102kakutano さん プロフィール

  •  
102kakutanoさん: 定年退職したうつ病でも在宅ワークで自立を目指す
ハンドル名102kakutano さん
ブログタイトル定年退職したうつ病でも在宅ワークで自立を目指す
ブログURLhttp://ameblo.jp/102kakutano/
サイト紹介文定年退職してうつで傷病手当を受け療養しながら在宅ワークで自立を目指すブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 234日(平均1.5回/週) - 参加 2014/10/11 19:57

102kakutano さんのブログ記事

  • うつで労災、会社都合退社、傷病手当金から何を選ぶか?
  • (うつで会社を辞める時、会社都合退社は可能?)自己都合退社するより会社都合退社するほうがまず、退職金に差がつきますのでなんとか後者の方の退社に持ち込みたいものですね。退職届は言われなければ書く必要性はありません。自己退社の証拠になれば目もあてられないからです。失業保険の給付金も自己都合退社より会社都合退社のほうが給費期間に大きな差がありますからなんとか会社都合退社に持ち込みたいものです。(退社を考え [続きを読む]
  • アルバイトと失業保険
  • (アルバイトで失業保険に加入できるか?)アルバイトとかパートタイマーは正社員と違って、働く時間も短いし日数も短いし正社員と比べ失業保険とは縁遠い感がありますね。「安心してください、入れますよ!」(アルバイトの失業保険加入条件)アルバイターが失業保険加入するには①1週間に20時間以上働き、②更に31日以上働き続ける予定であること以上の条件を満たすことが必要です。また、会社側は以上の条件を満たすアルバイト [続きを読む]
  • 失業保険
  • (ハローワークへ申請)①会社からの離職票、雇用保険被保険者を受け取る②ハローワークで受給資格手続きをする③雇用保険受給者の初回説明会に参加④4週間おき失業状態であることを申告⑤約1週間後指定口座に振り込まれる「就職活動をしていても就職できない」ことをハローワークの職員に認めてもらわなければなりません。(失業保険以外の雇用保険)①就職者給付②就業促進給付③教育訓練給付④雇用促進給付雇用保険は以上に区 [続きを読む]
  • 失業保険とは
  • (失業保険とは何か?)離職理由としては以下のものですが、①解雇②倒産③定年以上のような理由で職を失った人たちが次の仕事に就けるようになるまで生活に困らないように保障する制度が失業保険です。その制度によって①職探しに専念できる②早期の再就職促進③スキルアップの支援④定年後再雇用でも賃金が下がらないように援助(失業保険の受給条件)①就職の意思がある②就職の能力がある③就職活動をしている以上の状態にあり [続きを読む]
  • 退職年齢と失業給付
  • (退職年齢で変わる失業給付額!)失業給付の給付額が15歳単位で増減しているのです。1歳単位ではないのでご注意ください!①30歳未満②30歳以上45歳未満③45歳以上60歳未満④60歳以上65歳未満⑤65歳以上の5つのパターンがあります。何が変化するかというと給付率です。そうです、給付日額が違ってくるのです。そればかりではありません。給付日数にも影響がでてきます。例えば45歳未満か45歳以上かで給付 [続きを読む]
  • 退職6カ月前の残業代が失業保険に影響及ぼす
  • (失業保険の日額)通常の給与の構成は(基本給+年齢給+役職手当)になります。それにプラスして残業代になります。ところで、失業保険の給付日額はというと退職日前の6カ月間の平均賃金で計算されます。そこで、退職する時期を決めてその退職予定日の6カ月前から残業や休日出勤を増やすせば6カ月間の平均賃金を増やすことが出来ますのでその平均賃金を元に計算される失業保険の給付日額を上乗せさせることができます。失業保険 [続きを読む]
  • 自己都合を会社都合に変更出来るとは?
