今、ここで(Now ,here) さん プロフィール

  •  
今、ここで(Now ,here)さん: 今、ここで(Now ,here)
ハンドル名今、ここで(Now ,here) さん
ブログタイトル今、ここで(Now ,here)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/maoko78
サイト紹介文自分探詩(じぶんさがし)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供734回 / 365日(平均14.1回/週) - 参加 2014/10/11 20:40

今、ここで(Now ,here) さんのブログ記事

  • ツクツクボウシの声を聞いた
  • 昨日ツクツクボウシの声を聞いた。朝の散歩の時と昼間出かける時。通りの茂みで。羽が透明でアブラゼミより小ぶり。動きがすばしっこくてアブラゼミより捕まえにくい。それが子どもの頃の印象だった。そしてツクツクボウシが鳴き始めると夏休みももうすぐ終わり。宿題は終わったか?もうすぐ学校だよ。さあさあさあ。そんなふうにツクツクボウシ。昨日ツクツクボウシの声を聞いた。昨日の夕方の大山。 [続きを読む]
  • イタリアントマトの天然酵母スープ
  • イタリアントマトの天然酵母スープを作ってみた。作り方は簡単。トマトを適当な大きさに切りビンに詰めて冷蔵庫で1週間。ハチミツを大さじ1加え常温で1〜2日。糖分が餌となってトマト菌が発酵する。発酵したら冷蔵庫で保存。発酵と腐敗は同じ現象で人間に有益な状態を発酵と呼んでいる。発酵の状態になるとビンの蓋を開けるシュワッ!進みすぎると酢の状態になるので早めにいただく。おすすめは液と一緒にミキサーにかけた天然 [続きを読む]
  • 夜中の雨
  • 寝ている間に雨が降り起きた時にはすっかり青空。ほんとにほんとに雨降った?確かな証拠は水たまり。だれかがこっそり水入れた?確かな証拠は木々の雫。雨粒ではなく朝の露?確かな証拠は塀の雫。誰かがホースで水かけた?はいはい雨が水かけた。大地に草木に木の塀に。寝ている間に雨が降り起きた時にはすっかり青空。ゴールドクレスト〈ヒノキ科〉 [続きを読む]
  • 水面のメイク
  • 雲のファンデーション陽のチーク。水面は装うナチュラルメイクで。時に合わせ季節に合わせ。水面は装うパーフェクトメイクで。そして夜の帳が下りるとすべてをすっかり落とし柔らかで繊細な肌を眠らせ癒す。星と月がある夜は金と銀の光のしずくを美容液として。大山の池。 [続きを読む]
  • カフェオーレ
  • 珈琲でもなくミルクでもなく珈琲でもありミルクでもあるカフェオーレ。もう夏でもなくまだ秋でもなくまだ夏でもありもう秋でもあるそんな季節に味わえば氷ととともにカラカラと音を立てて時が解けてゆく。皆生海岸。 [続きを読む]
  • お盆2017
  • 先に逝った人たちのことを想い出し自らのうちにあるものを想う。なにげない想いのその源となるものを。たとえばとあるふるまいのあとの漠然とした不安。あるいは別のふるまいのあとの満ち足りた気持ち。走馬灯のように巡る記憶のなかでその答えに触れる時心が少しずつ解放されていく。先に逝った人たちのことを想い出し自らのうちにあるものを想う。お盆の最中なればなおさら。ムクゲ〈アオイ科〉 [続きを読む]
  • 上着が気になるころ
  • お盆になると言い始める言葉「朝夕はめっきり涼しくなりましたね」。やっぱりこのごろ朝夕はめっきり涼しく。朝の散歩のでがけに目が行くのは玄関にかけてある長袖の上着。チラリと見やって外に出て寒くてぶるり。出番も近いことだろう。近くの公園で。 [続きを読む]
  • 食い意地
  • 食い意地は腹の仔たちを守るため近くの公園で。2日ほど前から、時々、「キーキー」と産気づいたように鳴くようになったかれん。 [続きを読む]
  • イタリアントマト三種の甘酢漬け
  • ロッソルージュサンマルツァーノリゼルバ。オーガニックのイタリアントマト三姉妹で甘酢漬けを作る。トマトを適当な大きさに切りハチミツと酢を好みの味に合わせたものに漬けておく。そのままおやつ代わりにパクパク。もちろん料理やデザートに使ってもよい。トマトの栄養も染み出た甘酢はそのままでも水や炭酸で割っても美味。酢+糖分で疲労回復にもおすすめ。たくさん作ったので都会から帰省中の友達たちにもおすそ分け。お土産 [続きを読む]
  • 夏の薔薇
  • 他の薔薇たちから咲き遅れること3か月。真夏に咲いた薔薇一輪。咲いてみればあまりに暑くビロードのドレスは似合わない。それでも凛と薔薇一輪。遠いの夏の想い出がぽっと香り立つように薔薇一輪。緑の中にひっそりと。バラ〈バラ科〉。 [続きを読む]
  • セミ
  • セミを見ると想うのはやはりそのいのちの短さ。成虫として生きられるのは夏のうち1か月ほどという。(幼虫としては土中で3〜17年)けれど人もまた然り。想い出せよと気づけよとセミは鳴く。セミ鳴く夏はいのちを想う夏。アブラゼミ。アブラゼミは幼虫として6年ほど土の中で暮らす。 [続きを読む]
  • 月いちヨガ
  • 月いちヨガの日。小人数で月に1回1時間ほど。難しいポーズはせずに手軽にリラックスできるものばかり。最後のリラクゼーションの時はいつも半寝状態。考えることではなく感じることをして心身のバランスを整える。桔梗〈キキョウ科〉とかわらなでしこ〈ナデシコ科〉 [続きを読む]
  • 母の匂い
  • お土産は母の匂いのブランケットかれんの子ども、サブちゃん。もらわれて行くとき、かれんの匂いをつけて渡したブランケットはぼろぼろに。お土産に新しいものを。サブちゃんは嬉しそうにクンクン。 [続きを読む]
  • ああ、嬉しい!
  • 昨年の大晦日に生まれたかれんの4匹の子どものうちの一匹に会いに出雲に。6月に別の場所で会った時も熱烈歓迎だったが今回も勝るとも劣らないほど熱烈歓迎。互いに抱き合って再会を喜ぶ。「ああ、嬉しい!」かれんの子ども、隆陽改めサブちゃん。 [続きを読む]