • 好きな曲
  • まぁ、好きな曲というのは弾きたい曲と言い換えてもいいけど、だから、難易度関係なく、弾いてみて先生に見ていただいてきたというのが私のレッスンである。子供の頃のレッスンというのは右も左もわからなかったので、先生に頼るしかなかった。今でもあまりそれは変らないけど(音大めざしたわけでもなく、音大とは無関係な学科に入って、社会に出てもまるで関係のないことをしていたから。唯一バイトで採用された研究室で、後にな [続きを読む]
  • ティー・スティックで
  • 早朝、4時半には猫に起こされ、6時までに昨夜の片付けとお弁当作りと朝食作りをおえ、7時半に主人を送り出してから8時過ぎまで洗濯関連とお掃除をできるだけして、その上犬の散歩も(大型犬なので朝夕、あるいは昼間気分転換もかねて運動もかねてやってます)して、練習を合間に挟み、朝食片付け昼食作りなどしてその後も休むひまなく庭掃除に愛犬の散歩....ヤマトの宅配の人に危うく間に合って、帰宅。なので、一服したいとき [続きを読む]
  • 映画の中のガーゴイルその2
  • モーツァルトのソナタを弾いていたら、ガーゴイルがそこにいるような気がしてきた。私が絵を描くひとなら、音符の替わりに小さなガーゴイルの動きを描きとめるだろう。今は弾きながら頭の中でガーゴイルの動きの想像をしてみる。 ガーゴイル...と検索して前のブログにあげたような物を見たわけだが、そこにいたガーゴイルは想像以上に巨大で悪者だった。いわば魔除けというよりも、悪魔の化身という感じなのだ。 モーツ [続きを読む]
  • 映画のなかのガーゴイル
  • ひらめきでガーゴイルがいると想ったソナタの彼方、ガーゴイルのことが気になってしまった。モーツァルトはフリーメーソンだったし、もとは石工組合だとか、すると石仏や石像などもあながち無関係だとはいえないのではないか?我が家の近くのお散歩道にもちょうどモーツァルトの存命時代の石仏が多く存在しますので、そんなものを見ているとよりますます気になるのです。プッチーニのオペラ『蝶々夫人』をDVDで見たけどその時にも [続きを読む]
  • パニック
  • 何だか知らないけど、「この18って....」先生が私の楽譜を見ていう。それにはまともにこたえず、たぶん、先週に雄叫び22回ってわたしがいったことも聞き流していたのね、だからいいのだ。「18って一番大事なところ...むにゃむにゃ」と濁して「モーツァルトってほんとに素晴らしい、こんな曲が書けるなんて」などといつもと同じこと言ってたら「ここのところファがでてくるけど、たぶん指がひっかかってるのね、なおしてね」 [続きを読む]
  • 子供の頃は団地に住んでいたので猫も犬も飼えなくて(規則で)、団地に来る前から飼っていた人はそのまま飼えていたので、2件隣のSさんちではテリアを飼っていて、そのチョン子さんという犬はよく吠えたけれども、一度追いかけられて噛み付かれたことがある。たいしたことがなくて、自転車に乗っていて溝に落ちて両膝血だらけになったり、走っていて転んで擦り傷絶えない小学生だった私は、何とも思わなかった。今だったら親が怒 [続きを読む]
  • ウド料理
  • ゆでずに酢水に晒しただけ。新鮮なのでシャキシャキしておいしい。からし酢みそ和えにしました。右は皮をきんぴら風に。穂先は天ぷらに。 捨てるところなんてありません。うどの大木というけれど、新芽はおいしいよね。 [続きを読む]
  • ティラミス
  • スイーツは最近では外で食べたり、買ってきたり、宅配でということが多かったのですが、よく行くイタリアンレストランでドルチェを注文するときにはティラミスというのが定番で、自宅にあった料理本に作り方が載っていたので、作ることにしました。 シェフとマンマでイタリア料理―レストランの味わい、家庭料理の温かさ (LEEクッキング) Amazon マルサラ酒とマスカルポーネチーズさえあれば、簡単に出来そう。&nbs [続きを読む]
  • おひなさま
  • 毎年さっさと3日が過ぎるとしまったためか、20代で結婚してしまった娘。そして他県へ移り住んで年に一度会うかどうか。 おひなさま...飾るたびに私はこの季節娘のことを思うのだ。昨年からは発表会にも来てくれず、主人は全く無関心で、家でTVを見てた方がいいらしく、来ないし。 そんなわけで家族に期待はできない。 なぜ?ピアノを弾くのか....自身のため、それに尽きる。 今朝、起きたらお花が倒 [続きを読む]
  • おひな様、出したのは
  • おひな様、昨年は出さなかったと思う。ここ数年は毎年出すというわけでもなくて、今年も子猫がいるしと思って、出さないつもりだった。...が、先日のレッスンで先生に伺ったら「きょうこれから帰っておひな様、出そうと思うの」という。木曜日のことだ。「だって、かわいそうじゃない?」わたしは思わず聞いた。「おひなさまが?」「そう」先生とはいろんな作曲家が書いている『こどものためのアルバム』みたいなのに必ずお人形の [続きを読む]
  • K.457を聴いて
  • 9年前に演奏した時、私はピリスのしか聴いたことがなくて、そんな弾き方がベストだと思っていた。モーツァルトの記念年のころ(生誕250周年)まずソナタならピリスだと思い込んでいたのは多分、雑誌などで紹介されていたからかもしれないし、ちょうどGPの売約記念にいただいたのがピリスのジェロニモス修道院でのコンチェルト20番のDVDだったから、モーツァルトならピリスと思っていた。しかしその後、「とうに亡くなってる [続きを読む]