  • (労働環境の悪化)自己都合退社よりも、会社都合退社のほうが、失業保険に差がつきます。例えば「給付日数」自己都合の場合 90日〜150日会社都合の場合 90日〜330日「給付制限」退社して失業保険受給までの期間自己都合の場合 3ヶ月会社都合の場合 なし「最大支給額」自己都合の場合 118万会社都合の場合 260万以上をみてみると何とか会社都合で退社したいと思うのは人情というものでしょうが、会社側とし [続きを読む]
  • 退社理由によって
  • (失業保険の賃金日額)退職日の六ヶ月前からの残業時間や休日出勤を増やすことのより失業保険の日額を増やすことができます。(退職する年齢)年齢が一歳違うだけで失業給付金が大きく違う場合があります。年齢は「30歳未満、30歳以上45歳未満、45歳以上60歳未満、60歳以上65歳未満、65歳以上」の5つの段階に分かれます。30歳未満では給付金に差が出ませんが、30歳未満と30歳以上では失業保険金の段階が違うのです。(退社理由) [続きを読む]
  • 失業者の失業保険活用術
  • (ハローワーク申請)①退職した会社から「離職票」「雇用保険受給者」を受け取る。②ハローワークで失業保険を受け取る資格を手続きをした後、「初回説明会」をうけます。③ハローワークに4週間おきに訪れて失業状態を申告する。④一週間後くらいに指定の口座に振り込まれれる。(雇用保険は失業給付だけじゃない?)①求職給付②就業促進給付③教育訓練給付④雇用促進給付該当する時は活用しょう。以下のブログも参考にしていた [続きを読む]
  • (失業保険とはそもそも)
  • (失業保険とはそもそも)失業保険とはそもそもそれまで働いていた人が職を失って新しい職に就くまでの間受給できる制度の事です。(失業保険の目的)① 再就職できるよう生活に困らないよう金銭面でたすけてくれる② 就職活動費に困らないように支援してくれる職業教育訓練などで技術技能を身に付けるための費用を支援してくれる。③ 定年退職後の賃金低下を補う援助金になる(失業保険受給の条件)① 就職への意欲があり②  [続きを読む]
  • 公共職業訓練の良い点?!
  • 給付期間延長とで追加手当ももらえるとは(公共職業訓練とは)公共職業訓練は求職者が早い内に職に就くため必要な技能や知識等を身に付ける為に必要な訓練をしてくれる所です。① 独立行政法人雇用② 能力開発機構③ 各都道府県の自治体などがやっている職業訓練の事を言います。(公共職業訓練の良い点)皆さんはご存知ないんじゃないでしょうか?公共職業訓練にはいくつかの良い点があります。①給付制限を免除(自己都合で退 [続きを読む]
  • 失業保険を有意義に活用しよう
  • 失業保険の意味とは何か?それは、今まで働いていた人が職を失い明日の飯さえありつけなくったりして困らないよう次の勤め先が見つかるまでの食いつなぐ為に給付される国民の生活の制度の事です。その目的とはイ 失業中の生活の保障し職探しのサポートロ 再就職の為の金銭的サポートハ 新たな能力を開発する為の資金二 定年後再雇用による賃金低下を援助給付対象イ 仕事に就きたいという強い意識を持つロ 働ける能力を持つハ [続きを読む]
  • 退職から失業保険の受給までの道程
  • 退職から失業保険の受給までの道程(必ず参加しましょう!)「雇用保険受給資格者のしおり」が与えられ初日が終了します!から1から3週間のちに行われる「雇用保険受給説明会」に参加しましょう。その時、交付された「求職活動計画書」に沿った活動をしていきましょう。その時、「求職活動計画書」と共に失業保険認定を受ける為の「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」も配られます。この「雇用保険受給説明会」の1から [続きを読む]
  • 失業保険とは
  • (受給条件とは)①働ける本人の意思と能力がある②就職活動に積極性が見られる③離職日より以前2年間に被保険者期間が12ヶ月以上ある以上のように離職している人がそのまま失業者ではなく働きたくて就職活動をしているのに就職先がなかなか決まらない人を対象にしているのが失業保険の制度です。(ハローワークに持参するもの)①離職票1②離職票2③雇用保険被保険者証④印鑑⑤写真2枚(3*2.5cm)⑥普通預金通帳⑦本人確認証 [続きを読む]
  • 給付制限の付かない失業保険
  • (給付制限の付かない自己都合退職とは・・その2)妊娠出産の為、退職した方は給付制限が付きません。(但し産前産後の期間制限があります)家族の事情で会社を辞めざるを得ない時も給付制限は付きません。(親族の病気、怪我、死亡等)(給付制限の付かない自己都合退職の注意点)失業保険の支給を受ける期間制限がある(退職後一年の期間制限)失業保険を受ける期間の延長手続きが必要な場合があります。(退社後の健康保険の選 [続きを読む]
  • 給付制限の付かない自己都合退職とは
  • (過負荷労働による自己都合退社)過負荷労働によって体を壊し自己都合退社したら失業保険の給付制限は付きません。それではその方法は?過労で満足に仕事が出来ず会社を辞めた事をハローワークに認めてもらうにはまず、医師の診断書が必要です。(診断書はは必ずハローワークに行く前に書いてもらうようにしてください)それから、他の職場で本人が働こうと思えば働けることが前提です。その診断書を持ってハローワークに行き、「 [続きを読む]
  • (自己都合退社とは)
  • (自己都合退社では・・)自己都合退社すると失業保険が支給されるまで三ヶ月も待たなければなりません。生活の事を思うと、おちおち離職も出来ないですよね。会社を退社してすぐに失業保険の恩恵にあずかるためには会社都合で退社しなければなりません。(会社都合で退社するには)会社都合退社を認めようとしない会社にみとめさせるには??会社都合退社を会社が認めざるを得ない根拠を予めそろえておく必要があります。(給付制 [続きを読む]
  • (病気で会社を辞めた時)
  • (病気で会社を辞めた時)病気で勤めれなくなって会社を退社した場合、「自己都合退職なのですぐに失業保険の給付は得られない」と思われている方がほとんどでしょう。実はそんなことはないのです。こういうことは国も会社も教えてくれないのです。まず、ルールを知ることが始まりです。ルールを知らないばっかりにひもじい暮らしを強いられても国は知らぬ顔です。税金を払わなければ強制的に徴収していきますが払い過ぎたものに対 [続きを読む]
  • (うつ病と失業保険と傷病手当金)
  • (うつ病と失業保険と傷病手当金)私は限界状態になって時会社を休職しようか?辞めて失業保険を頼ろうか?迷った。しかし、体調から考えて結局、休業を選択したのだ。では、私は失業保険はいつ、使えるのか?「うつ病」(←詳細はコチラを )を患っている人でも働く意思があれば失業者になり失業保険の対象者になれるのです。ハローワークの職員さんも私が「うつ病」を自己申告しない限り働けないと判断するのはは難しいので [続きを読む]
  • (うつ病と精神障害年金と傷病手当金)
  • (うつ病を精神障害年金と傷病手当金)会社勤めをしていた頃、私の周りでも「うつ」らしき感じを漂わせている人がいたり「うつ病」 (←詳細は )かもしれないので病院に掛かることを相談されたりうつ病で「精神障害年金」 (←詳細は )をもらっている人がいたりした。今、私も「傷病手当金」 (←詳細は )で生計をたてているがそれも、一年半を経て終わろうとしている。うつ病になるまで「うつ」とは無縁な生活 [続きを読む]
  • (うつ病と退職と救済制度)
  • (うつ病と退職と救済制度)うつ病(詳細は )で退職するにしても損をしないように法律の勉強をしておくと良いと思います。うつ病の罹った時に有給休暇にするか休職にするか迷いますが、先回の言い回しと少し違う観点から説明します。有給休暇の期間は当然の権利として自由にとれる。休職の期間は主導は会社で(無給の事多し)とりあえず復職に向けて籍は会社において治癒するまでの解雇猶予措置の意味合いとしての期間。あるい [続きを読む]
  • (ブラック企業と有給休暇、休職)
  • (ブラック企業と有給休暇、休職)先日のブラック企業のような会社に嫌気がさして退社する時、有給休暇をどのように使うか??休職の前に有給休暇を使うか?休職してから有給休暇を使うか?ということになると思います。先に有給休暇を使い切っておく事のメリットは、給料がもらえるという点です。お金がなくて困っているのであれば、先に有給を取得するのが良いでしょう。仮に休職を先に取り有給を残しておいた場合、復職後に有給 [続きを読む]
  • (有給休暇と傷病手当金の待期期間三日間
  • (有給休暇と傷病手当金の待期期間三日間)私がかつて勤めていた会社はもしかして「ブラック企業」かもしれない。というのも有給休暇をとる時、今から考えても不思議なことだが、休む代わりに他の日に働かされた。それは半ば強制的にだった。表面上は「実績に責任持てるのか」というように威圧して、自分から休み返上のような形を取らせていたのだ。有給休暇は各会社が制度として導入するのではなく、労働基準法によって定められた [続きを読む]
  • (定年退職とうつ)
  • (定年退職とうつ)定年退職後仕事へのやりがいをホローするほどのやりがいをみつけることができないで運悪く、うつ病になるケースが少なからずあると一般的に言われています。その時、世間体を考えて病院には行けないようでは治るものも治らなくなりますので身近な方々が背を押してあげてください。そして本人の事を第一に考えるなら、「相性の合うお医者さん」にめぐり合うことです。それだけで症状が好転することを多く耳にする [続きを読む]
  • 「定年後とうつ」
  • 「定年後とうつ」(うつと趣味)現在の通念として仕事人として生きてきて定年を迎えた時、うつ病に陥りやすくなるということがあります。それは、趣味が無く定年を迎え今までの職場で持っていた「やりがい」の受け皿を用意できないところに一因があるようです。職場という「やりがい」を失った時、それを埋めるに足りる家庭でのあるいは趣味における「やりがい」をみつけておくようにしましょう。(定年後のうつ回避に向けて)そし [続きを読む]